ちあきなおみの現在!結婚した夫が死去や引退の噂の真相は?子供は?

ちあきなおみは『喝采』などの曲で知られる歌手です。女優としても活躍していた折、突如芸能活動の休止を発表し、表舞台から姿を消しました。この記事ではちあきなおみの現在までの画像や代表曲を交えつつ、現在の姿や夫の死去、死因の噂、子供の存在、引退の噂について迫ります。

ちあきなおみの現在!結婚した夫が死去や引退の噂の真相は?子供は?のイメージ

目次

  1. 1ちあきなおみのプロフィール
  2. 2現在も愛されるちあきなおみの代表曲
  3. 3現在のちあきなおみは何をしている?引退の噂とは?
  4. 4ちあきなおみの夫の死因と子供は?
  5. 5デビューから現在までのちあきなおみの画像
  6. 6過去も現在も愛されるちあきなおみの歌唱力に注目!

ちあきなおみのプロフィール

・愛称:ちあきなおみ
・本名:瀬川三恵子
・生年月日:1947年9月17日
・現在年齢:71歳
・出身地:東京都板橋区
・活動内容:歌手、女優
・事務所:日本コロムビア、ビクターインビテーション、テイチク
・家族構成:郷鍈治(旦那)

ちあきなおみの経歴

1947年、ちあきなおみは東京都板橋区に3姉妹の末っ子として誕生しました。小学、中学と何度か転校を繰り返しながらも、10代の頃から演歌歌手としての修業をしたり、こまどり姉妹の前座歌手をするなど着実に経験を積んでいったそうです。

すでに実力があったちあきなおみは、日本コロムビアのオーディションをきっかけに作曲家・鈴木淳の元でさらなるレッスンを受け、1969年、『雨に濡れた慕情』でデビューを果たしました。

5歳で日劇で初舞台

ちあきなおみは母親が芸事を好きだったこともあり、その影響で4歳からタップダンスを習い始め、5歳で日劇のステージで初舞台を踏んでいました。その後、米軍キャンプを廻りながら歌と踊りのレッスンに励み、キャバレーやジャズ喫茶にも出向くなど精力的な活動を行います。

1969年に歌手デビュー

1969年、ちあきなおみは『雨に濡れた慕情』で歌手デビューを果たします。デビュー当時のキャッチフレーズは「苗字がなくて名前が二つ」「魅惑のハスキーボイン」でした。1970年に代表曲でもある『四つのお願い』や『X̟+Y=LOVE』がヒットし、同年の『第21回NHK紅白歌合戦』に初出場しました。

美しいちあきなおみの画像

歌唱力もさることながら、その美しさから女優、タレントとしても活躍していたちあきなおみは、1984年に『瀬戸内少年野球団』の映画に出演しました。1987年頃には、本人の演劇性やコミカルな面を活かし、大日本除虫菊「タンスにゴン」のCMに出演し話題となりました。

現在も愛されるちあきなおみの代表曲

今現在でも、歌番組などでちあきなおみの曲を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。そんな彼女の代表曲をまとめてご紹介します。

代表曲①「冬隣」

冬隣の言葉の意味は、「まわりの景色や雰囲気から、冬の近づいた気配が感じられる晩秋のころ」だそうです。冬隣という言葉から伝わるもの悲しさ、先立たれてしまった恋人に対しての寂しさを切なく歌い上げています。

代表曲②「喝采」

ちあきなおみの代表曲ともいえる『喝采』は、発売されて3ヵ月で『第14回日本レコード大賞』を受賞します。その年の年末から翌年にかけてオリコン集計で80万枚もの売り上げを記録する大ヒットになりました。

レコーディングの際には、周りを黒いカーテンで囲んで誰にも姿を見せず、声を出すために裸足で歌入れに臨んだといいます。また、2015年にはこの曲が缶コーヒーのCMソングに起用され、再び人々の注目を集めました。

代表曲③「四つのお願い」

本楽曲では『第1回日本歌謡大賞』を受賞しています。「四つのお願いをきいてくれたら、私はあなたのことを好きになる」という歌詞で人気を博しました。「四つ」という言葉が放送禁止用語に当たるとされ、現在は放送禁止曲となっていますが、ちあきなおみの最初のヒット曲とも言われています。

代表曲④「紅とんぼ」

新宿駅裏にある、『紅とんぼ』という飲み屋を店じまいし、田舎に帰る歌です。『第39回NHK紅白歌合戦』でも歌われました。しかし、この後に彼女は芸能活動を休止します。この曲がNHK紅白歌合戦で歌う最後の曲となってしまったのです。

現在のちあきなおみは何をしている?引退の噂とは?

ちあきなおみがファンの前に姿を現さなくなってから、はや数十年が経ちました。彼女の魅力的な声に魅了され、もう一度その歌声を生で聴きたいと思っているファンも多いことでしょう。

突如芸能界を引退したという噂のあるちあきなおみですが、その理由は夫の郷鍈治による死去なのでしょうか。だとすると、その死因はなんなのでしょう。ちあきなおみの現在に迫ります。

現在は芸能界から離れている

現在のちあきなおみは、歌手としての活動を休止しています。休止を宣言して以来、メディアへの露出がぱったり途絶え、ここしばらくは引退したのかどうかさえわからないままです。昭和の歌姫、ちあきなおみに何があったのでしょうか。

ちあきなおみの現在は、病気や死去の噂も囁かれているようです。もし死去の噂があるのだとすれば死因も気になるところでしょう。しかし、ちあきなおみが死去したという話は今のところなく、死去説は根も葉もない噂ということがわかりました。

夫の死でショックを受けている

1992年、9月11日に夫である郷鍈治(享年・55)が死去しました。ちあきなおみが棺にしがみつき、「私も一緒に焼いて」と号泣した話は有名です。その後、「主人の死を冷静に受け止めるにはまだ当分時間が必要かと思います」というコメントを残し、一切の芸能活動を停止しました。

郷鍈治の死因は何だったのでしょうか、子供はいたのでしょうか。郷鍈治のプロフィールも交えながら、後ほど詳しく解説していきます。

芸能界復帰の可能性は?

夫の死去後、現在も音沙汰のない彼女ですが、芸能界に復帰する目途は立っているのでしょうか。正式な引退宣言はしなかった為、今でも彼女の芸能界復帰を待ち望んでいるファンは多いはずです。彼女は今どうしているのでしょうか。

ちあきなおみの夫の死因と子供は?

結婚後、俳優業を引退した夫である郷鍈治は彼女の個人事務所を設立します。二人は二人三脚でマイペースに暮らしていたようです。そんなちあきなおみの夫である俳優・郷鍈治の死因は何だったのでしょうか。また、現在に至るまで公表されていない子供についても調査しました。

1978年に俳優・郷鍈治と結婚

出会いは1973年、郷鍈治の兄・宍戸錠が二人を引き合わせたそうです。二人は5年間の交際を経て、1978年に結婚しました。結婚後も夫婦揃ってトーク番組に出演するなど、仲睦まじい姿が話題となりました。

郷鍈治のプロフィール

・本名:瀬川鍈治
・生年月日:1937年5月29日
・現在年齢:没55歳
・出身地:大阪府大阪市
・活動内容:俳優
・事務所:日活
・家族構成:ちあきなおみ(妻)、宍戸錠(兄)

郷鍈治は1937年5月29日に大阪府大阪市に誕生しました。明治大学経営学部を卒業し、兄である宍戸錠に続いて日活に入社し、『熱狂の季節』で俳優デビューします。強面な風貌から、アクション映画では悪役として活躍することが多かったようです。

ちあきなおみとの結婚後は俳優業を引退し、東京の広尾に喫茶店「COREDO」を開店しました。充電期間と称して活動を休止していたちあきなおみも店を手伝っていました。

1992年に肺がんで死去

幸せな夫婦生活の真っ最中だった二人ですが、1990年のある日、夫である郷鍈治が肺癌で倒れて入院してしまいます。この時は手術の成功もあり、仕事に復帰できるまでに回復しました。しかし、1992年の2月、再入院を余儀なくされてしまいました。死因は肺癌だったのです。そして1992年9月11日、55歳の若さで帰らぬ人となりました。

死因となる確率の高い癌ですが、現在はそれでも少しずつ助かる可能性も高まってきました。助かる可能性がある病気なだけに、ちあきなおみも夫の死を受け入れるのには相当な時間を要したのではないでしょうか。

現在までに子供はいない

ちあきなおみと郷鍈治の間に子供はいたのかを調べたところ、二人の間には子供はいないようです。もし子供がいたら、ちあきなおみも今とは違う生活ができていたかもしれません。

デビューから現在までのちあきなおみの画像

5歳の時にはすでに舞台に立っていたちあきなおみですが、1970年代はお色気アイドル路線と謳われていました。歌手として、時には女優として活躍を重ねていった彼女はどんな女性だったのでしょうか。

画像①歌手としてのちあきなおみ

デビュー以来、彼女の歌声は多くの人に愛され続けました。ハスキーでありながら厚みのある声と、複数ジャンルの楽曲を歌いわけるボーカルテクニックはまさに圧巻の一言です。歌の巧さでいえば「美空ひばり」に並ぶと言われることもありました。彼女の代表曲『喝采』は、今でもカバーで歌われるほどです。

画像②夫と一緒のちあきなおみ

夫の郷鍈治とは、結婚してから事務所を立ち上げたり彼の喫茶店を手伝うほど仲が良かったそうです。彼は亡くなる直前、看病に懸命だったちあきなおみに対し「もう無理して歌わなくていいよ」と言葉を遺しました。ちあきなおみが今でも喪に服している理由は、彼女を誰よりも理解していた彼の言葉が原因とも言われています。

画像③女優・タレントとしてのちあきなおみ

タレントとしても活動していたことがわかる画像です。そのルックスや人柄から女優としても活躍の幅を広げていたちあきなおみは、数々のドラマやテレビにも出演しています。西城秀樹が主演を務めた『傷だらけの勲章』や、「タンスにゴン」のCMでも話題になりました。

さらには1976年2月にテレビドラマ『大都会 闘いの日々』の第8話で「俺の愛した、ちあきなおみ」というサブタイトルの作品が放映されました。ドラマで実在する現役歌手がフィーチャーされることは異例であったといいます。

画像④~現在までのちあきなおみ

2018年現在、郷鍈治が死去してから26年が経ちました。引退したと噂されている現在のちあきなおみの姿を、週刊誌が捉えていました。彼女は夫の墓の近くにマンションを購入し、ひっそりと暮らしているそうです。夫である郷鍈治の月命日には欠かさずお墓参りに行き、そこで一時間近く手を合わせているとの話もありました。

彼女は今でも「無理して歌わなくていい」という夫の言葉とともに生きているようです。

過去も現在も愛されるちあきなおみの歌唱力に注目!

郷鍈治の死去後、芸能界から姿を消してしまったちあきなおみですが、圧倒的な歌唱力と卓越した表現力で、「美空ひばり」と並ぶ昭和の歌姫と称されることも多いようです。ファンの方はもちろん、初めてちあきなおみを知ったという方もぜひ楽曲に触れてみてください。

関連する記事はこちら

Thumb高井麻巳子の現在は?結婚した夫・秋元康や子供に不仲説とは【画像あり】
おニャン子クラブのメンバー、高井麻巳子は現在どんな活動をしているのでしょうか。作詞家の秋元康...
Thumb 山口百恵の今現在の自宅写真流出?息子や若い頃に引退後の活動や劣化の噂は
山口百恵は昭和のトップアイドルとして活動してきました。1980年に芸能界を引退し、最近では今...
Thumbなべおさみの今現在!息子・なべやかんが替え玉受験?安倍晋三との関係は
なべおさみは、1960年代に一躍お茶の間の人気者になったコメディアンです。息子のなべやかんの...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
伏見昴
よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ