ペッティングの意味とは?ペッティングのやり方や種類を紹介

ペッティングとは、どの様な意味を持っているのでしょうか。女性から男性への、男性から女性へのペッティングのやり方やペッティングの種類までを順番にご紹介していきます。ペッティングで、自分も相手も気持ちよくなれる、楽しいセックスにしましょう。

ペッティングの意味とは?ペッティングのやり方や種類を紹介のイメージ

目次

  1. 1ペッティングの意味とは
  2. 2ペッティングの重要性
  3. 3ペッティングの種類
  4. 4ペッティングのやり方【男性編】
  5. 5ペッティングのやり方【女性編】
  6. 6女性が望むペッティングとは
  7. 7ペッティングで愛を深めよう!

ペッティングの意味とは

ペッティングという言葉自体は、聞いたことがある人もいることでしょう。しかし、ペッティングとはどのような意味を持ち、どのような行為のことを指しているのかということは、理解しているでしょうか。ここでは、ペッティングの重要性から男性と女性のペッティングのやり方までをご紹介していきます。

ペッティングについて悩んでいた人も、解消できることでしょう。意味が気になるという人のために、1つ1つ順番に説明していきます。

セックスの前戯にあたるもの

ペッティングとは、簡潔に説明すると愛撫という行為を指します。基本的には、セックスで挿入する前の行為全てを指しているのです。例えば、キスをしたり体や性器に触る行為がペッティングと言われています。挿入前ならば、素股やシックスナインなどのハードな行為もペッティングにあたります。

ペッティングの由来

ペッティングという言葉は、pet(ペット)からきているのです。petには、可愛がる、優しく撫でる、甘やかすという意味があります。そのため、petという単語にingを付けてpettingという言葉になりました。女性を可愛がったり、優しく撫でたりすることもペッティングの内の1つなのです。

ペッティングの重要性

男性や女性にとって、挿入前のセックスの行為であるペッティングがどれほどまで重要な意味を持っているものなのでしょう。これから、ペッティングという行為の重要性について大まかに3つほどご説明していきます。

女性がイキやすくなる

ペッティングをすることで女性は、気持ちが良くなり段々と盛り上がっていきます。すぐに挿入すると気持ちがいいと言うよりも痛い、怖いという感情になってしまう人は少なくありません。人によっては、セックスという行為自体がトラウマになってしまうということもあるのでペッティングは丁寧に行いましょう。

丁寧にペッティングをすることで女性はイキやすくなります。

相手をよく知ることができる

ペッティングをすることで、どんな風に触れたり舐めたりすると気持ちがいいのか、どんなところを触ると興奮するのかなどを感じることができます。人によって気持ちがいい場所は違うので、ペッティングをすれば相手のことをもっと知りたいと思えるという意見もあるようです。

セックスに対する意欲を持つきっかけになる場合もあるため、相手のことを少しでも深く理解することが出来るでしょう。

男性からの愛情を確認できる

女性にとってはペッティングという行為は本当に大切で、自分のことを好きでいてくれている、愛してくれているのかなどを体で感じることができます。ペッティングがなく、雑だったと感じる場合は、自分のことを大切にしてくれていない、遊びなのだろうかと思ってしまうのです。

そのため、ペッティングを丁寧に行うことは、女性が自身を愛してくれていると実感できるきっかけにもなります。

ペッティングの種類

ここまではペッティングの由来や重要性について紹介していきました。しかし、一口にペッティングと言っても、どうすれば相手を満足させられるのか分からないと言う人は多いでしょう。ここからは、ペッティングの種類を大まかに3つご紹介します。

言葉によるペッティング

1つ目は、言葉によるペッティングです。俗に言う言葉攻めに当たる行為でしょう。ペッティングをする上で大切なことは独りよがりにならず、相手の反応をちゃんと確認することです。特に言葉攻めは、相手によって興奮する言葉と逆に引いてしまう言葉があるので注意しましょう。最初は可愛い、綺麗などのソフトな言葉から始めてみてください。

ソフトな言葉で女性が感じてきたと思ったら徐々にハードな言葉、例えば「すごい濡れてる」、「いやらしい」などといったセリフを言ってみてもいいでしょう。それによって相手が興奮して感じているようなら、もっとハードな言葉を言っても大丈夫です。

ライトなペッティング

ペッティングには触れ合うという行為も含まれています。最初のペッティングでいきなり胸を触ったりするよりは、優しく抱きしめてあげた方がいいでしょう。抱きしめるだけでも、女性は安心して愛情を感じることができます。もちろん、耳を触ったり舐めたりする行為もペッティングの内の1つです。耳は弱い人も多いので、丁寧に行ってもいいでしょう。

ハードなペッティング

抱きしめたり上半身を舐めたりする行為よりももう少しハードなペッティングになると、性器を触ったり舐めたりする行為になっていきます。前述の通り、触ったり舐めたりするだけではなく、素股やフェラチオなど、セックスの挿入前の行為はどれもペッティングと言われているため、相手によってはハードなペッティングを行ってもいいかもしれません。

ペッティングのやり方【男性編】

ライトやハードなペッティングのやり方を簡潔にご説明しました。しかし、実際にはどの様にペッティングを行えば女性は喜んでくれるのでしょう。次からは、女性へのペッティングのやり方をもう少し具体的にご説明していきます。女性によって快感を感じる場所は違いますので、1つの参考として見てみてください。

やり方①愛情をこめて抱きしめる

最初は、愛情をこめて優しく抱きしめましょう。人は、性的に興奮をすると幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンが分泌されます。特に女性は、そのオキシトシンの分泌量が多いのです。なので、抱きしめてあげるだけでも女性にとっては強い満足感を感じて満足することができます。

その際は、ただ事務的に抱きしめるだけではなくて好き、愛しているという気持ちをもって抱きしめることが何より重要です。

やり方②首筋や耳をペッティングする

優しく抱きしめたあとは、首筋や耳を優しく手や口で触れたりキスをしてみましょう。耳は特に敏感なところなので、女性の反応を見ながら優しく言葉をささやいてみたり、息を吹きかけてみたりしてペッティングをしてみてください。

やり方③上半身をペッティングする

首筋や耳をペッティングしたあとは、上半身、胸を触ってみてください。最初は、乳房を優しくなでるように触れましょう。そして徐々に乳首の近くまで触れ、最後に乳首を時間をかけながらじっくりと優しくペッティングしてみてください。人によっては焦らされていると感じるかもしれませんが、大切な性感帯ですのでじっくりとペッティングしましょう。

相手が激しいほうが好きなようならば、徐々に強めのペッティングをしていってもかまいません。しかし、あくまでも女性の反応を見ながら行ってください。

やり方④下半身をペッティングする

首や胸などの上半身をペッティングしたあとは、下半身のほうをペッティングしてみてください。いきなりお尻や性器を触るのではなく、足のつま先からペッティングしていきましょう。上半身と同じように、優しく触ったり舐めたりしてみてください。足の指を舐めるときには、転がすようにして舌を動かすといいでしょう。

お尻は、他と違って感覚が鈍い場所です。触れるときは、あくまで女性の反応を見ながらですが、少し強めにペッティングしてみてもいいでしょう。

やり方⑤クリトリス・膣をペッティングする

最後は、クリトリスと膣をペッティングしていきます。いきなり指を入れるのではなく、じっくりと時間をかけてクリトリスの周辺を指で優しく触れてみてください。その後、キスをしてみたり舌で触れてみたりしましょう。膣にペッティングを行うときは、しっかりと事前に爪をきちんと整えて清潔にしておいてください。

クリトリスなどとは違って触れている場所がしっかりと見えないため、女性の反応をよく見ながら行いましょう。また、指だけではなく口で吸ってみたり、舌を入れて舐めたりしてみてください。

ペッティングのやり方【女性編】

ここまでは、男性が行う女性へのペッティングのやり方をご説明していきました。しかし、男性が女性に対してペッティングを行うだけではなく、女性が男性に対して行うペッティングもあります。抵抗感がある女性は男性にちゃんと伝え、無理にやる必要はありません。

女性は男性に対して、どう触れてどのようなペッティングを行えば気持ちがいいと思ってもらえるのでしょう。次から、男性に行うときのペッティングのやり方をご説明していきます。

ペニスへのペッティングのやり方

ペニスのペッティングを行うときは、いきなり口でくわえるのではなく優しく指で竿の部分を触ります。その後、亀頭の部分を優しく触ってみてください。亀頭は、女性で言うとクリトリスと同じ部分です。なので、あくまで優しく丁寧に触ることを心掛けてみてください。我慢汁が出てきたら口や舌を使ってペッティングを行いましょう。

男性は亀頭の裏側が感じやすい場所なので、ペニスを吸い込むようなイメージで上下に口を動かしてみてください。

アナルや睾丸へのペッティングのやり方

ペニスだけでも十分男性は満足してくれるでしょう。しかし、アナルや睾丸のペッティングを行うと男性はさらに快感を得ることができて喜びます。もちろん、無理をして行う必要はありません。睾丸の裏側が男性が感じやすい場所なので、優しく舐めてあげましょう。

アナルの周辺を優しくゆっくりとなでるだけでも、男性にとってはかなりの快感を得ることができます。アナルや睾丸を攻められると男性は、そんなところまでペッティングをしてくれるのかと喜んでくれるでしょう。しかし、中には引いてしまう男性もいるので、アナルや睾丸をペッティングするときは相手の反応を見ながらやってみてください。

前立腺マッサージのやり方

ペッティングの中でも、少しだけ上級者向けの行為になります。前立腺とは、精子を活性化したり精子を作るための、男性だけに備わっている器官です。前立腺を刺激すると男性は、今までに味わったことがないような快感を得ることができます。抵抗をもっている女性は多いので、男性側は相手の反応をよく見て挑戦してみてください。

女性が望むペッティングとは

今までは、男性、女性へのペッティングの具体的なやり方についてご説明しました。ペッティングを行うときは、自分のことよりも相手の気持ちを考えることが大切です。最後はペッティングを行う上で、男性が気を付けるべきポイントを4つご説明していきます。

ペッティングだけではなくセックス全般に言えることなので、挿入したときもこちらのポイントは気を付けておきましょう。

すぐに挿入しないでほしい

セックスで多いのですが、ペッティングを行ってもそこそこで終えてしまい、すぐに挿入しようとする男性がいます。女性にとってセックス、挿入という行為は特別なものです。激しくすれば女性は気持ちよくなると言う訳ではありません。逆に、女性は最初から激しくセックス、ペッティングをされても気持ちいいとはあまり思えません。

自分が早く挿入したいからといってペッティングをおろそかにせず、相手の反応をよく見て優しく愛情をもって行ってください。

細かな気遣いをしてほしい

ペッティング、セックスを行う前は爪をちゃんと切っておいたり、コンドームを用意したりするなど、基本的な行為ももちろん女性への大切な気遣いです。そして、ペッティングの最中にかわいい、きれいなどの言葉を伝えることも女性にとって愛情を感じる大切な行動になります。相手を気持ちよくさせるための、細やかな気遣いが大切なのです。

ペッティング、セックスを行う上で、自分勝手で女性のことを全く気遣っていない男性は好まれません。女性もそんなペッティング、セックスでは気持ちよくなりにくいでしょう。

セックスのときと私生活は、別物だと思う男性もいるでしょう。しかし、女性にとってはセックス、ペッティングのときに雑に扱われると、私生活も自分勝手で女性のことを雑に扱うのではないかと思ってしまいます。なので、セックス、ペッティングも1つのコミュニケーション手段だと考え、丁寧に優しく女性を扱いましょう。

愛情をもってしてほしい

男性は上手くやらなくては、彼女に感じてもらわなくてはと思ってしまうでしょう。しかし、女性にとってはセックス、ペッティングのテクニックよりも、男性が自分のことを愛しているという愛情を感じることができれば十分満足できるのです。もちろん、テクニックがあることは悪いことではありません。

しかし女性にとっては、この人は自分のために一所懸命に考えてペッティングをしてくれているということが分かればそれだけで良いのです。あくまでも女性に対して、愛情をもって接してあげてください。

時間をかけてほしい

先ほども言いましたが、女性にとっては愛情を感じるための行為でもあります。そのため、時間をかけず女性器が濡れているからといってすぐに挿入を行うのはいけません。女性はペッティングで相手のことをもっと知りたいと思っています。なので、男性も彼女がどこをどう感じるのかなどをよく確かめてみましょう。

時間をかけてゆっくりと相手にペッティングをしてみてください。

ペッティングで愛を深めよう!

ペッティングはただの性行為の1つだと思っている人もいるでしょう。しかし、特に女性にとっては愛情を感じることができる大切な行為です。ペッティングによってお互いを理解することができるようになるため、決して雑に行わないでください。男性も女性も、自分本位にならないよう相手のことをよく見て考え、ペッティングを行ってみましょう。

関連する記事はこちら

Thumbフェザータッチのやり方とは?異性を虜にするテクニック・コツを紹介
フェザータッチをご存知でしょうか。相手にそっと触れるボディタッチの一つで、良い効果をもたらす...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
深月

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ