【男女別】鈍感な人の特徴!鈍い人との恋愛や振り向かせる方法とは

鈍感で鈍い人との恋愛はなかなか相手を振り向かせられないことがあります。どのような方法であれば鈍感で鈍い人を振り向かせることができるのでしょうか。鈍感の意味や、男性女性別に鈍感な人の特徴や長所、短所を紹介します。アプローチ方法を知って相手を振り向かせましょう。

【男女別】鈍感な人の特徴!鈍い人との恋愛や振り向かせる方法とはのイメージ

目次

  1. 1「鈍感」とは?
  2. 2【男性編】鈍感な人の特徴!
  3. 3【女性編】鈍感な人の特徴!
  4. 4鈍い人との恋愛で注意することは?
  5. 5鈍い人を振り向かせる方法とは?
  6. 6鈍感な人の長所とは?
  7. 7鈍感な人の短所とは?
  8. 8鈍感な人と恋愛するなら適した方法でアプローチしよう!

「鈍感」とは?

「鈍感」という言葉をご存知でしょうか。ほとんどの人が鈍感という言葉を聞いたことがあるはずです。しかし意外にも鈍感という言葉を使ったことがない、という人も多いようです。まずは鈍感という言葉の意味をご紹介していきます。

また、この記事では鈍感な人の特徴やどのようにアプローチするといいのかなども紹介しますので、恋愛対象になっている人が鈍感な人だった場合に役立ててみてください。

「鈍感」の意味とは

鈍感とは「鈍い」という漢字が入っていることから、感覚が鈍いという意味として捉えることができます。また、感覚だけでなく反応が鈍い人を意味する時にも、鈍感という言葉が使われています。

鈍感な人はさまざまですが、特に恋愛をする際に鈍感という言葉が使われることが多いようです。恋愛感情に対して鈍いという意味で鈍感な人と言われます。

「鈍感」の対義語は「敏感」

鈍感という言葉には対義語があり、その対義語が「敏感」です。敏感という言葉は、何かに対してすぐに反応することができるという意味があるので、反応が鈍い鈍感の対義語になります。

「鈍感」と「鋭い」の違いとは

鈍感という言葉は何度も言うように感覚が鈍い人のことを意味しています。しかし、世の中には鈍感な人とは反対に鋭い人がいます。

鋭いという言葉はいろいろな場面で使われていて、感覚がハサミの先のように研ぎ澄まされて鋭いことから、感覚が鋭いというふうに使われます。感覚が鋭い人はいろいろなことに気付きやすいのが特徴です。

【男性編】鈍感な人の特徴!

男性は特に鈍感な人が多いと言われています。これはもともとの男性の性質なのかもしれませんが、恋愛関係になりたいと思っている男性がいる女性は「鈍感すぎる…」と頭を悩ませることがあります。そんな時は鈍感な男性の特徴を理解するところから始めてみましょう。

鈍感な男性の特徴を知ることで、アプローチの糸口を見つけることができるはずです。恋愛に鈍い男性の特徴を知って、思い通りの恋愛をしましょう。

特徴①周囲の空気を読むことができない

鈍感な男性は周囲の空気を読むことができません。大人になるとその場の空気を読むことで「今この話はやめておこう」や「この人はこう言ってほしそうだな」ということを感覚的に察することができます。しかし、鈍感な男性は空気を読むことができないので、周囲の人からウザがられてしまう場合もあります。

特徴②聞いた言葉を素直に受け止める

聞いたことを素直に受け止めるというのは素敵なことですが、鈍感な男性はどんな言葉でもそのままの意味として捉えるという特徴があります。お世辞や嫌味などはそのままの意味として捉えてしまうと、傷ついたり調子に乗ってしまうことがあります。

鈍感な男性はまさにそれに当てはまり、言葉の意味を素直に受け止めてしまうので相手が自分のことをどう思っているのかについて間違った解釈をしてしまうことも多いです。

特徴③自己中心的

鈍感な男性は自己中心的に行動してしまうという特徴があります。世の中の男性の多くは、周りの雰囲気を感じ取って自制しようとします。しかし、鈍感な男性は自制することができないので、周りの人からの反感を買いやすいです。また、鈍感な男性は感覚も鈍いので、自分が嫌われていることに気付くことができません。

特徴④日頃の言動が適当

何事に対しても鈍感な男性は、日頃の言動が適当だという特徴があります。普段の生活を丁寧に過ごしている人は、些細な言動でも意味のあることをしたいと考えています。しかし、感覚の鈍い男性は小さなことを気にしない性格ですので、会うたびに言動が違っているということも多いようです。

特徴⑤楽観的で悩みが少ない

鈍感な男性は楽観的で悩みがないので、周りの人からも明るい人だと思われることが多いようです。楽観的な人は一緒にいて周りの人を楽しませてくれたり、ストレスが溜まりません。しかし、時にはその楽観差が裏目に出てしまい、中身のない人だと思われることもあるので注意が必要です。

特徴⑥行動力がある

感覚が鈍い男性は行動力があるという特徴を持っています。感覚が鈍いからこそ、いろいろなことを経験してその感覚を取り戻そうとしているのではないでしょうか。普通の人よりも気持ちが鈍感なので、周りの人が楽しいと思っていることでも鈍感な男性は楽しいと思うことができません。

また、気持ちの感覚が鈍いからこそ、心が動かされるものに対してはのめり込んでいってしまうという一面もあります。

特徴⑦好き嫌いやこだわりが少ない

好き嫌いやこだわりがある人はめんどくさいと思われてしまうことがありますが、あまりにも好き嫌いやこだわりがない人は面白みに欠けてしまいます。鈍感な男性もその一人で、自分の心を動かしてくれるものがないのでだんだんとこだわりが無くなっていってしまうようです。

しかし、面白みに欠けてしまう反面で、いろいろな人に合わせることができるという長所もあります。

特徴⑧ファッションや流行に乗れない

鈍感な男性はファッションや流行を見ても素敵だという気持ちにはなりません。そのため、周りの人が流行に乗っていたとしても一緒になって乗ることができません。あまりにも周りについていくことができない場合は、面白くない人だと思われてしまうこともあるので注意が必要です。

【女性編】鈍感な人の特徴!

先ほどは鈍感な男性の特徴についてご紹介しました。しかし、鈍感な人は男性だけではありません。女性にも恋愛に対して鈍感だと思われてしまう人がいますので、その特徴を見ていきましょう。もしかすると、自分自身も恋愛に対して鈍感な人の特徴に当てはまってしまっているかもしれません。

特徴①マイペースな行動をする

鈍感な女性はマイペースな行動をするという特徴があります。マイペースな女性は男性から好かれやすいのですが、マイペースさが大きくなってしまうと友達から面倒だと思われてしまうこともあるようです。また、恋愛においてもマイペースな女性は相手の気持ちを理解することができないでしょう。

このような恋愛は男性からの一方通行となってしまうので、時間が経つごとに男性の心が離れていってしまうことに繋がります。

特徴②天然で素直な心を持つ

鈍感な女性は天然で素直な心の持ち主です。いろいろなことを経験することによって「あの人はこう言っているけど実は逆なんじゃないか」と相手を疑ってしまうこともあるでしょう。しかし、鈍感な女性はそんなことは考えずに、相手が発した言葉をそのまま素直に受け止めることができます。

特徴③一人で行動ができる

感覚の鈍い女性は一人で行動することができます。世の中の女性は一人で行動することに対して抵抗を感じることが度々あります。これは一人行動している女性がむなしいと周りから思われてしまうためです。しかし、鈍感な女性はそんなことには気が付いていないので、一人で行動することに対して何も抵抗を感じていません。

また、鈍感な女性本人は一人で行動することに楽しさを感じているので、周りがどう思っているかを感じ取ったとしても気にしないで行動することができます。

特徴④モテないと思い男性の好意に気づかない

恋愛に対して鈍感な女性はモテていないと思っているので、男性から好意を向けられたとしてもそれに気づくことができません。そもそも、男性から好意を向けている時にとる行動などが分からないので、男性から優しくされていたとしても「優しい男性だな」と思うだけで終わってしまうようです。

そのため、鈍感な女性は恋愛をするチャンスが巡ってきた時でもそのチャンスを掴むことができません。そうならないためにも、普段から恋愛に対してアンテナを張っておく必要があるでしょう。

特徴⑤隙が多くあまり警戒心がない

隙の多い女性は恋愛で男性から好かれやすく、警戒心がないのですぐに懐に入ることができると思われています。しかし、上記でも出たように鈍感な女性は自分がモテるとは考えていないので、男性が近くにいたとしても何も感じていない可能性が高いようです。

特徴⑥どんな人にも話しかけれる

鈍感な女性は自分が周りの人からどう思われているか、ということを考えていません。そのため、誰に対しても話しかけることができます。女性は周りからの目を気にしてしまう傾向にあるので、誰かに話しかける時に人から見た自分のことを気にしてしまうことがあります。しかし、鈍感な女性はそういった概念がないため、積極的な一面を持っています。

特徴⑦自分に似合っていないファッションをする

感覚が鈍い女性は恋愛だけでなく、ファッションセンスなども鈍いと言われています。ファッションセンスが鈍い女性は自分に似合っていないファッションを延々と続けてしまいます。服を買う時には安さを重視したり、誰かが着ていたからという理由で購入してしまう特徴があります。

特徴⑧SNSの使い方がうまくない

女性であればいろいろなことに対してアンテナを張っているので、SNSに投稿している写真などもおしゃれなものが多いでしょう。しかし、感覚の鈍い女性はSNSをうまく使いこなすことができません。初めのうちは友達に促された始めるものの、結局は使い方が上手くないのでSNSをやめてしまうという特徴があります。

鈍い人との恋愛で注意することは?

恋愛に対して鈍い人と恋愛をする時には注意点がいくつかあります。特に女性は恋愛に鈍い人に対して、鈍感な部分を短所だと思ってしまう特徴がありますので、鈍感な男性と恋愛をする時には注意する必要があります。これからご紹介する注意点を守っていれば、鈍い人と恋愛していてもストレスを溜めないで楽しむことができます。

鈍い人には希望をハッキリ伝える

鈍い人は相手の気持ちを察することが苦手なので、自分の希望をハッキリと伝えることをおすすめします。察してほしいという気持ちがあると相手の鈍感さに嫌気がさしてしまいます。しかし、自分の気持ちをハッキリと伝えておくことで、鈍感な人もできる範囲で希望に沿おうとしてくれるはずです。

恋愛に鈍い人をリードしてあげる

恋愛に鈍い人と恋愛をする時には、リードしてあげるといいでしょう。どうしても相手からリードしてほしいと思ってしまう人もいますが、初めのうちは自分がリードする方が円満な関係を築くことができます。

ある程度関係が安定してきたら、「リードしてほしい」ということを伝えてみてはどうでしょうか。鈍い人は直接伝えないと分からないことが多いので、鈍感な人と恋愛する時には注意しましょう。

自然の流れに身を置く

鈍感な人と恋愛をしようと頑張っている人も多いのですが、頑張りすぎてしまうと恋愛が楽しくなくなってしまいます。また、片方が頑張っている恋愛は不毛な関係になってしまうこともありますので、鈍感な人と恋愛をする時には自然の流れに身を任せてみることも一つの手段です。

言われたことを真に受けない

鈍感な人の中には自分の言動を気にしていない人がいます。そのため、いちいち鈍感な人から言われたことを真に受けすぎてしまうと、相手から心が離れてしまう可能性もあります。恋愛に対して鈍感な人と付き合う時には、なるべく鈍感な人が言っていることを真に受けず、受け流すようにしましょう。

鈍い人を振り向かせる方法とは?

恋愛に対して鈍い人や鈍感な人を好きになったときに困るのが、アプローチが難しい点でしょう。もしも、鈍い人や鈍感な人にアプローチをしたいと思った時には、どのようなアプローチ方法が効果的なのかご紹介します。

他のことで鈍い人は恋愛に対しても鈍い場合が多いので、アプローチ方法がとても重要となります。今までアプローチしていても振り向いてもらえなかったという人は必見です。

鈍い人には言葉でしっかりと「好き」と言う

鈍感な人に対しては言葉でハッキリと伝えることが大切です。ですので、好きだという気持ちがあるのであれあれば「好き」という言葉をしっかりと伝えましょう。好きな人に気持ちを伝えることを恥ずかしいと思っている人は言葉を濁してしまいがちですが、そこは恥ずかしさを我慢して好きだという気持ちをつたえるようにしましょう。

鈍い人には行動でアピールする

鈍感な人の中には言葉では伝わらないこともあるようです。特に言葉を濁したり、察してほしいというような気持ちを込めて相手に言葉を伝えると、上手く自分の気持ちを分かってもらえません。そんな時には行動でアピールするようにしましょう。

行動は鈍感な人には伝わりにくいこともあるので、かなりあからさまな行動をしてしまっても大丈夫です。鈍感な人よりも周りの人が先に気付いて、振り向かせることを手伝ってくれるかもしれません。

まずは自分の事を知ってもらう

恋愛に対して鈍感な人は、相手のことを知らなければ付き合おうとは思いません。また、鈍感な人はほとんどの人に対して興味を持っていないので、自分から知ってもらおうという気持ちがなければ知ってもらうことができません。そのため、まずは自分のことを知ってもらうためにも、一対一で会話をする場所を作りましょう。

鈍い人には返事や反応は大げさにする

鈍感な人は周りの人の感情に対しても鈍感な部分があるので、返事やリアクションなどは大げさにしてください。普通の人と同じようなリアクションをしてしまうと鈍感な人は「面白くないのかな」や「反応が薄いな」と感じてしまうことがあるので、大げさに感情をアピールしてみましょう。

鈍感な人の長所とは?

鈍感な人は短所が多いと思われてしまいがちで、嫌味な言葉として「お前って鈍感だよな」と言われることもあります。しかし、鈍感な人にも長所がたくさんあるようです。恋愛対象として鈍感な人を好きになってくれる異性も多く、それはこれからご紹介する鈍感な人の長所が大きく影響しているのではないでしょうか。

長所①自分の世界に浸れる

周りの反応や感情に対して鈍感だと、周囲の人がどう思っているのかを気にしないので自分の世界に浸ることができます。これはとても大事な長所で、この長所がない人は常に周りからどう思われているのかを気にしてしまい、行動したいと思っていてもなかなか行動することができません。

自分の世界に浸れるという特徴を持っている人は、ストレスが溜まりにくいとも言われています。

長所②他人や周囲目が気にならない

先ほども言ったように鈍感な人は、他人の目が気にならないという長所があります。周囲の人の目が気にならないということは、自分がしたいように物事を進めることができるでしょう。周りの人が明らかに反対していることに対しても「自分はこうしたいから」という気持ちで、物事を進めることができます。

長所③怒ったり人疲れしない

鈍感な人は怒らないという長所があります。怒るという感情は周りの人に対して何かを感じてしまっており、エネルギーを消耗する行為でもあります。そのため、怒りの感情の後には疲れしてしまうこともあるでしょう。

しかし、鈍感な人は人疲れしないという長所があるので、どんな場面でもストレスを溜めることなく自分のペースを保って行動することができます。

長所④厳しい社会でも生き抜ける

厳しい社会でも生き抜けるという長所は、周りの人の目が気にならないという長所が大きく影響しているのではないでしょうか。厳しい社会ではどうしても周りからの批判が気になり、疲れてしまう人が多いでしょう。しかし、鈍感な人は全くそのことを気にしないという長所があるので、厳しい場面でも生き抜くことができます。

鈍感な人の短所とは?

鈍感な人には長所があると同時に、もちろん短所もいくつかあります。鈍感な人だと言われてしまったことのある人は、短所を改善することで周りの人から鈍感な人だと思われないようにすることもできます。短所を改善して長所を伸ばすことによって、自分の良さを再確認できるのでぜひ自分の短所がどこなのかを知っておきましょう。

短所①言葉や行動は迷惑がられる

鈍感な人は毎回言うことが違っていたり、言っていることと行動が異なっている場合が多いです。そのため、周りの人から迷惑がられてしまう短所があります。しかし、鈍感な人は自分では迷惑がられてしまっていることには気づいていないので、誰かから指摘されるまで子のことには気づきません。一度自分を客観的に見てみましょう。

短所②人の気持ちに鈍感

鈍感な人の大きな短所といえば、人の気持ちにも鈍感だという点ではないでしょうか。人の気持ちに鈍感だという短所は、周りの人をイライラさせてしまう原因となることがあります。また、周りの空気を読むことができないので、その場にあった対応をすることができずに嫌われてしまうこともあるようです。

この短所が原因で周りの人から嫌われないためには、周囲の人が感じていることを直接聞くという方法がおすすめです。

短所③物事や問題の深刻さに無理解

鈍感な人は物事や問題の深刻さに無理解だという短所があります。何かカップルや夫婦間で問題が起きた時には、お互いにどのような問題が起きているのかを理解しておく必要があります。しかし、鈍感な人は危機感を感じにくい特徴があるので、問題が起きたとしても理解する必要がないと思ってしまいます。

もしも物事に対して理解を示していないのであれば、理解しやすいように簡単に説明したり、何度も同じことを理解してもらえるまで話す必要があります。

短所④自分で鈍感と分かっていない

そもそも鈍感な人は自分では自分を鈍感だとは思っていないので、初めて指摘された時も「そんなことないよ」と注意してもらったにも関わらず流してしまいます。この短所を治すためには自分が鈍感な人であることを知る必要があるでしょう。

しかし、鈍感な人は一回指摘するだけでは鈍感だということには気づいてくれない可能性が高いです。そのため、何度も鈍感だということを伝えるようにしましょう。ただし、言いすぎてしまうと逆にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。

短所⑤詐欺などの被害に遭いやすい

鈍感な人は人の気持ちを察することができないので、悪いことを考えている相手に対しても疑いの目を向けることができません。明らかに怪しいと思うことがあれば、ほとんどの人は「詐欺かもしれない」や「騙されてるかもしれない」という考えになります。

しかし、鈍感な人はそんなことを全く考えていないので、詐欺などの被害に遭いやすいと言えるでしょう。この短所は実害が出てしまうこともあるので、いち早く改善する必要があります。

短所⑥行動範囲が狭く経験不足

いろいろなことに対して鈍感な人は「ここに行きたいな」という気持ちがあまりないので、行動範囲がどうしても狭くなってしまいます。そうすると、他の人が行動することで経験してきたことも知らないままになってしまうのです。経験不足な人は面白みに欠けるので、周りから楽しくないと思われることもあるでしょう。

もしも、普段から自分の気持ちに鈍感で行動範囲が狭くなってしまっているのであれば、一度自分が行かないような場所へ出かけてみてはどうでしょうか。行動範囲を伸ばすだけでも鈍感さをマシにすることができる場合もあります。

鈍感な人と恋愛するなら適した方法でアプローチしよう!

鈍感な人と恋愛をするなら適した方法でアプローチするようにしてください。効果のない方法でアプリーチをしていても、鈍感な人の心を動かすことができません。やはり一番効果的なのは言葉で伝えるという方法ですので、恋愛関係になりたいと思っているのであれば告白することをおすすめします。

また、鈍感だと言われてしまった人も、長所はそのままで短所だけ改善するといいでしょう。

関連する記事はこちら

Thumb感受性が強い人の特徴15選!感受性を豊かにする方法とは
感受性の強い人や高い人は、その豊かな感受性を活かして振る舞うことにより、恋愛のパートナーや友...
Thumb影響されやすい人の特徴11選!他人に感化されやすい人の長所・短所は
他人に影響されやすい人は、ちょっとした話にもすぐ感化され、流されやすいという性格的な特徴があ...
Thumb騙されやすい人の性格と心理的特徴11選!騙されないための対処法は
騙されやすい人の心理や性格には何か共通する特徴があるのでしょうか。騙されやすい人は特に恋愛で...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ