薄情の意味とは!薄情な人の特徴21選と情が薄くなる原因・心理は

薄情の意味は思いやりがなく冷たい人と受け取られますが、薄情と呼ばれる人はどのような特徴があるのでしょうか。情が薄くなる原因として、その人の過去に起こった出来事が関係しています。薄情な男性と薄情な女性にはどのような違いがあるのか、詳しく紹介していきます。

薄情の意味とは!薄情な人の特徴21選と情が薄くなる原因・心理はのイメージ

目次

  1. 1薄情の意味とは?
  2. 2薄情な人の特徴21選
  3. 3薄情になってしまう原因
  4. 4薄情の人の心理
  5. 5薄情な女性とは?
  6. 6薄情な男性とは?
  7. 7悪いイメージが強い薄情は冷静と紙一重だった

薄情の意味とは?

身近なところに薄情な人はいるでしょうか。自身が「薄情な人」と言われ戸惑っている場合もあるかもしれません。薄情という言葉には、どのような意味があるのでしょうか。ここから、薄情という言葉の意味について詳しく説明していきます。

思いやりや人情味に欠けた人

薄情という言葉の意味は、「情が薄い」と漢字で書くように、一般的に人への思いやりや人情味に欠ける人のことを指します。思いやりとは相手の立場になって物事を考えて行動したり、困っている人や助けを求めている相手に対して察して気遣うことを言います。人情とは、愛情や友情などの人間の心のはたらきかけを意味しています。

薄情と呼ばれる人は、そもそも相手の事を思いやる余裕がありません。例えば、自分の事で手一杯で相手の事を考える余裕がない場合や、人の心に響くような気の利いた言葉が考えられない場合は、薄情と言われる原因の1つになります。

周囲の人からは冷たいと見られている

薄情な人と言われる人の多くは、周囲の人から冷たい、冷徹であるとマイナスのイメージで見られています。その原因の1つに、薄情な人は感情を大きく表面に出すことをしません。口角が少し動く、眉毛がぴくっと上がるなど、会話をしていても表情を崩すことがありません。薄情な人は、笑顔が少なくクールな印象を持つことがあります。

「冷たい」という言葉を英語に訳すと「cool」となります。しかし、アメリカなどのスラングで「cool」という言葉には「かっこいい」という意味もあります。日本語で「あの人はクールだ」と言われると、大多数の人は「かっこいい」という意味にしか捉えません。「あの人は冷たい人だ」と言われると、どちらかというとマイナスに受け取られます。

自分の欠点を分かっていない

薄情な人は、自分が薄情であるという欠点を分かっていない場合があります。人情は人の目に見えにくいものです。自分では薄情だと思っていない場合でも、他人に言われて初めて自分が薄情だと気付くことがあります。気付ける人はまだいいですが、薄情な人のなかには自分が薄情な人であるという欠点を認めない場合もあります。

薄情な人の特徴21選

薄情の言葉の意味が分かったところで、続いてどのような人が薄情な人と呼ばれやすいのか、薄情な人になりやすい原因とは何か、薄情な人の特徴を詳しく見ていきましょう。薄情な人の特徴の中に自分にも心当たりのある点がないか、チェックしてみてください。

特徴①協力性がない

薄情な人は、他人と協力して物事を進めようとはしません。薄情な人は自分一人で物事を進めた方が計画を立てやすいし、進捗も把握できるし、自分のできる範囲で確実に物事を進められると考えています。自分が行ったこと以外は信じない傾向もあるため、わざわざ他人に協力してまで物事を進めません。

困っている人を見ても「自分には関係のないことだ」と割り切ることができます。このような点が、薄情な人は協力性がないといわれる原因となります。

特徴②損得で物事を判断する

薄情な人は自分に対してその物事が得なのか損なのかを打算的に考えて判断できる特徴があります。損をするときや行動しても何も変化がないと考えた場合、物事に首を突っ込むことなく周りで傍観したり、知らん振りをしたりします。

特徴③他人に興味がない

薄情な人は、自分以外の他人に興味を持ちません。自分以外の事を考える余裕がなく、頭が回らない人もいます。薄情な人の中には、自分が関わっても何も変わらない、むしろマイナスになると考える人もいます。しかし、薄情な人の多くは面倒な人付き合いや他人の言動に対して、我関せずの態度でいることがほとんどです。

自分自身の今置かれている状況しか興味がないとも言い換えることができます。

特徴④動物にも冷たい

薄情な人の中には動物にも冷たい人がいます。人間である自分より確実に弱い立場の動物には興味を持つことや気を配るメリットがないと考え、足にまとわりつく犬や猫を追い払ったり、鳴き声に対して悪態をつくなど薄情で冷たい一面が見受けられます。

特徴⑤自己中心的である

薄情な人は、自分が世界の真ん中にいて、自分を中心に世界が回っていると考えている特徴があります。自己中心的な人は自分のやっていること全てが正しいと考えて行動しているので、自分に優しく他人に厳しくなってしまうことがあります。そういった意味で、薄情な人は自己中心的と言われる原因の1つになります。

特徴⑥無神経で他人の事を考えない

薄情な人は自分の事しか考えていないため、他人がどう受け取るかを考えることができません。感受性が豊かな人は言われた物事を裏の裏まで読み取ることができます。薄情な人は安易な考えで会話をすることが多いので、直感的に話を進めがちです。自分主体で会話や行動をしているため、自分が良くても無意識に他人を傷つけてしまう場合があります。

特徴⑦都合の良いときだけ連絡をとる

薄情な人は急に都合のいいときだけ連絡してくる人が多いです。「久しぶりだけど会えない?」と連絡してくる人の中には、必要な物がある、金欠でお金を貸して欲しい、奢って欲しい、彼氏彼女を紹介して欲しいなど、その人と会って話がしたい、遊びたいという単純な理由だけでなく、何かしらの裏があります。

目的が達成されるとぱったりと連絡が途絶え、自分が都合が悪い、用事がない場合は他人から誘われても「面倒」で返信をしないこともあります。他人を良いように利用しているのも薄情な人の特徴の1つです。

特徴⑧自分の利益だけを追求する

薄情な人は、他人の利益を考えず自分の利益だけを追求する特徴があります。他人の利益を考える余裕がなく、他人に利益を横取りされるのが悔しいなどの心理がはたらき、純粋に自分の利益だけを求めて物事を進めていく力があります。自分の利益さえ良ければいいので、他人を蹴落としてまでも自分の目標に立ち向かうことができます。

特徴⑨他人に厳しい

薄情な人は自分に甘い人が多く、他人にはどうしてこんなに厳しいのだろうと思うくらい厳しい人がいます。薄情な人は自分だけ良ければいい、自分だけがかわいいと思い、他人には無頓着でどうでもいいと考えている場合があります。その差が明らか過ぎる場合、他人から薄情な人と思われ、距離を置かれる原因の1つになります。

特徴⑩相談相手にならない

薄情な人は、他人の事を思いやって考えることができないので、相談相手には不向きです。仮に薄情な人に相談したとしても、内容を親身になって考えてもらえない、薄情な人自身の立場に立った解答が多いので、思いやりや配慮に欠ける、人道的に許すことのできない解答を平気で行う場合があります。

このような点から薄情な人は相談相手にならない特徴があります。

特徴⑪人間関係がハッキリしている

思いやりに欠ける薄情な人とお近づきになりたいと思う人が少ないため、薄情な人の人間関係は数が少ないことがほとんどです。薄情な人は浅く広い人間関係より、狭く深い人間関係を好んでいます。多くの人間関係で頭を悩ませることができないので、友人は狭いごく僅かな関係にとどめます。

また、友達、会社の人、学校関係など、カテゴリー分けしてその小さいカテゴリーの中に数人しか人間関係を持たない場合があります。薄情な人の中には、自分のことしか考えられない人もいるので、できるだけ他人との接点をもとうとしない傾向があります。

特徴⑫人情味に欠けている

薄情な人は、他人に対しての思いやりの心や人情味に欠けています。心が冷めきっている場合があるため、冷徹な人間に見られがちです。たとえ他人に気を配ってもらったり、親切にされたところで、薄情な人はその人に対して気の利いた言葉をかけることもできないので、他人からはますます薄情な人だという評価を植え付けられてしまいます。

特徴⑬平気で他人を裏切る

薄情な人は自分の利益や損得勘定のみで動きます。頭が良く、打算的なので、どの方法を取れば最善かを判断して動くことができます。時には他人を裏切って傷つけてしまうことになっても、自分の気持ちはダメージを一切受けません。他人を裏切ることに対して、何も悪く思っていない点も特徴の1つです。

特徴⑭人助けは無駄と考えている

「情けは人の為ならず」ということわざがあります。本来、このことわざの意味は、人に思いやりを持って親切にすると、その相手の為になるだけでなく、めぐりめぐって自分の為になるという意味があります。しかしながら、近年、人に情けをかけたところでその人の為になることはないという新しい解釈がなされています。

薄情な人は「情けは人の為ならず」ということわざを新しい解釈で受け取っており、人情や思いやりを持って人助けをしても、何も見返りがなく無駄だと考えている人がいます。薄情な人は人助けを、労力も時間もお金も無駄な行為だと考えています。

特徴⑮本当に大事な人ほど雑に扱う

薄情な人は、自分が本当に大事な人はどんなことをしても自分の前からいなくならないと考えている場合があります。薄情な人は心を許す相手も限られています。仮に、自分のパートナーや子どもに対して雑に扱ったとしても、その扱いが自分の本心なのだから、丸ごと受け入れてくれるだろうと判断しています。

家や安心出来る環境では威張れるが、外では態度ががらりと変わってしまう内弁慶なタイプも薄情な人の特徴と言えます。

特徴⑯他人の不幸に心が痛まない

薄情な人ほど、他人の不幸に心が痛みません。もともと他人の気持ちに思いやりを持って接することが不得意なため、「人がどのように感じているのか」という心理を、汲み取るのが苦手です。そのため、他人に辛い事があって落ち込んでいても、無視をしたり、気の利いた言葉をかけてあげることができません。余計な一言をかけてしまう場合もあります。

特徴⑰約束を平気で破る

薄情な人は他人に対して関心が低いので、たとえ約束をしたとしても、忘れてしまう場合もあります。ただ忘れっぽいだけでなく、自分に対して得にならない約束の場合は、約束したことすら頭の片隅から消去してしまうのも、薄情な人の特徴です。

特徴⑱興味の無い話題は話さない

薄情な人は自分の興味の無い話題は話さないことも特徴の1つに挙げられます。興味の無い話題は、時間の無駄だとハッキリ割り切ることができます。薄情な人は無駄な労力と時間をかけず、必要最低限な会話しかしないため、冷たい人だと思われる原因になります。

特徴⑲手が温かい

相手と握手などをしたときに、「手が冷たい人は心が温かいっていいますね」などと言われたことはないでしょうか。その反対で「手が温かい人は心が冷たい」とも言われています。一見根拠がないように見えますが、人間の身体の仕組みを紐解いていけば、薄情な人は手が温かいという特徴が理解できます。

まず、手が冷たい人は指先の血液循環が悪いです。心臓から足先や手先は一番距離があるため、末端まで血液循環が悪いと、人間の体はアドレナリンを放出し、心臓を早く動かし、心拍数を上げ、血管を拡張して指先まで血液を運ぼうとします。しかし、アドレナリンが放出されすぎると、今度は交感神経がはたらき、汗をかき、末端から熱を放出します。

人間の身体の中で交感神経がはたらくと、ドキドキと緊張したり、汗をかいたりします。このようなホルモンなどの関わりで、薄情な人は人付き合いが苦手で緊張することも多いため、手が熱を帯びたように温かく、また汗をかいているのでほんのりと湿っていることが特徴的です。

一般的に女性の方が男性より末端冷え性の人が多いと言われているため、男性と女性が握手をした場合、男性の方が手が温かく感じやすいです。女性からすれば、男性の方が薄情な人が多いと感じる場合もあります。

特徴⑳唇の厚みは薄い

唇の形や薄さというものは、元来人間が両親からの遺伝子から受け継いで持っているもので、唇の形や薄さだけでは、薄情な人と決めつけるのは時期尚早です。しかしながら、人の顔のつくりなどから性格を判断するという学問があります。それを観相学(人相学)といいます。

観相学では、唇の厚みが薄い人は情が薄く淡白な人間関係を好むと言われています。上唇の厚さは相手に与える愛情を、下唇の厚さは相手から受け取る愛情を、それぞれ示しているという説もあります。この説で考えると、上唇が薄い人は相手に与える愛情の量が少なく、下唇の厚さが薄い人は相手から受け取る愛情を上手に受け止められないといことになります。

特徴㉑O型が多い

血液型だけで人の性格を決めつけることは嫌な気持ちになる人もいます。しかし、日本において血液型性格分類は市民権を得ているとも言われており、半分以上が自分の血液型と血液型診断で出た結果が当たっているというデータもあります。その中で、なぜ、薄情な人はO型の人が多いと言われているのでしょうか。

O型の人の性格として、大雑把で、趣味や好きなことに対しては集中するが、熱しやすく冷めやすい性格などが挙げられています。薄情な人は、人間関係も希薄で、自分の興味のままに行動することが多々あるので、周りに敵を作ることがあります。このような点が、薄情な人はO型が多いと言われる原因の1つになります。

薄情になってしまう原因

これまで薄情と言われてしまいやすい人の特徴について挙げていきました。自分にも当てはまると思う部分はありましたか。ここからは、どうして人が薄情になってしまうのか、その原因や理由について考えていきます。

過去に人に裏切られた経験を持つ人?

薄情な人は、過去に人に裏切られて傷ついた経験を持つ人がなりやすいと言われています。人に裏切られるということは、他人を信じることが難しくなり、人間不信に陥ります。人間関係に疲れ、対外的に友好関係を広めようとはせず、自らの殻にこもり、他人との接触を最小限に抑えようとします。

そのため、希薄で淡白な人間関係になりやすく、薄情な人と言われる原因の1つとなります。

情を取り戻すこともある

薄情な人の中には、他の人からの愛情や人情を受け取ることにより情を取り戻すこともあります。薄情な人の多くは心を閉ざしていますが、じわじわと関係を深めていったり優しい言葉をかけてもらったりすることで、ゆっくりと優しい気持ちなどを相手に返すこともできるようになります。

薄情の人の心理

薄情になってしまう原因が分かったところで、次に薄情な人はどのように考えているのか、薄情な人の心理について詳しく掘り下げていきます。

人に興味を持たない

薄情な人の心理として、まず人に興味を持たないことが挙げられます。人間関係に無関心なので、自分の事に対しても詮索されることを好みません。他人のことはスルーし、自分の事を大切に考えています。

本心を相手に見せない

相手に本心を見せることがないのも、薄情な人の心理の1つです。薄情な人は、手のひらの裏側の本当の気持ちをあえて見せることが、今後の自分にとって得策であるとは考えられないからです。

人を大切に思う気持ちに欠けている

人を大切に思う気持ちに欠けていることも、薄情な人の心理と言えます。薄情な人は、他人に対して思いやりが薄いので、わざわざ相手のことを考える必要性を感じません。そういった意味で、他人に対して大切に思う気持ちが芽生えにくいのです。

薄情な女性とは?

薄情な人がどのような心理で行動したり、どのように考えたりしているのかを理解できたところで、ここからは、薄情な人は男女差で違いがあるのかを見ていきます。まずは、薄情な女性とはどのような特徴があるのかを考えていきます。

友人のピンチを無視する

薄情な女性は友人のピンチを助けるのではなく、無視をします。特に女性同士の友人関係はこじれやすいと言われています。女性同士の友人関係はグループ内でコソコソと仲間外れがあったり、大人数のグループ内で小さいグループや階級ができたりします。

薄情な女性は友人関係にある人でも、今後の人間関係にヒビが入る可能性があっても、相手のピンチには関係しません。薄情と言われる女性はそのような心理もはたらきます。

常時複数の男性をキープ

薄情な女性がお付き合いをしている男性がいない場合、女性は常に彼氏候補の男性を複数キープする傾向があります。合コンやパーティーなどで手当り次第、自分と合ういい男性とお近づきになろうとしますが、薄情な女性は自分の性格に合わない男性は、躊躇なく切り捨てることができます。

自分の彼氏にふさわしい男性が現れるまで、いい男性は青田買いしておく場合もあります。薄情な女性の心理として、複数の男性をキープしておくことは悪いことだと思わず、男性から見れば「あの女性に振り回された」と思われる原因の1つを作っていることに気付かないことが多いと言われています。

仲間意識に働きかけて自分に有利に調整する

薄情な女性は仲間意識に働きかけて自分に有利に調整する力があります。あえて、リーダーシップを積極的に取り、自分が嫌いな人をとことん追い詰めたり、潜在意識から徐々に外堀を埋めていくことができます。たとえ人を傷つけ陥れる事になったとしても、自分の利益のみを追求しています。

女性の深層心理の1つに仲間意識がとても強いという特徴が挙げられます。女性のみのグループだと、新しく入った人に冷たい対応をしたり、自分の正しい価値観を強く押しつけたりする場合もあります。

薄情な男性とは?

薄情な女性の特徴が分かったところで、ここからは薄情な男性の特徴も見ていきます。薄情な女性との違う点はあるのでしょうか。

親友の結婚式に参加しない

式が遠方開催で交通費が出ない、お祝儀代が馬鹿にならないなど金銭的な問題や、親友とは仲が良いけれど他の出席者とは仲良くない、親友の結婚相手の親族や関係者と関わるのが面倒、などの理由で、薄情な男性はいくら自分の親友の結婚式だからと言って出席を即決したりはしません。

親友の心理からすれば、「気が合う長い付き合いだから、ぜひあなたに出席してほしい」と考えるのが普通ですが、相手の心理を一切考えず、自分が結婚式に参加して何かメリットがあるかどうか、また、自分が親友をお祝いしたい気持ちと前述した理由を天秤にかけ、親友の結婚式を欠席する場合もあります。

自分の損得勘定だけで動く

薄情な男性も、薄情な女性と同じで、自分が損をすることを嫌います。男性の場合は頭の働きが素早い場合が多いので、女性よりスピーディーに頭を働かせて、自分が得をするようにと考えて行動することができます。

仕事ができる人が多い

薄情な男性は薄情な女性より、私情を一切仕事に持ち込むことがないので、仕事ができる人が多いです。私情を挟むことが仕事をする上で無駄だと考えているからです。なので、薄情な男性は仕事に集中でき、昇進なども、一般的な男女より早いです。

しかしながら、薄情で仕事ができる男性の心理として、仕事のみ忠実に実行すれば問題がないと思っているので、頭が固く、冗談が通じない一面や、就業時間外の飲み会への不参加といったプライベートへの融通が利かないといった短所も見受けられます。

悪いイメージが強い薄情は冷静と紙一重だった

これまで薄情な人の特徴や心理、薄情な人になりやすい原因、薄情な人の男女の違いなどを見てきましたが、理解できたでしょうか。薄情な人とは悪いイメージとして捉えていた方も中にはいるでしょう。しかし、クールで冷静に物事を進められる長所として挙げられる一面もあります。

薄情すぎるのは考えものですが、長所としての冷静な所やクールな一面は、男女関係なく尊敬され、憧れの的になります。薄情な人になりやすい特徴や原因を理解した上で、度を超えた薄情な人にならないように、思いやりや愛情を持って相手と接する努力が必要です。

関連する記事はこちら

Thumb心が温かい人の特徴と心理16選!温かい人柄になる方法とは
対人スキルやコミュニケーション能力といった言葉が飛び交う現代ですが、いつの時代も心が温かい人...
Thumbケチな人の特徴と心理11選!ケチな彼氏/友達と上手に付き合う方法は
ケチな人はどこにでもいます。友達と仲良くなった後や彼氏と付き合いだしてから、実はケチな人だっ...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ