100均の遮光ネット5選!ダイソー・セリア別!遮光シートや効果も紹介

ダイソー、セリア、キャンドゥなどの100均では、遮光ネットが話題となっています。そんな遮光ネットをはじめとした、遮光シート、遮光スクリーンなどの100均の遮光グッズについて、その効果やサイズ、取り付け方、おすすめの商品などをご紹介します。

100均の遮光ネット5選!ダイソー・セリア別!遮光シートや効果も紹介のイメージ

目次

  1. 1100均の遮光ネットは機能性が高い!
  2. 2100均【ダイソー】おすすめの遮光ネット
  3. 3100均【セリア】おすすめの遮光ネット
  4. 4100均【キャンドゥ】おすすめの遮光ネット
  5. 5100均の遮光ネットの取り付け方
  6. 6【番外編】100均のおすすめ遮光シート・遮光グッズ
  7. 7100均の遮光ネットで快適な生活を送ろう

100均の遮光ネットは機能性が高い!

ダイソー、セリア、キャンドゥをはじめとする100均は、もはや私たちの生活になくてはならない存在となっています。そんな100均では、遮光ネットも多く販売しています。遮光ネットは通常1500円以上することが多いですが、100均であれば100円~200円ほどで購入できるようです。

また、100均だからといって品質に問題があるわけではありません。その機能性についても高い評価を得ています。遮光ネットとして重要視される遮光率も高いものが多く、しっかりと光を遮ることができます。そんな100均の遮光ネットについて、その効果やおすすめの商品を見ていきましょう。

遮光ネットには様々な効果がある

遮光ネットは、直射日光を遮るだけではなく、UVカット効果もあるものがほとんどです。紫外線は窓を通して室内にもはいってきます。しかし、窓などに遮光ネットを取り付けておくことで、紫外線が室内にはいることを防ぐことができます。また、遮光ネットの取り付けが難しい場合には、同様の効果を得られる遮光シートなどを使用するとよいでしょう。

遮光ネットは他にも、虫の侵入を防ぐという効果があります。遮光ネット自体に匂いなどの虫よけ効果があるわけではありませんが、目の細かい遮光ネットを選び、窓などに虫が侵入できないように取り付けることで、虫よけとしての効果を発揮します。

サイズも豊富でガーデニングにも活用できる

100均では、様々なサイズの遮光ネットが販売されています。そのため、用途や取り付け場所にぴったりの商品を選択することができます。大きすぎても小さすぎても意味がなく、不格好にもなるため、事前にキチンとサイズを測って購入することが大切です。

大きいサイズは屋根やカーポートなどにも取り付けが可能でしょう。また、小さいサイズはガーデニングにも活用ができます。夏の強い日差しによって花や野菜がダメにならないように、畑やプランターにかぶせて使用します。あまりに遮光率が高いと今度は日光不足になってしまうため、遮光率40~60%のものを選択するようにしましょう。

100均【ダイソー】おすすめの遮光ネット

圧倒的な店舗数と品数の多さで、100均の代名詞となっているダイソーでは、数多くの遮光ネットを販売しています。そんなダイソーで販売されている遮光ネットからおすすめのものを2つご紹介します。

ダイソーのおすすめ①ハトメ付遮光ネット(ブラック)

ダイソーでおすすめの遮光ネットが、「ハトメ付遮光ネット」です。こちらの商品は遮光率75%で、サイズは88cm×140cmです。同じ商品のサイズ違いで、88cm×4mのものも販売されているので、使用用途や場所に合わせて選択しましょう。尚、88cm×4mの場合は200円で販売されています。

ダイソーのおすすめ②オーニング

ダイソーの遮光ネットでおすすめなのが「オーニング」という名称で販売されているものです。オーニングとは、日除けや雨除けという意味で、日本では建物の外に設置することで日差しを調整したり雨をよけたりするものを指します。ダイソーのオーニングは雨除けにはならず、日除けのみに効果を発揮します。

サイズは88cm×112cmで、ブラックとネイビーの2色が販売されています。UVカット率、遮光率共に80%以上でしっかりと日差しや紫外線から守ってくれます。また、風通しもよく夏には売り切れる店舗も続出するのだそうです。

100均【セリア】おすすめの遮光ネット

デザイン性の高い雑貨や食器が度々SNSで話題となるセリアは、子供や女性人気の高い100均です。そんなセリアで販売されている遮光ネットのなかから、2つおすすめの商品をご紹介します。

セリアのおすすめ①遮光スクリーン

32247577 245060719391406 7673603860564279296 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
sakura_2618

セリアの「遮光スクリーン」は、遮光率45%の遮光ネットです。シルバーのカラーが特徴で、ブラックが多い遮光ネットの中でも涼しげな印象となっています。遮光スクリーンのサイズは88cm×180cmで両端にはハトメがついており、主にベランダなどに設置されることを想定した商品です。

セリアのおすすめ②ウィンドオーニング

セリアの「ウィンドオーニング」シリーズは、デザイン性の高い商品が多いセリアならではのオシャレなオーニングです。サイズは、88cm×80cmと小さめですが、キッチンなどの小さい窓や、部分的に日除けを行いたい場合にはぴったりなサイズでしょう。遮光率79%、UVカット率75%と、しっかりと日差しや紫外線から守ってくれます。

100均【キャンドゥ】おすすめの遮光ネット

ダイソー、セリアに比べて店舗数も認知度も低い印象のあるキャンドゥですが、独自性の高い商品が多いことで知られています。そんな、キャンドゥで販売されている遮光ネットからおすすめのものを1つご紹介します。

キャンドゥのおすすめはウィンドオーニング

キャンドゥでは、セリア同様「ウィンドオーニング」シリーズを販売しています。サイズも88cm×80cm、遮光率79%、UVカット率75%と同じような商品となっています。しかし、デザインが異なっており、セリアがボーダー柄なのに対し、キャンドゥはストライプ柄です。

また、ブラウンの無地も販売しており、こちらは遮光率、UVカット率は同じですが、サイズが88cm×112cmと大き目となっています。ブラウンのため、ブラックよりは重い印象にならず、ホワイトよりも目隠し効果が高いためインテリアに合うと人気の高い商品です。

100均の遮光ネットの取り付け方

100均の遮光ネットは、日除けや紫外線対策によいことがわかりましたが、実際にはどうやって取り付けるとよいのでしょうか。取り付け場所ごとに、取り付け方についても詳しくご紹介します。

取り付け方①ベランダ

家庭菜園やガーデニングなどの保護のため、ベランダに遮光ネットを取り付ける場合は手すりを利用しましょう。手すりの部分にロープなどで固定し、下は石やレンガなど重いもので固定すると安定します。

取り付け方②カーポート

遮光ネットは、カーポートに取り付けることもできます。遮光ネットをカーポートに取り付けることで、真上以外から差し込む日差しを防ぎ、車中が熱くなってしまうことを防ぎます。そのため、遮光ネットをカーポートに取り付ける際には、カーポートの上ではなく、カーポートから下に向かって取り付けるのがおすすめです。

具体的な方法としては、カーポートの雨どい部分にカーテンフックやS字フックなどを使用し、そこに遮光シートをひっかけます。使用する遮光シートはハトメ付きのものが好ましいでしょう。フックはそのまま使用するとカーポートを傷つけてしまうため、ビニールテープなどでしっかりと保護します。下は石やレンガなど重いもので固定すれば取付完了です。

取り付け方③屋根

遮光ネットは屋根へ取り付けることも可能です。例えば、ベランダや庭に大きな日陰を作りたい場合には、屋根から遮光ネットを下に向かって取り付けると効果的です。屋根から遮光シートを下げ、ベランダや庭に遮光シートからのロープを結べる場所をつくり、そこに結びます。遮光ネットの大きさが足りない場合は連結するとよいでしょう。

取り付け方④フェンス

例えば庭や畑など、フェンスを利用して遮光ネットを取り付けたい場合には、柵の部分にロープでしっかりとまきつけます。下は石やレンガなど重いものにロープで巻き付け、固定しましょう。日除けとしてはもちろん、フェンス越しの目線などが気になる場合には、目隠しとしても使用することができます。

取り付け方⑤ステンレスパイプ

屋根まではいかなくても、高い位置から遮光ネットを取り付けたいという場合、壁などにステンレスパイプがあれば活躍します。取り付け方としては、遮光ネットに蝶型パンチを取り付けておき、その取り付けた蝶型パンチをステンレスパイプに通したうえでネット部分を挟みます。

ステンレスパイプの位置的に、蝶型パンチを通すことが難しいという場合には、蝶型パンチの先にロープを結んでおくことで、作業がしやすくなるでしょう。また、遮光ネットの下はロープなどを結んで置き、石やレンガなど、重いもので固定します。

【番外編】100均のおすすめ遮光シート・遮光グッズ

100均には遮光ネット以外にも、遮光グッズはたくさん販売しています。そんな100均で販売している遮光グッズのなかから、おすすめのものを抜粋してみていきましょう。

遮光シート・遮光グッズ①UVカットフィルム

ダイソーでは、UVカットフィルムというガラスなどに貼るタイプの商品が販売されています。90cm×45cmのサイズで、価格は200円です。主に車の窓などに使用されており、自然災害や事故などによるガラスの飛散防止や、防犯にも役立ちます。紫外線の遮断率は82%ほどで、使用するほど遮断率は下がっていきますので、こまめな交換が必要です。

しかし、一般的に販売されているUVカットフィルムの価格は安くても1500円以上するため、200円で購入できるというのは、かなりお手頃であるといえます。

遮光シート・遮光グッズ②窓ガラス用遮熱シート

セリアで販売されている「窓ガラス用遮熱シート」は、窓に張り付けることにより冷房効果・暖房効果が高まるという商品です。サイズは90cm×90cmで、窓のサイズに合わせてカットして使用します。しかし、ネット上では「梱包材のプチプチそのものではないのか」という意見も多くみられます。

実際には、プチプチの上にさらにもう1枚シートが重なっているような状態で、多少プチプチとは異なります。実際に冷房効果・暖房効果が高まるため、暑い時期や寒い時期に欠かせないというユーザーもいるようですが、見た目の問題で取り付けを断念する人もいるようです。

遮光シート・遮光グッズ③すだれ

セリアで販売されているすだれは、日差しから家を守ります。遮光ネットよりも風情があり、雰囲気が出るため、すだれを選択する人は多いのではないでしょうか。すだれには風が入る隙間もあるため、熱がこもるということもありません。すだれは多くの100均で販売されおり、サイズも複数販売されています。事前にサイズを測っておくとよいでしょう。

遮光シート・遮光グッズ④日除けカーテン

60433175 2238129176477748 7862858984327280416 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
_monono__

ダイソーでは、日除けカーテンもたくさんの種類を販売しています。そのなかでも「ドレープカーテン」シリーズはデザインの種類も豊富で、サイズも100cm×140cmと一般的な窓に使用できるサイズのため、かなりの人気となっています。価格は300円のため、ご注意ください。遮光ネットでは味気がないという人におすすめです。

遮光シート・遮光グッズ⑤バブルシート

25007128 313207092496608 2239130484795768832 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
candonakanoshima

キャンドゥのバブルシートは、窓に張り付けることで、外からの熱や冷気をブロックするものです。窓のサイズに合わせてカットし、水によって窓に吸着させます。前述の「窓ガラス用遮熱シート」と同じくプチプチのような素材ですが、こちらは様々なデザインが印刷されており、おしゃれで、外から部屋の中が見えにくいというメリットがあります。

100均の遮光ネットで快適な生活を送ろう

太陽の光は人間にとって、健康や作物の成長になくてはならないものです。しかし、年々その日差しは強くなり、温暖化も進んでいます。そのため、快適に過ごすためには遮光ネットなどの日差しを防ぐグッズなどを賢く取り入れていく必要があります。そのなかでも、100均の遮光ネットはコストもかからずおすすめですので、ぜひ取り入れてみてください。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
ASUNA
元SE・事務を経験したのちに専業主婦に。子育てに奮闘しています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ