心の闇が深い人の特徴11選!心の闇の原因や治し方・接し方は【診断】

人と関わりたくない心理を持っている心の闇が深い人とは、どのような接し方が適切なのでしょう。また、心の闇はどのような治し方があるのでしょうか。この記事では、心の闇が深いい人の特徴や言動、そうなった原因を探ります。当てはまらないか自己診断してみましょう。

心の闇が深い人の特徴11選!心の闇の原因や治し方・接し方は【診断】のイメージ

目次

  1. 1【診断】心の闇が深い人の特徴11選!
  2. 2心の闇が深い人の原因は?
  3. 3心の闇が深い時の治し方は?
  4. 4深い心の闇を持った人への接し方
  5. 5心の闇を持っている時の心理は?
  6. 6心の闇を持っていると認めることも大切!
  7. 7心の闇を解消する方法とは
  8. 8心の闇は正しい対処法を知ることで怖くない!

【診断】心の闇が深い人の特徴11選!

心の闇が深い人に出会ったことはあるでしょうか。心の闇が深い人はいくつかの特徴があるため、自分は心の闇が深いのではと考えている人はその特徴に当てはまるかもしれません。また、最近自分の心がすさんでいると感じている人も、特徴に当てはまる可能性があります。

もしも、心の闇が深い人の特徴に当てはまった場合は、心の闇を取り払うためにいろいろな治し方を実践してみてください。意外にも心の闇を取り払うことができれば、毎日が楽しく変化していくことが多いです。

特徴・診断①いつも笑顔で本性を見せない

心の闇が深い人なのかを診断できる項目には、いつも笑顔で本性を見せないという特徴があります。笑顔な人は心の闇が深い人だとは思われにくいのですが、長期間接することがあるとどこか本心を見せない部分を感じることができます。また、この特徴のある人は異常に笑顔が多いという特徴もあります。

そのため、気持ち悪いくらいに笑顔な人は心の闇が深い人な可能性があります。このタイプの心の闇が深い人は、他の人が見ていないところでかなり悩んでしまっている傾向があるので、接し方などには注意するようにしましょう。

特徴・診断②人が苦手で信じられない

人のことを信じることができない人も、心の闇が深い人だと診断することができます。ある程度人間関係を築くことができれば、人のことを信じることができる人がほとんどでしょう。しかし、心の闇が深い人はどれだけ仲良くしている人に対しても、心を開いて信じることができません。

また、このタイプの心の闇が深い人は人が苦手な特徴があると言えます。人が苦手な特徴のある人は、そもそも誰かと接する機会を遮断することが多いので、信じることのできる関係性を築くことができません。

特徴・診断③嫌いな人や苦手な人が多い

もしも嫌いな人や苦手な人が多いと感じているのであれば、それは心の闇が深い人だと診断することができます。そもそも心の闇が深い人は人と関わること自体が苦手なのですが、それに加えて苦手と感じる人も多いようです。

そういった人は心の闇が深いため、自分の心を誰かに対して開くことができません。しかし、周りの人は自分と仲良くしようと心を開いてくるので、そのギャップに引いてしまいます。

特徴・診断④ストレスを溜め込む

心の闇が深いと言われる人は、ストレスを溜め込みやすいと言われています。ストレスを溜め込みやすい人は、知らず知らずのうちにストレスが溜まっていってしまうので、ふとした瞬間に爆発することがあります。自分でも気づかないのでいきなりのことでびっくりすることもあります。

このようにストレスを溜め込みやすい特徴のある心の闇が深い人は、ストレスの根源となっている部分を改善する必要があります。また、定期的にストレスを発散することができるようなことをする必要があります。

特徴・診断⑤ネガテイブ思考

ネガティブ思考になってしまう人は、もしかすると心の闇が深い人だと診断することができるかもしれません。ネガティブ思考な人は自分の精神に悪い影響を与えるだけでなく、周りの人から面倒な人だと思われる可能性があるため、なるべくポジティブ思考に切り替えていく必要があります。

しかし、もともとネガティブ思考な人はすぐに考え方を改めることができないので、徐々に改善できるように改善方法を試していきましょう。

特徴・診断⑥気持ちの切り替えが苦手

心の闇が深いと言われている人は、気持ちの切り替えが苦手だと言われています。普段からポジティブ思考な人は、嫌なことがあったとしても失敗を悔やんでからすぐに気持ちを次のことへ切り替えることができます。心の闇が深い人はこの気持ちの切り替えをすることができないので、いつまでも引きずってしまうでしょう。

嫌なことを引きずることによって、過去に起こったことをふとした瞬間に思い出してしまいます。そうすると、心の闇が深い人は前よりももっとネガティブ思考になり、より心の闇が深くなってしまいます。

特徴・診断⑦いつも本音を話せない

人は誰しも自分の本音を言うことができる人を欲しています。なかなか本音を言うことができない人でも、親友など親密な関係にある人には本音で話すことができます。しかし、心の闇が深い人は仲が良いと思っている人に対しても、本音で話をすることができないという特徴があります。

本音を話すことができなければ、自分の意見を言うべき部分でも発言することができずに、結果的に自分が不利な方向へと進んでいってしまうので注意が必要です。

特徴・診断⑧向上心が強すぎる

心の闇が深い人はふさぎ込んでしまうと思われているのですが、実際は向上心が強すぎるという特徴があります。向上心があることは問題ありませんが、向上心の強すぎる人は自分の悪い部分を見ることによって、心の闇をより深めていってしまうことがあるようです。

向上心が強すぎる心の闇が深い人は、自分の悪い部分をすべて直して完璧な人になりたいと考えています。しかし、それは到底不可能なことなので、自分を認めてあげることが大切です。

特徴・診断⑨周囲の目が気になる

もしも、周囲の目を異様に気にしてしまっているのであれば、それは心の闇が深い人だと診断することができます。心の闇が深い人ではない場合、ほとんどはの人は周囲の目を気にすることなく自分のしたいことをすることができます。しかし、心の闇が深い人は人の目が気になって行動することができません。

したがって、したいと思っていることもなかなか実行に移すことができません。また、心の闇が深い人は人の目を気にして一人で行動することができないことも多いです。

特徴・診断⑩プライドが傷つきやすい

心の闇が深い人は他の人よりもプライドが傷つきやすいと言われています。そのため、他の人が言われた時に何も感じない言葉だったとしても、心の闇が深い人の場合は深く心が傷ついてしまうことがあります。しかし、心の闇が深い人のプライドが傷ついていることは周りの人にはわかりません。

人とのコミュニケーションを上手くとることができないため、自分のプライドが傷ついていることを伝えることもできません。

特徴・診断⑪闇が深く不安症である

心の闇が深い人の特徴には、常に不安と戦っているという特徴があります。誰しも気持ちが不安になってしまう時はありますが、心の闇が深い人はその頻度が他の人よりも高いので不安症だと言われています。不安症な人はストレスを抱えやすい特徴もあるので、なるべくストレスを抱えないようにすることが大切です。

心の闇が深い人の原因は?

心の闇が深い人にはいくつかの特徴がありました。この特徴は生まれつき持っているわけではありません。これまでの経験やトラウマなどが原因となって、心の闇がどんどんと深くなってしまっています。心の闇が深い人への接し方を学んだりするためには、その原因と特定する必要があります。

自分が心の闇が深いと感じているのであれば原因を知って、その原因を改善することができるように努力しましょう。

傷つけられた経験がある

誰かから傷つけられた経験を持っている人は多いでしょう。しかし、大切な人や心を許していた人から裏切られたりした場合は、心の闇が深い人になる原因になるのではないでしょうか。あまりにも傷つけられた経験を忘れることができていない場合、心の闇がを深めてしまう原因になるので注意してください。

傷つけられた過去の経験が原因となって心の闇が深くなってしまった人は、この原因を克服する必要があります。しかし、この原因はなかなか克服することができないので、心の闇が深い人への接し方や治し方には気を付けておく必要がありるのではないでしょうか。

これまでの環境が悪く人間不信

心の闇が深い人の多くは、職場の人間関係が原因となって心の闇が深くなってしまっているようです。人間関係は人生の中でとても大切なポイントで、職場の環境が悪いと人間不信に陥ってしまう原因になります。人間不信が続くと、誰に対しても信頼関係を築くことができなくなってしまいます。

人間不信が原因となって心の闇が深い人は、きちんと治し方を知っていないとこの先も人を信じることができなくなります。心の闇を一気に解消したいと思っているのであれば、思い切って環境を変えてみるといった方法もおすすめです。

周りの目が気になる

心の闇が深いと言われている人は、周りの目を気してしまうことが原因になっています。あまりにも過剰に人の目を気にしてしまうと、心の闇が深くなる原因になるので注意するようにしてください。

人の目が気になることが原因となっている場合は、人の目が気にならないように練習する必要があります。今まで自分の心の闇が深い原因に向き合っていなかった人ほど、改善させることは困難です。しかし、改善方法を続けることで必ず原因を克服することができるようになります。

自尊心がなくネガティブ思考

何事もネガティブに捉えてしまう人も心の闇が深い人になることがあります。誰かが話しているのを遠くから聞いて自分の悪口だと思ってしまったり、感謝するべきことをしてもらった時でさえネガティブな考えが浮かんでしまいます。この場合、まずは自尊心を身に着けることが大切です。

本音を隠してしまう

言いたいことがあるのに本音を隠してしまうことはないでしょうか。常に本音を言う人は嫌われる可能性が高いです。しかし、本音を全く言わない心の闇が深い人とは仲良くすることができないという人が多いです。深い人間関係を築きたいのであれば、本音を言えるようにしましょう。

心の闇が深い時の治し方は?

自分が心の闇が深い人に当てはまっていたことを知った場合、心の闇が深い部分があるのであれば治したいと考える人が多いでしょう。しかし、心の闇が深い人は治し方を知らないことが多く、治そうとしても空回りして余計に自分の心を傷つけてしまうことがあるので注意が必要です。

そのため、心の闇が深い人と感じている人は特に心の闇の治し方を知っておく必要があるでしょう。心の闇が深い人の治し方を試してみて初めは無理だと感じてしまう人も多いでしょう。しかし、少しずつでもいいので根気よく続けていくことがとても大切です。

視野を広げてやわらかい考え方をする

心の闇が深い人は視野が狭くなり、言動も毎回似たようなものしかありません。そうすると見えるべきものも見えなくなってしまいますので、視野を広げて物事をもう少し柔らかく捉えてみてはどうでしょうか。視野を広げることによって、今まで見えなかったものを探り当てることができるようになります。

例えば、今までは接してくれている人はみんな自分のことが好きではないと思っているのであれば、視野を広げて相手は自分のことを好きかもしれないと考えながら、いろいろな言動を実行してみてください。そうすることで、相手と良い人間関係を築くこともできるでしょう。

楽に生きることを意識する

生きることが辛いと考えてしまう人が多くいます。生きることが辛いという考えを持っている心の闇が深い人は、一度人生を楽に生きることを意識してみてはどうでしょうか。この治し方ではとにかく楽さを重視します。もともと自分に厳しくしていた人におすすめな治し方です。

例えば、仕事で疲れていて料理をしたくないと考えているのであれば、その日くらいは出前を取ったり、お惣菜を買ってもいいのではないでしょうか。小さな積み重ねでも人生を楽に生きることができるようになります。

信用できる人を見つけて話を聞いてもらう

人は一人では生きていくことができません。これは心の闇が深い人以外にも当てはまることで、生きていくためにとても重要なことです。心の闇が深い人は他人を信用することができないと考えているため、全部自分で背負い込もうとしてしまう傾向にあります。そんな時は信用できる人を見つける治し方がおすすめです。

一人では実行できる治し方が限られているため、誰かに頼った治し方も視野に入れてみましょう。また、一人でも信用することができる人を見つけることができれば、そこから新しい人間関係を広げていくことができます。

「人は人自分は自分」と割り切る

他の治し方を試してどうしても心の闇が晴れないという人は「人は人自分は自分」と割り切る治し方がおすすめです。心の闇が深い時の治し方はいくつかありますが、状況や性格などからどの治し方を試しても心の闇が深いままな場合があります。

そのため、いっそのこと心の中で割り切ってしまう治し方の方が楽な場合があります。そうすることで、今まで悩んでいた人間関係を克服することができるはずです。

深い心の闇を持った人への接し方

自分自身ではなく、周りに心の闇が深い人がいる場合は接し方に注意してください。心の闇が深い人は少しの言動でも傷ついたり、心を閉ざしてしまう可能性があります。では、心の闇が深い人に対して、どのような接し方をすると良いのでしょうか。

もしかすると、今まで良かれと思ってしていた言動が逆効果だった可能性があります。もう一度、心の闇が深い人にはどのような接し方が適しているのかを知っておいてください。

言動に充分注意する

心の闇が深い人は、他の人が傷つかないような言動でも傷ついてしまう場合があります。そのため、心の闇が深い人と接する時には、言動に注意した接し方を心がけてください。言動に注意した接し方というのは、普段から意識をしていないと難しいと言われています。

したがって、初めから心の闇が深い人と接するのではなく、身近な友達との接し方で自分の言動に注意してみてください。それ後に心の闇が深い人にはどのような言動が適切なのかを考えてみましょう。

自分の考えを押し付けない

よく自分の考えを押し付ける人がいますが、自分の考えを押し付けてしまうと心の闇が深い人は余計に心を閉ざしてしまいます。したがって、心の闇が深い人との接し方を気にしているのであれば、自分の意見を押し付けすぎないで相手を否定しないようにましょう。

心の闇が深い人の中には、アドバイスなども意見を押し付けられていると感じる人がいます。押し付けられていると捉えられてしまわないように、心の闇が深い人と接する時は相手の心理をよく理解するようにしましょう。

心の闇が深い人の気持ちを聞いてあげる

心の闇が深い人への接し方には、気持ちを聞いてあげる方法があります。心の闇が深い人はなかなか自分の気持ちを話そうとはしませんが、こちらから気軽に話してほしいという接し方をすることによって、本当はどんな風に考えているのかを聞き出すことができます。

この接し方で注意してほしいのが、心の闇が深い人のことを否定しないということです。否定されることで自分を全面的に否定されたと勘違いしてしまうので、なるべく言動には注意しましょう。

心の闇が深い人の気持ちを汲み取ってあげる

心の闇が深い人への接し方には、相手の気持ちを汲み取ってあげるという方法があります。心の闇が深い人はどのような対応をしていても自分の気持ちを話してくれない場合も多く、そんな時にはこの接し方がおすすめです。しかし、心の闇が深い人と接する場合には、相手のことを良く理解しておく必要があります。

心の闇が深い人のことを知っていないと、気持ちを汲み取ろうとしたときに間違った解釈をしてしまいます。そうすると心の闇が深い人とは深い関係を築くことができないので、この接し方では相手のことを知りたいと思う気持ちが重要です。

心の闇を持っている時の心理は?

心の闇を持っている時には、他の人が感じていないような心理があります。心の闇が深い人と接する時も、自分自身の心の闇を克服したいと思っている時も、心の闇を持っている人の心理を理解する必要があります。そこで、心の闇を持っている人がどのような心理なのかをご紹介します。

また、その心理によってはこの先どのような行動をするといいのかを知ることができます。今現在、八方塞がりになっている人は、ぜひ自分がどのような心理を持っているのかを理解してみてください。

誰にも会いたくない

心の闇を持っている人の多くは、誰とも会いたくないと考えています。それまでは友達や恋人と頻繁に合っていた人でも、いきなりこの心理になってしまう可能性があります。最近誰とも会っていないと感じているのであれば、心の闇を持っていると言えるでしょう。

また、ひどい時には一緒に住んでいる家族さえ会いたくないと感じてしまいます。この場合はかなり心の闇が深くなっているので、無理に人と接しようとはせず、自分のペースで物事を勧められるようにしましょう。

何もしたくない

何もしたくないという心理は誰しも一度は経験したことがあるはずです。しかし、心の闇を持っている人は他の人よりもその心理が強く出てしまいます。特に日常生活で不可欠なことでさえ、したくないと考えている場合はかなり心の闇が深くなっているので注意してください。

例えばお風呂に入ったり、食事をしたりといった欠かせないものがポイントとなります。また、女性であればメイクやヘアアレンジをしたくないと感じてきた時に、心の闇が出てきている人が多いようです。

心身の休養が必要に感じる

自分自身で心身の休養が必要だと感じている人は、すぐに休養する必要があるでしょう。人は無意識のうちにこれ以上動いてはいけない、ということを脳が察知しています。その脳の命令である心理を無視すると、もっと体や心が大変なことになってしまいます。

しかし、社会人になるとなかなか休めない人も多くいます。その場合は有給などを使って連休を作ることによって、十分な休養を取ることができます。また、普段から疲れを溜めないようにすることも大事です。

信じられるのは自分やお金だけ

表には出していないものの、自分とお金以外信じることができないという心理を持っている人は多くいようです。このような心理を持っている人は、常に周りの人と距離を置くようにしている特徴があります。そのため、どこかよそよそしさがあるはずです。

もちろん自分やお金を信じることは大切ですが、人は誰かとの繋がりがなければ生きていくことができません。初めは難しく感じますが、誰か信用することのできる人を見つけられるように心理を変えてみましょう。

自分が疲れないように暮らしたい

心の闇が深い人は自分が疲れないように暮らしたいという心理を持っています。世の中には理不尽なことが多く、自分だけが理不尽な目に遭っていると感じることもあります。そんな時に、心の闇が深い人は自分が疲れないように暮らしたいという心理を持ちます。

しかし、実際は自分が疲れないように暮らしたいと思っている人は、かなり傲慢な考えを持っている可能性が高いです。よって、実際には理想的な暮らしをすることができる人はほとんどいません。心の闇を克服するのであれば、心理を改める必要があるでしょう。

これ以上傷つきたくない

誰かの言動によって傷つけられたことのある人や、過去のトラウマによって心の闇を持っている人はこれ以上傷つきたくないという心理を持っています。この心理に至るまでの経緯は人それぞれで、感じ方によっても異なります。これ以上傷つきたくないという心理がある場合、周りの人と距離を置いてしまうこともあります。

しかし、それでは逃げているだけにすぎませんので、根本的に心の闇を振り払おうとするのであれば、積極的に人と接する機会を増やすことをおすすめします。意外にも自分が思ってた以上に良い人に出会えることがあります。

カウンセリングを受けてみたい

心の闇を持っている人の中には、自分自身でカウンセリングを受けてみたいと考えていることがあります。カウンセリングを受けたいと思う心理は二つあり、一つは専門家の意見を聞きたいという理由です。専門家の意見を聞くことができれば、自分の悪い部分を克服することができると考えています。

もう一つは、心を許すことのできる友人がいないという理由です。誰かに気持ちを打ち明けたいけれど、心を許すことのできる人がいない場合、人はカウンセリングなど専門家に話をしたいという考えに至るようです。

心の闇を持っていると認めることも大切!

自分自身の心の闇を認めてあげたことはあるでしょうか。心の闇を持っている人や心の闇が深い人は、どうしても自分の心の闇と向き合うことができません。そのため、自分のできないことや状況に関してかなり不満を持っています。そんな時には自分を認めてあげることがとても重要となります。

自分を認めるのは簡単なことではないので、認めようと思ってもできない場合がほとんとです。心の闇を克服したいと考えた時には、まず自分を認めるところから始めてみてください。もしかすると、今のままでいいと思える人もいるかもしれません。

心の闇を認めると自分が楽になる

自分自身にある心の闇を認めてあげることによって、何よりも心が楽になります。心の闇を認めていない時は必要以上に頑張ったり、自分に厳しくしてしまいます。そうすると心の闇を克服するどころか、より一層心の闇を深めてしまう原因になります。

自分自身の心の闇を認めてあげることができれば、できなかったことに対しても寛容な心を持つことができるはずです。心の闇を持っている人や心の闇が深い人は、これ以上自分の心に傷をつけないようにしてあげてください。それだけでもかなり心を楽にすることができます。

心の闇が深いと知れば対処法を探せる

心の闇が深いということが分かれば、その心の闇を改善する方法を探すことができます。自分が心の闇を求めなければ一向に改善方法をさがそうとはせず、そのままだんだんと悪い方向へと進んでいってしまいます。そのため、自分自身の心の闇を認めてあげるのは、とても大切なことです。

また、自分の心の闇を認めることは、なぜそうなってしまったのかなどを知ることにもつながります。そうすることで、自分にあった改善方法を見つけることができます。もしも、最近生きづらいと感じているのであれば、自分の心の闇に目を向けてみてはどうでしょうか。

心の闇を持ったら後は向き合うのみ

心の闇をすでに抱えてしまっているのであれば、後はその心と向き合うのみです。心の闇を持っている人のほとんどは、自分の心の闇と向き合おうとせずに逃げ回ろうとしてしまいます。しかし、逃げることができたとしても最終的には自分の心の闇と向き合わなければいけない時が必ず来ます。

自分の心の闇に気付くことができたのであれば、早めにその心と向き合うようにしましょう。早く心の闇と向き合うことができればできるほど、この先自分が楽だと思える人生を歩むことができるはずです。

心の闇を解消する方法とは

心の闇を解消するためにはいくつかの方法があります。心の闇を持っている人はどうしても周りの人を避けてしまったり、生きていても楽しさを見出すことができなくなってしまいます。そうなる前に心の闇があると分かった時点で、自分自身の心の闇と向き合うようにする必要があります。

意外にも心の闇を認めることができない人が多く、なかなか解消することができません。心の闇を解消するためには人からの助けを求めることもおすすめですが、まずは自分でどのような解消方法を試せることができるのかを知っておきましょう。

心の闇を持つことは珍しくない

そもそも心の闇を持つのは珍しいことではありません。ほとんどの人が経験したことがあるといってもいいでしょう。しかし、心の闇を解消することができる人は考え方や根本的な心理が違っています。一時は心の闇を持ってしまいますが、その後は心の闇をバネにして前に進んでいくことができます。

人生ではいろいろなことを経験することがあり、人によってその経験は違っています。いろいろな人の話を聞いてみると、今の自分よりもっと心の闇が深い人もいるのではないかと感じるエピソードもあるはずです。そういった人達も闇から抜け出しているように、今心の闇がある人も必ず解消することができるでしょう。

物事を難しく考えず気楽に

心の闇を持っている時には、物事を深く考えないようにしましょう。時には深く考えることも大切ですが今はその時ではありません。まずは、自分が「こうしたい」と思える言動を実行してみてはどうでしょうか。特に、今まで自分の言動をコントロールしすぎていた人はこの方法がおすすめです。

物事を深く考え始めるとキリがありませんので、楽に生きることを選んでください。これは自分の心の闇から逃げるのではなく、心の闇を解消させるための方法なので、ただ単に楽をしたいという欲求を満たすことにならないようにしましょう。

心の闇が深いと感じたら充分に休む

心の闇が深い人は自分で気づくことがあります。そんな時には充分に休むことが大切です。自分では休むことができていると思っていても、実際にきちんと休めている人は少ないです。心と体が楽になるまで一度思う存分休んでみてはどうでしょうか。

心の闇は経験値を増やすことも有効

心の闇が深い人の中には、今まで経験したことが少なすぎる人がいます。そんな時には自分の経験値を上げることによって、心の闇を解消することができます。たくさんのことを経験することによって、自分が今まで抑え込んでいたことは嘘のように解消することができるようになるでしょう。

心の闇を治すには知見を広げることも重要

心の闇を治すには知見を広げることも大切です。知見を広げることによってちょっとした言動では傷つくこともなくなるでしょう。また、自分で見て知り得たことは頭から離れにくく、これから先も自分の強みにすることができます。

心の闇は正しい対処法を知ることで怖くない!

心の闇が深い人はちょっとした言動で傷ついてしまうことがあります。そのため、周りの人は言動に十分気を付ける必要があります。また、心の闇が深い人本人は正しい対処法を知ることによって、その都度解消させることができるようになります。今は心の闇があるという人も、必ず楽しく過ごすことができるようになるでしょう。

関連する記事はこちら

Thumbストーカー気質のある男女の特徴と心理!ストーカーされやすい人とは
ストーカー気質のある人とはどんな人でしょうか。ストーカー気質の男性や女性には共通した特徴や心...
Thumb破滅願望がある人の心理!破滅主義者の仕事や恋愛での特徴とは
破滅願望を持った人が身近にいる人もいるのではないでしょうか。破滅願望を持つ人とは、ネガティブ...
Thumbヤンデレな人の特徴15選!ヤンデレの意味・心理やヤンデレなセリフまとめ
周囲にヤンデレな人がいるという人はいるでしょうか。ヤンデレは女性というイメージが多いですが、...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
すうこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ