気さくな人の特徴と性格13選!気さくな人になる方法とは

気さくな人というのは、初対面での挨拶から素敵な雰囲気を感じるものです。気さくな人は対人関係がとてもスムーズにいくため、どこへ行っても好かれますし、重宝される存在です。気さくの意味や、気さくな人の性格や特徴を参考に、気さくな人を目指してみましょう。

気さくな人の特徴と性格13選!気さくな人になる方法とはのイメージ

目次

  1. 1気さくな人とは?
  2. 2気さくな人のイメージ3選
  3. 3気さくな人の特徴と性格13選
  4. 4周囲を魅了する気さくな人になる方法
  5. 5簡単にできる気さくな人になるための3ステップ
  6. 6気さくな人になるときの注意点
  7. 7気さくな人になって会話の中心人物になろう

気さくな人とは?

気さくな人と聞いてどんな人を想像するでしょうか。気さくな人というのは、大まかに表現すれば、人柄が大らかであっさりした性格の人のことです。学校や職場のムードメーカーをイメージしていただければ良いでしょう。気さくな人はとにかくコミュニケーション能力に優れているので、職場環境に一人いれば、内外で非常に重宝されます。

人見知りをする人であれば、一度は気さくな人の立ち居振る舞いに憧れたことはあるのではないでしょうか。では、気さくな人の性格や特徴を参考に彼らのように気さくに振る舞うにはどうしたら良いかを考えていきましょう。

「気さく」の意味

ではここからは、「気さく」という言葉について見ていきましょう。まず気さくとはどういう意味なのでしょうか。気さくという言葉には「人柄があっさりしていて、気取らず親しみやすいさま」という意味があります。気さくとは人の印象を表す言葉なのです。ではこの言葉の意味を聞いて、どんな人をイメージしたでしょうか。

例えば学生時代のクラスメイトや、バイト先でお世話になった店長など、「気さく」からイメージできる人物像も人それぞれあることでしょう。ただ、どういう人であれ気さくな人から連想できるのは、多くの人にとって好印象を抱かせる人物であると言えそうです。それでは次に、気さくの同義語をご紹介しましょう。

「気さく」の同義語

「気さく」の同義語には「親しみ深い」、「好意的」、「気易い」、「友好的」、「懇意」といった言葉の他に、「人懐っこい」、「フレンドリー」といった言葉まで、幅広くあります。どの言葉も一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

同義語からも分かるように、気さくな人というのは周囲との関係性が非常に良好であるということがイメージできることでしょう。それでは次から徐々に具体例を挙げて気さくな人に迫っていきます。ぜひ身近にいる気さくな人をイメージしながら読み進めてみてください。

年齢性別問わず好かれる人のこと

気さくな人というのは、そのキャラクターからも想像できるように、年齢問わず誰からも好かれる人であると言えます。彼らを何気なく観察してみれば、気さくな人が周囲の人からとても慕われていることがわかるでしょう。

また、誰かの会話を聞いていると、ふと気さくな人が登場することもあります。このように、気さくな人は周囲の人からとても愛される人柄を持っているのです。もちろんそこには男女の区別もありません。異性からの信頼感が高いのも彼らの特徴です。つまり気さくな人は年齢も性別も問わず、幅広い人間関係を築ける素養を持った人なのです。

気さくな人のイメージ3選

気さくな人と聞いて既にはっきりとしたイメージを持っている人もいることでしょう。ここでは気さくな人に対して世間の人が抱くイメージを3つご紹介いたします。身近にいる気さくな人は以下に挙げるイメージにどれだけ当てはまっているでしょうか。早速見ていきましょう。

イメージ①モテそう

まず、気さくな人のイメージ①は「モテそう」です。これはもちろん異性にモテるという意味もありますが、同性の、例えば学校の後輩からとても慕われるというような意味合いも含むものとします。

気さくな人はコミュニケーションに壁がないので、誰とでもすぐに仲良くなれます。そのため、特に異性の相手は気さくな人に好印象を抱きやすい傾向があると言えるでしょう。

また、同性で上下関係がある間柄であっても同じです。気さくな人が先輩の場合、仕事の相談を受けたり、甘えられたりと、後輩からも人気者になる傾向が強いようです。反対に気さくな人が後輩の場合は先輩から可愛がられることが多いそうです。

このように気さくな人は恋愛感情の有無を問わず周囲から好意的に受け止められることが多いため、モテそうなイメージがつくのではないでしょうか。

イメージ②友達が多そう

気さくな人のイメージ②は、「友達が多そう」です。これはイメージ①からもだいたい想像はつくかもしれません。気さくな人というのは、相手が初対面の人であっても打ち解けるのが早いです。また、気さくな人は会話も上手なことが多いため、一緒にいる人は会話が弾んで、楽しいひとときを過ごせるものです。

気さくな人に友達が多いように見えるのは、このようにどんな人と一緒にいても、ある意味でぎこちなさを感じさせないからと言えます。それだけ気さくな人はムード作りが上手いのでしょう。

イメージ③仕事ができそう

気さくな人のイメージ③は、「仕事ができそう」です。職場において一番大切なことは何かと問われたら、おそらく多くの人が人間関係と答えるでしょう。それくらい人間関係は仕事にダイレクトに影響するものです。

そうした点を考慮をして調べてみると、気さくな人は職場でムードメーカーになることが多いという声が聞こえてきます。また、気配りができて面倒見が良いという声もあるそうです。

それに加えて気さくな人には、周囲をケアしながら仕事もきちんとこなす人が多いという声もあります。それならば、この「仕事ができそう」というイメージは正しいと言えそうです。人間関係に悩んでいる人は、気さくな人の姿をヒントに、解決の糸口を探してみるのも良いでしょう。

気さくな人の特徴と性格13選

ここからは、具体例として気さくな人の特徴と性格を13選ご紹介します。職場にいるあの人がどうしてそんなに人気者なのか、これらの特徴と性格を知ればきっと納得できることでしょう。

特徴と性格①明るい性格

気さくな人は明るい性格をしているので、場の雰囲気を和ますことがとても上手です。上記の仕事ができそうなイメージからも分かるように、気さくな人はムードメーカーとして職場の雰囲気をいつも明るく保つことができるのです。

気さくな人がいると周囲も自然と笑顔になれますし、また、気軽に相談することもできます。そのため気さくな人は職場のチームワークを高める意味でも、とても貴重な存在と言えるでしょう。

特徴と性格②ポジティブ思考

気さくな人はどんな場面でもポジティブ思考で淡々と物事に当たります。例えば周囲の誰かがミスをしてしまった時も「大丈夫大丈夫、誰にでもあることだから気にしないで」と、相手の気持ちをケアすることができます。

また自分が何か失敗をしてしまった時も、深く落ち込んだりせずに気持ちを切り替えることが上手です。このように、どんな状況でも気持ちがブレず、あからさまにふて腐れた態度を取ることもないので、気さくな人は周囲からとても信頼されます。

特徴と性格③表情が豊かで笑顔が素敵

ポジティブで明るい性格からも分かるように、気さくな人が会話の時にふと見せる表情はとても豊かで、笑顔も素敵です。気さくな人を観察してみると、集団の中で中心にいることが多いですが、聞き手に回った時の表情にぜひ注目してみてください。

気さくな人は周りの人の話にもしっかり耳を傾け、ちゃんとリアクションをとります。悲しい話には眉をひそめてみたり、面白い話には歯を見せて笑うといったように、気さくな人は顔の表情だけでも、相手が話しやすい空気を作ることができるのです。

そうした素直な反応に、話をしている人はもちろん、それを周りで聴いている人も安心感を覚えることでしょう。特に、気さくな人の笑顔は自然体で無理がありません。彼らを参考にする場合は、気さくな人はいつも自然体であるということを前提に考えると良いでしょう。

特徴と性格④誰に対しても平等

気さくな人というのは、先輩後輩を問わず色々な人から好かれます。それは気さくな人が誰に対しても平等に接するからです。彼らは相手の立場によって変に取り繕うことをしません。もちろん目上の人を立てることは忘れませんが、気さくな人は相手が遠慮してしまうような余計な気遣いはしないのです。

そのため、相手も気構えることなく、リラックスすることができます。気さくな人のこうした態度には心の余裕が関係しているのでしょう。気さくな人がリラックスしているからこそ、相手にも安心感を与えることができるのかもしれません。

特徴と性格⑤先入観を持たない

気さくな人は先入観で物事を判断しません。これは仕事はもちろん、人に対しても言えることです。気さくな人は相手を見た目で決めつけるという考え方を好みません。

普段私たちは他人の見た目や話し方から、ある程度自分の好き嫌いを判断してしまうものです。しかし気さくな人は相手をフラットな気持ちで見ているので、どういう相手に対しても同じテンションで話しかけられます。

また、話しかけられた相手も気さくな人に心理的な壁を感じないので、簡単に打ち解けることができます。気さくな人の周りに人が集まるのは、このように偏見を持たない素直な態度が相手にそれとなく伝わるからでしょう。

特徴と性格⑥男女問わず人気がある

気さくな人というのは、誰とでも仲良くできる性格をしているので、男女問わず人気があります。気さくな人はいつも柔らかい雰囲気を持っているため、とても話しかけやすいです。例えば職場に怖い上司がいてピリピリした空気が漂っていても、気さくな人の周りだけは常に穏やかな空気が流れているものです。

上司に叱られて落ち込んでいる時に、さりげなく励ましてくれるのも気さくな人の得意分野です。そう考えると気さくな人が人気者なのも頷けるのではないでしょうか。特に新しい職場環境に不安を抱えている新人にとっては、気さくな人はある意味で救世主と言える存在かもしれません。

特徴と性格⑦会話術に長けている

気さくな人というのは、会話術に長けている人が多い傾向があります。彼らは一体どこで習得したのか、相手と呼吸を合わせたような心地よい会話をすることができるのです。気さくな人の会話はテンポがよく、相手を飽きさせません。

また自分が話すばかりではなく、相手に話させて、それを聞いて表情豊かなリアクションをとることができます。気さくな人は会話のキャッチボールがとても上手なのです。こうした会話ができる人がモテないわけがありません。気さくな人が女性なら、男性は「自分に好意があるのかな」と大いに勘違いすることでしょう。

特徴と性格⑧悪口を言わない

気さくな人は他人の悪口を言いません。また、集団で誰かの噂話をしていてもその内容に乗ってくることもありません。例えば気さくな人に職場の上司のことで陰口を持ちかけても、「あぁ、そういうこともあるかもね」と、上手くかわしてしまうでしょう。

気さくな人は優しい性格をしているので、集団の中で誰かが悲しい思いをしないようそれとなく気を配っているのです。気さくな人はある意味で気配りの人とも表現できるでしょう。とてもさりげない態度ですが、こういうところも気さくな人の魅力です。

特徴と性格⑨ポリシーがある

気さくな人は一見穏やかで、ほんわかした雰囲気を持っているものですが、自分の判断基準には確固たるポリシーを持っています。上記の悪口を言わないという特徴も、ある意味でポリシーと言えるでしょう。言い換えればマイルールとも表現できるでしょうか。

気さくな人は、「これだけは変えずにいよう」と心に決めていることは、周りに流されず守り抜く芯の強さがあるのです。その愛されるキャラクターからは想像できないかもしれませんが、気さくな人は人に優しい反面、自分には厳しいところがあります。そういうところも気さくな人の信頼感や安心感につながっているのではないでしょうか。

特徴と性格⑩社交性がある

気さくな人は往々にして社交性が高い傾向が見られます。気さくな人というのはそれだけ物怖じしない性格を持っていると考えられます。彼らはある意味で自分に自信があるのでしょう。それも我が強いという意味ではなく、自己卑下しない強さがあるという意味で、彼らには自信があると考えられます。

加えて彼らは、人に媚びるような態度は見せません。上記にあるように、気さくな人は誰に対しても平等です。社交性があると言えど、ただ人脈ばかりを気にするミーハーな人とは一線を画すものです。気さくな人の社交性には、ある意味で真実味が含まれていると言っても良いでしょう。

特徴と性格⑪サバサバしている

気さくな人は基本的にサバサバした性格をしています。こちらが気にしていること、例えば謝ろうと思っていることでも、気さくな人は案外気にしていないものです。それくらい性格があっさりしているのも気さくな人の魅力です。

また、物事に執着しないため、会話の中で随分と昔の話を蒸し返すといったこともありません。気さくな人は小さなことに拘らない性格なのです。

特徴と性格⑫来るもの拒まず

気さくな人は心に余裕があるので、来るもの拒まず、基本的には誰でも受け入れます。気さくな人の交友関係を見ればおそらく何となくわかることでしょう。気さくな人は人を選ばない性格なのです。もちろん誰とでも親友というわけではないでしょう。

ただ、気さくな人は見た目も性格も共通点がなさそうな人とも仲良くやれるので、ある意味で器用なのかもしれません。

特徴と性格⑬よく話題に上がる

気さくな人というのは、本人がその場にいなくても誰かの話題に上がるものです。気さくな人はこのように周囲から愛されるキャラクターの持ち主なのです。自分も気さくな人になりたいと思う人は、気さくな人の話題に参加してみると良いでしょう。周囲の評価の中にも何か彼らに近づくヒントが隠されているかもしれません。

周囲を魅了する気さくな人になる方法

ここからは気さくな人になる方法をいくつかご紹介します。ご覧の通り、気さくな人には魅力がいっぱいあります。もし彼らのように振る舞えたら、たちまち職場の人気者になれるかもしれません。では早速見ていきましょう。

方法①心を広く持つ

人と会話をする時は心を広く持つことを心がけましょう。相手と自分の意見が合わないとついイライラしてしまうことがあるでしょう。そうした意見の不一致にも目を瞑る意識を持つのです。

初めのうちは、反応しない訓練をしてみると良いでしょう。いつもなら反論するところをまずはぐっと堪えてみるのです。心はイライラしていてもいいのです。まずは形だけでも気さくな人を真似してみましょう。そうやって少しずつ慣らしていけば、段々と心の許容範囲は広くなるはずです。

方法②幅広い交友関係を築く

気さくな人を目指すなら、幅広い交友関係を築けるよう動いてみるのも効果的です。気さくな人になるには何よりもまず高いコミュニケーション能力が必要です。そしてそれを身に着けるためには場数が必要になります。

まずは友達の友達を一人紹介してもらうなど、近しい関係から少しずつ広げていくと良いでしょう。気さくな人になりたいからと、いきなり合コンなどに参加するのは、ストレスを溜めるだけかもしれません。

気さくさを手に入れることに、血のにじむような努力は必要ありません。それでは本末転倒になってしまいます。気さくな人のように自然体で、無理なく交友関係を築いていきましょう。
 

方法③自分から声をかける

これは少々勇気がいることかもしれませんが、自分から声をかける練習をしてみましょう。例えば朝に挨拶する相手を意識的に増やしてみるのもいいかもしれません。気さくな人というのは、自分から爽やかに挨拶するものです。

普段何事も受け身体質な人には馴染まない習慣かもしれませんが、積極的に自分から挨拶するだけでも相手が受ける印象は変わるはずです。まずは自分から行動するという意識をはっきりと持ちましょう。

方法④会話術を学ぶ

気さくな人の会話術を観察して、彼らの話し方を日常にさりげなく取り入れてみましょう。特に、会話のリズムに注意して観察してみると何か発見があるかもしれません。気さくな人は自分が一方的にまくし立てるような話し方をしません。

相手の様子をそれとなく伺いながら、エスコートするように会話できるのが気さくな人の会話術と言えます。気さくな人の会話術を学ぶ際は、是非彼らの会話のリズムに注目してみてください。そして、出来れば会話する相手がどんな表情を見せるのかもよく観察してみてください。

きっと相手の顔には笑顔が見えるはずです。そういうイメージを頭の片隅に置きながら、気さくな人の会話術を研究してみましょう。

方法⑤愚痴は言わない

気さくな人になりたいなら、愚痴は言わないよう心がけましょう。愚痴の内容にもよりますが、人を不快にさせるような言動は控えた方が良いでしょう。ただ、時には愚痴らないとストレスが溜まることもあるでしょう。そういう時は少し冷却期間を置いてから、笑い話に昇華できるといいかもしれません。

気さくな人も人間なので完璧ではありません。しかし彼らはネガティブなことであっても、周囲を不快にさせないよう、愚痴を上手に処理しているものです。そういう部分を是非真似してみましょう。

方法⑥人の長所を見つける

気さくな人は相手を悪く言いません。彼らの人気の理由は人に対してポジティブな目線を持っているということです。気さくな人はさりげなく相手の長所を「〇○さんはこういうところ、素敵ですよね」と褒めることができます。

口に出して伝えるのは少しハードルが高いかもしれませんが、人の長所を見つけることは人間関係を幅広く築いていく上でも大切なことです。また、人の長所を見つけることは自分の心にも良い影響を与えます。これを機会に是非習慣づけていきましょう。

簡単にできる気さくな人になるための3ステップ

気さくな人になる方法を聞いて、「自分には少しハードルが高いかな…」と感じた人には、簡単にできる3ステップをご紹介しましょう。一人でいる時にも実践できるものがほとんどなので、日常生活で少し意識するだけでも印象はだいぶ変わってくるかもしれません。是非トライしてみましょう。

ステップ①物事を前向きに考える練習

ステップ①は物事を前向きに考える練習です。単純すぎて拍子抜けする人もいるかもしれません。しかしこの練習は少々荒療治です。

物事を前向きに考えるために必要なことは、ズバリ、「言葉」です。物事を後ろ向きに考える人はまず話している言葉が後ろ向きです。例えば「どうせ」とか「所詮」という言葉が口癖になっている人は後ろ向きに考える傾向が強いです。

それくらい人は自分が使う言葉に影響を受けるのです。そういう部分に着目して、前向きな言葉を意識的に話す練習してみましょう。例えば「大丈夫」という言葉は、ずっと使っていると本当に大丈夫な気持ちになれます。

また、何か嫌なことが起こった時に「ありがとう」と呟くのもなかなか効果的です。そのようにして言葉から強引に前向きを演出してみましょう。とにかく前向きに考えるためには前向きな言葉を使うことです。是非取り入れてみてください。

ステップ②口角を上げることを意識する

続いてステップ②は、口角を上げる意識を持つことです。口角を上げていると自然な笑顔を作ることができます。また、口角を上げることは美肌効果や自律神経を整える効果があるそうです。

このように日常的に意識して口角を上げていれば、幸せそうな印象を周囲に抱かせることができます。そうすれば、自然と気さくな人のような雰囲気に近づいていることでしょう。是非人から見られる意識を持って口角を上げて生活してみてください。

ステップ③人に会ったらまず挨拶!

ステップ③は挨拶です。人に会ったらまず元気に挨拶しましょう。それも自分から挨拶できると尚良いでしょう。初めの挨拶で印象はほとんど決まると考えてください。挨拶の仕方によっては「私のこと嫌いなのかな」と相手に誤解されることもあるでしょう。それくらい挨拶は相手の印象に強く残るものです。

言葉にするととても単純なことですが、挨拶も気さくな人になるための重要なステップです。気さくな人の挨拶を観察してみれば、彼らは最初の挨拶で相手の心を掴んでいることも少なくありません。たかが挨拶、されど挨拶です。今日から挨拶を大切にしていきましょう。

気さくな人になるときの注意点

ここまで読んで、自分も気さくな人になれそうだと感じた人もいることでしょう。気さくな人は、難しく考えなければ誰でもなれるものです。ではここで最後に、気さくな人になる上での注意点をご紹介します。これらの注意点をしっかり守って、是非人から愛される気さくな人になりましょう。

無礼にならないように気を付ける

「親しい仲にも礼儀あり」というように、気さくさを前面に出し過ぎて無礼にならないよう気をつけましょう。相手が目上であれば言葉づかいに気をつけ、相手を立てることを忘れてはいけません。気さくな人と、気さくになりたい人では元々沁みついている考え方が違うので、その辺は間違えないよう注意を払うことが必要です。

いきなり馴れ馴れしくならない

上記に併せて気をつけたいことですが、いきなり馴れ馴れしい態度をとるのはやめましょう。気さくな人というのは、人との距離感を上手に保つことができるのであって、誰とでもいきなり親友のように接するわけではありません。したがっていきなり敬語を省略することがないように、特に言葉づかいには注意しましょう。

デリケートな話題には気をつける

気さくな人はざっくばらんに何でも楽しく話すイメージがありますが、デリケートな話題には気をつけて話すようにしましょう。例えば誰かの身内に不幸があった時などは、そういうことを話題にするのは避けるなど、細やかな気配りが大切です。

そういう気配りができずに何でもかんでも面白おかしく話してしまうと、それはただのデリカシーがない人です。そうならないよう、話す話題には気を遣いましょう。

気さくな人になって会話の中心人物になろう

気さくな人がどういう人かを知れば知るほど、気さくになることの難しさを感じた人もいるでしょう。しかし、気さくな人は実は少しの工夫で誰にでもなれるものです。

気さくな人になるための方法論なども紹介してきましたが、気さくさとはいわば優しさなのです。周囲の人を思いやる優しい気持ちがあれば、誰でも気さくな人になれます。是非そうしたことを意識してみてください。そうすれば、気づいたころには自分が会話の中心人物になっていることでしょう。

関連する記事はこちら

Thumb素直な人の特徴10選!素直の意味やモテる理由に素直になる方法とは
身近な人物に素直でかわいい女性はいるでしょうか。そもそも素直な人とはどのような人の事を指すの...
Thumbいじられキャラな人の特徴21選!いじられキャラの性格・心理や恋愛傾向とは
いじられキャラのほとんどは愛されキャラと言われていますがどんな特徴があるのでしょうか。いじら...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
kazuhikoinada

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ