藤谷美和子は現在小田原で徘徊生活?皇居侵入未遂事件の真相や若い頃も

数々のドラマや愛が生まれた日で一躍有名になった藤谷美和子を覚えていますか。岡村俊一との結婚から総合失調症という病気だと言われている藤谷美和子の皇居侵入事件の真相に迫ります。現在は小田原で徘徊生活をしている、熱海で働いているなどの噂についても検証してみましょう。

藤谷美和子は現在小田原で徘徊生活?皇居侵入未遂事件の真相や若い頃ものイメージ

目次

  1. 1藤谷美和子ついて
  2. 2藤谷美和子の歴史~かわいい若い頃から突然の結婚まで~
  3. 3藤谷美和子が起こした皇居侵入未遂事件の真相
  4. 4藤谷美和子の病気と噂される統合失調症とは
  5. 5現在の藤谷美和子の実情
  6. 6藤谷美和子の芸能界復帰を心待ちにしよう

藤谷美和子ついて

女優や歌手として活躍していた藤谷美和子を知っていますか。ある程度の年齢の人なら、ドラマや映画に出ていた若い頃のかわいらしい藤谷美和子の姿をパッと思い浮かべるかもしれません。また、大ヒットとなったデュエット曲を思い出す人も多いでしょう。

最近はメディアでも全く見掛けなくなりましたが、どうしているのでしょうか。藤谷美和子の若い頃の活躍から現在までを、数々の噂の検証もしながら見ていきましょう。

藤谷美和子のプロフィール

・本名:岡村(旧姓・藤谷)美和子
・生年月日:1963年3月10日
・現在年齢:56歳
・出身地:東京都北区
・血液型:A型
・身長:162cm 
・活動内容:女優、歌手
・事務所:無所属
・家族構成:配偶者・岡村俊一

プッツン女優として芸能界を賑わす

藤谷美和子は1977年にカルビーのポテトチップスのCMでデビューしました。「100円でカルビーのポテトチップスは買えますが、カルビーのポテトチップスで100円は買えません。」という変わったセリフを言う女の子として大きな話題となったので、CMを覚えている人も少なくないでしょう。

その後「元祖プッツン女優」などど言われていた時期もありました。2003年頃から、映画やドラマの撮影が予定されているにも拘らずドタキャンしたり、奇抜な行動が目立つようになったためです。当時大きく話題となった皇居前での事件もこの頃に起こしたものでした。

事件については後で詳しく解説しますが、まずは藤谷美和子の女優や歌手としての華々しい経歴を見ていきましょう。藤谷美和子は一体どのような活躍をしてきた女優なのでしょうか。

藤谷美和子の現在!統合失調症で小田原を徘徊?スナックで仕事?

藤谷美和子の歴史~かわいい若い頃から突然の結婚まで~

ポテトチップスのCMで芸能界デビューし注目を集めた藤谷美和子は、その後女優や歌手として大活躍していきます。カルビーのCM後から2005年に突如として結婚するまでの藤谷美和子の華々しい経歴を見ていきましょう。

朝の連続ドラマ『こころはいつもラムネ色』で話題に

藤谷美和子は、1984年~1985年にかけて放送されたにNHKの朝の連続テレビ小説『心はいつもラムネ色』にヒロイン役で出演しています。このドラマは、朝の連続テレビ小説としては珍しい男性が主役のドラマで、新藤栄作が主演でした。そのため藤谷美和子の役は、女性の中では最も主役に近い位置づけと考えて良いでしょう。

このドラマの平均視聴率は40.2%で大ヒットとなり、藤谷美和子にとっては代表作と言っていいのではないでしょうか。この朝の連続テレビ小説への出演ををきっかけに、藤谷美和子は全国的に人気を集めていくことになったのです。

映画『海燕ジョーの軌跡』で受賞も

『海燕ジョーの軌跡』という映画は、沖縄の暴力団同士の争いが激化する中で抗争相手のトップを狙撃するヒットマンを描いたストーリーで、1984年の公開されました。主役のヒットマンを演じたのは時任三郎で、藤谷美和子はその恋人役を演じました。

この『海燕ジョーの軌跡』と『地平線』という映画での演技が高く評価され、藤谷美和子は1985年に日本アカデミー賞で優秀主演女優賞を獲得します。

その後も1992年には『女殺油地獄と寝盗られ宗介』という映画で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を始め、ブルーリボン賞、キネマ旬報賞、報知映画賞でそれぞれ主演女優賞を受賞しており、映画に関する賞を総なめにしたと言っても過言ではないでしょう。

デュエット曲『愛が生まれた日』で歌手デビュー

1994年には、連続ドラマ『そのうち結婚する君へ』で連続ドラマに初めて主演します。同時にその挿入歌として、大内義明とのデュエット曲『愛が生まれた日』をリリースしました。132万枚を超えるミリオンセラーとなり、数多くの歌番組に出演しました。

この曲で藤谷美和子は第9回ゴールドディスク大賞ではグランプリニューアーティスト賞を受賞し、日本有線大賞では最優秀新人賞を受賞します。特に全日本有線放送大賞では最優秀新人賞とグランプリを獲得し、感激で泣きながら『愛が生まれた日』を歌った映像は、今でも思い出す人が多いのでははないでしょうか。

紅白歌合戦に出場して国民的タレントに

『愛が生まれた日』が大ヒットとなった1994年の年末には、第36回日本レコード大賞で優秀作品賞を受賞し、第45回紅白歌合戦にも初出場しました。『愛が生まれた日』は女優が歌う曲としては異例のヒットとなり、その当時、女優としてはNO.1のセールスだったようです。藤谷美和子は知らなくても、この曲は知っているという人も少なくないでしょう。

映画監督の岡村俊一と結婚

2005年12月には、映画監督や演出家として活動している岡村俊一と結婚しています。岡村俊一は1962年生まれで現在57歳です。数多くの舞台の演出をしており、特につかこうへいの晩年の作品の演出を多く手掛けています。それだけでなく、ジャニーズや劇団EXILEなどの舞台もプロデュースしており、映画監督としても何作かの映画を撮っています。

岡村俊一は熱い性格の人なようで、自身のプロデュースした舞台でトラブルを起こした際に、ツイッターでファンをあおるような発言をし炎上したこともありました。

そんな熱い性格の岡村俊一と結婚する際、藤谷美和子は「結婚しないと離婚できない」と、多くの人が首をかしげるような少し不思議な発言しました。子供もいないようですが、2019年現在も婚姻関係は続いています。

岡村俊一の現在!妻の藤谷美和子との関係は?炎上や熱海でスナックの噂も調査!

藤谷美和子が起こした皇居侵入未遂事件の真相

2003年6月26日、藤谷美和子は皇居侵入未遂事件を起こしました。ちょうど「プッツン女優」と言われるようになっていた頃の話です。この皇居侵入未遂事件とは一体どのような事件だったのでしょうか。事件の内容を詳しく見ていきましょう。

タクシーで皇居前に乗り入れる

この事件は、藤谷美和子が皇居坂下門にタクシーで乗り付けたことから始まりました。皇居というのは、アポがなければもちろん簡単に入れる場所ではありません。しかし藤谷美和子はアポもないのに、急にタクシーで皇居に入ろうとしたのです。当然、藤谷美和子の乗っていたタクシーは、門で警備に当たっていた警察官に止められることになりました。

手紙を渡しに侵入を試みる

警察官に皇居への侵入を止められた藤谷美和子は、「紀宮様にお会いして、お手紙を渡したいのです。」と話したそうです。門を警備していた警察官はそのようなアポの話を聞いていなかったため、当然その場で確認を取ります。

その間にも藤谷美和子は「秋篠宮殿下は私の弟、紀宮様は私の妹です。早く通してください。」と誰もが分かるような嘘をついたようです。さらに電話で担当者に直談判し、「あなたは失礼です。私は手紙を持ってきたのだから、早く紀宮様と会える時間を決めて下さい。」と話したと言われています。

結局、担当者が来るまでタクシーに1時間ほど立てこもり、警察官から説教を受けて夕方にやっと帰ったというのがこの事件の全貌です。皇居にはそんなに簡単に入れるわけもないので、この行動を見るとまさに「プッツン女優」と言えるかもしれません。

事件を起こした原因は病気との噂

藤谷美和子はのちに、自身が紀宮様に似ていると言われることが多かったため、皇室へ親近感を覚えてファンレターを渡しに行ったのだと弁解したそうです。秋篠宮殿下や紀宮様のことをまるで兄弟のように親しく思っていることが「秋篠宮殿下は私の弟、紀宮様は私の妹です。早く通してください。」という発言に間違ってなってしまったのだとも話しています。

しかし突発的なこの行動は、普通ではあまり考えられないことです。何か精神的に問題があったのではないかと考えるのが妥当ではないでしょうか。藤谷美和子が皇居侵入未遂事件を起こした背景には、総合失調症という精神的な病があったのではないかと言われています。

藤谷美和子の病気と噂される統合失調症とは

藤谷美和子が皇居侵入未遂事件を起こし、その結果芸能界から遠ざかるきっかけにもなってしまったのは、総合失調症という病気のせいだとも言われています。総合失調症とは一体どのような病気なのでしょうか。

精神障害の一種

総合失調症は、幻覚や妄想といった症状や、自発性の低下、認知機能の低下などを起こす精神障害の一種です。原因ははっきりとは分かっていませんが、遺伝的要素に加えて、子供のころや思春期のストレスがきっかけになって発症するのではないかとも言われています。

原因は何にせよ、総合失調症にかかってしまうと、様々な意欲や認知機能の低下などにより就業等も難しく、社会生活を普通に送るのはなかなか困難であると考えられています。

陰性と陽性がある

総合失調症の症状には、陰性の物と陽性の物とがあります。陰性症状とは、自発性や様々なことへの意欲の低下や感情表現が乏しくなることとされ、陰性症状が出ている間は人付き合いを避け、家の中に引きこもるようになります。

陽性症状は幻覚や幻聴、妄想などの症状で、自分を否定したり脅したりするような幻聴が聞こえてきたり、ひどい被害妄想をしたりします。それ以外にも総合失調症には、自分の考えや行動にまとまりが無くなったり、自分が精神障害の病気であることを自覚できないなどの症状もあり、合わせて学習障害や記憶障害を起こすことも多いと言われています。

統合失調症の治療法とは

総合失調症の治療には、薬物療法と心理社会療法が採られます。薬物療法では抗精神病薬、抗不安薬、睡眠薬などを患者の症状に合わせて処方します。心理社会療法では、社会生活が送れるように、入院や通院をしながらリハビリで社会復帰のための訓練を行います。

総合失調症にはこの2つの治療を組み合わせて行うことが多いですが、完治というものが難しく、良くなったかに見えてもまた再発することも少なくありません。そのため、継続的に治療していく必要があると言われています。

現在の藤谷美和子の実情

2003年に皇居侵入未遂事件を起こし、2005年に結婚してからはメディアで名前を聞くこともほとんどなくなってしまった藤谷美和子ですが、現在はどのような生活を送っているのでしょうか。徘徊生活をしているのではないかという噂もあり、真相が気になるでしょう。藤谷美和子の現在の生活ぶりを探っていきます。

事務所には所属していない

藤谷美和子は「芸能界引退」と本人が会見等を行ったわけではありませんが、岡村俊一と結婚した2005年頃から芸能活動を一切していません。現在はどこの事務所にも所属していないようです。

もちろんどこの事務所にも所属せずに、フリーで仕事をしている芸能人はたくさんいます。しかし藤谷美和子の場合には2005年以降に芸能界の仕事をした形跡はなく、芸能界を辞めて一般人になったと考えて良いのではないでしょうか。

小田原市で徘徊生活?

2012年には、神奈川県小田原市で夕方になると毎日徘徊しているとスポーツ新聞で報道され、目撃情報が相次ぎました。記事によると、数年前から毎日、夕方5時頃になると小田原駅前に現れ、両手にゴミ袋を持っていたり、野良猫に水を掛けていたりしたそうで、その様が徘徊生活と報道されたのです。

この「徘徊生活」という報道に対して、夫の岡村俊一は「更年期のせいで心身不調になっているだけ」「面白おかしく報道されるのは良くない」と反論しました。総合失調症という精神疾患ではなく、ただの更年期障害だと発言したのです。

しかし、毎日同じ時間に同じ場所をグルグルと歩き回るというのは徘徊行動の特徴です。飼い主のいない野良猫の世話を毎日していただけとも考えられますが、総合失調症の影響だと考える方が容易ではないでしょうか。

熱海のスナック勤務との情報も

実は藤谷美和子と夫の岡村俊一は、結婚当初から一度も同居していないと言われています。2012年に岡村俊一がツイッターでそう証言しているからです。では総合失調症であると思われる藤谷美和子はどのように生活しているのでしょうか。

藤谷美和子は現在、神奈川県小田原市に母親と一緒に住んでおり、「熱海にあるスナックで働いている」と夫の岡村俊一が公言しています。熱海のどこのスナックかは分かりませんが、働けるほどに回復しているということは喜ばしいでしょう。

岡村俊一とは結婚当初からずっと別居しており、藤谷美和子は離婚したいと何度か公言しています。しかし岡村俊一は、今は夫と言うよりも保護者のような気持ちで妻を支えたいと言っています。そのため一緒には住んでいなくても、現在も藤谷美和子と岡村俊一の婚姻関係は継続していると考えていいでしょう。

藤谷美和子の芸能界復帰を心待ちにしよう

1980年代~1990年代にかけて数々の映画賞を総なめにし、1994年にはミリオンヒットとなるデュエット曲までリリースしている藤谷美和子についてたっぷりお話してきました。プッツン女優と呼ばれるなど、少し変わった行動も見られた藤谷美和子ですが、若い頃は実にかわいらしく、名実ともに大人気の女優でした。

現在は総合失調症と戦いつつ、熱海のスナックで働きながら母親や夫の岡村俊一に見守られて療養生活を送っているのでしょう。病気が落ち着くまではなかなか難しいかもしれませんが、きっとその美しさは今でも健在なはずです。元気な姿がまたメディアでみられるように、藤谷美和子が芸能界に復帰する日を楽しみにしていましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
masayodaisy

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ