もこう先生(実況者)とは!炎上騒動や名言まとめ!声優・馬場豊でも活動

厨ポケ狩り講座で有名な、もこうと言う実況者がいます。ポケモンなどゲームの動画配信だけでなく、プロゲーマーや馬場豊名義で声優としても活躍し、代名詞と言われる顔文字まであるのです。もこうが残した数々の名言や炎上の過去、事務所に所属しているのかも併せてご紹介します。

もこう先生(実況者)とは!炎上騒動や名言まとめ!声優・馬場豊でも活動のイメージ

目次

  1. 1実況者・もこうとは?
  2. 2実況者・もこうの活躍や影響をご紹介!
  3. 3もこう先生の名言(迷言)集【ポケモン編】
  4. 4もこう先生の名言(迷言)集【スプラトゥーン編】
  5. 5実況者・もこうの厳選面白動画まとめ
  6. 6もこうに炎上の過去!その理由は?
  7. 7もこう先生の更なる活躍に注目しよう!

実況者・もこうとは?

もこうと言う名で活躍している人物をご存知でしょうか。主にニコニコ動画やYouTubeで、ゲームの実況者として有名です。あるゲームがきっかけでファンからはもこう先生と呼ばれるようになりました。しかし一方ではアンチの存在も多く、各メディアに取り上げられるような炎上騒動を起こした過去もあるようです。

配信動画のなかでは数多くの名言ならぬ迷言を残しています。一方でプロゲーマーや声優としての活動も知られるもこうとは、一体どのような人物なのでしょうか。動画と併せて、詳しく解説していきます。

実況者・もこうのプロフィール!事務所は?

実況者としてのもこうは、始めニコニコ動画で人気を博していました。その後YouTubeにも動画を数多く投稿し、対戦系ゲームの実況動画では暴言が目立つ事でも有名です。その口の悪さもさることながら、数々の名言や面白い発言にも注目が集まり、人気が広まったとされています。

プロフィールには非公開な部分も多いのですが、本名「馬場豊(ばばゆたか)」生年月日「1990年11月15日」出身地「大阪」と言うのは公開されているようです。有名実況者でありながら事務所には所属しておらず、現在フリーのYouTuberとして活躍しています。

もこう先生の愛称で親しまれている

『厨ポケ狩り講座』という動画がニコニコ動画で話題になった事によって、「もこう先生」と呼ぶファンが現れるようになりました。この『厨ポケ狩り講座』については後ほど紹介しますが、もこうの代名詞と言えるほど人気が出たのがこの動画です。もこうが実況者として、名前を広めたきっかけになったと言われています。

もこうにはファンと同じくらいアンチもいると言われているのですが、その原因は口の悪さなのではないでしょうか。もこうに対する呼び方で、ファンかアンチかは一目瞭然となっています。

実況動画で暴言を吐くことで有名!

実況者として人気がでたもこうですが、ゲームの実況中にも関わらず、思い通りにプレイできないと暴言を吐く事でも有名です。そのため「もこう先生」とファンに呼ばれる一方で、アンチには「猿」と呼ばれる事があるようです。

きっかけは『オワゼル(オワコンゼルダ)』と言うニコニコ動画で配信された実況シリーズでした。同シリーズの動画内でもこうは、猿チンパン、しゃべる猿などと呼ばれています。それ以来、もこうの暴言を不快と捉える視聴者からは「おい!猿!」などとコメントされるようになったと言われています。

そのため動画によっては、コメント欄に猿と言う言葉と共に、辛辣なコメントが並ぶものも多く見られます。

声優・馬場豊としても活動している

もこうの活躍は、ゲームの実況者としてだけではありません。本名である馬場豊名義で、2017年に声優としても活動していました。レギュラーではないものの、アニメに出演したのです。これにはファンやアンチからは数多くのコメントが寄せられたり、スレッドが立つ事になりました。

ただし声優はあくまで副業であり、本業はゲーム実況YouTuberだとしています。また、配信動画内で「馬場豊はあくまで名義です!」とも言っています。次の声優としての仕事の予定なども、今のところないようです。

実況者・もこうの活躍や影響をご紹介!

もこうと言えば、という代名詞のような実況動画が『厨ポケ狩り講座』です。まずはその『厨ポケ狩り講座』や、プロゲーマーとしての活躍について詳しくご紹介します。ファンからは満を持して、と言われたプロゲーマーへの進出ですが、もこうにとって思いがけない結果が待っていました。

また、もこうは顔文字でも有名になっています。本人のオリジナルのものだったようですが、配信動画で使われて以来、もこうの代名詞として扱われるようにまでなりました。どのような顔文字なのでしょうか。今まで、知らずに目にしていたかもしれません。

実況者・もこうは厨ポケ狩り講座で有名

先ほど少し触れた、もこうの名が広まるきっかけとなった『厨ポケ狩り講座』とはどのような動画なのでしょうか。

これは、大人から子供まで人気があるゲームとして知られる、ポケモンの実況動画です。通称バトレボと呼ばれている、ポケモンバトルレボリューションと言うゲームの対戦動画の配信で、もこうは有名になりました。このゲームはポケモン同士を闘わせる対戦ゲームなのですが、マイナーなポケモンを使って厨ポケを攻略する様子が人気となりました。

厨ポケとは?

厨ポケとは、「中学生(厨房)でも簡単にそれなりの強さまで育成できるポケモン」の事です。もともと、種族によって強さの上限がある程度決まってしまうポケモンのゲーム内では、強い種族と弱い種族が明確に分かれてしまう傾向にあります。タイプや技、特性に優劣がある中で、特別に強いとされるポケモンが厨ポケと呼ばれるのです。

もこうは、マイナーなポケモンや弱いポケモンを使って、極端に強いポケモンを倒す技を紹介する動画を配信していたのです。これにはファンがつくのも、うなずけるのではないでしょうか。

プロゲーマーとしてぷよぷよもプレイ

もこうはぷよぷよのプロゲーマーとしても活躍しています。ぷよぷよと言えば1991年から続く落ち物パズルゲームの名作のひとつで、一度はプレイした事があると言う人も多いはずです。もこうは、ぷよぷよ初のプロライセンス取得選手です。ポータルサイトのプロ選手一覧にも名を連ねています。

プロゲーマーとは、職業としてゲームをする人を指します。大会などに出場して賞金や報酬を得る人の事なのですが、もこうは相手から1セットも取れずにストレート負けしてしまい、「プロやめろ」と言う辛辣なコメントを受けてしまう事もあったようです。

顔文字「(⌒,_ゝ⌒)」でも有名

もこうを表す顔文字も存在します。2009年に投稿された『【バトレボ実況】第十回 厨ポケ狩り講座!-伝説厨狩猟 前篇-』で初めて登場したものです。動画の概要欄で「ありがたいことです」と言う言葉とともに使われたのですが、当時顔文字と言えばかわいい物が主流だったなかで、視聴者にとってインパクトがあるものだったと言えるのではないでしょうか。

トレードマークとして広く知られるようになったこの顔文字は、LINEスタンプになったり、スマートフォン向けのゲームアプリにも使われています。

もこう先生の名言(迷言)集【ポケモン編】

始めにポケモンの動画配信で有名になったもこうは、ファンから「もこう先生」や「王」と言う愛称で呼ばれるようになりました。ファンの間では、その発言内容も注目を集め、たびたび話題になっています。しばしば迷言とも言われるもこうの言葉で、代表的なものの一部をご紹介します。

実際には、もこうの名言や迷言とされている発言はこの何倍も存在します。各動画内に数多く登場しますので、チェックしてみてください。

名言①「マンダのりゅうせいぐんはつよい」

まずはもこうの名言の代表格「マンダのりゅうせいぐんはつよい」です。ボーマンダと言うポケモンのりゅうせいぐんと言う技について、動画内で発言したものです。

4:44辺りで聞く事ができますが、その前後の「受講生やったらちゃんとメモとってな画面の前で」「これメモれ」と言う上から目線ともとれるようなセリフも、ファンの間では名言として有名なようです。

名言②「さざめけ・・・・!!」

名言2つ目は「さざめけ・・・・!!」です。コロトックと言う虫系のポケモンの、むしのさざめきと言う技を発動させる際の発言でした。7:04辺りから、もこうがささやく様に言っているのが確認できます。

この名言は、使いたくなるとファンの間で評判だったようです。先ほどのもこうの顔文字と共に刺繍された、さざめけTシャツと言うものも販売されているようです。もこうの発言の影響力をうかがい知る事ができます。

名言③「勇気の切断」

3つ目の名言「勇気の切断」とは、ポケモンの技でも戦略でもありません。Wi-Fi対戦中に回線を切断してしまう事です。当然強制的に終了となってしまうので、オンラインの対戦においてタブーとされている行為のひとつです。こちらの動画内でも「通信が切断されました」と言う表示の後、画面が切り替わってしまっています。

自分の思い通りにいかないからと、とっさに取った身勝手な行動だと言えます。卑怯な禁じ手とされながらも一部のファンからは、先生が切断の卑怯さを身をもって教えてくれた、とも言われている動画です。10:38辺りから、意を決したように回線を切断する様子が確認できます。

名言④「何やこの厨パァ!」

この動画では、先ほどの「勇気の切断」の一件での謝罪から始まります。「ぼくのマイナーPTはボトムズと名付けることにしました応援よろしく。」と言う手書きの文字を掲げながら謝罪の言葉を述べているかと思ったら、1:23辺りで急転してこの4つ目の名言です。

「何やこの厨パァ!」と言うのは、先ほどのいわゆる厨ポケばかりのパーティーを見た時のもこうの発言です。その少し前の「謝罪を今後封印する」「謝罪をしないと言う事自体が謝罪である」と言うセリフも、もこうファンの間では名言として有名です。

名言⑤「これが、王の豪運です」

こちらも「マンダのりゅうせいぐんはつよい」と同じ、ボーマンダと言うポケモンが放った技からうまれた言葉です。7:09辺りなのですが、それまで不利だったにも関わらず、急所に当たった技が相手を一撃で倒しました。その強運とも言える展開からの発言が、名言として知られています。

同じ動画内に「マンダのりゅうせいぐんはつよい」も出て来ますが、他に「メガチ両刀」と言う名言もこの動画からうまれました。ひとつの動画内にたくさんの名言が生まれるのが、ファンにとってはもこう先生の魅力だと言えるのではないでしょうか。

もこう先生の名言(迷言)集【スプラトゥーン編】

続いて、スプラトゥーンでの名言をご紹介します。スプラトゥーンとは任天堂のWii U専用のシューティングゲームで、様々な色のインクを撃ち合って遊びます。ゲームをした事がなくても、カラフルな配色とイカのキャラクターの組み合わせを見た事があると言う人も、多いのではないでしょうか。

もこうはスプラ四天王の一人とも称されており、このゲームの実況界で王と呼ばれています。しかしその所以は、腕前ではなく口の悪さからで、暴言がない動画を探す方が難しいとさえ言われているのです。本人は腕前がなかなか上がらない事に落ち込む時期もあったようですが、そんなスプラトゥーンの実況動画内での名言とはどのようなものなのでしょうか。

名言①「サイコパスタ」

こちらの動画の3:45辺りに登場する「サイコパスタ」と言う言葉も、もこうの代表的な名言のひとつと言われています。

スプラトゥーンの対戦で、キャラクターが等身大のローラーで辺り一面に色を塗り、相手とどちらが広範囲に塗る事ができるかを競うゲームをしていた時です。スプラローラーと呼ばれるこのローラーで、相手に轢かれた事に対するコメントが「サイコパスタ」でした。

実は本人は「サイコパスだ」と言ったとされているのですが、当時コメント欄には「サイコパスタ」と言う言葉が並んだようです。迷言として言い間違いが多く取り上げられる、もこうならではの名言と言えるのではないでしょうか。

名言②「王の凱旋⊂二二二(⌒,_ゝ⌒)二⊃ブーン」

こちらは、特にアンチからのコメントが多く投稿された迷言です。動画の終盤22:35辺りで、一緒に配信している他の実況者から「最後に何かあれば」とコメントを求められたもこうが突然「王の凱旋!ブーン!楽しかったルールはかくれんぼです!」と鼻歌交じりに答えたものです。

動画はもこうのこの答えで終わっているのですが、コメント欄には辛辣な言葉が並ぶ事となりました。この突然の迷言とも言える発言には、さすがにファンからのフォローもなかったようです。また、この発言の真意についてもこう本人から語られる事もありませんでした。

名言③「ときのほうこう」

「ときのほうこう」とは、ドラゴンタイプのポケモンが使う技の名前です。咆哮と言う名前がつく通り、動画の10:35辺りで、大技をかけられたもこうの絶叫を聞く事ができます。当時もこうの絶叫に合わせて「うおおおおおお」と言う視聴者からのコメントが、画面を埋め尽くすほどに投稿されたと言われています。

また、この動画内では暴言も非常に多く、アンチからは「安定のキレ芸」などのコメントも多く投稿されました。ファンの間では、もこう先生が一番発狂しているスプラトゥーン動画として、この回は有名なようです。

実況者・もこうの厳選面白動画まとめ

もこうがファンから面白いと言われているのは、言い間違いや迷言まじりの発言だけではありません。動画の内容自体が面白いと人気になっているものもたくさんあります。その中から、厳選した5つの動画の内容をご紹介します。

もこうの人気配信動画であるポケモンはもちろんですが、スプラトゥーンでのキレ芸発狂集やマリオカートでの名場面集も人気があるようです。これらの動画は、コメント欄を見るだけでも楽しむ事ができます。ファンもアンチも両方いる、もこうならではの人気動画の数々です。

GTSで、改造ポケモンの「フーパ」が送られてきた!!

こちらもポケモンからですが、対戦の実況ではなく、ポケモンのトレードがメインとなっている動画です。もこうは、交換相手から送られてきたフーパが改造ポケモンであるとして、受け取ってすぐに開放してしまいます。

改造ポケモンとは、人の手でデータを改ざんして作られたポケモンの事です。当然不正行為とされており、一般的なプレーヤーから改造は嫌悪されます。しかし、「正規フーパだよボケが」と言うコメントがあった事で再生回数が伸びる事となりました。改造ポケモンだと思い驚いたもこうがどもる様子なども、面白いと言われている理由ではないでしょうか。

【夏の終わり】 伝説キッズに現実を教えてあげたでwww【ポケモンORAS】

こちらは「伝説厨」と呼ばれる、伝説ポケモンばかりでバトルパーティーを組むユーザーともこうとの、闘いの動画です。先ほどご紹介した厨ポケを上回る、圧倒的な戦闘力を持つ禁止級と呼ばれるような伝説ポケモンが存在します。「伝説キッズ」とはそんな伝説ポケモンばかりを使う「伝説厨」な子供のプレーヤーの事を指しています。

大人気なく、どちらがキッズか分からないようなもこう先生を楽しむ事ができるとして、この動画も人気があります。こちらもファンからと同じくらい、アンチからのコメントも寄せられている動画です。

ただの伝説キッズかと思ったらwww【ポケモンORAS】

こちらも同じく、「伝説厨」のキッズとの対戦だと思われたのですが、実は違ったと言う動画です。もこうは伝説ポケモンでパーティーを固めている=子供だと言う認識だったようですが、実際はそうとも限らないようです。この動画での対戦相手は、「キッズっぽいガチ勢」だったと言う事が後に判明します。

この動画に対し、好きなポケモンで固める事がなぜキッズと呼ばれてしまうのか、伝説厨だからと言ってキッズと決めてかかるのはどうか、と言う批判のコメントが相次ぐ事になりました。

もこうの全キレ芸発狂集 #1【スプラトゥーン】

迷言や名言が多いとされるポケモン動画に対し、スプラトゥーンではゲームに熱中するあまり、感情をむき出しにした言動が目立つ様子が面白いとされています。思い通りにプレイできない時や負けてしまった時には発狂しながら暴言を吐いたり、物に当たる様子が音で分かります。

中には机を叩いたりコントローラーを投げているような音がする事もあり、ヒートアップして行くもこうの様子をうかがい知る事ができる動画となっています。

【もこう】 マリオカート 名場面集

こちらも暴言や罵声が飛び交う内容となっています。マリオカートが一向にうまくならないと言われてしまっているもこうが、ムキになって感情的に発言している様子が痛快です。理不尽とも言える発言の数々は、ファンのみでなくアンチからのコメントも数多く寄せられるものになっています。

もこうに炎上の過去!その理由は?

ここまでもこうの配信動画の特徴として、暴言が多い事をご紹介して来ました。そのため、面白いと捉える人はファンに、不快だと捉える人はアンチになってしまうと言えます。そんな賛否両論なもこうですが、過去に多くの炎上騒動を起こした事があります。暴言が多い人物としては、不思議な事ではないかもしれません。

もこうが過去に起こした炎上の一部と、その理由を解説します。もこう自身が直接の原因と言うよりは、いわゆる巻き込まれ系だとも言われていますが、どのような内容なのでしょうか。

①ポケモン大会を潰した?

こちらは、もこうが起こした炎上騒動としては一番大きなものと言えます。2014年に開かれた参加者100人を超えるポケモンの大会が、もこうのクレームによって中止になってしまったと言う事件です。後日もこうは、この一件の謝罪動画をアップしています。

経緯としては「自分達が負けた相手チームの一人が実は遅刻をしていた。また改造の疑惑があったので説明を求めたが、ツイッター上で煽られた。それを理由に自分達の勝ちを主張し相手を責め続けた結果、大会主催者側の判断で続行困難として中止になった。」と言うのがもこう本人の説明でした。実際は、誤解や認識違いなどもあったそうです。

②改造ポケモンを使用した

先ほど改造ポケモンへの拒絶反応を示した様子をご紹介しましたが、当のもこう本人が改造ポケモンの使用を疑われた事があります。使用していたポケモンに、本来存在しない技が実装されていたのです。しかし、この真犯人はもこうではなく、もこうの友人である事が判明しました。

改造は使う人も仕組みを作る人も否定派、と明言しているもこうです。古くからのファンは、もこうは卑怯な手は使っても改造はしないと主張し、フォローしました。なお、この動画は現在削除されてしまっているようです。

ファンの炎上をフォローしたことも…?

炎上させる側ばかりかと思いきや、ファンが起こした炎上をフォローした事もあります。事の発端は、YouTubeLiveの課金コメント機能でもこうにお金を投げた人が、他の視聴者から責められてしまった事でした。その額は240円だったのですが、責められているのを見かねたもこうはすぐに「240円をバカにするんじゃねえよ」と言う動画をアップします。

内容は240円でできる贅沢を動画化したもので、コンビニのパスタとデザートまで楽しめる様子を紹介しています。そしてそのパスタを食べながら、ポケカ8枚買えるぞ、ソシャゲのガチャ一回回せるぞ、はなまるうどんのかけ中食えるぞ、と発言しました。この場合、これ以上の場の収め方があるだろうかと絶賛されます。

この一件で、もこうは実はいい人だと言う感想が寄せられる事となりました。

もこう先生の更なる活躍に注目しよう!

その発言から好き嫌いが分かれがちなもこうですが、特にゲームなどに思い入れがなく見ると、痛快で笑えるものがあるのではないでしょうか。客観的に、大の大人がゲームに夢中になり、思い通りにいかずムキになって思わず暴言を吐く様子は、どこか面白いものがあります。

また、ファンからは評価されているのは、動画で使われている技だけではないようです。もこうが時折見せる人柄には、アンチからも「サルとか言ってごめんよ」「嫌いだったけど見直した」と言うコメントも寄せられるほどです。

しかしながらその発言には、迷言ともとれる不思議なものが数多く存在するのも、また事実です。もこう先生の、今後の更なる活躍を期待しましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
ayap
よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ