100均の固形燃料8選!ダイソー・セリアなど!燃焼時間や使い道も紹介

ダイソーやセリア、キャンドゥなどの100均ではアウトドア用コンロにおすすめな固形燃料が購入できます。固形燃料は、非常時の炊飯も可能です。100均でおすすめな固形燃料だけでなく、保存方法や使用の際の注意点、使い道や燃焼時間について詳しく掘り下げていきましょう。

100均の固形燃料8選!ダイソー・セリアなど!燃焼時間や使い道も紹介のイメージ

目次

  1. 1100均の固形燃料がコンロ代わりに使えて便利!
  2. 2100均【ダイソー】の固形燃料3選
  3. 3100均【セリア】の固形燃料4選
  4. 4100均【キャンドゥ】の固形燃料1選
  5. 5100均の固形燃料の使い方・注意点
  6. 6100均の固形燃料の保存方法
  7. 7100均の固形燃料はアウトドアにも大活躍!

100均の固形燃料がコンロ代わりに使えて便利!

固形燃料と呼ばれるアイテムをご存知でしょうか。固形燃料とは、固形タイプの燃料のことを意味しています。燃料なので火を与えることによって、長時間維持することが可能です。とても便利な固形燃料ですが、ダイソーやセリア、キャンドゥなどの100均でも購入できるようになりました。

100均のおすすめな固形燃料をご紹介する前に、実際に固形燃料をどのように使用すると良いのか、100均の固形燃料の燃焼時間はどのくらいなのかについて、詳しく掘り下げていきましょう。

アウトドアや非常時など使い道もさまざま

普段固形燃料を見ることができる場面と言えば、旅館などが一般的なのではないでしょうか。旅館の融資食事には小さな1人用の鍋が出されることが多いです。1人用の鍋はコンロでは大きすぎるため、手軽な固形燃料が使われます。また、アウトドアに出かける人はミニコンロよりも、固形燃料を使用することがあるでしょう。

固形燃料は1度使うだけで再度使用することができなくなります。しかし、1回や2回ほど使用したいだけなのであれば、固形燃料を複数持ち歩くことでとても荷物が軽くなるでしょう。また、地震でガスや電気が止まるなどの非常事態が起きてしまった時でも、固形燃料を複数備蓄しておけば安心なのではないでしょうか。

100均の固形燃料の燃焼時間はどのくらい?

100均で購入することができる固形燃料に関してですが、燃焼時間は固形燃料の大きさによって異なります。大きい固形燃料ほど燃焼時間が長くなるため、できるだけ長い時間火をつけておきたいと考えている人は、大きいサイズの固形燃料を購入するようにしましょう。特に、お米やパスタは時間がかかってしまうため、大きいサイズの固形燃料がおすすめです。

一般的に、100均の固形燃料は20分から23分ほどとなっています。そのため、固形燃料を使って調理を行う際は、その時間内で行えるように工夫を施す必要があるでしょう。今後固形燃料を使用する機会があるのであれば、どのような調理方法が最適なのかも知っておいてください。

100均【ダイソー】の固形燃料3選

ダイソーでは、様々な用途に使用できる固形燃料を購入することができます。また、他の100均では購入できないような、少し変わった形の固形燃料を購入することもできるでしょう。そのため、色々な種類の固形燃料を手に取って考えたいと考えている人は、一度近隣のダイソーの店舗に足を運んでみてください。

また、ダイソーではキャンプなどのアウトドアに必要なアイテムが多数取り揃えられています。もちろん、固形燃料を使用するためのアイテムも販売されていることでしょう。安価でアウトドア用品を揃えたいと考えている人は、固形燃料と一緒に他のアイテムも購入してみてください。

ダイソーのおすすめ①ジェル固形燃料

固形燃料を手軽に持ち歩きたいと考えている人には、ジェルタイプの固形燃料がおすすめです。見た目は保冷材のような形をしており、かなりコンパクトに収納することができます。ジェルタイプの固形燃料を使用する際には、燃えない容器の固形燃料を入れてから火を付けます。これだけでお米やレトルトカレーなどの調理が可能です。

ジェルタイプの固形燃料を購入した人に多く見られる間違いが、パックから取り出してしまう行為です。ジェルタイプの固形燃料はそのまま使うことができるため、決してパックの封を開けないようにしましょう。

ダイソーのおすすめ②アルミ箔付き固形燃料

固形燃料の中にはアルミ箔がついておらず、別で火皿を用意する必要があるものもあります。しかし、ダイソーのアルミ箔付き固形燃料なら、別で火皿を用意する必要がありません。特に、非常時やアウトドアの時は必要最低限の物しか持っていないはずなので、アルミ箔付きの固形燃料の使用がおすすめです。

また、アルミ箔が付いている固形燃料は、燃やした後に溶けた燃料が流れてしまうことがありません。燃やした部分だけを処理するだけなので、手軽に固形燃料を処理したいと考えている人もぜひ購入してみてください。

ダイソーのおすすめ③カップ入り固形燃料

ダイソーで購入できるカップ入りの固形燃料は、別で火皿を用意する必要があります。先ほどのアルミ箔付きの固形燃料とは異なり、そのまま使用すると燃料が流れ出てしまうでしょう。そのため、必ず火皿の上に固形燃料を置いてから火をつけるようにしてください。

また、カップ入りの固形燃料はそのまま燃やすことができます。時々、カップから取り出して使用する人もいますが、手が汚れてしまうのでカップのまま火をつけてください。

100均【セリア】の固形燃料4選

おしゃれな商品が多数販売されているセリアですが、実用性のある固形燃料を購入することができます。また、セリアには複数入っている固形燃料もありますので、短い時間でたくさんの燃料が欲しいと考えている人にもおすすめです。下記では、そんなセリアでおすすめな固形燃料について、詳しく掘り下げていきましょう。

セリアのおすすめ①3個入り固形燃料

セリアで販売されている3個入りの固形燃料は、約20分から25分ほど燃焼させることができます。全ての固形燃料が25分燃焼するわけではないため、20分ほどと考えておくと良いでしょう。20分もの時間があれば、ほとんどの調理を完了させることができます。お米を炊いたり、パスタを茹でることもできますので、ぜひ試してみてください。

また、非常時に固形燃料の上手な使い方が分からない人もいます。そんな時は、非常時に備えて固形燃料の使い方を事前に確認しておくのがおすすめです。

セリアのおすすめ②5個入り固形燃料

セリアで購入できる5個入りの固形燃料は、燃焼時間が約10分から15分となっています。上記の固形燃料の燃焼時間では少し余ってしまうと感じてしまうのであれば、5個入りの固形燃料を選びましょう。特に、アウトドアや非常時などの固形燃料の数が限られた状況下であれば、尚更固形燃料を節約するためにも短い時間のものがおすすめです。

ただし、調理するものによっては10分や15分では燃焼時間が足りないこともあります。そんな時は、5個入りではなく3個入りの燃焼時間が長い固形燃料を購入してみてください。

セリアのおすすめ③固形着火剤

上記でご紹介したセリアの固形燃料では、火力が足りないと感じる人もいるでしょう。そんな時は、バーベキュー用の固形着火剤を利用してみてください。バーベキュー用の固形着火剤は、炭などの燃やす素材があることで力を発揮することができます。また、かなり煙が出てしまうため、外で行うようにする必要があるでしょう。

燃えにくくなってしまった炭に対して、火をつけやすくするために使います。そのため、固形着火剤のみでも使用は避けてください。

セリアのおすすめ④カップ入り固形燃料

セリアでは、3個入りの固形燃料が複数販売されています。そのため、どのような使い方をするのかによって購入する固形燃料を選んでください。セリアの25gタイプの固形燃料は、カップに入っている固形燃料となります。カップタイプの固形燃料はそのまま燃やすことができますが、火皿が必要なので注意してください。

火皿は100均で購入することができます。そのため、固形燃料と一緒に火皿も忘れずに購入してください。

100均【キャンドゥ】の固形燃料1選

セリア同様におしゃれなアイテムが多数販売されているキャンドゥでは、セリアと同じ固形燃料が購入することができます。5個入りの固形燃料が同じ商品となっているため、セリアの店舗が近くにないという人はキャンドゥで購入してみましょう。もちろん、3個入りで燃焼時間が長い固形燃料も購入することができます。

下記では、そんなキャンドゥ購入できる固形燃料について、詳しく掘り下げていきます。近隣にキャンドゥの店舗があるという人は、ぜひ購入する際の参考にしてみてください。

キャンドゥのおすすめ①25g固形燃料

36657663 267004223880144 2574817084177383424 n.jpg? nc ht=instagram.fkix2 2.fna.fbcdn
kaboko2018

出来るだけ長い時間固形燃料を使用したいと考えている人には、キャンドゥの25gタイプの固形燃料がおすすめです。25gの固形燃料なら、20分から25分ほどの燃焼時間を確保することができます。短い時間で行うことができる調理であれば、一度に何品も作ることができるでしょう。

そのため、1つの固形燃料を使って調理を複数行いたいと考えている人は、ぜひキャンドゥの25gタイプの固形燃料を選んでみてください。また、キャンドゥの固形燃料はアルミ箔が付いていないため、別売りの火皿を購入するようにしましょう。

100均の固形燃料の使い方・注意点

上記ではダイソーやセリア、キャンドゥなどで購入できる固形燃料についてご紹介しました。固形燃料はアウトドアうや非常時に大活躍してくれるアイテムなので、しっかりと使い方を覚えておく必要があります。そのため、100均の下記では固形燃料の正しい使い方や注意点などについて、詳しく掘り下げていきましょう。

また、お米を炊飯する方法などについてもご紹介します。固形燃料の使い方を覚えておけば、いざという時に役立てることができるでしょう。また、アウトドアなどで頻繁に使用する人も参考にしてみてください。

基本の使い方

100均の固形燃料を使用する時には、固形燃料とライターやチャッカマンなどの火をつけるアイテム、場合によって火皿を用意しましょう。固形燃料の中には火をつけると溶けた燃料が流れ出してしまうこともあるため、心配なのであれば火皿を下に敷いておいてください。火皿に固形燃料を乗せたら、ライターなどで火を付けましょう。

火が付いたことを確認できたら、すぐに網や鍋などを乗せてください。固形燃料の種類によっては10分ほどで消えてしまう可能性があるため、手早く調理を始めるのがおすすめです。

美味しく炊飯する方法

100均の固形燃料を使ってお米を美味しく炊飯したいと考えているのであれば、お米と水の分量をしっかりと計るようにしてください。水が多少多い分には、炊飯後に水分を飛ばすことができるので問題ありません。しかし、逆に水が少なす過ぎると硬くて美味しくないお米になってしまいます。

お米と水の量は、約1対1になるような計ってください。また、袋に入れて炊飯する場合には、できるだけ袋の空気を抜いてから炊飯しましょう。袋の種類によっては破れる可能性があるため、鍋底にお皿を入れておくなどに工夫がおすすめです。

使う時の注意点

固形燃料を使用する際には、火皿を用意しましょう。何度も述べているように、固形燃料の種類によっては燃料が流れ出てしまう可能性があります。また、固形燃料は火を扱うアイテムとなっています。そのため、使用する際には細心の注意を払う必要があるでしょう。周囲に燃えてしまうものがないか確認してから、火をつけるようにしてください。

100均の固形燃料の保存方法

100均で購入できる固形燃料は、非常時のために備蓄することができます。しかし、だからといって適当に保存しているといざという時に使えなくなってしまう可能性があります。また、そのまま放置しているだけで引火してしまう可能性が高いです。

そのため、下記では100均の固形燃料の正しい保存方法について、詳しく掘り下げていきましょう。開封後の保存方法についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

そのまま放置は引火の危険も

固形燃料はそのまま放置すると引火する可能性があります。そのため、固形燃料を長期間放置する予定なのであれは、直射日光が当たらない場所に保管してください。また、保管している場所の温度が高い場合も引火の可能性があります。その結果、保管場所に最適なのは暗くて涼しい場所となります。

直射日光が当たらず、暗くて涼しい場所に保管しておくことによって、固形燃料の危険性を下げることができるでしょう。

開封後は密閉容器に入れて

涼しくて直射日光当たらない場所にする必要がある固形燃料ですが、開封した後は保存方法が少し異なりますので注意しましょう。固形燃料のパッケージを開封してしまった後は、密閉容器に入れることが大切です。密閉容器に入れてから、直射日光が当たらない涼しい場所に置いておくようにしてください。

また、固形燃料は水気があると燃えなくなってしまう可能性があります。そのため、パッケージを開封した後は乾燥材も一緒に入れておくと良いでしょう。乾燥剤は固形燃料が湿気てしまうのを防ぐ効果があります。

100均の固形燃料はアウトドアにも大活躍!

100均の店舗では、様々な種類の固形燃料を購入することができます。店舗によってはパッケージが似ているため、間違った種類の固形燃料を購入してしまうこともあるでしょう。そのため、100均で固形燃料を購入する際には、しっかりとパッケージに書いてあることを理解して購入するようにしてください。

固形燃料は100円で購入できるにもかかわらず、様々な場面で使用することができます。すぐに使う予定がなくても備蓄しておくことで、いざという時に役立てることができるはずです。この機会に、ぜひ固形燃料を購入してみましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
すうこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ