酒井若菜の現在!結婚相手の夫や熱愛の噂は?休業の原因は病気?出演作も紹介

女優の酒井若菜は、多くのドラマなどに出演していましたが、突然芸能界を休業したことがありました。病気が原因であるとか、岡村隆史やビビる大木との熱愛の影響などといわれましたが、真相はどうなのでしょうか。現在の酒井若菜には結婚して夫がいるのかを含めて調べてみました。

酒井若菜の現在!結婚相手の夫や熱愛の噂は?休業の原因は病気?出演作も紹介のイメージ

目次

  1. 1酒井若菜とは
  2. 2酒井若菜の熱愛・結婚事情
  3. 3酒井若菜が休業?気になる原因とは
  4. 4酒井若菜の出演作品
  5. 5酒井若菜の現在
  6. 6酒井若菜は現在も女優として活動していた

酒井若菜とは

酒井若菜は日本の女優です。スラリとしたスタイルに、笑顔の可愛い女優と評価されています。バイプレーヤーとしての評価は高く、陰のある女性も底抜けに明るい女性も演じ分けられる、平成を代表する女優の1人です。名女優であるが故なのか、酒井若菜にはいくつかの噂が聞かれます。酒井若菜には、どのような噂が立っているのでしょうか。

酒井若菜のプロフィール

・愛称:若菜っち
・本名:酒井美幸(旧芸名でもある)
・⽣年⽉⽇:1980年9月9日
・現在年齢:38歳(2019年8月現在)
・出⾝地:栃木県下都賀郡野木町
・⾎液型:A型
・⾝⻑:158cm
・体重:45kg
・活動内容:⼥優、編集長、ラジオパーソナリティー、著作業、グラビアモデル
・所属グループ:なし
・事務所:1995年から2009年までムーン・ザ・チャイルド、現在はエーチームに所属
・家族構成:両親、姉

グラビアアイドルとしてデビュー

酒井若菜が芸能界にデビューしたのは、1995年7月のことでした。酒井若菜は本名の酒井美幸でグラビアアイドルとして芸能界入りを果たしました。ところがほぼ同じ時期に同音異字の酒井美雪がデビューしていたので、当時のプロフィール写真を撮ったカメラマンから彼の妻の名前である「若菜」に変更したというエピソードがあります。

栃木県立小山南高校に在学中の1997年に第8回ヤングジャンプ女子高生制服コレクション準グランプリに輝いたのをはじめ、1999年には日テレジェニック99に選出されています。当時は栃木の実家から撮影現場まで通っていたと酒井若菜は対談などで語っています。

女優として活躍

1997年1月から始まったTOKIOの松岡昌宏が主演を演じた日本テレビ系列のドラマ『サイコメトラーEIJI』において、役名こそありませんでしたが、酒井若菜は女優としてデビューしました。

そして酒井若菜は1999年放送のテレビ朝日系列で金曜日の深夜に放映された特撮テレビドラマ『千年王国III銃士ヴァニーナイツ』において、初めて役名がある役を演じました。このときは「福島美弥」という役名でした。

2002年ごろからは、グラビアよりも女優業を中心の活動にシフトしていきます。特に2002年のTBS系列のドラマ『木更津キャッツアイ』では重要な役どころである「モー子」を演じ、この作品がその後の女優業キャリアへの確実な一歩となりました。

酒井若菜の熱愛・結婚事情

昔は「色恋沙汰は芸の肥やし」などといわれ、恋愛することで演技に深みと幅ができるものだとされました。写真週刊誌が売れるようになった昭和時代では、逢瀬を重ねる女優や俳優たちのスクープ写真が高値で取引されました。グラビアタレントとしてデビューしたほどの容姿を持つ酒井若菜ですから、様々な噂がありました。

岡村隆史との恋の噂

酒井若菜との熱愛疑惑が取り上げられる率が高いのが、お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史です。二人は、日本では2002年2月に公開されたユン・ピョウと岡村隆史が主演の香港アクションコメディ映画『無問題2』で共演しました。意気投合した二人は互いに、芸能界における良い友人の1人と呼び合う中に発展しました。

特に岡村隆史が鬱病で半年間の芸能活動を休止していた2010年6月ごろから11月までの間、酒井若菜は毎日のように岡村隆史に連絡を取っていました。その後の酒井若菜自身のトークライブでのコメントにて「岡村さんのことは大好き」と公言しています。

ところが岡村隆史としては「良い女とチューすると運を吸い取られてしまうし、芸能界に女を作ったら元彼に遭遇するから絶対イヤだ」と明言しています。また酒井若菜に対しての恋愛宣言などは一切出されていないので、二人が恋愛関係にあるとはいえないでしょう。

元彼はビビる大木?

女優がお笑い芸人と結婚することが、一時期多く見られました。このためか、女優である酒井若菜にもお笑い芸人との恋愛暦がありました。酒井若菜は、お笑いタレントのビビる大木と2009年ごろ付き合っていたとされています。二人は「歴史」が共通の趣味であり、10年来の友人関係から交際に発展したとされています。

ところが、酒井若菜はCSチャンネルで2009年11月に放映された連続ドラマ『ニュース速報は流れた』で共演した俳優の萩原聖人とデートしているところを、写真雑誌にスクープされています。酒井若菜と萩原聖人との関係は交際には発展しませんでしたが、ビビる大木とは破局しました。

その他、俳優や脚本家や映画監督としても有名な松尾スズキと不倫関係にあったのではないかと噂されています。

ラルクとの噂は人違い

酒井若菜はビジュアル系バンドのL'Arc~en~Ciel(ラルクアンドシエル)のリーダーであるTETSUYAと噂になったことがあります。ところがこれは、酒井若菜の名前のために起きた誤報でした。

本名の酒井美幸でデビューするときにも同音異字の酒井美雪がいたように、「さかいわかな」という名前はいわば「ありがちな名前」だったのです。酒井若菜と非常によく似た名前を持つ芸能人がいたために、誤解が生じたということなのです。ラルクのTETSUYAと交際し結婚したのはタレントの酒井彩名でした。

独身で夫もいない

2019年現在、酒井若菜は独身です。未婚であり、現在付き合っていると噂が立っている男性はいないようです。以前、俳優の佐藤隆太との対談で「結婚はしないって、決めたの。もうやめたの。」と酒井若菜はコメントしています。

また、酒井若菜の著書である『酒井若菜と8人の男たち』の発売記念イベントで「結婚はしばらくはいい」ともコメントしています。これらのコメントから推測するに、現在の酒井若菜は独身で夫もいないことは間違いないといえます。

酒井若菜が休業?気になる原因とは

女優などであれば、テレビ画面に出続けなければあっという間に世間から忘れ去られてしまい、女優生命が危機に晒される可能性がある時代になりました。そのような危険を承知で、酒井若菜は約1年間、芸能界から姿を消した過去があります。一体、酒井若菜に何があったというのでしょうか。

連ドラと舞台…選んだ末のドタキャン

酒井若菜は2002年のテレビドラマ『木更津キャッツアイ』や2004年の映画『恋の門』などの演技が買われて、グラビアアイドルから女優に完全シフトしかかっていました。そんな酒井若菜にゴールデンタイムにおける連ドラ初主演の話が舞い込みます。

ところが同時期に、劇団『大人計画』の主宰であり、酒井若菜の代表作ともいえる映画『恋の門』の監督でもあった松尾スズキから初舞台『キレイ-神様と待ち合わせした女-2005』に誘われます。悩んだ末に、主演ドラマを蹴って舞台『キレイ』に出演を決めます。ところが初演のわずか18日前にドタキャンで舞台を降板してしまいました。

1年の休業を余儀なくされる

ゴールデンタイムの連続ドラマに初めて主演として抜擢されていた酒井若菜は、舞台女優になることを決めて出演を断りました。ところが、その舞台『キレイ』も本番直前にして降板してしまいました。演劇界とテレビ界の両方から信頼を失う形となってしまった酒井若菜は、芸能界から休業に追い込まれる結果となりました。

女優として評価されていた大事な時期であったにもかかわらず、1年間もの間、酒井若菜は舞台からもテレビからもグラビアからも、その姿を消しました。

休業の原因は病気?

2013年12月の酒井若菜のツイッターに「本番直前での降板、本当に申し訳ありませんでした」という投稿がありました。休業の理由は闘病とされており、降板理由についての発表では急性胃腸炎のためとされていました。

しかし実際には、映画『恋の門』で出会った松尾スズキと不倫関係になったものの、松尾との関係が終わったことで舞台への出演が気まずくなったからではないかと憶測されています。松尾スズキが2007年に離婚したのも酒井若菜との不倫が直接の原因であり、また松尾の妻と酒井若菜が直接トラブルになったのが直接の理由ではないかともいわれています。

2013年の酒井若菜のツイッターの「罰は受けたつもりです」という言葉も、これらを想像してしまう理由となっています。

酒井若菜の出演作品

役作りのために抜歯までしてしまった俳優としては松田優作や北村一輝が有名ですが、実は酒井若菜も役作りのために前歯を抜く経験をしています。クセのある女性を演じさせると独特の世界を演じるといわれる酒井若菜の出演代表作品を振り返ってみます。

ドラマ『木更津キャッツアイ』

2002年1月から放送されたTBS系列のテレビドラマです。主演は男性アイドルグループV6の岡田准一で、脚本は宮藤官九郎が担当しました。内容は千葉県木更津市にある架空の草野球チームが中心のドラマで、人気を博した結果2003年と2006年には映画版も公開されています。酒井若菜は、その中のメインキャストとして出演しています。

このドラマで酒井若菜は、主人公の同級生で「モー子」というニックネームで呼ばれるオカリナ奏者の父を持つ女性の役を独特の、鼻にかかった声でしゃべることを使って演じました。

朝ドラ『マッサン』

2014年9月29日から放送されたNHK大阪放送局製作の朝の連続テレビ小説第91シリーズである『マッサン』に、酒井若菜は出演しました。酒井若菜は、北海道余市が舞台となった場面において、温水洋一が演じる理容師の中島三郎の妻であるチエに扮しました。

ドラマ『グッド ドクター』

2018年7月に放送されたフジテレビ系木曜劇場『グッド・ドクター』の第8話に、酒井若菜はゲスト出演しています。ガンを抱える子供を持つ母親の役です。実際は、未婚であり子供を持っていない酒井若菜が二人の息子を持つ母親役を見事に演じています。

ラジオ『酒井若菜の真夜中散歩』

2018年9月13日からJFNPARKにて毎週月曜日、『酒井若菜の真夜中散歩』というラジオ番組を担当しています。このラジオ番組は「聴くエッセイ」と表現しており、「なんだか眠れないという夜にそっと寄り添うようなラジオ番組です」と酒井若菜が紹介しています。

酒井若菜はWEBマガジンの編集長もつとめており、そのWEBマガジンとも連動しているラジオ番組です。

酒井若菜の現在

グラビアモデルから女優に転向し、その才能を開花させた酒井若菜ですが、今現在はどのような活躍をしているのでしょうか。名バイプレーヤーとしての評価が高い酒井若菜ですが、一度芸能界から干されてしまったことで、主演などは二度とできないようになってしまったのでしょうか。現在の酒井若菜の活動状況を調べてみました。

現在は闘病中

酒井若菜が芸能界を干されてしまった1年間を闘病のためとしていましたが、事実でもありました。酒井若菜は19歳のときに膠原病(こうげんびょう)を発症しています。この病は体中のいくつもの臓器に炎症が起こってしまい、機能障害をもたらす病気です。完全な治療方法はまだ解明されていません。最悪の場合、死に至るケースもあるとされています。

酒井若菜が19歳のときに罹患した膠原病は、生活に大きな支障はなかったものの、2005年に再発し闘病生活となりました。また、2015年にも膠原病の一環であるリウマチを発症し、日常生活にも影響が出るほどでしたが投薬による治療で現在は痛みは無くなっているということです。

話題のドラマにゲスト出演

2006年以降、酒井若菜は精力的にテレビドラマなどに出演しています。例えば『三匹のおっさん』や『遺留捜査』などの話題になったドラマなどには、1回限りのゲスト出演しています。その他、主演クラス役ではないものの、名バイプレーヤーとしてテレビドラマを中心に年に4、5作品に出演しています。

絶賛ブログを更新中

2005年の闘病生活中、友人の勧めで司馬遼太郎を読み、これをきっかけに酒井若菜は歴史に興味を持ちました。また同時に酒井若菜は文筆業にも取り組むようになり、2008年6月には初の小説『こぼれる』を発表しました。

またエッセイとしては2012年5月に『心がおぼつかない夜に』を、2016年2月には『酒井若菜と8人の男たち』を発表しています。

そして酒井若菜は、2017年10月に有料WEBマガジン『marble』の編集長にも就任しています。このWEBマガジンは、酒井若菜が信頼する女優や女性ミュージシャンたちがライターとなって情報発信しています。また、これと連動してAmebaブログ「ネオン堂」も運営しています。

酒井若菜は現在も女優として活動していた

酒井若菜は現在、テレビドラマや映画などで活躍する現役の女優であると同時に、文才を発揮する女性でもありました。また「これが最後、かも」としながらも、2013年8月に写真集も出しています。女優や文筆業やグラビアタレントなどと、マルチな才能を発揮しています。

反面、膠原病については相当の覚悟をしているようです。結婚をしないと決めたのは、膠原病のためとも噂されています。膠原病は胎児に大きな影響を与えるといわれていることから、病気のために結婚を諦めているのではないかとも推測できます。

一時期は画面から完全に消えてしまった酒井若菜でしたが、2013年には舞台にも出演でき、本業の女優としての評価も完全に戻ったといえます。
 

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
tm06120712trs
よろしくおねがいいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ