塚本廉の現在!経歴&学歴詐称まとめ!東大や起業は嘘で文京学院大学?

東大卒の元ヤンキー起業家として多くのセミナーを開催していた塚本廉は、twitterで学歴と経歴を詐称していたことを認めたようです。実際には会社経営の経験はなく、文京学院大学の学生だったと噂されています。塚本廉が騙っていた経歴と現在の姿を紹介します。

塚本廉の現在!経歴&学歴詐称まとめ!東大や起業は嘘で文京学院大学?のイメージ

目次

  1. 1塚本廉とは
  2. 2塚本廉の経歴・学歴詐称発覚の経緯
  3. 3塚本廉の経歴・学歴詐称の内容
  4. 4だからバレなかった?塚本廉の行動まとめ
  5. 5塚本廉の現在と世間への影響
  6. 6塚本廉の経歴・学歴詐称の発覚もまたネット社会であるがゆえ…

塚本廉とは

塚本廉という人物をご存知でしょうか。かつて「元ヤンキーのカリスマ起業家」として名を馳せ、セミナー講師として学生から絶大な人気を得ていた人物です。塚本廉について紹介します。

塚本廉のプロフィール

・本名:塚本廉(つかもとれん)
・現在年齢:28または29歳
・出身地:茨城県神栖市

カリスマ起業家として有名に

塚本廉は、世間からは「カリスマ起業家」と呼ばれていました。その当時、塚本廉が公表していた経歴は以下の通りです。中学生時代は不良グループのリーダーとして、地元のヤンキーたちを束ねていたといいます。

少年院へ入ったこともあるという噂もあるほどの悪だったという説もありますが、その後心を入れ替えて一念発起した塚本廉は、茨城県の日立工業専修学校に進学したことになっています。日立工業専修学校は、日立製作所直営の専修学校です。国内屈指の電気機器メーカーの学校ですので、評判もよく、高い技術を身に付けることができるといいます。

塚本廉はこの学校で英語とエンジニアのスキルを身に着けたと騙ったようです。卒業後は日立製作所に入社し、都市開発システムに関わっていたときに東大を受験することを決め、社会人受験生として見事合格を果たしたことにしていました。東大入学直後から数々の会社の起業を始め、日本国内だけではなく海外進出も果たしたといいます。

東大卒業後はトルコイスタンブールの大学院に所属しながら17もの会社に携わり、さらにトルコ親善大使やASEAN諸国での起業コンサルティングをこなし、サッカーチームを買収したとも騙っていたそうです。まさに、塚本廉が詐称していた経歴は、元ヤンキーのサクセスストーリーだったのです。

塚本廉の経歴・学歴詐称発覚の経緯

夢のようなサクセスストーリーのような経歴を騙り「元ヤンキーのカリスマ起業家」としての地位を確立して、会社を立ち上げるという夢がある学生から絶大な人気を得ていた塚本廉ですが、どのようなきっかけで経歴と学歴の詐称が露呈してしまったのでしょうか。詐称が発覚した経緯を紹介します。

twitterでの指摘がきっかけ

塚本廉の経歴詐称が発覚する発端となったのは、ある人物のtwitterでの指摘がきっかけでした。自身が中退ではあるけれど東大へ通っていた身であるというこの人物は、「東大の学内で塚本廉を見かけたことがない」と発信します。

その後続けるように「東大の学生は卒業するときに卒論が公開されるはずなのに、塚本廉名義での論文が発見できない」と指摘し、塚本廉が学歴を詐称している可能性を示唆していました。

自身のtwitterでも詐称を告白

twitter上で自身の経歴の辻褄が合わないことを指摘された塚本廉は、その日のうちに自分が経歴を詐称していたことをあっさりと認めました。さらに、「ご報告と謝罪」と題した塚本廉の謝罪コメントに続き、自身が中卒のニートであることを公表しています。その後塚本廉はツイートをしていませんが、アカウントはまだ残っています。

塚本廉の経歴・学歴詐称の内容

twitterで自身の経歴と学歴を詐称していたことを認めた元ヤンキー起業家の塚本廉ですが、どのような点で偽っていたのでしょうか。塚本廉が偽っていた経歴と実際の姿を比較してみます。

東大卒は真っ赤なウソ

まずは、塚本廉の学歴から検証してみましょう。日立製作所で働きながら受験した東大に合格し、そして卒業したと公表していましたが、これが偽りであったことを本人がtwitterで認めています。またtwitter上では、塚本廉に所属学部を尋ねたら「理工学部」という返事が返ってきたというエピソードが話題になっていました。

東大には理学部と工学部はありますが、理工学部は存在しません。学内の仕組みに疎いことから、東大を卒業どころか入学すらしていないことが見て取れます。

元ヤンキーの中卒ニート?

塚本廉は詐称を謝罪するツイートに連記する形で、自身が「中卒」の「ニート」であることを認めています。元ヤンキーとして不良グループを束ねていたという逸話がありましたが、この点も疑問視されています。同級生たちとつるんで女子高に侵入し、警察沙汰になったことがあるようなので、けっして品行方正な中学生だったとは言えません。

しかし、これだけで元ヤンキーと名乗るのは無理があるのではないでしょうか。荒れ者たちが集う不良集団を束ねるような統率力やカリスマ性は、塚本廉にはなかったのではないかとの見方が有力であり、自身の経歴に箔をつけるために「元ヤンキー」「中卒」という言葉を使っていたようです。

実際は会社は起業していない

塚本廉は自身を実業家と称していましたが、「17社起業」は嘘であることを認めています。「事業もこれ一つありません」と謝罪していることから、起業社数を水増ししていたわけではなく、会社を立ち上げた経験がないにも関わらず起業家を名乗っていたことになります。

また、塚本廉の詐称は会社に関してだけではないようです。公表していた経歴では日立製作所で勤務していたことになっていましたが、これも偽りだといわれています。塚本廉に、日立製作所で働けるような技術力があったという証拠がないためです。

また、3年制である日立工業専修学校で技術を身に着けたと語っていましたが、記事のインタビューで5年制である「高専」と誤解している様子が見られ、この経歴も嘘だと見られています。

だからバレなかった?塚本廉の行動まとめ

あまりにも輝かしく、どうこなしているのか不思議なくらいのハードスケジュールをこなしていたことになっていた塚本廉の経歴は、後になって見てみると怪しいものばかりです。しかし、twitterで指摘されるまで何年もバレずに通せたのはどうしてでしょうか。

その秘密は塚本廉の行動力にあったのです。塚本廉が自身の経歴に信ぴょう性を持たせるために行っていた行動を紹介します。

有名人との交流

元ヤンキー起業家の塚本廉の学歴と経歴詐称がバレなかった理由の1つとして、多くの有名人と交流していたことが挙げられます。塚本廉と交流のある有名人として最も有名なのは、脳科学者の茂木健一郎です。日立製作所で働いていた塚本廉が東大受験を志したのは、茂木健一郎に勧められたからだといいます。

塚本廉のtwitterアカウントでは、2011年に茂木健一郎の学生向け講演会に参加したことがツイートされており、茂木健一郎のアカウントに直接講演の感想を送っていた履歴も残っていました。感銘をうけたことは事実であるようです。また数年前と思われる2人のツーショット写真もネットに出回っているため、直接会ったのも事実なのでしょう。

しかし、茂木健一郎は毎年多くの講演を行っており、記念撮影などをリクエストされる機会が多いことも容易に想像できるため、茂木健一郎が塚本廉のことを覚えているかどうかは定かではありません。他にも、芸人の厚切りジェイソンや多くの起業家や会社経営者と交流している様子をツイートし、さも自分も有名人であるように振舞っていました。

ブレない行動力

塚本廉の並外れた行動力も、学歴や経歴に信ぴょう性を持たせていました。塚本廉は、東京大学の卒業式の写真を公開していました。ガウンと角帽を着用して、卒業式会場と書かれた看板の横に立つ塚本廉の姿が収められた写真です。

学歴詐称が発覚した今となっては、その写真も、わざわざガウンと角帽を用意して東大に出向いて撮られたものだということがわかります。さらに、東大前までの定期券をtwitterに投稿するなど、東大に通っているように見せかける細かな工作を行っていました。

セミナーでのビックマウス

塚本廉はだた起業家を名乗っていただけではなく、学生向けのセミナーを開催していました。元ヤンキーが一念発起して大手電器会社の社員になっただけではなく、さらに勉強を続けて東大に合格し、現在では多くの会社を立ち上げてグローバルに活躍しているというサクセスストーリーは、多くの学生に感動を与えていたようです。

経歴を詐称をしていて、実際には何の経験もない塚本廉が、セミナーではどのような話をしていたのかというと、自身の生い立ちや元ヤンキーであったこと、会社を立ち上げる方法、そして会社経営について語っていたようです。

カリスマ起業家と言われていた塚本廉の「俺が1時間ほど思考すると、300億円の経済効果が生まれる」、「孫正義からMIT(マサチューセッツ工科大学)を勧められた」といったビッグマウスも、将来起業することを目指している学生にとっては意識を高揚させる言葉だったようです。

参加費が10万円という高額セミナーを月に数回行っていたので、塚本廉の収入は計り知れません。こういったセミナーは2011年ころから開催されていた形跡があります。経歴詐称が露見するまでの約8年間で塚本廉が稼いだ金額は総額1億円に上るのではないかとの見方もあるほどです。

塚本廉の現在と世間への影響

塚本廉の学歴と経歴詐称が発覚するきっかけがtwitterであったこと、また塚本廉自身もtwitterやfecabookで謝罪したこともあり、この件はインターネット上で大きく話題になりました。

詐称発覚後は、過去のセミナー参加者からのコメントや、塚本廉の過去の発言の矛盾点を指摘するコメントが相次ぎました。この塚本廉の学歴と経歴詐称についての世間への影響や反応、そして現在の姿を紹介します。

文京学院大学に在学中?

学歴と経歴詐称発覚直後から、塚本廉は文京学院大学の学生なのではないかという噂が広まっています。この噂は根拠のないデタラメではなく、多くの証拠が投稿されています。塚本廉が過去に投稿した東大前行きの定期券の写真には、緑色のカードが写り込んでいました。東大の学生証は水色、文京学院大学の学生証が緑色です。

また、文京学院大学のHPでは、2016年に東京ビッグサイトで開催されたイベント「東京国際ブックフェア」が紹介されており、TAF(東京国際アニメフェア)の副委員長として塚本廉の名前と写真が載っていました。塚本廉は経営学部2年と表記されています。この頃すでに塚本廉は東大卒の起業家と名乗っていたはずです。

その他にも、塚本廉が間違いなく文京学院大学に通っていたという元学友の証言もいくつかあり、塚本廉が文京学院大学に通っていたのは間違いないといわれています。文京学院大学は東大のすぐ近くにあり、最寄り駅も東大と同じ東大前駅です。文京学院大学に在学しながらも東大に通っていると見せかけることは難しくなかったのかもしれません。

塚本廉が自らの詐称を認めたのは2019年4月のことです。この時に塚本廉が文京学院大学を卒業していたのか、それともまだ在学中であったのかは現在でもわかっていません。

しかし問題は、塚本廉が謝罪コメントの中で「中卒」であると表明したことです。文京学院大学を卒業した場合は「大卒」、中退していた場合は「大学中退」と表記すべきのところを、あくまで「中卒」と表記しているため、謝罪しながらも依然と詐称を続けているのではないかとの指摘も集まりました。

twitterでの世間の反応

twitterで自らの学歴と経歴詐称を認め謝罪した塚本廉ですが、これに対して世間の反応はどういったものだったのでしょうか。「失望した」「裏切られた」といった意見も挙げられましたが、必ずしもそういった批判意見だけではありませんでした。

先述した通り、塚本廉は学生向けのセミナーを多く開催しており、カリスマ起業家として絶大な支持を得ていました。塚本廉を慕っていた学生が多かったのです。twitterには過去のセミナー参加者からのコメントも多くありました。その中には、「経歴詐称は残念だけれど、人間性は尊敬している」といった、塚本廉を擁護するコメントもまた多くありました。

この件で初めて塚本廉を知った人も多く、塚本廉に関するまとめサイトもできました。起業どころか会社で働いた経験がないにも関わらず、ここまで大ごとをやってのけたことへ、呆れ半分称賛半分といったコメントもありました。

また、この事例から意識が高い学生が安易に得体のしれないセミナーに参加することに対する注意喚起がなされるようになり、現在でも続いています。

塚本廉の逮捕の可能性とは?

大々的な学歴と経歴詐称をしていた塚本廉ですが、逮捕される可能性はあるのでしょうか。結論からいうと、ただの経歴詐称だけでは逮捕されることはありません。しかし、塚本廉の場合は、「東大卒」「17社起業」という事実ではない経歴を使って多くのセミナーを開催し、参加費として多額の現金を徴収していました。ここに問題があります。

塚本廉のセミナーに多くの学生が集まったのはもちろん、塚本廉の経歴に魅力があったためです。そのため、この件には詐欺罪が適用され、懲役10年以下の懲役が科される可能性があります。また、逮捕されるかどうかに関わらず、民事訴訟を受けた場合は損害賠償を科されるでしょう。

さらに、塚本廉はセミナーだけではなく、ねずみ講のようなビジネスの勧誘を熱心に行っていたという話もあります。塚本廉の詐欺行為の被害を受けた、やる気がある学生は想定されているよりも多いのかもしれません。現在のところ、塚本廉の所在はわかっていません。逮捕されていないことから、どこかで身を潜めているのかもしれません。

塚本廉の経歴・学歴詐称の発覚もまたネット社会であるがゆえ…

塚本廉の経歴と学歴詐称事件について紹介してきました。私たちの生活に、インターネットが不可欠となってから久しい現在ですが、インターネットは便利である反面、注意が必要なものでもあります。塚本廉の詐称が発覚した発端もインターネットでした。

嘘を固めて作り上げた自分をネット上に公開しても、辻褄が合わない点を指摘されたり、リアルでの友人が暴露話を拡散したりすることもあり、嘘をつき通すことは現在では難しくなってきています。塚本廉も疑いを持たれた時点ですぐに詐称を認めたことから、いつかはバレることを覚悟していたのかもしれません。

起業家仲間による塚本廉の評判は良いのもばかリで、「努力型の天才」とも言われていました。行動力と努力を間違った方向で使ってしまったのでしょう。一念発起して高みを目指すことは決して悪いことではありません。多くの情報が溢れている現在では、ただがむしゃらに頑張るだけではなく、何を信じるべきなのか見極める目を養うことも求められています。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
annacocoa
未経験ですが頑張ります。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ