100均の取っ手15選!ダイソー・セリアなど!付け方・DIY術も

100均の取っ手が人気です。ダイソーやセリアやキャンドゥのおすすめのおしゃれな取っ手は豊富な種類とサイズがあります。DIYで引き出しのつまみを交換したり、リメイクする際の付け方などについても説明します。好印象になる100均の取っ手について色々まとめてみました。

100均の取っ手15選!ダイソー・セリアなど!付け方・DIY術ものイメージ

目次

  1. 1100均の取っ手で引き出しもおしゃれに大変身!
  2. 2100均【ダイソー】のおすすめ取っ手6選
  3. 3100均【セリア】のおすすめ取っ手5選
  4. 4100均【キャンドゥ】のおすすめ取っ手4選
  5. 5100均の取っ手の付け方
  6. 6100均の取っ手を使ったおしゃれリメイク&DIY術
  7. 7100均の取っ手でインテリアをおしゃれに変身させよう

100均の取っ手で引き出しもおしゃれに大変身!

身の周りにはたくさんの取っ手があるのに注意を向けていますか。普段何気なく取っ手を引っ張っていますが、実は取っ手を変えるだけで、ずいぶんと印象が良くなるものなのです。

これまで使ってきた取っ手は、よく考えるとその形でなくても良いとも言えます。思い切って別の形の取っ手に変えてみましょう。一段とおしゃれになって、毎日の生活が明るくなるかも知れません。

100均の取っ手はデザインの種類やサイズが豊富

たいていの場合、家にもともとついている取っ手は、住宅業者が機能的に考えて標準的なアイテムを取り付けているだけです。そのため日常的な取り扱いには不便を感じないものの、デザイン的なワクワク感には乏しいものになってしまいます。試しに100均へ行って取っ手を見てみると、たくさんの種類の取っ手が見つかるでしょう。

例えば豪華な印象のものや、伝統的な落ち着いたものなどです。それ以外に現在使っている取っ手のサイズには何の疑問も持っていなかったとしても、100均で他のサイズのものを実際見て検討してみれば、今よりも使い勝手がよくなることに気が付くかも知れません。100均のアイテムを次々に試してみれば、今までよりも改善される事がたくさんあるでしょう。

100均の取っ手は丈夫で使いやすい

今使っている取っ手の具合が悪くなったら、取り替えなくてはなりません。その時に100均の商品に取り替えてみれば、お得感が増加するでしょう。その理由は、100均の取っ手はデザインの良さ以外にも耐久性に優れており、しかも使いやすいのです。これは使ってみなければわかりません。

この事実に気が付いたら、身の周りの取っ手について、積極的に取り替えても良いと思い立つ人がきっと出て来ることでしょう。

100均【ダイソー】のおすすめ取っ手6選

それではまず100均ダイソーのおすすめの取っ手を見てみます。ダイソーには色々な種類の取っ手が並んでいますが、その中から6種類を選んで紹介しましょう。

ダイソーのおすすめ①クリスタル風つまみダイヤ型

100均ダイソーの最初のおすすめはクリスタル風つまみダイヤ型です。この取っ手は上の画像で見てわかるように、大きなダイヤモンドのような形をしています。普通はただの円筒形のつまみがついているのでしょうが、このクリスタル風つまみダイヤ型に変えただけで、箱の中には高価なものが入っているのではないかと思えるようになるものです。

このように、取っ手を変えるだけで、全体の印象が大きく変わってしまいます。100均の取っ手の力の一端を垣間見たと言えるでしょう。

ダイソーのおすすめ②木戸の取っ手

100均ダイソーの次のおすすめは木戸の取っ手です。これは上の画像のようにDIYでボードにくつければ、カラーボックスのフタを上に開ける時の取っ手になります。このような手を通すタイプの取っ手は、少々重量のある物でも対応できるので便利です。また落ち着いたカラーなので、インテリアとしても上手く全体に溶け込んでいます。

ダイソーのおすすめ③セラミックノブ

100均ダイソーの次のおすすめはセラミックノブです。落ち着いた雰囲気のクラシカルな取っ手となります。大きさもちょうどドアノブの大きさに近いために、握った時の感触が重厚な印象になります。もともと金具だけの機能的な取っ手しかついていなかったとすれば、この立派なセラミックノブに取り替えると、ビックリする程使いやすく感じるでしょう。

たった1つ取り替えただけでも、キッチンそのものの印象が、がらりと豊かなものに変わってしまうはずです。

ダイソーのおすすめ④クリスタル風つまみボール型

100均ダイソーの次のおすすめはクリスタル風つまみボール型です。先にクリスタル風つまみダイヤ型を紹介しましたが、このタイプはボールのような丸い形になっています。触った感じが、ダイヤ型よりも大きいと思うような大ぶりのクリスタル風です。画像の通りヘッドの部分は大変大きくなっています。

そのため、もしも厚みがあまりない引き出しに取り付けると、ややアンバランスな印象になってしまいますので、ある程度大きめの引き出しに取り付けるようにしましょう。

ダイソーのおすすめ⑤半円形取っ手

100均ダイソーの次のおすすめは半円形取っ手です。この取っ手はアンティークな色合いなので、落ち着いた木製家具に似合っています。

引き出しを開ける時には、下から手を入れてがっちりとホールドして開けられますので、重厚感があります。つまみ型やドアノブ型とは異なったテイストを味わえる、半円形取っ手も生活の一部に取り入れてみましょう。

ダイソーのおすすめ⑥取っ手金具

100均ダイソーの6番目のおすすめは取っ手金具です。このタイプの取っ手は和タンス用に昔から普及しています。引き出しを開ける時には、上から手を入れて金属に手を触れながら手前に引っ張るのです。このクラシカルなタイプのファンという人は、わざわざ金具の取っ手に付け替えるようです。時代を超えて愛される取っ手金具となります。

100均【セリア】のおすすめ取っ手5選

次は100均セリアのおすすめの取っ手を見てみます。セリアにも様々なタイプの取っ手が売られています。モダンなイメージのものや古風なものなど多種多様ですが、その中から5種類を選んで紹介しましょう。

セリアのおすすめ①陶器製デザインインテリアノブ

100均セリアの最初のおすすめは陶器製デザインインテリアノブです。この取っ手は陶器でできており真ん中には金属の金具がついているデザインで、豪華な雰囲気になります。陶器部分は単色で模様などが入っていないので、シンプルかつ上品なイメージに仕上がっているのです。

陶器部分はやや小ぶりになっていますが、掴みやすい形状です。なお、壁に設置してコートや上着を掛けることもできます。

セリアのおすすめ②アンティークハンドル型取っ手

100均セリアの次のおすすめはアンティークハンドル型取っ手です。この取っ手はアンティークなデザインで旧来の和のタンスに良く似合います。また、上の画像のようなシンプルなタンスに取り付けると、独特の存在感を醸し出します。このタイプの取っ手はシンプルな中にもアンティークな雰囲気があるために、広く親しまれてるのです。

セリアのおすすめ③ジュエルデザイン・ハンドル型取っ手

100均セリアの次のおすすめはジュエルデザインハンドル型取っ手です。この取っ手は、真ん中の所が透明な樹脂製になっています。そのため、金属と樹脂というハイブリッドな素材でできた高級感を醸し出しているのです。ジュエルデザインハンドル型取っ手は、上下の場所を取らないために、薄型の引き出しでも連続して装着可能という特徴を持っています。

落ち着いた金属の重厚感と真ん中の樹脂のクリスタルな感覚が、とてもおしゃれな雰囲気となっているので、使う度に気分が上がることでしょう。

セリアのおすすめ④ミニカラーインテリアノブ

100均セリアの次のおすすめはミニカラーインテリアノブです。上の画像は薄いピンク色のインテリアノブになっており、取っ手部分はかわいらしく小さめの作りになっています。大きくて立派な取っ手をつけるにはまだ若過ぎる、という女性のタンスにはピッタリのデザインです。小ぶりなところが、若々しいイメージを与える取っ手となります。

セリアのおすすめ⑤リングハンドル型アンティーク取っ手

100均セリアの5番目のおすすめはリングハンドル型アンティーク取っ手です。この商品は上の画像を見てわかるように、たいへん重厚で立派なもので、まるでヨーロッパの貴族の館を彷彿させる取っ手です。リングハンドル型アンティーク取っ手は、一つひとつがとても頑丈で大きなものになりますので、インテリアとしても十分に存在感を発揮します。

100均【キャンドゥ】のおすすめ取っ手4選

次は100均キャンドゥの取っ手を見てみます。キャンドゥにはすぐにでも欲しくなるような魅力的な取っ手があります。たくさんある中からおすすめの取っ手を4種類選びましたので、紹介しましょう。

キャンドゥのおすすめ①陶器製デザインインテリアノブ

100均キャンドゥの最初のおすすめは陶器製デザインインテリアノブです。この取っ手は上の画像を見てもわかるように、とても上品な唐草模様のデザインとなっています。以前ついていた取っ手は、機能重視の味気ないものだったかも知れませんが、陶器製デザインインテリアノブに取り替えたら、部屋の雰囲気は一変することでしょう。

陶器製なので触った時の感触も良く、デザインも自然を取り入れた唐草模様なので、生活が明るくなったのを感じられるに違いありません。

キャンドゥのおすすめ②ルームデコレーション・インテリアノブ

100均キャンドゥの次のおすすめはルームデコレーションインテリアノブです。上の画像は新品の取っ手ですが、少し古ぼけたような味わいを出しています。ひたすらキラキラさせるのではなく、このような対照的なセンスも、ある意味洗練されていると言えるでしょう。インテリアの多様性を演出するのに一役買っている商品です。

ルームデコレーションインテリアノブは、インテリアをおしゃれに演出するお手伝いをしよう、というキャンドゥの意気込みの表われと言える「取っ手」です。

キャンドゥのおすすめ③星型インテリアノブ

100均キャンドゥの次のおすすめは星型インテリアノブです。キャンドゥには似たようなデザインでヒトデ型のインテリアノブもありますが、上の画像は星型のインテリアノブになります。このインテリアノブはシンプルなデザインとなっており、豪華さを主張するのではない個性的なものです。大人のさりげないインテリアとしておしゃれでしょう。

キャンドゥのおすすめ④木製の取っ手

100均キャンドゥの4番目のおすすめは木製の取っ手です。陶器や金属製の多い100均の取っ手の中で、この取っ手は木製となっています。上の画像では丸い形をしていますが、松ぼっくりのように切れ込みが入っています。木製の取っ手は、触った時に気のぬくもりを感じることができ、温かな印象を与えるのです。

手作りの小物入れに、この取っ手をつければ良く似合うでしょう。

100均の取っ手の付け方

これまで見てきたように100均の取っ手に取り替えると、格段に雰囲気がグレードアップすることがわかるでしょう。インテリアデザイン上自分の好みの取っ手を100均で選んで買って来て、おしゃれな雰囲気を手に入れることができるならば、誰でもトライしてみたくなるものです。

それでは実際のところはどのようにすれば100均の新しい取っ手に変えられるのか、外し方と付け方を詳しく説明しましょう。

元の取っ手の取り外し方

新しい取っ手に取り替えるためには、まずは今現在ついている取っ手を取り外さなければなりません。取り外すにはドライバーを使用します。取っ手はプラスねじ(十字の形のねじ)かマイナスねじ(一の形のねじ)のどちらかを使って固定されているはずですから、このねじをドライバーで外します。

ねじの頭は表から見えている場合もありますが、見栄えを考慮して取っ手がついている板の裏面のほうにねじの頭が隠れている場合もあります。いずれにしてもねじの頭をドライバーで回してねじを取り出しましょう。すると今までついていた取っ手は簡単に取り外しができます。なおこの時にねじを落として紛失しないように注意しましょう。

基本の取っ手の取り付け方

次に新しく100均で買って来た取っ手を今までの取っ手の後に取り付けます。基本的に1本のねじで取り付けるタイプならば特に問題なく、今までついていた取っ手を取り去ったあとの穴を利用してねじを通してドライバーを回してねじ留めすれば完了です。これ以外の取り付け方の例として、新しく取り付ける取っ手が2つのねじを利用する場合があります。

取り付け方はまず取っ手をどの位置に取り付けるかを、実際に取っ手をくつけてみて探ります。そしてちょうど良い位置が見つかったらそこに鉛筆などで印をつけましょう。次にその印をつけたところに錐などで穴を穿ちます。ある程度穴が開いたら取っ手をその穴の位置に持って来てその上からねじをドライバーを使って締めます。

不安定でなくなるまでねじを締めたら完成です。

注意点

もともと付いていた取っ手の穴が1つで、しかも新しい取っ手を取り付けるねじの直径よりも少し大きいくらいならば問題はありません。しかし穴が小さくて新しい取っ手のねじが入りにくい場合は、少し力を入れてドライバーを回せばねじを締めることができます。また、新しい取っ手が穴を2つ必要とする場合に注意すべきことがあります。

それは古い穴の跡は紙粘土を詰めるかマスキングテープで塞いでおけば見苦しくないということです。さらに賃貸の家の場合は、古い取っ手は退去する時にまた元通りに付け直さないといけないので、大切に保管しておきます。

100均の取っ手を使ったおしゃれリメイク&DIY術

100均の取っ手を使って身の周りのアイテムをおしゃれにリメイクしてみましょう。リメイクができる場所は必ずしも今取っ手がついている場所ばかりとは限りません。取っ手がついていない場所に100均の取っ手をつけることによって便利になるし、おしゃれなインテリアにもなるというものがあるはずです。

そのようなものの例をいくつか紹介しますので、それ以外にも100均の取っ手を有効活用してDIYする時の参考にしてください。

おしゃれリメイク&DIY術①引き出し収納

取っ手がもともと付いているのは引き出しなどの収納が最も身近でしょう。そしてこれらの引き出しには機能本位の取っ手が付いているのが普通です。この機能一辺倒の取っ手をインテリア上もおしゃれな取っ手に取り替えてみたら毎日の生活が一変します。特によく使う引き出しこそDIYで変身させるチャンスです。

毎日接する物のイメージが改善したら、毎日エネルギーを余分にもらっている状態に移行できます。例えば今までスチールのグレーの取っ手が付いていたら、次にはセラミックノブの貴族のような取っ手に変えてみたらワクワクするでしょう。あるいは半円形のタイプにしてみたら全く新しい家具に買い換えたような気になるかも知れません。

このような楽しみが味わえますので引き出し収納については何はともあれ、まず最初にトライしてみる価値があるでしょう。

おしゃれリメイク&DIY術②コートハンガー

冬になって毎日コートが手放せない季節になると、コートの収納場所で頭を悩ませるかも知れません。外から帰って来てコートをどうするかというと、まずは玄関に入ったら脱ぎますがこれをクローゼットまで持っていくのは面倒です。かといって玄関の近くには都合の良さそうなものはないとすれば、リビングのソファーの横のほうに放り投げてしまうでしょう。

すると一人暮らしならば何も言われないでしょうが、家族といっしょに暮らしていればコートをきちんと片付けるように注意されるはずです。このようなことを解消する名案としては、玄関を入ったところにインテリアノブを取り付けておくのです。するとコートをかけていない時にはおしゃれなインテリアになるのでサイズは大き過ぎない方が良いでしょう。

また外から帰って来たらすぐにコートを掛けることができます。このようにコートハンガーとしてDIYで取っ手を利用すれば家に帰るのが一層楽しくなるでしょう。

おしゃれリメイク&DIY術③ジュエリーボックス

ジュエリーボックスを持っている人は少なくないでしょう。そのジュエリーボックスのことはかまってあげていますか。ボックスの中身には興味があるけれどジュエリーボックスそのものには大して関心がないという状態になっていませんか。時にジュエリーボックスにも手をかけて魅力的にしてみましょう。

そこで役に立つのが取っ手です。100均の取っ手の中にはクリスタルのダイヤ型のものもありますし、セラミック製の王朝風のインテリアノブは上品さを振りまいています。このような目を惹く派手な取っ手を思い切ってジュエリーボックスに取り付けてみましょう。すると今までくすんでいたボックスが急に輝き始めます。

ジュエリーボックスを大切にする人の下には宝石が集まって来るといいますので、取っ手を変えて気分を一新すれば中身も改善していけるはずです。

おしゃれリメイク&DIY術④ブックエンド

家の中の本をキチンと整理してインテリアとしても利用している人は多いでしょう。特に百科事典や世界文学全集、あるいは日本古典全集などを揃えて本棚に整列させていればかなり見栄えがするはずです。そしてリビングにも本が進出している人の場合は、本を横にして積んでいくかも知れません。

しかしこのようにすると俗に「積ん読」と呼ばれる状態になり、真ん中から下のほうの本は読まれなくなっていきます。このような不便さを回避するには本は立てておくのが無難です。そしてリビングの空いている空間ならばブックエンドが便利です。そしてブックエンドに手を加えて面白くしようという発想が出て来ます。

どのようにするかと言えば、ブックエンドを装飾する目的で取っ手を付けてしまおうというのです。

最初は奇異に感じるかも知れませんが、もしも木製で少し厚みのあるブックエンドを用意できればこれに100均の取っ手を取り付けると意外にマッチするのです。インテリアノブやアンティークハンドル型の取っ手ならば、本はシェークスピアなどを立てておきたくなるのではないでしょうか。

本がインテリアになることを知っている人ならば、是非取っ手をブックエンドに取り付けて装飾のグレードアップを計画してみましょう。

おしゃれリメイク&DIY術⑤トレイ

机の上に乗せてあるプラスティック製の何段か積み重ねてあるトレイには、通常は取っ手はついていません。いやトレイの端のほうを手で持って引っ張ってくれば用が足りるので、わざわざ取っ手を付けようという発想がないのです。しかしながら身の周りの当たり前と感じていることにいちいち疑問を持って、試すことは重要となります。

つまり脳の活性化のためには必要なことです。そしてこのトレイに取っ手を付けて、見た目をおしゃれにしてインテリアとして活用しようというのがここでの課題となります。確かに機能的には取っ手は不要かも知れませんが、装飾という観点からは取っ手を付ければ見栄えが良くなることは確実です。

もっとも100均でおしゃれな取っ手を選んで来て装着するのです。これは職場でマニアックなステッカーを貼るのとはわけが違います。

もしもトレイにおしゃれな取っ手をつけてみたら、今までの殺伐とした机の上に潤いが生まれるとしたらこれはオフィス環境の改善ができたことになります。最初にやってみるまでは不安かも知れませんが、実行してみれば皆が賛同して次々に真似をしていくでしょう。

おしゃれリメイク&DIY術⑥プランターカバー

プランターカバーと言う言葉を聞いて、これが取っ手とどのように関連するのか疑問に思う人もいることでしょう。ところが今までの応用例を理解していれば、容易に想像できることです。つまりプランターカバーは通常木製が普通なので、この木の部分に装飾本位の取っ手を付けてみればより一層おしゃれになるという発想になります。

もっとも、プランターカバーを移動させる時に苦労するから取っ手をつけておこうという本来の使用方法に則ったリメイクの仕方もあり得ます。いずれにしても花を観賞する際にプラスアルファでインテリアノブのおしゃれアイテムも楽しんでしまおうという発想は試してみるだけの価値があるでしょう。

100均の取っ手でインテリアをおしゃれに変身させよう

取っ手というのはデザイン上かなり強力な影響力があります。例えば無地の板が1枚あってその真ん中にシンプルな取っ手が一つついていたら、そこにはドアがあるのではないかとわかります。さらに今度は豪華な取っ手がついていたら、そのドアは富豪が住んでいるところではないかと推察されるでしょう。

このようにたった1つの小さな部品で大きくイメージを変えられるのが取っ手なのです。もし自分の家の中をインテリア的におしゃれにしようとしたら、壁紙を変えるなどと大げさなことをする前に取っ手を取り替えてみたらどうでしょう。きっと想像以上にインテリアが改善されるはずです。多くの費用を掛ける必要はありません。

その代わりに100均へ行って気に入った取っ手を買って来さえすれば良いのです。インテリアをおしゃれに変身させるために100均の取っ手を活用しましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
hs707
古典文学からSF、ミステリ、哲学、ノンフィクションや科学と幅広い読書が好きです。趣味は登山と合気道です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ