100均でハーバリウムをDIY!作り方・アレンジも【ダイソー・セリア】

今人気のハーバリウムがダイソーやセリアなどのアイテムでDIYできると話題になっています。最近はハーバリウムオイルまで100均で入手できるようになり、更に手作りしやすくなりました。100均アイテムを使ったハーバリウムの作り方とアレンジ方法などをご紹介します。

 100均でハーバリウムをDIY!作り方・アレンジも【ダイソー・セリア】のイメージ

目次

  1. 1ハーバリウムとは
  2. 2【ダイソー・セリア】でDIY!ハーバリウムアイテム
  3. 3100均【ダイソー・セリア】のハーバリウムの作り方
  4. 4100均【ダイソー・セリア】のハーバリウムのアレンジ法
  5. 5100均【ダイソー・セリア】のハーバリウムの注意点
  6. 6100均で手軽にハーバリウムをDIYしてみよう

ハーバリウムとは

ハーバリウムは、花を手軽に美しいまま身近に飾ることができるインテリアとして、近年大人気のアイテムです。まずはハーバリウムについて知っておきましょう。

もともとは「植物の標本」の意味

ハーバリウムとは、「植物標本」という意味です。もともとは植物学において研究目的で、植物の本来の姿を長期間保存するための押し花標本や、アルコールや防腐剤に浸した液浸標本などの植物標本集を意味した言葉なのです。

それらの標本を保管したり調査研究をする植物標本館もハーバリウムと呼ばれていました。近年、観賞用として注目を集めているハーバリウムは、ガラスなどの透明な小瓶に花を入れてオイル漬けにしたものです。

お気に入りの花を長持ちさせるインテリア

お気に入りの花をいつも身の回りに飾ると、部屋を華やかでお洒落に彩ることができますし、何よりも気持ちが優しくなったり上向きになったりします。しかし鉢植えは手入れが難しく、十分に世話が行き届かずに枯らしてしまうこともあります。切り花もいつかは枯れてしまうものです。

その点ハーバリウムは、世話や手入れをしなくても花の美しい姿を長く楽しめます。また、オイルによる独特の透明感や浮遊感も魅力です。好きな花や好きな色を身近にお洒落に飾ることができるアイテムとして、ハーバリウムは大注目を集めています。

100均の材料で簡単に手作りしよう

このように人気のハーバリウムですが高価で手が出しにくいものだと思われてきました。市販品でお洒落なものを選ぼうとすると1500~4000円のものが多く、ボトル詰め合わせなどでは1万円以上するものもあります。ハーバリウム体験などの価格はボールペンなどの小さなもので2300円くらいから、ボトルタイプでは3000~4000円が多いようです。

そんなハーバリウムをぐっと身近にさせてくれたのが100均アイテムです。ダイソーやセリアなどの商品を使った手作りハーバリウムがインターネット上で数多く紹介されています。「なんちゃってハーバリウム」と呼ばれることもありますが、その完成度は非常に高く、DIYに挑戦する人が後を絶ちません。

100均のアイテムは安価で可愛くて種類も豊富なので、人それぞれ違った楽しみ方が手軽にできます。子供にも簡単にできるので、親子で一緒に手作りするのもおすすめです。

【ダイソー・セリア】でDIY!ハーバリウムアイテム

ハーバリウムの知識が身に付いたところで、ハーバリウムアイテムとして人気の高い100均のボトルをご紹介しましょう。ご家庭にある化粧品やジャムの瓶を再利用することもできますが、適当なものがない場合は、ダイソーやセリアなどで手軽に入手できるのです。ボトルを選ぶ時の注意点については後述します。

100均の電球型ボトル

11351798 180155395651648 1673954721 n.jpg? nc ht=instagram.ffsz1 1.fna.fbcdn
blueviolet1316

ハーバリウムアイテムとして最も人気が高いのが、100均の電球型ボトルです。ガラス製とPET製があり、ハーバリウムとしてはガラス製が適していますが、飾る場所や倒れて割れる心配がある場合はPET製も使えます。初心者は縦長で寸胴な形の方が花をバランス良く配置しやすいのですが、慣れてきたらぜひ挑戦してみたい形です。

100均のコルクボトル

12747684 951777874875598 281988790 n.jpg? nc ht=instagram.ffsz1 1.fna.fbcdn
4141mayu86

100均のコルクボトル(コルクシリンダー)も、見た目がかわいいのでハーバリウムを作る瓶として人気があります。一つ注意したいのは、蓋がコルクになっているため、傾けた時にコルクにオイルがしみ込んだり漏れたりする可能性があることです。密封状態を確保しにくいので、保存期間が短くなることもあります。

上級者は、コルクにオイルがしみ込まないようにするニス加工や、蓋に密封加工をして使っています。どうしてもコルクボトルを使いたいという場合は、ぎりぎりまで液をいれないことや傾けないことが大切です。ボトルの下にコースターを敷いて汚れを予防するのもよいでしょう。

100均のジャム瓶

46240351 293620161297127 966300630395282059 n.jpg? nc ht=instagram.ffsz1 1.fna.fbcdn
hanano_flo

ジャム瓶は100均で最もハーバリウムに適した瓶と言えます。形も大きさもデザインもいろいろありますしかわいいです。口が広めなので、中に材料を入れやすく、やり直したくなっても出しやすいことも初心者向きでしょう。加えて、蓋がしっかりしているので、オイル漏れの心配がありません。保存瓶などを使ってハーバリウムを作る方もいます。

100均【ダイソー・セリア】のハーバリウムの作り方

早速ハーバリウムを作ってみたくなってきた方もいらっしゃるかもしれません。基本のハーバリウムの作り方をご紹介しましょう。所要時間の目安は、1~2時間程度です。

作り方①材料を揃える

材料はボトルとハーバリウムオイルとドライフラワーなどの花材です。ボトルとオイルを選ぶ時のポイントについては後述します。生花は腐敗やカビの原因となるので不向きです。花材としてはドライフラワーの他、プリザーブドフラワーや造花やビーズなどをお好みで揃えます。ボトルを先に選んで、口の大きさに合わせて花材を選ぶとよいでしょう。

時間はかかりますが、生花や野草を使って自分で作ったドライフラワーも使えます。色が鮮やかに残らなかった場合は脇役として使いましょう。他に、瓶の底の方まで届く長さのピンセット、花材を切るためのはさみ、オイルを注ぐ時の漏斗、手や瓶を拭くためのティッシュやウェットティッシュ、机を汚さないためのビニールシートなどがあると便利です。

作り方②ボトルを消毒する

ボトルの準備として、ボトルの消毒が大切です。ボトルが汚れていると、腐食しやすくなったりカビが生えたりします。まず瓶をきれいに洗い、消毒用エタノールで消毒し、よく乾かします。消毒用アルコールはドラッグストアなどで入手できますが、できない場合には食器用漂白剤を使ったり、煮沸消毒をしたりしても大丈夫です。

作り方③花材を配置する

いよいよ花材を配置していきます。予め、完成イメージを頭に描いておきましょう。机の上に、下に入れるもの、上に入れるものなど、花材を瓶の形に並べてみるとイメージがつかみやすいです。重い花材は下に配置し、細長い茎や枝がついた花材を適度に配置して浮き上がりを防止します。

瓶の口よりも大きな花を入れにくい時は、セロハンやクッキングシートなどのつるつるした紙できゅっと筒状に包んでから瓶に入れ、ピンセットで花だけを落とし、紙を取り除きます。きれいに見せるコツは、詰めすぎないことです。適度に空間をあけたり、透け感のある花材を取り入れることによってキラキラした透明感が演出できます。

作り方④ハーバリウムオイルを投入する

花材を配置し終わったら、花材が動かないように静かにオイルを注ぎます。必要に応じて漏斗を使うとよいでしょう。縦に長い瓶を使うときには、花材とオイルを2~3回に分けて入れていきます。まず下3分の1~半分程度まで花材を入れてオイルを注ぎます。花材がぐっと沈み過ぎた時は、ピンセットで引き揚げたり、動かしたりして位置を整えます。

バランスを見ながらその上に更に花材を入れ、オイルを注ぎます。この時、オイルはぎりぎりまで入れずに、必ず上に空間を残しておきます。オイルは水よりも温度によって膨張しやすい性質があるので、たくさん入れすぎると気温が高くなった時にオイル漏れの原因になるからです。口についたオイルを拭き取り、しっかり蓋をすれば完成です。

100均【ダイソー・セリア】のハーバリウムのアレンジ法

基本のハーバリウムの作り方がわかったところで、もっとお洒落にするアレンジ法をご紹介しましょう。アレンジにもダイソーやセリアなど100均のアイテムが大活躍します。

アレンジ①ビーズやビー玉でキラキラに

58809692 325287371495531 7255339988577045812 n.jpg? nc ht=instagram.ffsz1 1.fna.fbcdn
heavenly.msm

100均のビー玉やビーズは、ハーバリウムにとても相性がいいアイテムです。キラキラ感やかわいらしさがプラスされます。花形のビーズにワイヤーで茎をつけたり、ビーズをつないでネックレスにしたりして配すれば、華やかで花材の浮き上がり防止にも役立ちます。さざれ石やカラーサンド、ラメなどを入れるのもいいでしょう。

アレンジ②木の実やグリーンで季節感をプラス

44544795 357221678160658 291977996844176139 n.jpg? nc ht=instagram.ffsz1 1.fna.fbcdn
momoe.sai

100均には木の実やフェイクグリーン、貝殻やドライフルーツ(砂糖がついていないもの)などの素材が豊富です。そのようなアイテムを使うことで季節感が演出できます。夏は寒色系で涼しげに、冬は暖色系で温かさを演出したり、ハロウィンやクリスマスなど、季節にちなんだ小物を取り入れたりするのもおすすめです。

自分で拾った貝殻や木の実などを使う時には、洗浄と乾燥がしっかりできるかを見極めましょう。例えば巻貝は奥の方の洗浄乾燥が難しいですし、どんぐりなどは実の大きさにもよりますが、完全に乾燥するまでに4年ほどかかるといいます。思い出の品はディスプレイする時にハーバリウムの脇に置くなどする方が無難かもしれません。

アレンジ③ポプリで優しい雰囲気に

100均にはナチュラルな色だけでなく赤、青、紫、ピンクなどきれいに色をつけたポプリも売っています。花弁だけでなく花の形が残っているものや木の実が入っているものもあるので、お部屋のカラーに合わせて使うと優しい雰囲気の作品や面白い作品ができます。

100均のポプリは壊れにくく、ボトルに入れやすいのも利点の一つです。はっきりした色がついているものは、ポイント使いにするなど使い過ぎに注意し、同系色の色を合わせていくとまとまりやすくなります。

アレンジ④紐やリボンで可愛さアップ

出来上がったハーバリウムの瓶にリボンや紐、造花やビーズなどをあしらうと、更に可愛さがアップします。タグをつけてメッセージを添え、プレゼントにするのもよいでしょう。100均のミニチュア雑貨などと組み合わせてディスプレイするのもおすすめです。

アレンジ⑤ライト効果でムーディーに

ハーバリウムに光を当てると、更に美しく、ムーディーで幻想的な雰囲気を演出できます。100均のLEDライトスタンドも売っていますが、この作品は100均マグネットケースの蓋が透明なことを利用して中にLEDライトをセットし、ケースの上にハーバリウムを乗せています。何本かハーバリウムを並べて後ろからLEDライトを当てるのも素敵です。

100均【ダイソー・セリア】のハーバリウムの注意点

100均アイテムで作るハーバリウムの作り方やアレンジをご紹介してきましたが、作ったハーバリウムをより長くよい状態で楽しむために、どんな点に注意したらよいでしょうか。材料を揃えたり準備をしたりする時に、特に注意していただきたいポイントをお伝えします。

ボトルの選び方

ハーバリウムを作る瓶としては、重さがあって倒れにくく安定感があるガラス瓶がおすすめです。ガラス瓶はPET製のボトルに比べて傷もつきにくく、重厚感もあります。しかし子供がいるご家庭で割れが心配な場合や、吊り下げて飾りたい場合などにはPET製のボトルでも大丈夫です。

また、中にオイルを入れるので、蓋がしっかりと閉まって液漏れの心配のないものが適しています。オイルが漏れると服や家具にシミがつくこともありますから、コルクボトルよりはアルミキャップの方がおすすめです。

初心者には縦長で寸胴な形のボトルが適しています。隙間を埋めやすいので浮き上がりを防ぎやすく、バランスもとりやすいからです。

ちなみに、ハーバリウム専用瓶の方が完成した時の透明感と見栄えがよく、オイル漏れの心配もないため、おすすめだという意見もあります。ハーバリウム専用瓶は特殊なデザインや大きさでなければ、通販で1本当たり120~200円程度です。100均の瓶で練習した後、専用瓶を使ってみるのもよいでしょう。

ハーバリウムオイルの選び方

ハーバリウム専用オイルは最近、セリアやダイソーでも取り扱いがありますが、容量が45~50㎖程度しかありません。瓶の大きさによっては複数買う必要があるので注意しましょう。ハーバリウム専用オイルは通販などで1Lが1200~1400円ほどなので、たくさん作りたい場合は100均でない方が安上がりかもしれません。

専用のオイルではなくても、ミネラルオイルやシリコンオイルなら使うことができます。そのうちミネラルオイルは100均などでも入手できるオイルですが、透明なものを選ぶことが大切です。ミネラルオイルには、マイナス10℃以下で濁りが生じて元に戻らないものもあるそうなので、寒冷地での使用には注意しましょう。

よく使われるのはベビーオイルですが、植物性オイルが多めに入ったものは花材が劣化しやすいので、主成分がミネラルオイルのものを選びます。専用オイルに比べると時間経過に従って花材が色落ちしやすいといいますが、作るのが楽しくて季節ごとに作り直したり練習したりするのであれば、ベビーオイルもおすすめです。

ハーバリウムオイルの代用として洗濯のりを使う方もいます。オイルよりトロッとしているので、ラメなどが沈まず浮遊した状態を保つことができますが、気泡が入りやすいといいます。トロッとし過ぎている場合は精製水を加えて薄めて使いましょう。洗濯のりを使った場合のデメリットは花材の色落ちや濁りが生じやすことです。

ボトルの消毒を徹底する

ハーバリウムの命は透明感です。瓶が汚れていてはきれいに見えませんし、カビも発生しやすく、長期保存しにくくなります。作品を美しく長く楽しむために、消毒と乾燥を確実に行うことが重要です。

100均で手軽にハーバリウムをDIYしてみよう

ハーバリウムは100均のアイテムによって、とても身近で手作りを楽しみやすいものになりました。好きな色や花がある生活は、気持ちを豊かにしたりリラックスさせたりしてくれます。

ハーバリウムが気になっていて、一度作ってみたいと思っていた方にとって100均アイテムは最適です。いろいろな素材の中から自分好みのものを選ぶ時間も楽しいものになるでしょう。簡単なので子供と一緒に作るのもおすすめです。工夫を凝らした自分好みの100均ハーバリウムで、毎日の生活に彩りを添えてみましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
jitsu
一児の母です。自然が好きで、放置竹林伐採ボランティアに参加したり、切った竹や木の実を使ってものづくりを楽しんでいます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ