100均のすだれ5選!サイズや取り付けグッズも【ダイソー・セリア・キャンドゥ】

100均のすだれをサイズ別に特集します。ダイソー、セリア、キャンドゥのおすすめすだれや100均すだれを取り付けるためのフックや巻き上げ器などの便利グッズも紹介します。さらにすだれのおしゃれな使い方やインテリアとしての活用術も伝授するのでチェックしましょう。

100均のすだれ5選!サイズや取り付けグッズも【ダイソー・セリア・キャンドゥ】のイメージ

目次

  1. 1100均のすだれが使えると人気!
  2. 2100均【ダイソー】のすだれ2選
  3. 3100均【セリア】のすだれ2選
  4. 4100均【キャンドゥ】のすだれ1選
  5. 5100均のすだれの取り付けグッズを併せて紹介!
  6. 6100均のすだれの活用術
  7. 7100均のすだれを活用してより快適な生活を送ろう

100均のすだれが使えると人気!

地球温暖化の影響か近年の日本の夏は、耐えがたい暑さに襲われることが当たり前となってきました。真夏日どころか猛暑日が何日も続いたり、熱中症対策も万全を期すことが国民的な課題となっています。そのような気候変動の中、特に夏はいかにして涼を取るかということが非常に大切なテーマなのです。そこでおすすめするのが100均のすだれです。

エアコンや扇風機も良いですが、まずすだれを玄関や窓などに付けて灼熱の日光を遮断することを考えてみましょう。すだれは使い慣れない人からすれば、わざわざサイズを考えて買ってきて設置するのは面倒、業者に頼むのもお金がかかる、と二の足を踏みたくなるかもしれません。

しかし、100均のすだれは気軽に買ってきて簡単に設置でき、とても使えると大人気なのです。

100均のすだれはサイズも豊富

まず100均のすだれは、サイズが豊富な点が便利と言えるでしょう。大きな玄関に使用できるものもあれが、普通サイズの窓に使えるもの、また小窓に使用できるコンパクトなものも売っています。

中にはエアコンの室外機に捲いたり、車に持ち込みサンシェードにしたり、水槽の上に蓋のようにして使う人もいますが、そのような一風変わった使い方をする場合でも幅広く対応できるサイズが数多く取り揃えられているのです。

すだれを利用するメリットとは

すだれを使用する効果は、実用面と心理面が考えられます。実用面は言うまでもなく、夏の強い日差しを遮ってくれるので、涼を取るのに大変役に立ちます。太陽は時刻によって高さも方向も変化していきます。そのため午前中は涼しいと思っていても、午後になると極端に日当たりが強くなり、室温が何度も上昇することがあります。

玄関先や南向きの窓があるスペースなど、光を遮断したい面積は建物によって違いますが、すだれがあれば臨機応変に対応できるので非常に便利と言えるでしょう。もちろんエアコンを使う時間を短くして節電できるメリットもあります。さらに心理面としては、すだれが垂れ下がっていたり、立てかけてあるだけで涼しさを感じ取ることができます。

例えば真夏に厚いカーテンや毛布などを見るだけでうんざりすることがありますが、すだれが風に揺れているのを目にすると風鈴が揺れるのと同じで視覚的に涼しく癒されるのです。さらに目隠し効果もああり、外からの視線を気にしなくて済むようになると精神的なストレスが軽減すると考えられます。

100均【ダイソー】のすだれ2選

ここからは、実際に100均で売っているおすすめのすだれを紹介していきます。代表的なお店であるダイソー、セリア、キャンドゥに絞って見ていきましょう。まず最初はダイソーです。ダイソーには夏が近づくと所狭しと沢山のすだれが店頭をにぎわいます。軽い薄い、持ち運ぶのもさほど大変ではありません。

ダイソーで人気のおすすめのすだれを利用して快適な夏を過ごしましょう。

ダイソーのおすすめ①天津すだれ80×180cm

ダイソーの天津すだれ80×180cmは非常にオーソドックスな売れ筋商品です。一般の住宅のベランダや庭に出るための窓は両開きの場合、片側に窓のサイズが横約80cm、縦約180cmになります。そのため、この天津すだれ80×180cmを2枚使えば、このタイプの窓を綺麗に覆うことができるでしょう。

もちろん玄関先に垂らしても程よいサイズと言えるでしょう。

ダイソーのおすすめ②天津すだれ112×88cm

ダイソーの天津すだれ112×88cmは先ほどのすだれよりも少し短いタイプとなります。場所によっては180cmも必要ないことも多いですし、逆に横幅はもう少し余裕が欲しいという場合もあります。窓のサイズによっては長すぎると邪魔になり、日差しは上から差してくることを考えると、必ずしもすだれは窓と同じ高さである必要はないのです。

すだれが大きくて存在感がありすぎるにも景観を害する場合があるので、このサイズのすだれは意外と重宝すると言えるでしょう。

100均【セリア】のすだれ2選

続いては、セリアのおすすめすだれです。セリアは、すだれとは一風違ったオリジナル商品を扱っており、環境によってはこちらを併用することも考えると良いかもしれません。それでは早速、具体的に見ていきましょう。

セリアのおすすめ①ウィンドオー二ング88×80cm

セリアでは、すだれ以外にもウィンドオー二ングという人気商品があります。日よけにもなりデザインも何種類かあるので、すだれよりはポップなデザインと若い人たちを中心に人気があります。サイズも80×88cmでコンパクトですし、外からの視線が気になる場所にスポット的に目隠しとして使っても良いでしょう。

セリアのおすすめ②細長い112×45cm

セリアには、細長い112×45cmのすだれも売られています。112cmは珍しくありませんが、45cmという幅はかなり狭いと言えるでしょう。建物によっては、その家に住んでみないと分からない意外な場所から日が強く差し込んでくることがあります。そのような場所にこのすだれが役立つのです。

また途中で切って使うことで、小まめに日を遮断することもできますし、オブジェやインテリアとしても活用できるでしょう。

100均【キャンドゥ】のすだれ1選

最後はキャンドゥのおすすめすだれを紹介しましょう。キャンドゥでも随分多くのすだれが売られていますが、その中でも少し珍しいサイズの物を取り上げます。このサイズのすだれがあると知っていると、思わぬ場所で役立てることができるかもしれません。

キャンドゥのおすすめ①高級手作り天津すだれ88×80cm

キャンドゥの高級天津すだれシリーズも大変人気があるおすすめ商品です。ここでは88×80cmを紹介しますが、他にも色々なサイズが揃っています。このサイズの場合は、小さ目の窓からの光の遮断に重宝しますし、後程紹介するようなテーブルランナーとして活用するのもおしゃれで良いでしょう。

さらに壁掛けのようにポスター風に飾りとして活用するのも面白い使い方です。100均の商品ですので安いですし、和のテイストを取り入れることを考えると、マンションや西洋建築の住宅でも思わぬアレンジが効いて、いつもとは違う快適な夏が過ごせるかもしれません。

100均のすだれの取り付けグッズを併せて紹介!

すだれを有効活用しようと思えば、取り付けグッズが必要です。100均には、あらゆる場所にすだれを上手く設置するための便利グッズが用意されています。

家の窓や玄関を見ながらすだれを付けるのは難しそうだと思っても、100均に行って関連グッズを探していくと、その問題が簡単に解消されるケースがほとんどなのです。その優れたアイテムを具体的に紹介していきましょう。

取り付けグッズ①フック

すだれを掛けるためには、そのためのフックがどこかに必要になります。しかしフックをつけるためには壁や窓枠に穴を開ける必要があります。しかし、賃貸住宅などであればそれは避けたいと思う人もいるでしょう。もちろん持ち家でもできるだけ壁は傷つけたくないという人も少なくありません。そこで便利なのが専用フックです。

これがあれば、窓枠や鴨居、棚や机でさえも挟む形で簡単にフックがとり付けられるのです。家を傷つけることはありませんし、いつでも簡単に取り外せるのでとても便利です。

取り付けグッズ②突っ張り棒

100均ではお馴染みの突っ張り棒を使えば簡単にすだれが取り付けられます。かなりの長さまで伸びるので、あらゆる大きさの窓や玄関などに対応できます。突っ張り棒は、手慣れている人なら1分もかからずに設置することができますし、必要なくなれば一瞬で取り外すことができます。もちろん壁などを傷つける心配はありません。

取り付けグッズ③巻き上げ器

すだれを使っていると、曇り出したり雨が降ってきた時に不便を感じることがあるかもしれません。また夕方になって日差しが落ち着いてきた時も、すだれはあまり必要ではなくなるでしょう。そのような時に活躍するのが、こちらの巻き上げ器です。これがあると簡単にすだれを好きな高さまで巻き上げることができます。

もちろん急に日差しが強くなってきた時や雨や曇りが晴れ出したりした時には、すだれを適当な高さにまで下げることも可能です。

取り付けグッズ④ハンガー

100均には、すだれ専用のハンガーも売られています。先ほど紹介したフックと似たような役割を果たしますが、こちらは窓枠サッシの数ミリの隙間に挟むようにして入れたらあとはビス止めするだけで済みます。すだれをひっかけやすいように、細くて薄いフックが付いているのも便利なところと言えるでしょう。

100均のすだれの活用術

すだれは、色々と工夫すればその使い方も広がっていきます。すだれには洋風のカーテンや壁紙にはない独特の和のテイストがあるため、特に日本家屋には馴染みますし、西洋建築やマンションなどでもあえて取り入れることで和洋折衷を楽しむこともできます。

たとえ100均のすだれと言えども、工夫次第ではおしゃれに豪華に見せることも不可能ではありません。そこで最後は、100均のすだれの活用術についてレクチャーしましょう。

活用術①日よけ

すだれを使うそもそもの目的は、日よけです。日本は世界でも珍しいほど四季がはっきりとした国です。季節がある程度限定されている地域ならば、それに見合った住宅を建てれば良いのですが、日本の場合はその様なわけにいきません。そのため特に夏と冬はそれなりの対策が必要となってくるのです。

そのため、日本では古来より涼を取るための様々な工夫がなされてきました。すだれもその一つと言えるのです。日差しはわずかな隙間があっても例外なく差し込んできます。その光を遮断するために、すだれに求められる役割は少なくありません。

活用術②テーブルランナー

テーブルランナーは、食卓などの中央にデザイン性のある布などを敷くことで空間を軽く華やかに彩る役割があります。欧米では明るいデザインのものが圧倒的に多いのですが、それをあえてすだれを使って和のテイストで演出するという活用術があります。

ただすだれだけだと地味で飾り気がないので、そこに夏を感じさせる花や金魚などのガラスの小物を置いてみたり、一輪挿しを飾ってみるのも良いでしょう。すだれは、その性質上決してメインとなって目立つものではありませんが、空間の一部に飾ることでいぶし銀の引き立て役として活躍してくれる意外と使えるアイテムなのです。

活用術③おしゃれなインテリアに

すだれは、おしゃれなインテリアとして活用することができます。先ほどテーブルランナーのところでも説明しましたが、すだれは見た目の和の雰囲気や落ち着いた色目である特徴から部屋の中を独特の空気感で装うのに役に立ちます。すだれだから窓や玄関、扉のあるところに掛けなければならないということはありません。

天井から壁に沿って垂らしても良いですし、そこに夏らしいヒマワリや朝顔などの造花を飾ってもオブジェとして、部屋の中を明るくおしゃれな空間に仕立て上げることもできるのです。

活用術④のれん

すだれをのれん代わりに活用するのも良いでしょう。玄関先に上から垂らせば風にゆらゆらと揺蕩い訪れる人の気持ちを和らげてくれます。またエアコンでは味わえない自然の空気が部屋の中に流れ込み、独特の心地よさを運んでもくれるでしょう。そこに風鈴を飾ればさらに夏ならではの風情を演出することができるかもしれません。

活用術⑤モビール

すだれをモビールとして変身させてみるのも面白い活用術と言えるかもしれません。こうなると、もはやすだれとしての役割はゼロになりますが、和の雰囲気満載のモビールの意外性は大きく、訪れる友人や客をアッと驚かせることもできるかもしれません。夏休みで親戚が来るとか、子供の友達を招くような時に飾ると喜ばれるでしょう。

もちろん、すだれだけでなく100均に行けば、モビールに飾れそうな夏らしい小物が山のように売られています。折り紙でセミや朝顔などを折って飾っても面白いでしょう。家族で手作りする楽しみを持てるのも楽しくて良いのではないでしょうか。

100均のすだれを活用してより快適な生活を送ろう

今どきの子供にすだれを知っているか聞くと、まったく知らないと答えるケースが少なくないようです。確かにカーテンやブラインドが主流となり、すだれや葦簀(よしず)が一般家庭で使われることは極めて少なくなってきました。そのレアな存在が逆に100均の影響によって世の中に人く知られるようになってきたと言えるかもしれません。

これが高額なものであれば普及しないでしょうが、100均で売られているということもあり、若いママを中心に見直される風潮が強まっているのです。そして実際に使ってみると意外なほどに便利であることにも気づくことができたかもしれません。このようなことなら、もっと早くに使えば良かったという人もいるようです。

日よけとしての役割だけでなく、粋なのれんやおしゃれなオブジェとしても活用すれば用途もさらに広がっていきます。暑い夏を快適に乗り切っていくための日本人の貴重な知恵を存分に活かしていきましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ