100均のカグスベール9選!ダイソー・セリア別!家具移動や床傷防止に

100均でカグスベールが購入できるのはご存知でしょうか。100均のカグスベールは床傷防止などのメリットがたくさんあり、移動中の家具を保護することもできる便利な道具です。カグスベールのダイソー、セリア、キャンドゥのおすすめ商品と注意したい点を紹介していきます。

100均のカグスベール9選!ダイソー・セリア別!家具移動や床傷防止にのイメージ

目次

  1. 1100均のカグスベールは買い!
  2. 2100均【ダイソー】のカグスベール4選
  3. 3100均【セリア】のカグスベール3選
  4. 4100均【キャンドゥ】のカグスベール2選
  5. 5100均カグスベールのメリット
  6. 6100均カグスベール使用時の注意点
  7. 7100均カグスベールで家事を楽に移動させよう!

100均のカグスベールは買い!

生活をしていく上で、少し日々の生活を便利にしてくれる商品が多数売られている100均ですが、そんな100均の商品の中でも最近は「カグスベール」が注目を集めています。

100均のカグスベールとはどのような特徴を持った商品なのでしょうか。なぜ100均のカグスベールが品切れしてしまうほど人気を集めているのかの理由を、まずは2つに分けて紹介していきます。

価格以上の高性能

ダイソーに限っては、一部300円などの高額商品もありますが100均で売られている商品はダイソーもセリアもキャンドゥも全て基本的には100円で購入可能です。もちろんカグスベールも100円で売られていますが、値段の割に高性能なのが人気の理由の一つです。

100円という高コスパで購入できるので、普段使いする椅子などの家具だけではなくなかなか動かす機会がない家具にも付けておくことができます。お財布を気にせず利用できるので、人気が出るのも当然と言えるでしょう。

もちろんコスパが良いので、初回だけではなく交換の際にも安心して好感することができます。高いカグスベールを買うとなかなか交換する勇気が出ないという人は、100均で多めに買って頻繁に交換できる環境を作るのもおすすめです。

模様替えや家具移動が楽

家具の足にカグスベールをつけることで、家具を動かすことが可能になります。そのため、気分転換に模様替えをしたいと思った時や、引越しなどで家具を移動しなければならない時の負担が、カグスベールを使うことによってかなり軽減されます。

特に一人暮らしでは模様替えをしたいと思っても諦めてしまうことも多いでしょう。そんな時にカグスベールをあらかじめ使っておけば、一人でも安心して模様替えができるのもカグスベールの人気の理由の一つです。ぜひ家具を購入した段階で早めにカグスベールを使っておきましょう。

100均【ダイソー】のカグスベール4選

では、それぞれの100均のカグスベールはどのような商品があるのでしょうか。まずはダイソーで売られているカグスベールを4つ紹介していきます。

ダイソーのおすすめ①椅子靴下

61465941 121722335716254 7368931939607215360 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
fac.84

食卓テーブルなどに置かれている椅子は、毎日の生活の中で最も使う頻度が高い家具ではないでしょうか。頻繁に使う家具のため劣化も早く、特に脚の部分はすぐに悪くなってしまって買い替えを検討する人も少なくはありません。

ただし、椅子も安い買い物ではないので頻繁に買い替えることはできないでしょう。そんな時にはダイソーの椅子靴下を履かせておくことで椅子の劣化を防ぐことができるので、ぜひ試してみてください。

ダイソーのおすすめ②加工もできるカグスベール

100均で売られているカグスベールは汎用性が高く使いやすいサイズのものが多くなっています。しかしながら、自分で使いたい用途によっては大きすぎることもあるでしょう。

そんな悩みも、ダイソーで売られているフリーサイズのカグスベールなら簡単に解消できます。穴あけパンチなどで簡単に加工できるので、一人暮らしの人でも安心して加工して使用できます。

ダイソーのおすすめ③マウスにも使えるカグスベール

愛用しているマウスも、長く使っていると底のソール部分が劣化して滑りが悪くなってしまうことも珍しくはありません。買い替えようと思っても、なかなか使用感の合うものがなかったり手の大きさに合うものがなかったりして、買い替える勇気が出ない人もいるのではないでしょうか。

そういった時は、マウスソールを購入してマウスの裏面のソール部分を張り替えれば悩みが解決されます。カグスベールの一種として注目を集めているので、こちらも忘れずにチェックしておきましょう。

ダイソーのおすすめ④可愛い柄の椅子脚カバー

先ほどダイソーの椅子脚カバーを紹介しましたが、シンプルな見た目だと部屋の雰囲気に合わなくて使いづらいという人もいるでしょう。もちろん、ダイソーの椅子脚カバーは可愛い見た目のものもあるので、自分の好きなインテリアに合わせて選ぶことが可能です。

カグスベールの中でも特に人気が高いのが椅子脚カバーです。食卓テーブルを購入したり新居に入居した時は、忘れずに買っておくようにしましょう。

100均【セリア】のカグスベール3選

セリアは100均の中ではおしゃれな雑貨も多く、愛用している人もいるでしょう。そんなセリアにもカグスベールは売られていますので、雑貨を買いに行った時などにぜひチェックしてみてください。

セリアのおすすめ①床傷防止コルクシート

セリアの床傷防止コルクシートは、その名の通り床傷を防止できる優れものです。サイズも大きめですので、複数枚購入すればカーペットのように敷き詰めて使うような使い方も可能なので、色々試してみるのもの良いのではないでしょうか。

特に小さな子供やペットがいてオモチャを落としてしまうような場合は、床傷防止コルクシートをあらかじめ敷いておくと安心できます。

セリアのおすすめ②キズ防止フェルトクッション

コルクシートほどの大きさが要らない時は、セリアのキズ防止フェルトクッションもおすすめです。ハガキサイズの手頃な大きさですので、棚の一部などの特別に保護したい場所に使うこともできます。

100円で3枚買えるので、自宅だけではなくオフィスの机に使いたい時にも重宝するアイテムであること間違いなしです。柔らかい素材の上に置いて保護したり、傷つきやすい雑貨を飾りたい時に使ってみましょう。

セリアのおすすめ③イス脚カバー

ダイソーの椅子脚カバーも2つ紹介しましたが、セリアでも椅子脚カバーが売られています。ユニコーンの幻想的なデザインなので、殺風景になりがちな食卓テーブルを彩ってくれること間違いなしの商品なのではないでしょうか。

商品名は椅子脚カバーですが、テーブルに使うこともできます。足が細いタイプのテーブルを使っている場合は、ぜひテーブルにも使用してみてください。

100均【キャンドゥ】のカグスベール2選

ダイソーやセリアより種類は少なくなってしまいますが、キャンドゥでもカグスベールを購入することができます。キャンドゥにはどのようなカグスベールが売られているのか、2つの商品を紹介していきますので、ぜひご覧ください。

キャンドゥのおすすめ①四角型のカグスベール

キャンドゥの四角型のカグスベールは、10cm四方の非常に使いやすいサイズです。そのまま家具の下に貼っても良いですし、ハサミやカッターで切って加工するにも便利なサイズなのではないでしょうか。

移動させる頻度が高い家具の下に、ぜひ貼っておきましょう。のちほど紹介しますが、引き出しの下部分に付ける使い方にもうってつけのサイズです。

キャンドゥのおすすめ②シンプルな椅子脚カバー

ダイソーとセリアだけではなくキャンドゥにも椅子脚カバーが売られています。こちらはダイソーやセリアと違ってシンプルな見た目ですので、自宅はもちろんオフィスでも活躍するデザインです。

シンプルな見た目だからこそ、どんなデザインの椅子にも違和感なく使用することができます。お気に入りの椅子の足をキャンドゥの椅子脚カバーでしっかり保護しておきましょう。

100均カグスベールのメリット

9つの商品を見て、気になるカグスベールは見つかりましたでしょうか。しかし、今までの商品紹介だけではいまいちカグスベールの使い方がわからないという人がいても無理はありません。そこで、ここではカグスベールのメリットを4つに分けて紹介していきます。

メリット①重い引き出しがスムーズに開閉できる

棚の一番下の引き出しなどは、通常よりも容量が大きいために多くのものを詰め込みがちです。安定のためにも重めのものを入れやすい引き出しですので、入れたは良いものの開閉しづらくなっている引き出しもあるのではないでしょうか。

そんな時は、引き出しの底の両端にカグスベールを事前に貼っておきましょう。開閉しづらかったのが嘘のように簡単に開閉できるので、オフィスや小さな子供がいる家庭で活躍すること間違いなしの使い方です。

メリット②重い家具を簡単に移動できる

引っ越しの時に引っ越し業者に家具を搬入してもらっても、住んでいるうちに使いづらくなってしまったり模様替えがしたくなることもあるでしょう。そんな時にもカグスベールは大活躍する商品です。

あらかじめ家具の下の部分にカグスベールを貼っておけば、一人でも簡単に家具を移動させることができます。一人暮らしだとついつい諦めがちな模様替えも、カグスベールがあれば気軽に行えるのではないでしょうか。

メリット③床傷防止が期待できる

せっかくの新居を大切に使いたいと思っても、毎日使う食卓テーブルなどは床傷がつきやすい場所です。そんな時に、先ほど紹介したカグスベールの中でも椅子脚カバーをつけておけば毎日の食事の際に椅子を出し入れしても床傷防止が可能になります。

広い範囲の床傷を防止したい時は、セリアの床傷防止コルクシートなどの大きいサイズのカグスベールを使うと良いでしょう。長く使う家だからこそ、カグスベールを有効活用して大切に使うようにしましょう。

メリット④生活音の防止が期待できる

マンションに住んでいる人の場合、下の階への生活音が気になる人も多いのではないでしょうか。特に小さな子供がいる場合は、いくら言っても椅子を使う時に大きな音を立てて引きずってしまうこともあり、遅い時間帯は親の方がヒヤヒヤしてしまいがちです。

カグスベールには生活音を防止する効果も期待できるので、マンションに住んでいる人こそ活用してみましょう。椅子はもちろん、広い範囲に床傷防止コルクシートなどを敷いておけば足音も軽減することが可能にになります。

100均カグスベール使用時の注意点

とても便利なカグスベールですが、残念ながら全く注意点なしで使えるわけではありません。カグスベールを購入して使用する際には注意しておきたい点も存在しています。どのような注意点を知っておかなければならないのか、実際に購入して使用する前に把握しておきましょう。

注意点①定期的な交換が必要

カグスベールは一度つけたからといって、そのまま永久的に使えるわけではありません。定期的に交換しないと劣化してしまうので注意しましょう。

あまり動かさない引き出しや重い家具であればそれほど交換する必要はありませんが、毎日使う椅子や頻繁に動かす引き出しなどは半年くらいで交換の必要がある場合もあります。頻繁に使う家具ほど、カグスベールが劣化していないか注意深く観察しましょう。

定期的なチェックを忘れてしまいがちな人は、「偶数月の1日はカグスベールを交換する日」などとあらかじめ決めておくのもおすすめです。交換頻度は高くなってしまいがちですが、100均で手軽に購入できるので劣化するよりは交換頻度が高い方が良いでしょう。

注意点②急に動かすと剥がれやすい

しっかり接着させることもできるカグスベールですが、それでも100均のものはどうしても剥がれやすい構造になってしまっています。特に急に動かしてしまうと、衝撃に耐えられずに剥がれてしまう場合があるので注意しましょう。

特に重たい家具であればあるほど、急に動かすことで剥がれてしまうリスクは大きくなります。また、軽い家具であっても頻繁に使っていると劣化も早いので剥がれやすくなることを覚えておいた方が良いでしょう。

注意点③リスクを考えておく必要がある

家具を動かしやすくなるというのは大変便利ですが、模様替えなどの意図している時以外にも家具が動きやすくなってしまうのは絶対に把握しておかなければならない注意点です。特に地震の際などには引き出しが飛び出したり家具が倒れるリスクが高くなってしまいます。

重心を考えたり、頻繁に動かさずに固定しておくような家具にはカグスベールを使わないことである程度回避できるリスクですが、それでも完全にリスク回避できるわけではありません。100均で地震の際の家具の倒壊を防ぐグッズを買っておくなど、自衛しておく必要があるでしょう。

注意点④床の汚れやたわみがあると滑りにくい

カグスベールを上手に使うためには、カグスベールを貼る家具だけではなく家具を設置する床自体にも注意を払う必要があります。たとえば床に汚れがある場合はカグスベールを使っていても家具を動かしづらくなってしまいます。

汚れだけではなく、既に床がたわんでしまっている場合にもカグスベールは本来の力を発揮することはできません。カグスベールが使えるのは平らな床限定となりますので、購入前に床自体が条件を満たしているのかをチェックしておきましょう。

もちろん、条件を満たしている床でも汚れていては意味がありません。設置する前に掃除をしたりワックスをかけたりして、カグスベールが活躍できる環境を整えてあげるようにしましょう。

100均カグスベールで家事を楽に移動させよう!

家具の移動は一人だと上手くできないことも多く、模様替えをしたいのにできないなどのストレスになってしまうこともあります。ただし、100均で手軽に購入できるカグスベールを使うことで、そういったストレスも解消されることでしょう。

注意点を把握しておく必要はありますが、適切に対策をしておけばカグスベールはとても便利な道具です。家具を頻繁に移動させたい模様替えが好きな人も家具を保護したい人も、生活音に悩んでいる人もぜひ100均のカグスベールを購入して、日々の生活を少し便利にしていきましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ