勝海麻衣(元銭湯絵師)は現在シンガポール?パクリ&盗作疑惑も解説

勝海麻衣はCM出演経験のあるモデルであり、銭湯絵師でもありました。しかし、他人の作品のパクリ&盗作疑惑が持ち上がり、現在は銭湯絵師を辞めてシンガポールにいるとされています。この記事では勝海麻衣のtwitterの炎上騒動や父親などについて解説します。

勝海麻衣(元銭湯絵師)は現在シンガポール?パクリ&盗作疑惑も解説のイメージ

目次

  1. 1勝海麻衣とは
  2. 2勝海麻衣の経歴
  3. 3勝海麻衣のパクリ&盗作疑惑の解説まとめ
  4. 4勝海麻衣のパクリ&盗作疑惑のその後
  5. 5勝海麻衣の父親はどんな人物?
  6. 6勝海麻衣の現在
  7. 7勝海麻衣の現在の動向は明らかになっていない

勝海麻衣とは

一時期世間の脚光を浴びた内の1人として勝海麻衣が挙げられます。勝海麻衣とは一体どんな人物なのでしょうか。ここでは勝海麻衣のプロフィールなどをご紹介します。

勝海麻衣のプロフィール

・本名:勝海麻衣
・生年月日:1994年4月11日
・現在年齢:25歳
・出身地:東京都
・身長:168cm
・活動内容:モデル、元銭湯絵師見習い
・家族構成:父、母、姉、妹

美人すぎる銭湯絵師として話題に

勝海麻衣は美人すぎる銭湯絵師として大きな話題になった人です。日本で銭湯絵師として働いている人は少なく、3人しか残っていません。数少ない銭湯絵師の1人は丸山清人といってファンも数多くいます。そんな彼の弟子入りを志願したのが勝海麻衣でした。

以前から「美人すぎる市議」「美人すぎる海女」など、職業名の前に容姿の美しさを称えるフレーズは度々世間を賑わせていました。勝海麻衣もその整った容姿から美人すぎる銭湯絵師として、一躍時の人となります。銭湯絵師と言えば「年配の男性」というのが世間の一般的なイメージでした。

しかし、そこに美しくまだ若い女性が弟子入りしたということで、大きな注目を集める事態になったのです。さらに勝海麻衣はモデル活動も行っていました。ファッションモデルでありながら、同時並行で銭湯絵師見習いの修行も行うという異色の経歴も多くの人の注目を浴びていた理由の1つです。

勝海麻衣の経歴

勝海麻衣はモデル、銭湯絵師と幅広い活動を行っていました。具体的にはどのような活動を行っていたのでしょうか。ここでは勝海麻衣の経歴についてご紹介します。

大学在籍中にモデル活動開始

先述したように、勝海麻衣は銭湯絵師に弟子入りした当時、すでにファッションモデルとして活躍していました。モデル活動を開始した時期は大学在籍中です。勝海麻衣は武蔵野美術大学に在籍していたのですが、休学はせず、美大生とモデル活動を両立させる道を選びます。

勝海麻衣はモデル活動として『ゼクシィ』や『Tokyo Walker』など、様々な雑誌に出演しています。さらにコシノジュンコがプロデュースしたファッションショーに出るため、勝海麻衣はパリにも進出しています。

当時、勝海麻衣は「CRUVA」というモデル事務所に所属していました。しかし、現在は公式サイトに勝海麻衣の名前や写真の表示がされていません。そのため、勝海麻衣はCRUVAを辞めてしまったのではないかと噂されています。

CMにも多数出演

モデルデビュー後、勝海麻衣はオーディオ機器のブランド「Beats by dr.dre」を始めとした数多くのCMに出演しています。銭湯絵師に弟子入りしてからは、話題性も相まって銭湯絵師としてメディアに出る機会が大幅に増えました。

しかし、後述するパクリ疑惑が出た後も勝海麻衣が出演しているBeats by dr.dreのCMは打ち切られることなく放映され続けます。他人の作品を盗んだ人をCMで見たくないなどの理由から放映中止を求める批判が殺到しました。

また、モデル活動と銭湯絵師見習いとして忙しい日々を送っていた勝海麻衣ですが、その傍らアーティスト活動も行っていました。まだパクリ疑惑が出る前の2019年1月末に、東京で初めての個展を開いたのです。饗宴と名付けた個展の会場には、人のリアルな表情を描いた等身大のパネルが沢山並んでおり、来場した人に大きなインパクトを与えていました。

銭湯絵師に弟子入り

勝海麻衣が銭湯絵師の丸山清人に弟子入りしたのは2017年です。師匠の丸山清人は最初から銭湯絵師だったわけではなく、25歳で独立するまでは広告会社に勤務していました。独立後、銭湯絵師の活動を開始し、銭湯以外の公共施設や個人宅などでも絵を描いています。

勝海麻衣が銭湯絵師に興味を持ったきっかけは、小学2年生の時に見た銭湯の絵だったとインタビューで本人が打ち明けています。中学時代に丸山清人のことを知った勝海麻衣はこの人に弟子入りしたいと考えたようです。しかし、まだ学生であること、弟子入りをする前に絵の基礎を勉強したいと思ったことから、武蔵野美術大学に進学することにしました。

勝海麻衣が幼稚園から高校まで通っていた学校は雙葉学園です。中学と高校は完全な一貫教育なので、一度入ればエスカレーター式に高校卒業まで在籍することが可能です。

雙葉学園高校を卒業後、武蔵野美術大学に入学した勝海麻衣は空間演出デザイン学科で絵の勉強を始めました。丸山清人に弟子入りした後も学習意欲の強さから、東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻描画・装飾研究室へ進学しています。

勝海麻衣のパクリ&盗作疑惑の解説まとめ

先述したプロフィールや経歴では勝海麻衣がどのような人物なのかについてご紹介しました。モデルとしても、銭湯絵師としても、自らの高い能力を発揮していたことが窺えます。しかし、ある出来事をきっかけに勝海麻衣が盗作をしているという疑いが出てきました。多くの人を巻き込んだ騒動に発展しますが、具体的にはどんなことがあったのでしょうか。

イベントで作品を披露

パクリ&盗作疑惑が浮上したきっかけは勝海麻衣が行ったライブペインティングです。大正製薬の炭酸飲料『RAIZIN』という商品を宣伝するために行われるイベントのゲストとして勝海麻衣が呼ばれました。イベントが開催されたのは2019年3月24日、場所は渋谷モディ(MODI)です。

そしてライブペインティングとは、観客に絵を描く過程を見せるパフォーマンスのことを指しています。このライブペインティングで勝海麻衣が描いた絵は2匹の虎です。迫力ある表情や体の動き、雲など、色とりどりの配色と相まって魅力的な絵となり、イベントを盛り上げていました。

猫将軍の作品に酷似していると炎上騒動に

しかし、問題はその虎の絵にありました。沢山の人が「あまりにも猫将軍の絵と似ている」と気付いたことにより、ネットを中心に炎上騒動へと発展しました。猫将軍はイラストレーターとしてのペンネームで、今までに数多くの絵を描いてきた人です。

一番最初に「猫将軍の絵に似てる」とコメントした人は、元ネタとなった2匹の虎の絵を持っていました。また、この人は猫将軍のファンだけでなく、勝海麻衣のファンでもあったのです。

そのため、彼女がライブペインティングで描いた絵もチェックしていました。そしてオリジナルであるはずの勝海麻衣の絵が、手元にある絵と一致し過ぎていることに誰よりも早く気付くことが出来たのです。

また、勝海麻衣は元ネタの絵をその場でお手本として用意した上で描いていたとも言われています。当時のイベントの様子を撮影した人が彼女のカンニングを証明するため、写真をネット上にアップしました。その写真では体で手元のほとんどが隠れているものの、何らかの絵が描かれた紙を持っていることは分かります。

かろうじて見える一部分が元ネタの作品の一部と一致していたため、この写真で盗作だと判断した人も多いです。人の作品を見て新しい自分の発想をひねり出し、自分なりの作品を作ること自体は悪い事ではありません。

しかし、彼女は他人の作品を模倣して、それを自分のものだと主張していました。盗作をした上に認めようとしない彼女の態度に多くの人の非難が集中しています。

猫将軍のコメント

勝海麻衣が盗作したとされている作品の元ネタの作者は猫将軍といいます。国内外で創作活動をしているため、さまざまな国にファンがいる人気作家です。イラストレーターだけでなく、キャラクターデザインもしています。そのため、CDジャケットやトレーディングカードのデザインなど、多種多様な仕事をこなし、活動の幅を広げています。

ライブペインティングがあった日の2日後、猫将軍は自作品である2匹の虎の絵をtwitterに投稿しました。作品を描いた時期は2012年、虎は構図で阿吽をイメージしながら描いたと説明しています。

猫将軍の絵は構図を優先して描くからデッサンの狂った部分があり、それが独特な雰囲気を生み出しているのです。つまり「普通に絵を描いていたら、たまたま猫将軍の絵と似てしまった」という状況はあまり考えられないことだとコメントしています。

大正製薬のコメント

勝海麻衣にライブペインティングの依頼をした大正製薬もパクリ&盗作疑惑に対し、コメントを出しています。大正製薬はライブペインティングで描いた勝海麻衣の絵と他人の作品が似てると指摘され、そこで初めて気付いたと説明しています。

公式アカウントに勝海麻衣の作品をアップしていましたが、発覚している問題を無視すべきでないと考えて削除したとのことです。指摘された問題がまた起きないよう再発防止に努めるとも語っています。また、一番良くないのは盗作をしたとされる勝海麻衣ですが、主催者側である大正製薬にも問題があると考える人も一定数います。

勝海麻衣が持っていた猫将軍の絵は自分で持参したものでなく、会社側が用意したものではないかと言われているのです。ライブペインティングをする前に会社側が絵を見せて似たようなものを描くように指示したのではないかという推測がされています。

さらに詳しくは後述しますが、勝海麻衣は以前から他の作品にも盗作疑惑が出ていました。そのため、ライブペインティングの依頼をする前にしっかりチェックをしていなかった大正製薬の落ち度という意見もあります。

また、模写というのは元ネタを知っている人がいれば、オリジナル作品と主張してもすぐにバレてしまう方法です。つまり見方を変えれば、勝海麻衣にはバレないように誤魔化せるほどの実力はなかったということになります。

したがって、あまり実力のない勝海麻衣が大正製薬のような大きい会社の仕事をもらえたのは、実力よりも容姿で選ばれたからではないかとも言われています。

勝海麻衣のパクリ&盗作疑惑のその後

盗作疑惑は多くの人を巻き込んで大きな騒ぎになりました。炎上後、勝海麻衣はどのような対応を取ったのでしょうか。ここでは勝海麻衣のパクリ&盗作疑惑のその後についてご紹介します。

作品の無断使用を認めtwitterで謝罪

パクリ&盗作疑惑で炎上した勝海麻衣はその後、自分のtwitterアカウントに画像で謝罪文を投稿、猫将軍にもメールで謝罪の言葉を送っています。しかし、謝罪の内容は「自分の作品の試行錯誤をしている内に自然と似てしまった」というものでした。謝罪はするけれど、盗作をしたということは認めていないのです。

さらにtwitterに投稿した謝罪文が画像になっている理由としては検索除けをするためと考えられます。検索除けとは検索で自分の文章が発見されてしまうのを防ぐ方法の1つです。画像投稿することで、多くの人の目に触れないようにする意図が窺えます。

結局、謝罪後も炎上騒動が収まる気配はなかったため、今度は全面的に盗作を認める謝罪文を出しました。猫将軍を始めとした各関係者への謝罪、著作権に関する認識の甘さなどを詫びて、反省の意を示した文章となっています。

ただ、盗作を認めたことで「偶然似てしまった」という以前の主張は嘘ということになりましたが、それに関する謝罪はありませんでした。また、このパクリ疑惑を皮切りに以前から囁かれていた他の作品の盗作疑惑も持ち上がっています。

例えば先述した初個展の人物絵はほとんどが実在の人物に酷似しているため、写真を見て模写したのだろうと指摘されています。他にも勝海麻衣のInstagramアカウントに投稿している犬の絵が、ネットで購入できる写真の1つにそっくりなど、多数の作品が模写したものだと言われています。

勝海麻衣は以前に「自分の絵は全てオリジナルであり、リアルな描写が出来るのは日常的に街中でデッサンをした成果」という旨の主張をしています。しかし、虎の絵を始めとした複数の盗作疑惑によってこの主張の信憑性は失われつつあります。

猫将軍は謝罪を受け入れる方針

勝海麻衣は最終的に盗作を認め、猫将軍には直接会って謝罪をしました。猫将軍はこの謝罪を受け入れ、応援してくれた人たちには感謝の言葉を述べています。しかし、ネットではその後も「人の作品を自分のものと偽る行為は犯罪」「盗作で大金を稼ぐ発想が不愉快」など、勝海麻衣を批判するコメントが相次ぎました。

また、勝海麻衣はライブペインティング後のtwitterで複数の人から猫将軍の絵にそっくりだと指摘された際、それらのコメントは全て無視していました。しかし、自分にとって都合の良いコメントには返事をしていることから、猫将軍が盗作疑惑に言及しなければ謝罪すらしなかったのではないかとも言われています。

中には「謝罪をしたのだからそれ以上の批判は無意味」「モデルとしては応援してる」など、勝海麻衣を擁護するコメントもあったのですが極少数でした。まだ盗作を認めていなかった時は、勝海麻衣のことを信じようとするファンもいたため、謝罪後は信じていた一部のファンたちも批判側に回ったとされています。

銭湯絵師との師弟関係を解消

勝海麻衣は銭湯絵師との師弟関係を解消しました。2019年4月に公式サイトで師匠の丸山清人が勝海麻衣に関するお知らせを出しています。お知らせの内容は勝海麻衣から師弟関係を解消したいという申し出があったこと、残念な結果になったが今後も頑張ってほしいと思ってることなどを説明していました。

ただ、勝海麻衣の盗作疑惑については一切触れておらず、師弟関係の解消を了承した理由なども言及していません。日本銭湯文化協会理事の町田忍は、丸山清人が師弟関係の解消を了承した理由について述べています。炎上騒動に巻き込まれ、マスコミの取材も受けなければいけない状況が続き、耐えられなくなったのではないかと語っていました。

また、丸山清人は自分の弟子は勝海麻衣だけだったと説明し、自身の名前を勝手に使うような活動を見つけた場合、法的措置を検討するという主張を公式サイトで表明しています。この表明は後述する湯島ちょこという人物とのトラブルに関するものと見られています。

勝海麻衣の父親はどんな人物?

悪い事をした人の話を聞いた時、どんな親に育てられたのかという点を気にする人は多いです。ここでは勝海麻衣の父親についてご紹介します。

父親は医者

勝海麻衣の父親の名前は勝海東一郎、脳外科医として働いています。勤めている医院名に名字が入っているため、勝海麻衣の父親、もしくは祖父が開業医なのではないかとされています。母親が以前勤めていた職業は看護師と言われているため、勝海麻衣は医療関係者の多い家庭で育ったということになります。

勝海麻衣の家族構成はプロフィールで紹介したように、両親と姉と妹を含めて5人です。雙葉学園という名門校に通っていた勝海麻衣はもちろんのこと、姉と妹も揃って頭が良いです。

家庭環境や頭の良さから医療の分野に興味を持ってもおかしくないのですが、勝海麻衣は姉妹とは違うことをしたいと考えたようです。その結果、勝海麻衣は子供の頃に興味を持った銭湯の絵を思い出し、銭湯絵師になるために芸術分野を極める道を選びました。

銭湯絵師の弟子入りに関わっているという噂も

実は勝海麻衣の父親が娘の弟子入りに関わっているという噂があります。この噂は湯島ちょこという漫画家兼グラビアアイドルの告発が発端と言われています。湯島ちょこは銭湯が好きで銭湯絵師のことも沢山の人に知ってほしいという想いから、丸山清人の仕事見学や銭湯関連の企画を立てるなどの活動をしていました。

丸山清人に企画依頼をするにあたりサポートが必要と考え、銭湯絵の技術を学んでいたと語ります。しかし、後から勝海麻衣の弟子入りの話が出た際に丸山清人から「君には何も教えていない事にする」と急に破門を言い渡されます。先述した日本銭湯文化協会理事の町田忍に頼まれたからというのが理由でした。

弟子入りした勝海麻衣からは「若い女性の銭湯絵師はキャラ被りになって迷惑だから、弟子をやっていたことは嘘だったと言え」という内容のことを言われたと説明しています。

さらに町田忍とも話をして、勝海麻衣の父親と親しいこと、父親から娘の弟子入りの件を依頼されていたことが発覚したのです。湯島ちょこは今まで黙っていたけれど、勝海麻衣の盗作疑惑が持ち上がったことで、銭湯絵師に悪いイメージがつくような報道が目立つようになったため、告発をするに至ったと話します。

町田忍に頼まれたからとはいえ、いきなり破門を告げてきた丸山清人に対しては「尊敬している人だから恨む気持ちはない」とのことです。

また、先述した丸山清人の「法的措置を検討する」という表明を受け、これ以上の銭湯絵師のイメージ低下は避けたいと考えた湯島ちょこは告発を取り下げました。ただ、これは表向きで後は弁護士に相談して対応するとtwitterで発言しています。

勝海麻衣の現在

勝海麻衣の盗作に端を発した炎上騒動は、本人が謝罪して猫将軍が許したことで終結を迎えました。しかし、その後も批判する人が多かったためか、勝海麻衣はいつの間にか消息不明になっています。ここでは勝海麻衣の現在についてご紹介します。

シンガポールで写真家に?

勝海麻衣はシンガポールで写真家になったのではないかと一時期、ネット上で話題になりました。2019年6月12日、1人のtwitterユーザーが鋼のメンタルを称えるコメントとともに勝海麻衣らしきInstagramのアカウントを紹介していました。

プロフィールには「Photograher, Videographer, Cinematographer」、そしてシンガポールにいることなどが表記されています。このアカウントが本当に勝海麻衣ならば、シンガポールで写真家として活動しているということです。

それから一か月以上経った頃、7月25日に別のtwitterユーザーがInstagramで勝海麻衣と思しきアカウントを発見したとコメントしています。アカウント名が勝美舞という名前になっていますが、漢字は違えど同じ読みです。プロフィールには「actress、Model」、そして東京にいるということが表記されていました。

また、6月に勝海麻衣のことを報告したtwitterユーザーのアカウントがいつの間にか消えていたため、ネット上では「なりすましだったのではないか」という声が挙がっています。

SNSは閲覧不可の状態

勝海麻衣が銭湯絵師見習いをしていた頃はまだSNSを閲覧できていましたが、現在では閲覧不可の状態になっています。そのため、後から発見されたアカウントが本物であれば、別アカウントになります。

しかし、7月に発見されたアカウントのプロフィールには「あなたが私を愛しているなら、私の親友のプロフィールに従ってください。私はあなたを愛しています」という文章が掲載されています。文章に違和感がある上に、つながりの分からない外国人アカウントのリンクも貼られているため、アカウントを乗っ取られたのではないかと言われています。

勝海麻衣の現在の動向は明らかになっていない

現在の勝海麻衣の状況について、さまざまな噂が飛び交っています。一部では「大学院に通っているのでは」とも言われていますが、いずれも推測の域を出ていません。そのため、勝海麻衣の現在の動向は未だに明らかとなっていないのが現状です。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
あさづき

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ