注意力が散漫になる原因は?注意力散漫な人の特徴や改善方法を紹介

注意力散漫の意味や原因をご存知でしょうか。集中力と注意力の違いだけでなく、注意力散漫な人の特徴、改善方法や病気が関係していることについて、掘り下げていきます。また、注意力を高める方法などについてもご紹介していきましょう。

注意力が散漫になる原因は?注意力散漫な人の特徴や改善方法を紹介のイメージ

目次

  1. 1注意力散漫を治したい…!
  2. 2注意力散漫になる原因とは
  3. 3注意力散漫な人の特徴とは
  4. 4注意力散漫を改善して注意力を高める方法
  5. 5注意力散漫で考えられる病気とは
  6. 6注意力を高めて注意力散漫にさよなら!

注意力散漫を治したい…!

注意力散漫になってしまっていて、改善したいと考えている人も多いのではないでしょうか。注意力散漫は病気が関係していることもあり、改善するのには少し時間がかかってしまいます。そのため、注意力散漫を治したいと考えている人は、それだけ注意力散漫の改善方法が難しいことを知っておいてください。

しかし、中にはちょっとした工夫で注意力散漫を改善できる人もいます。まずは、そもそも注意力とは何を意味しているのか、注意力と集中力の2つの違いなどについて詳しく掘り下げていきましょう。

そもそも「注意力」の意味とは

そもそも注意力とは、継続して物事に意識を持ったり、注意するべきこと以外に注目してしまう、2つのことを同時に行っている時に必要となる注意力などを意味しています。この注意力がなくなったり、散漫してしまうと、自分や周囲の人に危険が及ぶことがあります。

そのため、何か物事を行う際には、危険が及ばないように注意力を高める必要があるでしょう。また、2つのことを同時に行う際には、注意力を両方に向けることも必要です。注意力にはバランスがとても大切で、このバランスが取れていないと注意力散漫になってしまいます。

「注意力」と「集中力」の違い

「注意力」と「集中力」は同じだと思われてしまいがちです。しかし、注意力は周りに意識を払うことを意味していますが、集中力とは1つの物事に対して没頭することを意味しています。特に、周囲の出来事が気にならなかったり、時間を忘れてしまって趣味などに打ち込むことがある人は集中力が高いと言えるでしょう。

逆に、注意力は車の運転をしている時など、周囲のことに目を向ける行為が代表的です。

注意力散漫になる原因とは

注意力散漫を改善したいと考えている人は、その原因が気になってしまうこともあるのではないでしょうか。注意力散漫の原因となる項目はいくつかあるため、自分がどの項目に当てはまるのか、下記でご紹介する項目を参考にしてみてください。また、原因を知ることができれば、改善に一歩近づくことも可能です。

そのため、下記でご紹介する注意力散漫になる原因を理解して、改善するための方法もについても考えてみましょう。

原因①心身が疲弊している

心身が疲弊している人は、注意力が下がってしまう傾向にあります。特に、人は心に行動が大きく影響されるため、心が疲れるような出来事があると注意力散漫になってしまうでしょう。例えば大失恋をした時や、友達とけんかをした時などが挙げられます。

心身が疲弊してしまっている場合は、注意力散漫にならないように心を休めてあげる必要があります。仕事や勉強の時間を一旦休憩してみてください。

原因②睡眠が不足している

人は基本的に、7時間から8時間の睡眠が必要だといわれています。この睡眠時間を下回ると睡眠不足となり、注意力が極端に低下してしまうでしょう。睡眠不足が原因で注意力散漫になってしまう人は、集中力も低下している傾向があります。そのため、睡眠不足が原因で注意力散漫の人は、作業効率も下がっていることでしょう。

睡眠不足が原因で注意力散漫となっているのであれば、睡眠を十分にとることで改善できるはずです。まずは、1週間の間十分な睡眠をとれるように、時間を調節してみてください。

原因③周囲の音が気になる

自分の周囲で大きな音が鳴っていると、そちらに意識を持っていかれてしまいます。本来は注意力や集中力がある人でも、注意力散漫になってしまうことが多いです。もしも、周囲の音が気になって注意力散漫になっているのであれば、周囲の音を遮断できるような工夫を施してみましょう。

音を遮断するには耳栓をつけたり、静かな場所に移動するなどの方法がおすすめです。

原因④お腹が空いている

お腹が空いている時は血糖値が下がっている証拠です。血糖値が急激に下がってしまうと、人は脱力して手に力が入らなかったり、思考が低下する傾向があります。そのため、お腹が空いている時に注意力散漫になる人は、食事の摂り方に注意する必要があるでしょう。

特に、炭水化物を過剰摂取したり、急いで食事を摂ってしまうと空腹になりやすいため、バランスの良い食事を意識してください。

注意力散漫な人の特徴とは

注意力散漫だと自覚している人は、自分が周囲からどのように見られているのか気になっている人もいるのではないでしょうか。そのため、下記では注意力散漫な人に共通している特徴について、詳しく掘り下げていきます。また、中には自分が注意力散漫なのか、気になっている人もいるはずです。

そんな時は、注意力散漫に共通する特徴に自分を当てはめることで、自分が注意力散漫なのかどうかを判断することができます。ぜひ、参考にしてみてください。

特徴①整理整頓が苦手

注意力散漫な人は周囲に目を向けることが苦手です。そのため、自分の周りの整理整頓をすることができません。特に、勉強机や作業机に資料や物が山積みになっている人は、注意力散漫になっている可能性が高いでしょう。自分の周りが作業しにくい環境になっていると気づくことができなければ、人から注意されるまで気づかないこともあります。

整理整頓が苦手な注意力散漫な人は、日頃から整理整頓できるように意識を向けておきましょう。そうしなければ、せっかくの能力を最大限に発揮でくなくなってしまいます。

特徴②飽き性である

注意力や集中力がある人は、1つのことや2つのことを同時に行うことが得意です。しかし、注意力散漫な人は飽き性な性格の特徴があるため、長く続けようと思っていても、すぐに飽きてしまいます。それはどれだけ自分の好きなことであったとしても飽きるため、周囲の人からは信頼できないと思われてしまうことも少なくありません。

そのため、飽き性な特徴のある注意力散漫な人は、信頼を失わないようにするためにも注意力散漫を改善できるように行動してみてください。

特徴③落ち着きがない

注意力とは1つのことに集中しつつ、周囲のことにも目を向けることを意味しています。その注意力が散漫してしまっている人は、周囲で起きることが常に気になっていることでしょう。そのため、周囲から見ると落ち着きがないように見えてしまいます。

その場合は、落ち着くことを意識するのではなく、注意力散漫を根本的に改善する必要があると言えます。

特徴④行き当たりばったり

注意力散漫になっている人は、行き当たりばったりな行動が多い特徴があります。予定を上手に立てることができないため、やるべきことを整理することができません。そのため、作業効率が悪くなったり、同じことを何度も行ってしまうこともあるでしょう。仕事や学業を上手に進行させるためにも、注意力散漫を改善する必要があります。

また、行き当たりばったりな行動は、見る人によってはストレスを与えてしまうこともあるでしょう。人と関わる機会が多い人は、そうならないように予定をしっかりと立てて行動することをおすすめします。

注意力散漫を改善して注意力を高める方法

上記では、注意力散漫になる時の原因や特徴などについてご紹介しました。自分の注意力散漫が気になっている人は、改善したいと考えていることでしょう。長い間注意力散漫に苦しめられてきた人は、注意力を高めたいと思っていても、なかなか改善できないことがほとんどです。そんな時は、注意力を高める正しい方法を知る必要があります。

下記では、注意力散漫を改善して注意力を高める方法について、詳しく掘り下げていきます。そのため、今まで注意力散漫に苦しめられてきた人は、注意力を高める方法を参考にして、これからは楽しく過ごせるように行動してみてはどうでしょうか。

方法①やることの優先順位をつける

注意力散漫を改善するためには、やることの優先順位をつけてみてください。やることに優先順位をつけていないと、「あれもこれもしなければいけない」と考えて色々なことに手を出してしまいます。また、どの作業も途中で投げ出してしまうため、結果的に何も終わらなかったり時間がかかることになるでしょう。

そのため、やらなければいけないことを初めに行い、やらなくても良いと思える作業は最後にしてください。1つのことを終わらせてから次に移行することによって、注意力を高めることができるはずです。

方法②身の回りを整理整頓する

身の回りを意識的に整理整頓できるようになれば、注意力散漫を治すこともできます。特に、周囲が散らかってしまっている人は、身の回りの整理整頓から始めてみてはどうでしょうか。一度物を収納する場所を決めて、次回からも同じ場所に収納することを意識することで、周囲が散らかってしまうことを避けることができます。

方法③手が届く所にスマホを置かない

注意力散漫になってしまう人の多くは、スマートフォンを思いがけず使っていることが多いのではないでしょうか。仕事や勉強をしている時、スマートフォンが自分の近くに置いていると、気づいた時には手を伸ばしてしまいます。そのため、注意力散漫になってしまう原因となるスマートフォンを手が届くところに置かないようにしてみてください。

最近では、タイマーが作動して時間が経過してからでないと、スマートフォンを取ることができない箱なども販売されています。このようなグッズを使って、効果的に注意力散漫の改善を促してみてはどうでしょうか。

方法④時間を決めて行動する

注意力散漫になる人の中には、1つのことに集中しすぎてしまう人もいるでしょう。その場合は、時間を決めて行動することを意識してみてください。初めから取り組む時間を決めておくことで、他のことにも手を付けることができます。特に、やらなければならないことがある場合は、事前に時間を決めて行動すると取り組みやすくなります。

方法⑤質の良い睡眠をとる

睡眠不足が原因で注意力散漫になってしまう人は、質の良い睡眠をとるようにしてください。睡眠はいくら長時間寝たからと言って、質が良いと言うことはできません。長時間寝ている場合でも、途中覚醒が多ければ意味がないでしょう。そのため、自分に合った枕を使ったり、寝る前にスマートフォンを使わないようにするなどの工夫がおすすめです。

注意力散漫で考えられる病気とは

注意力散漫になる原因や、その解決方法についてご紹介しました。しかし、注意力散漫になる人の中には、病気が原因となっている可能性もあります。そのため、どれだけ改善しようとして行動を起こしても、注意力散漫が解決しなかった場合は、病気を疑ってみてください。

また、病気だと疑う部分があったのであれば、一度病院で検査してもらうことがおすすめです。自分で判断するのには情報が不十分ですので、病院で判断してもらうことで、正しい病気の名前を聞くことができます。

病気①注意欠陥・多動性障害(ADHD)

最近では、ADHDの認知度が高まっているのではないでしょうか。ADHDとは注意欠陥多動性障害と呼ばれている病気で、1つのことに集中できなかったり、じっとすることができません。そのため、勉強や仕事に支障が出てしまうことも多く、ADHDに気づかずに生活している人はかなり苦しむ傾向があるでしょう。

また、忘れ物が多かったり目先のことに目を向けやすい傾向もあるため、周囲の人が注意しなければ失敗することも多いです。

病気②注意欠陥障害(ADD)

ADDは注意欠陥障害のことで、今はADHDと呼ばれるようになりました。ADDは周囲への注意力が欠けているため、周囲から引かれるような行動に出ることもあります。また、衝動的に何かを行ってしまうことも多く、周囲の空気を読むことができません。そのため、ADDの人は日常生活に支障が出ないように、症状を緩和させることが大切です。

病気③うつ病

注意力散漫になる原因として、うつ病が挙げられます。うつ病といってもかなり多くの種類があり、どのうつ病に分類されるのかについては、医師であっても判断が難しいです。そのため、自分の判断でうつ病だと決めつけることはやめましょう。うつ病は気分的に落ち込みやすい傾向があるため、改善しなければ日常が楽しくなくなってしまいます。

一度病院で診断してもらってから、どのような改善方法が大切なのか判断し、注意力散漫を治せるように行動してみてはどうでしょうか。自ら行動しなければ、うつ病は治すことができません。

注意力を高めて注意力散漫にさよなら!

注意力散漫は注意力を高めることで、改善することができます。いきなり改善しようとしても、なかなか改善することができません。そのため、長い目で見て改善を促してみましょう。また、途中で改善することをあきらめると、それまでの努力の意味がなくなってしまいます。

注意力散漫な人には原因や特徴もあるため、自覚がある人は、改善できるように様々な努力をしてみてください。きっと、楽しく過ごせるようになるはずです。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
すうこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ