進優子(テレ朝記者)の現在!セクハラの真相とその後は?経歴・学歴も紹介

進優子をご存知でしょうか。セクハラ騒動で過去に話題となったテレビ朝日の記者です。ここでは、進優子の経歴と学歴、上司との関係やハニートラップ疑惑について、また、中国人ではないかという噂やその後と現在についても紹介していきます。

進優子(テレ朝記者)の現在!セクハラの真相とその後は?経歴・学歴も紹介のイメージ

目次

  1. 1進優子ってどんな人?
  2. 2進優子の経歴・学歴
  3. 3報道記者・進優子の経歴
  4. 4ハニートラップだった?進優子のセクハラ騒動の真相
  5. 5報道記者・進優子のセクハラ騒動のその後
  6. 6気になる!進優子の現在
  7. 7セクハラ騒動を起こした進優子の動向から目が離せない

進優子ってどんな人?

当時の財務省事務次官、福田淳一にセクハラされたという訴えで有名になった、記者の進優子ですが、彼女はどんな人なのでしょうか。ここでは進優子と、彼女を中心に巻き起こったセクハラ騒動の真相について迫っていきます。

進優子のプロフィール

進優子についてですが、プロフィール情報はありません。セクハラ騒動で有名にはなりましたが、本来彼女はただの一記者であり、基本的に注目を浴びるような人ではないからです。そのため生年月日や出身地、血液型などの個人情報は明らかになっていません。

そもそも、福田元財務事務次官にセクハラを受けた女性記者が進優子だと明かされる予定すらありませんでした。被害者のプライバシー保護のため当初は名前が伏せられていたのですが、記者たちの間ではどうやら被害者はテレビ朝日の進優子らしい、と情報が広まっていたようです。

記者の1人が記者会見の際、世間にはすでに被害者の名前が広がっていると思い、進優子の名前を出して質問をしてしまったことがきっかけで、彼女の存在が明るみになってしまいました。以降、ネット上に進優子についての様々な情報が出回るようになります。

テレビ朝日の報道記者として活躍

進優子はテレビ朝日の記者です。細かく言うと、テレビ朝日報道局ニュースセンター経済部に所属する報道記者です。報道番組のリポーターとして、中継映像に度々登場していました。

多くの人がただのリポーターの1人として流し見ていたであろう彼女は、セクハラ騒動で顔と名前が世間から認知されるようになります。進優子は聡明で顔立ちも整っており、財務省内で評判の美人記者の1人だったそうです。癖のある財務省の人々の近くで、日々情報収集を行っていました。

進優子の経歴・学歴

ここからは進優子の経歴や学歴を紹介していきます。進優子はどのような人生を歩み、テレビ朝日の記者になったのでしょうか。ほとんど一般人のため情報は多くありませんが、できる限り確認していきましょう。

進優子の経歴情報は数少ない

進優子の経歴についての情報はかなり少ないです。芸能人や人気アナウンサーなどではないので、当然といえば当然でしょう。そのため、ネット上で彼女に関する憶測や噂が飛び交っています。

どこかにニュースソースがあっての憶測や噂なのか、根も葉もないデマなのかすらもわかっていません。ここで紹介する情報は、あくまでネット上で広まっている憶測と噂であり、真実かどうか定かではありませんので、注意してください。

出身大学は京都大学経済学部?

テレビ朝日、しかも報道局の記者に採用されるくらいですから、進優子がそれなりの学歴を経ているのは間違いないでしょう。そこで目を向けられたのが、京都大学です。進優子は日本でもトップクラスの大学の1つ、京都大学の経済学部出身ではないか、と囁かれていました。京都大学出身説が信憑性を増した原因は、あるツイートでした。

問題のツイートをしたのは、テレビ朝日で総合編成局制作1部(バラエティ制作部)に所属するチーフディレクターであり演出家、北野貴章です。彼は『しくじり先生』や『池上彰の学べるニュース』の演出を担当していることで知られています。

その北野貴章が進優子宛てに「卒論がんばろう」という旨のツイートをしました。ツイートから進優子と北野貴章は同じ大学出身者ではないか、という説が浮上します。北野貴章が京都大学経済学部出身であることは知られていたため、進優子も京都大学経済学部出身者なのではないか、とされているようです。

実は中国人という噂も?

進優子は実は中国人ではないのか、という噂がネット上で広まっています。何故、日本人ではなく中国人だと疑われるような噂が広まるに至ったのでしょうか。その理由は、彼女の珍しい名字にありました。進優子の名字は進と書いて「しん」と読みます。

あまり聞かない珍しい名字であり、また「しん」という音がどことなく中国を想像させたのです。また進優子は非常に整った顔立ちをしていますが、日本人というよりは中国人や韓国人にも見える容姿をしています。

出身地や出身校の情報が出回らないことが、彼女が日本人じゃないという情報の信憑性を高めることになってしまいました。日本人でも外国人でも、一般人扱いされている以上、情報が出回らないことは普通です。

この噂に関しては、印象に関する感想が情報として広まってしまったデマである可能性が高いです。進という名字も珍しくはありますが、きちんと日本人の名字として存在していました。

進優子の人物像に迫る

ここまで、経歴・学歴についての憶測や噂を見てきました。情報はほとんどありませんでしたが、だからこそ余計にどんな人か気になる、という人は多いのではないでしょうか。

進優子のセクハラ騒動は、元財務事務次官のみならず彼女の上司も関係していたと言われています。ただでさえ泣き寝入りするセクハラ被害者が多い中、周囲が信用できない人たちばかりの状況で真実の公表を決断した進優子は、意志の強い人間なのではないでしょうか。

報道記者・進優子の経歴

ここからは、報道記者としての進優子の経歴を見ていきます。進優子は報道記者として、どのような仕事をしてきたのでしょうか。できる限り、詳しく確認していきましょう。記者としての経歴や仕事の仕方がわかれば、セクハラ騒動についての理解が深まるはずです。

スーパーJチャンネルなどで記者として活動

進優子はスーパーJチャンネルやANNニュースで取材を行い、中継で情報を読み上げるなどの仕事をしていました。取材の過程で財務省の人間に会うことも少なくなかったようです。

政治・経済に関する情報を得るため、報道各社は財務省など国の中枢には、レベルの高い記者を送り込んでいました。進優子もその1人であったようです。年配の男性政治家から機嫌良く情報を聞き出すため、整った顔立ちをしている進優子が送り込まれていた、という話もあります。

確かにその側面もあったかもしれませんが、頭が悪ければ引き出すべき情報も、相手の話の中で何が重要なのかもわかりません。なので進優子が記者としてそれなりに優秀であったことは確かなようです。

負けず嫌いで頑張り屋?

進優子はかなり負けず嫌いな性格だった、と言われています。スクープに対する執着心も人一倍あったでしょう。真面目で頑張り屋でもあり、上司からの呼び出しにはどんな時でもすぐに応じていたそうです。責任感が強かったということがわかるでしょう。睡眠中に呼び出しがかかると、飛び起きてパジャマのまま出かけることもあったといいますから驚きです。

局どころか、現場にもパジャマ姿で取材に行ったことがあるそうです。報道という厳しい世界で、一癖も二癖もある相手から情報を入手しなくてはいけないのですから、強い精神力を持っていることは確かでしょう。セクハラ被害を週刊誌で訴えたというところからも、彼女の負けん気と強さを感じる人は多いのではないでしょうか。

過去にはホリエモンとの間にトラブルも

進優子は過去にホリエモンこと堀江貴文との間にトラブルがあった、という噂があります。噂の発端となったのは、堀江貴文のツイッターです。堀江貴文は財務事務次官の問題の真相はわからない、と前置きした上で、以前テレビ朝日の女性記者から電話での会話を全て録音された、という経験を明かしました。

堀江貴文が逮捕される直前の出来事だそうで、録音された音声は逮捕後に放送されてしまったそうです。女性は堀江貴文を心配しているような素振りで話しかけ、情報を入手しようと試みたのでしょう。

堀江貴文はこの女性記者が進優子であるとは言っていません。あくまで彼はテレビ朝日の記者には過去に苦い経験をさせられており、記者たちの取材の仕方にも問題があるということを指摘しているのです。

しかしタイミングがタイミングだったため、堀江貴文の経験と進優子を結びつける人は多く、結果として進優子が堀江貴文に電話をかけその内容を無断で録音、放送したという噂が出来上がりました。堀江貴文は他のテレビ局の記者たちからも行き過ぎた取材行為を受けたことがあるとのことです。

取材する側と取材を受ける側のトラブルは、根深いものがあるようです。テレビ朝日と進優子、元財務事務次官のトラブルは、数多くあるトラブルの中の1つに過ぎず、取材現場にはもっとたくさんの問題が蔓延しているのでしょう。

ハニートラップだった?進優子のセクハラ騒動の真相

ここまでは進優子という人間に対してスポットを当ててきましたが、ここからは彼女が注目を集めるきっかけとなった、問題のセクハラ騒動について紹介していきます。騒動の発端は何だったのか、セクハラ発覚後に騒がれたハニートラップ疑惑とは何だったのか、など気になる部分を詳しく見ていきましょう。

発端は元財務事務次官のセクハラ発言

セクハラ騒動と言うぐらいですから、当然事の発端は元財務事務次官、福田淳一のセクハラです。福田元財務事務次官は東京大学法学部を卒業、司法試験にも合格したことがあり、鳴り物入りで大蔵省に入省したいわゆるエリートでした。

財務事務次官と言えば財務省における事務方の頂点です。そんな華々しい経歴の持ち主が、セクハラで一気に転落してしまうことになるのです。

問題となったセクハラは、福田元財務事務次官の自宅近くにある、ジャズが流れるバーで起こりました。福田元財務事務次官はバーに女性記者を呼び出し、そこで話をしていたようです。この女性記者が進優子だと言われています。

進優子は福田元財務事務次官に対し、当時世間の注目を集めていた森友問題について切り出しました。しかし彼女の真面目な質問に対し、福田元財務事務次官は「抱きしめていい?」「胸触っていい?」など、セクハラ発言で返します。このようなセクハラを度々受けていた、と進優子は訴えたのです。

無断で録音したテープをリーク

福田元財務事務次官にセクハラされたという進優子の訴えですが、これは彼女が勤めているテレビ局を通して訴えられたわけではありません。彼女の主張は週刊新潮を通して明らかになりました。実は、進優子は福田元財務事務次官とバーで会話した際にこっそりとテープを回していました。録音したセクハラの証拠となる音声を、週刊新潮にリークしたのです。

彼女が週刊新潮にリークした理由は、テレビ朝日社内で上司に相談したが、セクハラから守ってくれる動きがなかったためのようです。進優子は1年以上上司にセクハラ被害を訴え対応を求めてきましたが、テレビ朝日が具体的なセクハラ対策に乗り出すことはありませんでした。情報を取ってこいと、むしろ彼女を送り出していたのです。

その上司が、同じ女性であるテレビ朝日の経済部長、松原文枝であるというからまた驚きです。重要な情報を得られるのであれば相手のセクハラを黙認する、とも思える対応に、進優子は会社に助けを求めることを諦めたのでした。

誰より気持ちをわかってもらえると思っていた女性上司相手にも言葉が届かなかったのなら、諦めてしまうのも仕方ないかもしれません。彼女が週刊新潮に情報をリークしなければ、福田元財務事務次官のセクハラはもみ消され、表に出なかったことでしょう。

この件で明らかになったのは福田元財務事務次官のセクハラだけでなく、テレビ局の情報を仕入れるためなら形振り構わないという体制でした。しかしその一方で、週刊新潮に音声テープをリークした進優子にも不信感を抱く人が出てきました。

セクハラの証拠を得るために黙ってテープを回すのはわかりますが、その後のテープの使用方法に引っかかる点がいくつか見受けられたためです。次の項目で詳しく見てみましょう。

セクハラからハニートラップ疑惑へ発展

福田元財務事務次官のセクハラ疑惑が世間の注目を集める中、福田元財務事務次官を責める声とは別の声が挙がるようになりました。福田元財務事務次官のセクハラは、ハニートラップによって誘発されたものではないか、というものです。

ハニートラップとは、性的な関係を利用して相手から情報を聞き出したり脅迫したりする諜報活動のことを言います。簡単に言えば色仕掛けです。主にスパイが使う手法として知られていますが、それを進優子が福田元財務事務次官相手に用いたというのです。

被害者であるはずの進優子に疑惑の目が向けられたきっかけは、彼女が週刊新潮にリークしたというテープにありました。まず、何故テープを持って警察に行き被害届けを出さなかったのか、という点が不審がられたようです。

これに関してはもみ消される恐れがあったのではないか、警察は役に立たないと思ったのではないか、という進優子擁護の意見が出ています。そしてもう1つが、証拠のテープが編集されていた、という点です。

テープには福田元財務事務次官らしき男性の声は入っていましたが、被害者女性、つまり進優子の声は入っていませんでした。そのため音声テープの内容を紹介する際は、女性記者の言葉だけテロップのみの表示となっています。それが世間に、進優子側に何か隠したいことがあるのではないか、という印象を与えることになったのです。

進優子はパジャマ姿で取材していた?

もう1つ、進優子がハニートラップを仕掛けたと疑われるきっかけとなった情報があります。それは、彼女がパジャマ姿で取材をしていたという情報です。進優子は上司から呼び出しがあればすぐに応じ、パジャマ姿で飛び出すこともあるほど真面目だった、と前述しました。

進優子のパジャマ姿は彼女の仕事に対する熱意の表れとも捉えられますが、一方でハニートラップのための戦闘服だったのではないか、という見方もあります。福田元財務事務次官に取材をする時も、彼女がパジャマ姿だったという報道があったからです。

パジャマ姿といえば、寝る時のプライベートで無防備な服装です。身内や心を許している人間以外にはあまり見られたくないものではないでしょうか。特に異性の前、しかも取材はれっきとした仕事です。仕事中に仕事相手の前でパジャマでいるという状況は、多くの人に不信感を与えました。

もちろん無防備な服装だからといって自分に都合の良い解釈をし、女性に性的な発言をしてもいい理由にはなりません。しかし本当にパジャマ姿で取材をしていたのであれば、福田元財務事務次官を性的に煽ろうとした、と想像してしまう人たちが一定数現れるのは仕方のないことでしょう。

報道記者・進優子のセクハラ騒動のその後

ここからは進優子のセクハラ騒動のその後を紹介していきます。ハニートラップ疑惑の詳細や、進優子に対するネットでの反応、騒動の結末をまとめて確認してみましょう。セクハラ騒動はどのようにして収束したのでしょうか。

ハニートラップの根源は上司の指示?

ハニートラップ疑惑ですが、疑惑の内容は2パターンあります。まずはスクープが欲しい進優子が1人でハニートラップを仕掛け、週刊新潮に情報をリークした説です。こちらのパターンは、進優子が勝ち気でスクープを狙う気持ちが強かったという噂からきています。

というのも以前、進優子はあるネタを仕入れて上司に報告した際、ネタの報道を承認されず、別の新聞社にネタを売ったという話がありました。もちろんこれも噂に過ぎませんが、その噂を小耳に挟んだ人たちに自身のスクープのためなら何でもする、というイメージを植え付けてしまったのです。

もう1つのパターンが、テレビ朝日社内の上司の指示によって進優子がハニートラップを仕掛けさせられた説です。進優子にハニートラップを仕掛けさせた上司がおり、それが松原文枝であるという噂が流れました。

進優子はセクハラ被害を上司に訴え続けていたが、対応されなかったため週刊新潮に売った、というのが騒動の発端でした。もし進優子の訴えが事実であれば、彼女の上司が彼女を福田元財務事務次官の担当から外さなかったということです。

そうなるとこの問題は福田元財務事務次官のセクハラだけでなく、テレビ朝日のパワハラという問題も絡んでくることになります。

政治家が一部の記者に情報をリークするオフレコの記者懇談会があるそうなのですが、最近その懇談会に出席する見目麗しい女性記者が増えてきているそうです。テレビ局が、女性記者たちを送り込んでいるのかもしれません。

政治家の男性に機嫌よく喋らせるには、自分と同年代の男性よりも若くて綺麗な女性のほうが都合がいいということなのでしょうか。これはテレビ朝日に限らず、どのテレビ局もやっている情報収集手段であるようです。

女性という立場を利用して情報を得ているのですが、この段階で既に軽度のハニートラップと言えるでしょう。普段からテレビ局がそういう取材をしているわけですから、福田元財務事務次官のセクハラ騒動もテレビ朝日側が仕掛けた罠ではないのか、と疑われても仕方ありません。

進優子に対するネットの反応とは

進優子に対するネットの反応は様々です。セクハラ被害を受けていたことに対する同情、告発した勇気への称賛が多く見受けられました。またテレビ朝日内でパワハラを受けていたのだろう、と彼女のことを気の毒に思う人の声も挙がっています。

その一方で、前述の疑惑など、厳しい意見も少なからず見受けられました。やはり録音テープに関する不信感が、進優子への厳しい意見に繋がったようです。取材目的で福田元財務事務次官に会っているのであれば無断でテープを回さず堂々とすればいい、などの意見が見受けられました。

セクハラかハニートラップかは謎のまま

結局、福田元財務事務次官が進優子にセクハラをしたのか、はたまた進優子が福田元財務事務次官にハニートラップを仕掛けたのか、真実は明らかになっていません。元々福田元財務事務次官は女性に弱いことで有名だったらしく、記者の間で彼のセクハラは有名だったとも言われています。

しかしそれがわかっていたからあえて女性記者が近づいていたならまた話が変わってきます。福田元財務事務次官は、証拠とされるテープが一部であったことを指摘し、「女性の声を含めた全ての音声を明らかにすればセクハラに該当しないとわかる」と言っています。遠回しに進優子側の問題であると言っているのです。

福田元財務事務次官はセクハラを認めていないものの、騒ぎで仕事にならないからという理由で辞任し、以降セクハラ騒動は世間の注目から外れてしまいました。そのため問題は何も解決していません。セクハラ、ハニートラップ、パワハラ、そのどれが存在したとしても、全てそのままです。

気になる!進優子の現在

セクハラ騒動のあと、進優子はどうなったのでしょうか。あれだけの騒ぎになったのですから、何かしらの変化はあったはずです。進優子が現在どのような生活を送っているのか、彼女のその後を確認してみましょう。

今現在もテレビ朝日の報道記者を務める

進優子は現在もテレビ朝日で報道記者をしています。たまに朝の情報番組『グッド!モーニング』でリポーターとして活躍しているようです。セクハラ騒動を覚えている人たちが『グッド!モーニング』に出ていた進優子に気づき、SNSでそれを報告しているのが確認されました。

進優子の結婚や子供の情報とは

進優子が結婚しているのか、子供がいるのか、と気になる人は多いのではないでしょうか。現状、進優子のプライベートな情報は全くありませんのでわかりません。芸能人ではないので、今後も明らかになることはないでしょう。

セクハラ騒動を起こした進優子の動向から目が離せない

セクハラ騒動の中心人物、進優子を紹介してきました。進優子はセクハラをされた被害者なのか、それとも福田元財務事務次官を陥れた加害者なのか、結局わからないままでした。完全な解決を見ないまま、進優子は記者としての活動を続けています。

とはいえ、それだけの事件がありながらも強い意志で仕事を続けている進優子は、自身の仕事に誇りと責任を働いているのかもしれません。今後も進優子の記者としての動向に注目です。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
香宮空
本と映画とアニメ、旅行をこよなく愛する者です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ