偏屈な人の特徴23選!偏屈な人の性格・心理や付き合い方のコツとは

偏屈という言葉の意味をご存知でしょうか。人の性格に当てはめて使われることが多い言葉です。では、偏屈な人とはどういう人を指すのでしょうか。この記事では偏屈な人の特徴のほか、偏屈な人の性格や心理、偏屈な人との付き合い方や偏屈な性格の治し方もご紹介します。

偏屈な人の特徴23選!偏屈な人の性格・心理や付き合い方のコツとはのイメージ

目次

  1. 1偏屈とはどういう人?
  2. 2偏屈な人の特徴
  3. 3偏屈な人の性格・心理
  4. 4どうして偏屈になる?原因とは
  5. 5偏屈な人との付き合い方
  6. 6偏屈な性格の治し方
  7. 7偏屈な人の特徴と対処方法を知ってうまく付き合おう!

偏屈とはどういう人?

偏屈という言葉はよく耳にしますが、正確な意味はご存知でしょうか。テレビドラマなどのセリフで頑固なおじいさんに向かって「偏屈じじぃ」と言っていたり、人物に向かって使う言葉というイメージがあるかもしれません。まずはこの「偏屈」という言葉の意味について、調べてみましょう。

偏屈の意味

偏屈という言葉の意味ですが、辞書を引くと「ひねくれている」「素直でない」「かたくなな様」といった意味合いがあります。つまり、「偏屈な人」とはひねくれていて頑固な面があり、さらに天邪鬼というある意味すごく気難しい人物のことを指します。

偏屈な人はさまざまな面のある人物ではありますが、面と向かって接しても相手には湾曲して伝わったり勘繰られたりと、少々気疲れしてしまうタイプの人物です。上手に付き合うには経験値が必要な人物とも言えるでしょう。

偏屈の類語

偏屈という言葉の類語には、「気難しい」や「強情っ張り」、「意地っ張り」、「頑固」といった言葉があります。この類語からも「偏屈」の言葉の意味をなんとなく察することができるのではないでしょうか。堅物でへそ曲がり、一筋縄ではいかない頑固者…と聞くと、付き合うときに経験値が必要という意味も理解できるでしょう。

偏屈な人の特徴

偏屈な人の意味はわかりましたが、実際にそんなにも取っつきにくく面倒な性格の人はいるのでしょうか。ここからは言葉の意味から見る「偏屈な人」ではなく、実際に偏屈な人と称される人物の特徴を見ていきましょう。言葉の意味から連想される人物像よりも、「あぁ、いるいる」と思わせる人物像が浮かび上がってくるのではないでしょうか。

①頑固

偏屈な人の一つ目の特徴は、頑固な性格です。自分が一度「こうやる」と決めたら、たとえ周囲から「こっちの方が楽だよ」と言われても方法を変えません。たとえ周囲が言うようにやり方を変える方が楽だったとしてもです。周りの声に左右されず自分の考えを頑として変えないところは、ある意味ガチガチの石頭のようでもあります。

②自己中心的

周囲がどんなに助言しても聞き入れない性格は、頑固なだけでなく自己中心的でもあります。自分の意見を押し通し、周囲が妥協しなければならないこともあるでしょう。結果として自分の意見が通ったのだから満足するかと思いきや、偏屈な人は周囲が「仕方ないね」といった空気を出したことに腹を立てることもあります。

周囲の空気感や気持ちを汲まず、自分の思ったように振る舞う様子は自己中心的以外の何者でもありません。

③プライドが高い

偏屈な人には、プライドが高いという特徴も挙げられます。周りが妥協して自分に合わせたとわかると腹を立てるのも、この性格が影響しているのです。

偏屈な人は自分を偏屈だとは思っていません。自分のことを普通だと思っているので、腫れ物に触るように対応されるとプライドが刺激され、「まるで自分が厄介者みたいじゃないか」と不満に感じることも多いでしょう。

④疑り深い性格

偏屈な人は人を疑いやすい性格をしています。周りに対して攻撃的な態度に出てしまったり、食って掛かってしまうのも、この特徴が影響しているようです。たとえ身近な人が相手でも発言には何か裏があるのではないかと考えてしまったり、行動の裏に何かあるのではと疑ってしまいます。

しかも、本人は相手を信用していないので「裏があるもの」と決めてかかっており、自分が疑り深い性格であることを自覚していません。そういう意味でも、かなり厄介な特徴といえるでしょう。

⑤融通が利かない

次の特徴は、融通が利かないという点です。頑固で自分の意見が正しいという考えに頭が凝り固まっているので、いざ何かミスを犯したとしても原因は自分以外のところにあると考えてしまいます。さらに、自分が悪いわけではないから自分の考えを変える必要もないと考え、改めることもしません。

友人と遊ぶ約束をしたときでも自分の意見を汲んでもらえないと自分に楯突いたと思い込み、相手を言い負かそうと屁理屈を言ったりもします。怒鳴りつけることはありませんが、チクチクと責めるような態度をすることもあるようです。自分と違う意見を飲めないのも、この特徴が原因でしょう。

⑥コミュニケーション能力が低い

これまでの特徴からもわかるとおり、偏屈な人はコミュニケーション能力は高くありません。人と関わることが苦手です。ただ、プライドが高く自分の考え方を曲げることもないので、人間関係が上手くいかない原因が自分にあったとしてもそれを認めようとしません。気持ちのどこかでは薄々気づいていても、頭が理解しようとしないのです。

人との円滑な付き合い方がわからないので、中には人と上手に付き合えなくても「周りが悪い」と思い込み、自分を正当化する厄介なタイプの人もいます。

⑦相手の言葉を素直に受け取らない

人とコミュニケーションを取るのが苦手な理由は、人の言葉をそのままの意味で素直に受け取らない天邪鬼な性格にあります。深い意味はないのですが「きっと人の発言には裏があるに違いない」と考え、たとえ相手の発言が褒め言葉だったとしても素直に聞き入れられないのです。

⑧皮肉屋

偏屈な人の特徴には皮肉屋という点もあります。人を疑ってかかったり裏があると考えることで、つい嫌味っぽい皮肉を言ってしまうのです。この特徴の困ったところは皮肉っぽい物言いに周囲は辟易してしまうのですが、本人は皮肉っているつもりはないことがほとんどという点でしょう。

また、偏屈で皮肉屋な人の心理として「自分は普通」だというものがあります。周囲が皮肉っぽい物言いに気疲れして距離を置いたりしても、自分に原因があるとは全く考えもしません。

⑨言葉にトゲがある

皮肉っぽい物言いも頻繁する偏屈な人は、日頃から言葉選びにトゲが多く含まれる特徴もあります。みんなが楽しく盛り上がっている空気に馴染めず、その場を凍り付かせるようなことを平気で口にするようです。

例えば「この間〇〇に遊びに行ったんだよ」という話題で盛り上がると、「私にはそんなとこ行く時間もお金もないよ。羨ましいわ~」と相手が反応に困ってしまうような返答をします。どんな話題でも、続きの話題を出しにくい雰囲気にし、会話が続かなくなってしまうのも偏屈な人の特徴です。

⑩ひねくれ者

ここまでの特徴からもわかりますが、偏屈な人はひねくれ者でもあります。この「ひねくれ者」とは、偏屈の類語にもなっている言葉です。偏屈な人の特徴を挙げていく上で、切っても切れない特徴といえるでしょう。

⑪意地っ張り

さらにはこの「意地っ張り」という特徴も、切っても切れないものです。前述のとおり偏屈の類語になっており、偏屈な人に強く見られる性格でもあります。自分の言っていることが少し間違っているかもと気付いた場合でも、意地になって素直に認めることができないなど短所にもなる性格といえるでしょう。

⑫強気

偏屈な人は誰が相手でも強気な態度になりがちです。これには「言いなりにならない」という心理も働いているようで、相手が強く出れば出るほど強気な態度を崩すことなく頑として「NO」の姿勢を前面に出します。

また、自分の価値観で物事を見てしまいがちなので、相手がすることにも「それはおかしい」と強気の態度のまま指摘するといった性格もあります。実際は偏屈な人と価値観や考え方が違うだけでどちらが間違いというわけではないこともあるので、意味もなく否定される感覚に不快感を覚えてしまう人もいるようです。

⑬孤立しがち

人から「取っつきにくい」と判断されることの多い偏屈な人は、どうしても孤立しがちになってしまいます。しかし、性格上それを寂しいと人に伝えることもプライドが邪魔してしまうこともあるようです。「人に舐められたくない」「見下されたくない」といった心理もあり、円満な人間関係を築くのが難しい性格といえるでしょう。

⑭気にくわない相手の悪口を言う

少しでも自分と意見の違う人や、気に入らないと思った人の悪口を言ってしまう人も、周囲からは「偏屈な人」だと判断される特徴となります。時に本人は悪口を言っているという感覚もなく、ただ自分と考え方が違うのはおかしいと主張したいだけということもありますが、周囲にはあまりいい気分を与えない言動といえるでしょう。

⑮他人を見下す

人に強気に出たり悪口やキツイことを言ってしまうのには、自分以外の人を見下している心理が働いているという可能性が高いです。偏屈な人にとって、自分の思考が大前提になります。そこから少しでも外れてしまう人は「自分よりも下」と判断してしまい、態度にも出てしまうのです。

⑯笑顔が少ない

偏屈な人は周囲との会話を楽しめなかったり、人間関係を楽しく築くことができにくいことで、笑う機会が少ないです。周囲は楽しく談笑している場でも、一人無表情でいることも少なくありません。また、人が笑顔で接してくれても「きっと裏に何かある」と疑う心理が働いてしまい、笑顔を返すことも難しいようです。

⑰すぐに言い訳をする

偏屈な人には謝るのが苦手という人も非常に多いです。これも人にバカにされたくないといった心理が働き、自分の非を認められないという性格が影響しています。そのため、謝るよりも先にまず言い訳が出てくるのです。

⑱理屈っぽい

偏屈な人は理屈っぽい物言いをよくします。言い訳をするときにも出てくる特徴ですが、相手が反論してこないよう理屈っぽい言い訳をしたり、気付けば相手を言い負かそうとしてしまうのです。相手が反論すればするほど意地になって理屈で返そうとしてしまいます。

⑲心を開かない

偏屈な人は人を疑ったり、人の気持ちに裏を探します。そんな人を全面的に信じられない心理が手伝って、人に心を開くこともできません。自分の心や気持ちにズカズカと土足で踏み込まれるくらいなら、孤立してしまってもいいとすら思う人もいるようです。

⑳マイペース

偏屈な人は自分のペースで物事を進めたがるところがあり、どんな場面でもマイペースな人が多いです。仕事など必要に迫られる場合はタイムスケジュール通りに動くよう努めていても、その中でもいかに自分のやりやすいペースで進められるかを考える傾向があります。また、少しでも予定が狂うとイライラを感じる人もいるようです。

㉑自意識過剰

偏屈な人には自意識過剰という特徴もあります。人と関わることが苦手な偏屈な人ですが、自己評価は非常に高く、さらに周囲から自分がどう思われているかということは非常に気になるようです。ただし、その周囲からの評価が自分が考えるより低いものだと、「私のことを理解できないなんて」と相手を見下げてしまうこともあります。

㉒こだわりが強い

偏屈な人には、こだわりが強いという特徴もあります。自分がこうだと決めたことは崩さず徹底してこだわる性格なので、人との付き合いでは気難しさが全面に出てしまいがちです。深層心理がそうさせているので、本人はこだわりが強いという自覚がないというのも特徴でしょう。

ただ、それがモノ作りなどになると一気に才能を発揮します。妥協することなく細かなところまでこだわる性格なので、就職する職業によっては誰もが認める成果を上げることも少なくないでしょう。

㉓人の話を聞かない

偏屈な人は自分が正しいと思い込む節があるので、人の話を聞きません。アドバイスなどもっての外で、人を信用しない心理も手伝い相手の話は話半分で流してしまいます。他人に関心を持てないところもあるので、何気ない雑談も右から左に受け流してしまうこともあるようです。

偏屈な人の性格・心理

偏屈な人にはかなり人との交流に苦労しそうな特徴がたくさんあります。では、その特徴を現実にさせる偏屈な人の性格や心理はどういったものなのでしょうか。特徴面から想像できる部分もありましたが、もう少し掘り下げて見ていきましょう。

性格・心理①感情を出すのが下手

偏屈な人は感情を表に出すのが苦手です。人と接するときに、相手の表情や口調などは読み取って会話の参考にしますが、相手には自分のそういった情報を与えることはしません。苛立ったり腹を立てたときでも、感情的に怒鳴りつけることがないのもこの性格が影響しています。

できるだけポーカーフェイスで淡々と会話を進めようとすることが多いのには、感情を表に出すのは相手に自分の手の内を見せるようなものという心理が働いているのかもしれません。

性格・心理②繊細

意外に思う人も多いかもしれませんが、偏屈な人には繊細な人が多いです。人の意見や何気ない言葉に傷つきやすく、その性格を隠すために偏屈な性格を出してしまうという悪循環に陥ります。

素直に自分を出せばもっと理解してもらえたり、人付き合いも円滑にできるようになるでしょう。でも、偏屈な人はそういった人との関わり方は不安で怖いと感じていることもあるのです。

性格・心理③純粋

また、偏屈な人はすごく純粋でもあります。本来はその純粋な性格を表に出していた人も少なくないでしょう。ただ、人の毒や攻撃的な部分に触れたことで、その純粋さと繊細さゆえにどんどん傷ついていきます。

普通であれば「八つ当たりされている」とわかることでも自分が責められているとそのまま受け取ってしまい、さらにそのショックを吐き出したり解消する術が見つけられなかった人でもあります。悲しいことを悲しいと表に出せず、自分を素直に出すことを怖いと感じるようになり、今の性格にたどり着いた可能性もあるのです。

性格・心理④弱いところを見せたくない

偏屈な人が自分の素直な部分を見せないのは、弱い自分を見せたくない心理が働いています。普通であれば誰もが自然に人に見せ、また相手も自然に受け止められるような些細な弱さすら、人に見せることで何を思われるかわからないという不安や恐怖心からひた隠しにしてしまいます。

どうして偏屈になる?原因とは

偏屈な人には、前述のように本来は全く偏屈なところがなかった人も多く存在しますが、さまざまな要因が影響していつしか偏屈な性格になってしまうのです。偏屈な人が偏屈な性格になってしまった原因について、もう少し詳しく見てみましょう。

原因①過去の経験

前述のように、偏屈な人が偏屈になるのには外的要因が大きく関わっていることも多いです。中でも、幼い頃からの家庭環境は大きく影響するポイントの一つでしょう。子供の頃は素直に思ったことを言ったり、純粋に人を信じていた人であっても偏屈になる可能性はあるのです。

例えば、子供にとって親は絶対的な存在です。成長するにつれて自我は芽生えますが、それでも幼い子供は親をしっかりと見て、親の表情や空気から敏感に感情を読み取ります。親に否定されることが多かったり理不尽に怒られることが多いと、自然に自分を守ろうという気持ちが働き、無意識に心を閉ざして人を信用できなくなるのです。

原因②もともとの性格

もちろん、元々生まれ持った性格という場合も全くないとは言えません。ただ、この先天的な性格だと思われる部分も物心つく前の親との関わりが全く関係ないかと言えば、そうも言いきれないのがポイントです。

偏屈な人は純粋で繊細な性格と、人を見下したり人を疑ったりという矛盾した性格を持っています。それには、やはり多少なりとも幼い頃の環境は影響していると考えられるのです。

偏屈な人との付き合い方

偏屈な人とはできれば距離を置きたいと考える人も少なくないかもしれません。ですが上手な付き合い方を知れば、少しずつ距離が縮まることもあります。職場などで接点があり、どうしても接触を断つことができない人もいるでしょう。偏屈な人との付き合い方を覚え、お互いにストレスの少ない交流方法を実践してみてもいいかもしれません。

付き合い方①相手の性格を受け入れる

まず一つ目の付き合い方は、相手の複雑な「偏屈」という性格を受け入れることです。ただ単に「性格が悪い」と言い切れないのが偏屈な性格の難しいところでしょう。相手がどうして偏屈な性格になってしまったのか、直接聞いても答えは返ってこないでしょうから相手を見ながら想像してみてください。

相手の性格やそうなった原因を考えることで、ただ相手にイライラしてしまうという状況は打開できるのではないでしょうか。

付き合い方②相手にすべて合わせない

次に実践したい付き合い方は、偏屈な人の意見に全て合わせないということです。上辺だけの付き合い方であれば問題ないかもしれませんが、偏屈な人と揉めたくないからと全てを受け入れ、合わせ続けていては自分の身が持ちません。また、全て受け入れられることで偏屈な人は自分の性格に問題があると自覚できる機会を失ってしまうことにもなります。

相手のことを考えるのであれば、できないときはできない、嫌なときは嫌とハッキリ伝えるようにすることも大切です。

付き合い方③頭ごなしに否定しない

偏屈な人との付き合い方で大切なのは、違う意見だったとしても頭ごなしに否定しないという点です。偏屈な人も相手を頭ごなしに否定する特徴があるので、お互いに否定し合ってしまっては話になりません。また、周囲からは二人とも偏屈な人だと思われてしまう可能性もあります。

偏屈な人から頭ごなしに否定されるとカチンとくることもあるかもしれませんが、そこでカッとならないよう深呼吸して、少しでも相手に伝えられるように言葉を選んで話してみましょう。基本的に人の話に聞く耳を持たない偏屈な人ですが、それでも時間を割くことで少しずつでも理解してくれることがあります。

理解したうえでそれを表に出さないという難点もありますが、それでも次の日には行動に反映されている可能性もあるでしょう。

付き合い方④突き放さない

上記のことからもわかる通り、偏屈な人との付き合い方で大切なのは突き放さないことです。「話にならない。もうだめだ」と手を放してしまうことは誰でもすぐにできます。ですが、それをすることで「やっぱり自分とちゃんと向き合わない人だった」と偏屈な人に思わせてしまうでしょう。

その結果、次に会話する必要が出てきたときに、「どうせ話にならないと突き放すだろう」と真面目に取り合ってもらえなかったり、必要な要件も全く進まなくなってしまうこともあります。後々に自分の首を絞める可能性もあるので、出来る限り冷たく突き放すのは避ける方が得策です。

付き合い方⑤寛大な心を持つ

偏屈な人とずっと接しているとストレスを感じてしまいます。気付けば喧嘩腰になってしまったり、暖簾に腕押しで虚しさを感じるかもしれません。ですが、寛大な心をもって気長に接していくことで、少しずつ相手は態度を軟化させてくれる可能性があります。

長く付き合いが続く可能性があるのであればなお更、寛大な心で接する方がスムーズに物事が進むことも多いでしょう。

偏屈な性格の治し方

偏屈な性格の人は自分が偏屈だとは気付きにくい傾向にあります。ですが周囲から指摘されたり、またこの記事での特徴を読んで思いあたることがあったり、「もしかして自分は偏屈な性格なのでは」と不安に思った人もいるかもしれません。

もしかしてと思った人の中には、「偏屈な性格の治し方はある?」と気になる人もいるのではないでしょうか。すぐに性格を変えられる特効薬はありませんが、少しずつ改善する治し方は存在増します。

まずは偏屈な性格かもしれないと疑問を持つことが大事です。そこに辿り付けたのであれば、これ以降の治し方を少しずつ意識的に実践することで、改善させることができるかもしれません。ここからは、偏屈な性格の治し方を見ていきましょう。

治し方①人の意見を素直に聞く

一つ目の偏屈な性格の治し方は、人の意見を聞くことです。人のアドバイスを聞いていると、だんだん自分を否定されている気持ちに陥ってはいないでしょうか。でも実際には相手は「こうすればもっとよくなるのでは?」と、もっとよくなる方法を提案しているに過ぎないのです。さらに、意見をすべて取り入れる必要もありません。

まずは相手の意見を聞いて、そのうえで自分の中で取捨選択していけばいいのです。最初から相手の意見に耳を塞いでしまっては新しい発見もできず、勿体ない行動でもあります。偏屈の治し方でもありますが、人の意見を聞くのは自分を成長させてくれる手段でもあると考えてみましょう。

治し方②柔軟な態度を見せる

2つ目の性格の治し方は、柔軟な態度を心掛けるというものです。相手に弱みを見せるのが不安で強い態度に出てしまいがちですが、そこで意識的に態度を改めてみましょう。最初は勇気がいりますが、自分を強く武装していなくても普通に人と付き合えることを自覚できます。

強い態度で出られると、相手もついキツイ態度になってしまうことは少なくありません。柔らかい態度を心掛けると、これまでより周囲の人も軟化した態度で接してくれるようになるでしょう。人との関係は鏡みたいなものです。自分が相手にしてほしい態度を相手にすることを心掛けるのが、自分の性格を改善したいときの治し方になります。

治し方③さまざまな考えの人と会う

もう一つの治し方は、多くの人と会話してさまざまな考え方に触れることです。自分の考えが正しいと思いがちな性格ですが、受け入れる受け入れないは置いておいて、まずいろいろな意見を聞いてみましょう。自身の考え方や視野を広げる経験にもつながりますし、意固地になってしまった性格の治し方としても有効です。

1つ目の治し方と共通するようにも思えますが、この3つ目の治し方は対自分への意見だけではないのが1つ目と違うポイントです。自分への意見を聞き入れるのは少しハードルが高いかもしれません。であれば、まずは客観的に考えられる物事へのさまざまな意見を聞くことから始めてみましょう。

偏屈な人の特徴と対処方法を知ってうまく付き合おう!

偏屈な人は特徴だけを見ると取っつきにくく、出来れば関りを持ちたくないと思ってしまう難しい性格のように感じます。ですが、上手な付き合い方を身につけることで対等に長い付き合いを続けていくことも不可能ではありません。

また、偏屈な性格は外的要因が関係することが多いことから、今後知人や友人が偏屈な性格になることもあり得ます。対処法を知っておくことで、そういった場合にもうまく付き合いを続けることができるのではないでしょうか。偏屈な人について理解を深め、少しでもいい関係を築いていきましょう。

関連する記事はこちら

Thumb怒ると怖い人の特徴11選!本当に怒らせてはいけない人とは
こちらが恐怖を抱くほど怒る人というのは、実際に怒るまで分かりません。だからこそ、怒ると怖い人...
Thumbトラブルメーカーの特徴23選!トラブルを起こす人の心理や対処法とは
トラブルメーカーにも憎めないタイプと嫌われてしまうタイプ、2つのタイプが存在します。その違い...
Thumb自己完結の意味とは!自己完結人間の特徴13選!
自己完結型人間とは、どのような人物なのでしょうか。その意味や仕事ぶりを調べてみました。自己完...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ