杉本倫孝が北朝鮮で拘束&解放された理由とは?現在や経歴も紹介

杉本倫孝は北朝鮮に拘束&解放され、帰国しましたが、拘束&解放された理由は何だったのか。また経歴や生い立ち、現在やYouTuberの噂も気になる所でしょう。杉本倫孝の北朝鮮に拘束&解放された理由と経歴、生い立ち、帰国後の現在やYouTuberの噂を調べました。

杉本倫孝が北朝鮮で拘束&解放された理由とは?現在や経歴も紹介のイメージ

目次

  1. 1杉本倫孝とは
  2. 2杉本倫孝が北朝鮮で拘束&解放された理由
  3. 3杉本倫孝が日本に帰国した映像について
  4. 4杉本倫孝の現在
  5. 5杉本倫孝が北朝鮮に渡航した目的はわからぬまま

杉本倫孝とは

杉本倫孝は芸能人ではありませんが、彼の名前は広く知れ渡りました。なぜ彼の名前が世間に知られるようになったのかというと過去に北朝鮮に拘束された経験があるからです。どのような理由で拘束されてしまったのでしょうか。その他にも杉本倫孝の生い立ちや経歴、現在についても一緒に調査しました。

杉本倫孝のプロフィール

・本名:杉本倫孝
・生年月日:1979年2月14日
・現在年齢:40歳
・出身地:滋賀県
・活動内容:映像、音楽クリエイター、ビデオジョッキー

杉本倫孝の経歴や生い立ち

気になる杉本倫孝の経歴や生い立ちについてです。杉本倫孝は1979年の2月14日に滋賀県で誕生します。杉本倫孝の実家は昔は弁当屋を営んでおり、現在は居酒屋を営んでいるようです。杉本倫孝の生い立ちについてわかっているのはそれぐらいであり、学歴や少年時代のエピソードに関する情報を入手することはできませんでした。

そんな杉本倫孝は映像クリエイターの仕事をしており、様々なミュージックビデオやアーティストのライブで流れる映像を担当していました。また音楽関係以外にも人気ゲームソフト『ファイナルファンタジー』のゲーム映像を担当するなど杉本倫孝は驚くべき経歴を持っています。

その他にもビデオジョッキーというライブにて映像に合わせて音楽を流すという仕事をしていたという情報もあり、かなり多彩な技術を持ち合わせているようです。

2018年に北朝鮮に拘束され話題に

映像、音楽クリエイターとして活躍してきたという経歴がある杉本倫孝ですが、その名前が世間に知れ渡ったのはクリエイターとしてではありませんでした。ではなぜ杉本倫孝が有名になったのかと言うと、2018年に北朝鮮を訪朝した際に現地で拘束されてしまったからです。

ここ数年は北朝鮮絡みのニュースが多く報道されており、かつては日本人が拉致されたという事件もありましたが、杉本倫孝が拘束されたというニュースもネットやテレビで大きく報道されました。そもそもなぜ北朝鮮に渡航したのでしょうか。その理由を追っていきます。

杉本倫孝が北朝鮮で拘束&解放された理由

北朝鮮に拘束されるという凄まじい経歴を持つ杉本倫孝ですが、一体なぜそのような事態に陥ってしまったのでしょうか。何もしなければ捕まるわけがないため、おそらく何か北朝鮮にとってまずい行動をとってしまった可能性が考えられます。杉本倫孝が北朝鮮に拘束され、解放された原因を深追いしていきます。

軍事施設を撮影した疑いで拘束される

杉本倫孝は2018年に北朝鮮を訪れますが、南浦市という地域にて軍事施設をカメラで撮影した疑いで北朝鮮政府により拘束されました。日本政府は拘束された杉本倫孝の安全を最優先に考慮して北朝鮮政府と交渉し、在日本朝鮮人総連合会という組織を通じて杉本倫孝の捕まっている際の状況を調査するなど、日本政府は解放に向けて尽力を注ぎました。

そして日本政府の交渉が成功した、もしくは北朝鮮側が政治的に問題はないと認めたのか杉本倫孝はおよそ2週間の拘束の末に解放されました。そして日本に帰国することとなりました。帰国した際も特に身体に外傷は見られなかったため、無事に帰ってこれたようです。

杉本倫孝は観光目的で渡航したとされている

北朝鮮に拘束されてしまった杉本倫孝ですが、北朝鮮を訪れた理由は観光するためであったと後に明かしています。また杉本倫孝はその時だけでなく、過去にも数回北朝鮮を訪れたことがあったようです。ハワイなどと違い誰もが観光に行くような国ではありませんが、何度も訪れているということは杉本倫孝は北朝鮮という国が好きなのでしょうか。

また推察ではありますが、杉本倫孝はあくまで観光目的で渡航したため、特に北朝鮮で恐ろしいことを企てていたというわけでもなく、単純に興味本位で撮影したようです。

しかし軍事施設をカメラに撮られるということは、北朝鮮にとっては好ましくない行動だったため現地で捕らえられてしまいました。施設を撮られるのは軍事国家である北朝鮮では許されざる行為なのでしょう。

杉本倫孝は在日やスパイとの噂も…

そんな杉本倫孝ですが、拘束された原因から在日やスパイであるとの噂も立ってしまいました。拘束された理由からそのような噂が立つのも無理ないですが、果たしてその噂は本当なのでしょうか。

まず在日であるという噂については確かな証拠はなく、杉本倫孝は日本生まれのれっきとした日本人であると考えて良いでしょう。続いてスパイであるとの噂ですが、もし本当にスパイであるならばもっとばれないようにこっそり撮影するでしょうからこれもただの噂に過ぎないでしょう。

そもそも杉本倫孝はクリエイターという芸術的な仕事をしているため、たまたま良い建物を見つけてカメラを向けたと考えるのが妥当です。施設を撮影して作品作りに生かそうと考えたのではないでしょうか。

杉本倫孝が日本に帰国した映像について

北朝鮮に拘束された杉本倫孝ですが、何とか無事に日本への帰国を果たします。二国間の一大事であったため、当然杉本倫孝が帰国した際も、テレビやネットのニュースで大きく報道されましたが、その帰国した映像についても話題になりました。どのような点が話題になったのでしょうか。

帰国時の映像

杉本倫孝が拘束されていた北朝鮮から日本へ帰国した際の映像はメディアで流れており、YouTube上ではその当時のニュース映像を見ることができます。その映像では多くの報道陣やカメラに囲まれながら歩く杉本倫孝の様子を確認できます。しかしその時の様子が後に批判されることとなります。

ふてぶてしい態度だと話題に

北朝鮮からの帰国映像がニュースなどで流れた杉本倫孝ですが、その時の態度がふてぶてしかったという声があります。動画を確認すると確かにふてぶてしくどこか強気で偉そうな態度で歩く杉本倫孝の姿を確認できました。

そして当然政府や国民などあらゆる人に迷惑をかけたのだから、その態度はあり得ないとSNS上で批判する人も多く現れ、中には「あの人は捕まってもしょうがない」、「帰ってこなくていい」など過激な批判をする人も少なからずいました。

この一件で杉本倫孝自身が本当に反省していなかったかどうかは分かりませんが、どちらにせよこの一件で杉本倫孝のイメージはかなり悪くなったと言えるでしょう。

杉本倫孝の現在

色々な面で何かとお騒がせな杉本倫孝ですが、現在はどのような生活を送っているのでしょうか。杉本倫孝は映像クリエイターの仕事をしていると先ほど紹介しましたが、それ以外の活動もしているという情報もあります。そちらについても調べていきましょう。

映像クリエイターとして活動

杉本倫孝の現在の活動は今までと同じく映像クリエイターの仕事をしてる説が濃厚だと言われています。あの『ファイナルファンタジー』にも携わったぐらいですから杉本倫孝はその業界内でかなり著名な人間なのかもしれません。しかし北朝鮮に拘束されたことで仕事を通常通りにできているのか気になる所ではあります。

杉本倫孝は名前を検索すれば様々なサイトがヒットしますが、どれも北朝鮮絡みの記事であり、現在の杉本倫孝についてまでが書かれている記事がありませんし、どの会社に勤めているかも不明ですから現在の姿については謎が深まるばかりです。

YouTuberとしても活動?

杉本倫孝の現在の活動に関する噂があり、それはYouTuberとしても活躍しているのではないかというものです。しかしその噂の真相はおそらくデマであるかと考えられます。杉本倫孝がやっていそうなチャンネルは発見されていないです。

ではなぜそのような情報が出てきたのかというと、杉本倫孝自身が製作した動画がYouTubeに投稿されているため、それを見た人が杉本倫孝がYouTuberだと勘違いしてそのような噂が立ったのではないでしょうか。

杉本倫孝が北朝鮮に渡航した目的はわからぬまま

北朝鮮に拘束されるという危険な体験をした上に日本では批判にもさらされた杉本倫孝ですが、そもそもなぜ北朝鮮に渡航したのかその理由は本人の口から語られていません。北朝鮮による拉致被害者は日本国内に警察が把握しているだけでも900人弱いると言われています。それほどに北朝鮮という国が恐ろしい国であるというのは周知の事実でしょう。

また北朝鮮に拘束されたアメリカ人が帰国後に死亡したというニュースも報道されました。そのような事実があるため、杉本倫孝がよく何事もなく無事に帰国できたと驚く人々も多いでしょう。杉本倫孝が帰ってこれてなぜ拉致被害者が帰れないのかは大きな謎でもあります。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
佐藤広大

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ