100均の耐震マット・ジェル13選!靴擦れ防止効果も【ダイソー・セリア・キャンドゥ】

家具の転倒防止に効果がある耐震マットやジェルはダイソー、セリア、キャンドゥなどの100均でも購入可能です。100均で販売している耐震マットや耐震ジェルの中には靴擦れ防止やヒールの滑り止めとして活用できるアイテムもあります。おすすめ商品をチェックしてみましょう。

 100均の耐震マット・ジェル13選!靴擦れ防止効果も【ダイソー・セリア・キャンドゥ】のイメージ

目次

  1. 1100均の耐震マット・ジェルが使えると話題に!
  2. 2100均【ダイソー】の耐震マット・ジェル8選
  3. 3100均【セリア】の耐震マット・ジェル3選
  4. 4100均【キャンドゥ】の耐震マット・ジェル2選
  5. 5100均の耐震マット・ジェルを活用しよう!
  6. 6100均の耐震マット・ジェルの効果を体感してみよう!

100均の耐震マット・ジェルが使えると話題に!

電気店で大型電化製品を購入したり、家具を購入したりすると、耐震マットや耐震ジェルの購入も一緒に勧められることがあります。大きな家電や家具は一度設置してしまうと動かすことが困難になるので、設置のときに一緒に耐震マットや耐震ジェルを敷くことが多いです。

設置後に耐震マットやジェルを敷きにくいため、電気店などが勧めるまま耐震マットやジェルを購入して、そのまま敷いてもらった経験がある人もいるのではないでしょうか。しかし、電気店などが勧める耐震マットや耐震ジェルは高価なものが多く、思わぬ出費になることもあります。

例えば1枚が1,000円だとしても、ほとんどの家電では四隅に敷くため1度に4枚程度が必要になり、4,000円の出費です。複数の家具や家電を購入したときは、耐震マットや耐震ジェルの予算だけで1万円を超えてしまうことがあるのです。

実はこの耐震マットや耐震ジェルはダイソー、セリア、キャンドゥなどの100均でも購入することができます。正しい使い方をすれば、安くてもちゃんと転倒防止に役立ちます。

今までは電気店などで勧められるまま高価な耐震マットや耐震ジェルを購入してきた人や、引っ越しなどで複数の耐震マットや耐震ジェルが欲しい人は100均のアイテムを1度チェックしてみましょう。

機能性や効果に定評がある

100均で販売されている耐震マットや耐震ジェルは転倒防止に効果があるだけでなく、騒音防止やヒールの靴擦れ防止、レジンを使ったハンドクラフトなどにも使用することができます。耐震マットや耐震ジェルが1枚でなく、数枚で100円で販売されているアイテムもあるので、気軽に購入して活用できるのも嬉しいポイントです。

サイズや厚さの種類が豊富

ダイソーやセリア、キャンドゥなどの100均では、サイズや厚さの違う耐震マットや耐震ジェルがたくさん販売されています。電気店で販売されているアイテムよりも種類が多いと感じるかもしれません。

自分の使い方に合わせてサイズをカットできたり、洗えたりする商品もあります。取り扱っている種類が多いため、より自分の希望に沿ったアイテムを見つけることができるのです。

100均【ダイソー】の耐震マット・ジェル8選

ダイソーで販売されている耐震マットや耐震ジェルを紹介します。耐震マットや耐震ジェルはサイズが豊富なので、店舗によっては自分の探しているサイズが取り扱っていないこともあるかもしれません。そんなときには、セルフカットが可能な大きめのサイズの耐震マットや耐震ジェルを購入してみるのもおすすめです。

ダイソーのおすすめ①家具転倒防止安定板

地震の際に家具が手前に倒れてくるのを防ぐためのアイテムです。大きなタンスや食器棚が倒れてこないか心配な人は設置してみましょう。大きな家具に設置する際は、自分に向かって倒れたり指などを挟んでしまう危険があるので、慎重に行うことが重要です。

ダイソーのおすすめ②家具転倒防止安定板・小

半透明の白っぽいカラーなのでどんな家具や家具とも相性が良く、小ぶりのサイズのため机や棚の上にある小物にも使うことができます。ちょっとした隙間があって、ゴトゴト動いて安定感がないと感じる場所に使ってみましょう。

ダイソーのおすすめ③すべりにくい吸着シート

机の上に置いてある鏡やフィギュアなどの小物を安定させたいときにおすすめのアイテムです。シート状になっているので、どんな場所にも置きやすく安定させやすいです。ほこりなどで汚れても洗って再度使うことができるので、使い勝手だけでなく見た目も気になる人に人気があります。

ダイソーのおすすめ④粘着タック

趣味のアイテムを飾っているディスプレイケースや棚の安定感を高めたいなら、粘着タックがおすすめです。1つ1つがとても小さなサイズなので、細かいフィギュアなどにも使うことができます。

安定感はアップさせたいけれど、テープやピンは使いたくないという人にも向いています。1パックで66個入っているのでたくさんの小物に使いたいときにも便利です。

ダイソーのおすすめ⑤耐震マット

こちらのシリーズは種類が豊富な上に、カットが可能です。自分の使いたい場所に合わせて、設置できるのが人気のポイントです。しっかりとした粘着がある上に洗うこともできるので、家具や家電の下に敷くだけでなく、人目が気になる場所にも使うことができます。

ダイソーのおすすめ⑥衝撃吸収パッド丸型L

小さくて丸い形のパッドです。100円で4つ入っていますが、耐荷重が25㎏まであるので、炊飯器やコーヒーメーカーやパソコンなどの多くの家電やインテリアに対応しています。丸い形なので、どんな形の物に対してもカットせずにそのまま使うことができるのも、嬉しいポイントです。

ダイソーのおすすめ⑦衝撃吸収パッド角型L

59355210 2215877415328540 6205738453862002494 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tika5705

5㎝×5㎝の正方形のジェルが2枚入っています。丸形と同じように耐荷重は25㎏あるので、多くの家電やインテリアに使うことができます。倒れやすい薄型テレビなどのモニターや、タブレットなどを机の上で固定して使いたいときにおすすめです。

ダイソーのおすすめ⑧衝撃吸収パッド角型M

衝撃吸収パッドの角型Mサイズは耐震マットや耐震ジェルとして使うこともできますが、ヒールのあるパンプスなどの衝撃吸収にも人気があるアイテムです。ブルー以外にもクリアカラーも販売されているので、ヒールを脱いだときにもあまり目立ちません。

靴に2枚づつ敷く人が多いため、左右の靴でちょうど4枚必要になります。ちょうど1パックで4枚入っているのも、人気のポイントです。

100均【セリア】の耐震マット・ジェル3選

セリアには他の100均にないような独自の耐震マットや耐震ジェルを販売しています。特に人気がある3つを紹介します。近くにセリアしかなくても、満足できるアイテムが揃っているので、ぜひチェックしてみましょう。

セリアのおすすめ①耐震くん

セリアで販売している耐震マットの「耐震くん」はブルーのカラーと豊富なサイズラインナップが特徴的なアイテムです。店頭でサイズを決めようとすると迷ってしまうので、自宅でどこに耐震ジェルを敷きたいのか、どれぐらいのサイズが良いのかを決めておきましょう。

セリアのおすすめ②防振粘着マット

54511420 356286558325519 8842746797526263799 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hanaluna0712

4㎝×4㎝のジェル状のマットが1パックに4枚入っています。4枚使用時の耐荷重は36㎏あるので、ほとんどの家電やインテリアに対応することができます。透明タイプなので、人目に付きやすい場所のインテリアやデザイン性の高い家電の使用におすすすめです。

セリアのおすすめ③地震対策GEL7

「地震対策」と大きく記載してあるため、安全性の高さを感じることができるアイテムです。5㎝×5㎝の大きさのジェルが2枚入っています。厚さは3㎜と薄いですが、耐荷重は25㎏あるので、テレビや本棚観葉植物などの転倒防止に使うことが可能です。

100均【キャンドゥ】の耐震マット・ジェル2選

100円ショップのキャンドゥでも、ここまで紹介したダイソーやセリアにはない、耐震マットや耐震ジェルを取り扱われています。もちろん、他の100均と同じように豊富なサイズが揃っているので、自分の欲しいサイズを探してみましょう。

キャンドゥのおすすめ①耐震マット

8,5㎝×8,5㎝の大きめの耐震マットが1枚入っています。大型家電には複数枚使って、耐震性をアップするのがおすすめです。大きなサイズの観葉植物の転倒防止対策としても使えます。

キャンドゥのおすすめ②振動吸収マット

耐震マットや耐震ジェルを振動を吸収するためのアイテムとして使う人は多いようです。キャンドゥにある振動吸収マットは、振動を吸収することに特化したアイテムです。楽器などの振動するアイテムの下に敷いたり、小さな子供やペットの振動が気になる家庭におすすめです。

100均の耐震マット・ジェルを活用しよう!

耐震マットや耐震ジェルは、家電やインテリアの下に転倒防止や耐震性を高めるために敷くのが本来の目的と使い方です。しかし、100均で販売している耐震マットや耐震ジェルにはそれ以外の使い方もできます。特に人気がある耐震マットや耐震ジェルの使用方法について紹介します。

活用①ヒールの靴擦れ防止に

ヒールの靴擦れ防止に耐震ジェルを使う方法は、多くの女性が効果を実感している使い方です。片方の靴に1~2個の耐震ジェルを敷くだけで、靴擦れや脚の疲れが軽減できます。

パンストを履いてヒールを履くと、靴の中で足が滑って歩きにくいと悩んでいる人にもおすすめです。100均の耐震ジェルは汚れたら洗うことができるので、使い続けても靴の中を衛生的に保てます。

活用②インテリアの固定に

窓辺や棚にハーバリウムなどの小物を飾りたいけれど、地震が来たときに割れたり落としたりしないか心配なときにも、耐震マットは使えます。100均で販売している透明タイプの耐震マットなら、見た目を損なうことなく耐震性を高めることが可能です。小物のサイズに合わせてカットして使うこともできるので、見た目と実益を兼ねた使い方ができます。

活用③UVレジンの作成補助に

UVレジンでアクセサリーなどを作るときに、太陽光やUVライトを使って硬化という作業が必要です。レジン専用の枠の中には、空枠と言ってジンでアクセサリーなどを作るときに、太陽光やUVライトを使って硬化という作業が必要になります。

レジン専用の枠の中には、空枠と言って底のない枠を使って透明感のあるアクセサリーを作るときに必要なアイテムがあります。この空枠には底がないために、何かしらのシートなどの上で作業しなければいけません。このときに、耐震マットや耐震ジェルは、ピッタリの役割をしてくれます。

通常はマスキングテープの上などで作業しますが、マスキングテープが寄れて空気が入ってしまい失敗したり、レジン液が溢れて机などに直接付いてしまう失敗をすることがあります。

しかし、耐震マットや耐震ジェルをマスキングテープの代わりに使うと、そういったミスを防ぐことができる上に、100均で購入できて何度も繰り返し使うことができるため、UVレジンを楽しむ人から人気を集めています。

活用④電子機器の作業音軽減に

パソコンのキーボード操作などの作業音が気になる人は、耐震マットや耐震ジェルを敷いてみましょう。耐震マットや耐震ジェルは3㎜~5㎜ととても薄いものが多いですが、かなり作業音を軽減することができます。小さな子供がいたり、深夜に作業することが多いなど、なるべく作業音を出したくない人には役に立つアイテムです。

活用⑤電化製品の騒音防止に

電化製品の動作音などが気になる人は、モーターなどの音を小さくさせるために耐震マットや耐震ジェルを敷くのがおすすめです。インターフォンや電子時計など、音がなる場所が分かる場合は、スピーカーの場所にピンポイントで耐震ジェルを貼り付けてみましょう。

全くの無音にすることは難しいですが、家電によっては動作音がだいぶ小さくなります。その上、転倒防止にも役立つので気になった人はぜひ試してみましょう。

活用⑥スマホやタブレットを机に固定するときに

スマホやタブレットを机に置いてリズムゲームなどをすると、画面をタップしたときの衝撃や振動で本体が動いてしまうことがあります。特に両手を使ってプレイしたいゲームでは、スマホやタブレットを固定することは大事なポイントです。

ゲームのたびに専用のスタンドやホルダーを使ってタブレットやスマホを固定すると、ゲームは遊びやすくなりますが脱着が面倒な上に、他の作業がしにくいというデメリットがあります。

100均の耐震マットや耐震ジェルをスマホやタブレットの下に敷く固定方法なら、手軽な上にタップしたときの衝撃や振動を吸収してくれるため、リズムゲームを楽しむ人にはおすすめの使い方です。

活用⑦フィッシングのワームとして

フィッシングをするときにはエサが必要になりますが、そのときの疑似餌として耐震マットや耐震ジェルを使う方法があります。魚が分かりやすいように、ブルーカラーの耐震マットや耐震ジェルを使うことがポイントです。ハサミなどで針が刺さる程度まで耐震マットや耐震ジェルを長細くカットするだけで簡単に作れます。

疑似餌は魚の口からちゃんと取り出さないと魚の体内に入ってしまうので、釣ったあとには魚の口から取り出すようにしてください。調理するときには魚の体内に残った耐震マットや耐震ジェルを食べてしまわないように注意しましょう。

活用⑧カミソリを長持ちさせるために

カミソリを耐震マットや耐震ジェルの上で擦ると刃の汚れがキレイに落ちるため、刃を長持ちさせることができます。バスルームや洗面所でカミソリの置き場に困っている人は、よく水を切った上で耐震マットや耐震ジェルの上に置くようにしてみましょう。

100均の耐震マット・ジェルの効果を体感してみよう!

100均で販売している耐震マットや耐震ジェルは、安い上にさまざまな使い方ができる優れものです。100均だからと言っても、正しい使い方をすれば転倒防止などに役立てることができます。

耐震マットや耐震ジェルは、耐荷重などを考えた上で正しい設置をしないと効果が見込めません。特に地震対策として耐震マットや耐震ジェルを使用したい人は、使用方法などを熟読して安全に設置するようにしましょう。

また、設置してから年数が経った耐震マットや耐震ジェルは粘着力が弱くなってしまい、耐震性が弱まっていることがあります。商品にもよりますが、高価な耐震マットや耐震ジェルでも5年程度で劣化することがあるようです。定期的に耐震マットや耐震ジェルは入れ替えて、地震などの災害に備えるようにしましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ