広島一家失踪事件の概要と真相!無理心中の動機や神隠しとの噂とは

広島一家失踪事件とは、とある家族が京丸ダムで無理心中したとされている事件です。しかし動機は不明で「妻の浮気」「日教組」など、様々な憶測が飛び交っています。この記事では広島一家失踪事件の真相や神隠しの噂、超能力者の霊視などを解説します。

広島一家失踪事件の概要と真相!無理心中の動機や神隠しとの噂とはのイメージ

目次

  1. 1広島一家失踪事件の真相
  2. 2広島一家失踪事件の関係者
  3. 3広島一家失踪事件は無理心中?その動機とは
  4. 4広島一家失踪事件にまつわる多くの謎
  5. 5広島一家失踪事件と神隠しの噂
  6. 6広島一家失踪事件の真相は謎のまま

広島一家失踪事件の真相

ある日、広島在住の一家全員が姿を消す事件が起こりました。この広島一家失踪事件は人々の注目を集めましたが、中には事件の経緯をあまり知らないという人も多いのではないでしょうか。ここでは広島一家失踪事件の真相についてご紹介します。

山上さん一家がペットと共に姿を消す

広島一家失踪事件が起きたのは2001年6月4日、失踪したのは広島県世羅町在住の山上さん一家です。当時、同じ家で一緒に暮らしていたのは世帯主の山上政弘さんと妻の順子さん、政弘さんの母親である三枝さんの3人です。さらに一緒に暮らしてはいないものの、山上夫妻には娘の千枝さんもいます。

失踪当日の6月4日は千枝さんも実家を訪れており、他のご家族と一緒に失踪しています。また、山上家では犬を飼っているのですが、上記の4人と同様、犬も姿を消しています。

不審に思った会社の同僚が通報

山上さん一家に起きた異変に気付いたのは妻の順子さんの会社の同僚でした。実は失踪当日、順子さんは会社の慰安旅行の予定があったのです。しかし、予定の時間を過ぎても順子さんが来ないため、心配した同僚は家まで様子を見に行くことにしました。

同僚はインターホンを鳴らしましたが、順子さんは出てきません。家の台所と廊下には電気がついていましたが、人がいる気配はせず、車もありませんでした。不審に思った同僚は親族に連絡を取り、上記のことを伝えます。

親族が確認したところ、順子さんだけでなく、他の家族もペットの犬もいないことが分かります。さらに家族全員と連絡も取れないことから警察に通報しました。

京丸ダムから車と遺体が発見

広島一家失踪事件の捜査は難航しました。山上さん一家の行方や失踪した動機なども分からず、時間だけが過ぎていきました。そして広島一家失踪事件から一年以上経った頃、世羅町の京丸ダムから一台の車が発見されます。車種やナンバーから失踪当時になくなっていた山上さんの車と分かり、中には山上さん一家とペットの遺体がありました。

通行人が発見した車は仰向けの状態で京丸ダムの湖底に落ちていました。発見当時は雨不足の影響で水位が下がっていたため、湖底にある車を見つけることができたのです。一年以上もの間、水中にいたので発見された遺体は損傷が大きく、ほとんど白骨化していました。歯型の鑑定などをした結果、山上さん一家本人たちだと判明しました。

警察は無理心中と結論

警察は広島一家失踪事件の真相を無理心中と結論付けました。先述したように、遺体は損傷が大きく白骨化していたため、死因は特定できていません。ただ、他者からの攻撃と思われる外傷は見られなかったことから、事件性は低いと考えられています。

また、車のあった位置から推測された転落場所には車止めがついていました。何らかの理由で転落場所まで来たとしても、間違って落ちることは考えにくいです。

他にも車のキーが差しっぱなしだったこと、動機もあったことなどから、警察は無理心中という結論に至りました。しかし、動機に関しては「心中と判断できるだけの理由があった」と話しているものの、具体的な内容の公表まではしていません。

広島一家失踪事件の関係者

広島一家失踪事件は第三者による犯行ではなく、無理心中という結論が出されました。悲しい結末を迎えた山上さん一家はどのような人たちだったのでしょうか。ここでは広島一家失踪事件の関係者についてご紹介します。

山上政弘さん

山上政弘さんは失踪当時58歳、建設会社の社員として働いていました。山上家は有名な旧家として地元の知名度は高く、裕福な家庭でした。遺体発見当時、山上さん一家が乗っていた車は政弘さんが所有していたものです。

また、無理心中の経緯として、噂では政弘さんが睡眠薬で家族を眠らせた後、車に運んでダムに向かったと言われています。しかし、政弘さんの体格は小柄な方で、年齢も若いとは言えません。周囲にバレないよう気を遣いつつ、眠っている大人を抱えて運ぶことはかなり難しいのではないでしょうか。

山上順子さん

山上順子さんは失踪当時51歳で、採石会社に勤務していました。順子さんは政弘さんと交際していた頃、看護師として働いていましたが、やがて結婚を考えるようになります。しかし、政弘さんは旧家の生まれだったため、身分が違うという理由から両親に反対されてしまいます。

それでも考えが変わらなかった2人は駆け落ちして、隣町で約10年暮らしました。その後、娘の千枝さんと一緒に地元へ戻ってきたのです。このような経緯もあり、夫婦仲は良好だったと言われています。

山上千枝さん

山上千枝さんは失踪当時26歳、小学校の教師として働いていました。実家から30㎞ほど離れた場所にあるアパートで独り暮らしをしていました。付き合っている男性もいて、結婚する日も近いと言われていたのです。失踪前日はいつもと変わりなく、教師の職務に励んでいました。

おそらくはこの日、仕事が終わった後に実家へ向かったと思われます。失踪当日にも当たる翌日は学校が休みだったのです。以前から実家へ訪れる予定を立てていたとしたら、このタイミングで行った可能性が高いでしょう。

山上三枝さん

山上三枝さんは失踪当時79歳でした。背中が曲がっていたため、歩くことや階段の上り下りなど、移動に苦労することが多かったとされています。先述したように、政弘さんと順子さんは両親の反対を押し切って駆け落ちの末に結婚しました。

そんな息子夫婦と同居しているため、複雑な気持ちはあったかもしれません。しかし、順子さんとの嫁姑問題は特になかったと言われています。

ペットのレオ

ペットのレオは山上さん一家が飼っていた犬です。犬種はシーズーといいます。赤い首輪をつけており、そこには「ヤマガミレオ」と書かれています。名前だけを見ても、家族の一員として大事にされていたことが分かります。

山上さん一家の親族が確認した際、すでにレオはいませんでした。本当に無理心中だったとしたら、家族の一員であるレオも連れて行くべきと考えたのでしょう。

広島一家失踪事件は無理心中?その動機とは

広島一家失踪事件は無理心中とされていますが、本当にそうなのでしょうか。仮に無理心中だとしても、その理由がはっきりしていないため、広島一家失踪事件の動機については様々な噂や憶測が飛び交っています。ここでは広島一家失踪事件の動機についてご紹介します。

裕福な家庭で金銭トラブルはない

広島一家失踪事件が無理心中だったとして、考えやすい動機は金銭トラブルです。しかし、山上さん一家は夫婦共働きであり、借金も特にありません。さらに警察が自宅を捜査した際、発見した通帳には2千万円の定期預金があったのです。

失踪する前から裕福な暮らしぶりだったことから見ても、金銭絡みで抱えていたトラブルはなかったといっていいでしょう。一人暮らしをしていた千枝さんに関しても同様に金銭トラブルはなく、貯金もしていました。

妻が浮気していたという噂

広島一家失踪事件は妻の浮気が原因とも言われています。先述したように、夫婦仲は良好で、失踪前も特に変わったところはなかったと言われています。しかし、その一方で妻が浮気をしていたという噂もあります。近所の一部では有名な話で、浮気相手は順子さんの会社の上司です。

順子さんが参加する予定だった慰安旅行にも、上司ですから当然ついていくことになっていました。さらに社員はいくつかの班に分けて動くことになっているのですが、浮気相手の上司と順子さんは同じ班だったのです。

また、政弘さんは失踪事件が起きる前から時折、思いつめた様子になることがありました。もしも政弘さんが順子さんの浮気を知っていて悩んでいたとしたら、今回の旅行で溜まっていた怒りが爆発した可能性も考えられます。

日教組が関係している?

広島一家失踪事件には日教組が関係しているという噂もあります。日教組は「日本教職員組合」の略称で、名前の通り教職員の労働組合です。今までに複数の教職員が自殺に追い込まれるなど、何かとトラブルの多い団体です。

そんな日教組に所属している男性が千枝さんに横恋慕し、集団で山上さんの家へ押しかけ、結婚を中止させようとしたことがあると言われています。日教組の影響力が強い地域のため、政弘さんが教師である千枝さんの将来を悲観した結果が無理心中だったのではないかと考える人は少なくありません。

警察は動機を公表していない

警察は広島一家失踪事件は、山上さん一家による無理心中だったとしています。しかし「なぜ無理心中をしたのか」その動機については公表していません。

近所の聞き込みなどから納得できる理由を入手したと言っていますが、なぜ動機の詳しい説明はしないのでしょうか。広島一家失踪事件はいくつか不可解な点があり、上記の警察の対応も合わさって、ネット上では動機について様々な議論が交わされています。

広島一家失踪事件にまつわる多くの謎

広島一家失踪事件にはいくつか解明されていない謎があります。いったいどのような謎が残されているのでしょうか。ここでは広島一家失踪事件にまつわる多くの謎をご紹介します。

外部から侵入の形跡はなし

広島一家失踪事件の謎の1つとして、外部からの侵入の形跡がないことも挙げられます。失踪事件の通報を受けた警察は事件性も考えて、自宅をくまなく捜査しました。しかし、人が争ったような形跡や誰かが侵入したような足跡などはなかったのです。

玄関にはきちんと鍵がかかっており、お金や通帳も盗まれていなかったため、強盗の可能性も低いと考えられます。したがって、警察は山上さん一家が自分の意志で出て行ったと判断したのです。ただ、山上さん一家には失踪する理由もないので、人々の間では不可解な謎とされています。

お金も携帯も自宅に置いたまま

広島一家失踪事件には、お金も携帯も自宅に置いたまま家人だけが失踪するという謎もあります。自宅には現金15万円が無造作に置かれていました。このお金は順子さんが慰安旅行の際に使う予定だったものです。さらに携帯電話と免許証も自宅に残っていました。

無理心中ならどれも必要ないものと言えるでしょう。しかし、反対に4人分のパジャマとサンダルだけはなくなっていました。つまり山上さん一家はその格好で失踪したということになります。無理心中とはいえ、お金や携帯も持たず、そんな格好のままで出かけるものでしょうか。

食事や旅行の準備をしていた

食事や旅行の準備をしていた点も広島一家失踪事件の謎とされています。順子さんは会社の慰安旅行へ行くための準備として、お金やカバンなども置いてありました。以前から無理心中を計画していたなら、旅行の準備は必要ないと分かっているはずです。

さらに台所には翌日の朝食が置いてあり、虫を寄せ付けないためのネットをかぶせていました。失踪当日に無理心中を図るつもりなら、翌日の朝食を用意するはずがありません。以上のことから、少なくとも失踪を事前に計画していたわけではないことが分かります。

発見場所との関係

実は遺体が発見された場所である京丸ダムと山上政弘さんには深い関わりがあります。遺体を乗せた車が落ちていた位置から転落場所を割り出した結果、ダムの管理者用の通路ということが判明しました。この通路は関係者以外立ち入り禁止で、一般的にはあまり知られていない場所です。

しかし、建設会社に勤めている政弘さんは、京丸ダムの工事の関係者でもあったため、通路の存在を知っていました。ただ、この通路には車止めがあるので、間違って落ちるということは考えにくいです。

超能力者が霊視

広島一家失踪事件後から遺体発見までの間に、超能力者が霊視で捜索するテレビ番組の特集がありました。超能力者は霊視で見た長い橋や廃墟などをスケッチに描いていきます。その後、スタッフが超能力者の霊視に従い、失踪当日の山上さん一家の動きを辿ることになりました。

そして結論から言えば、スケッチしたものや位置関係など、霊視通りの場所を見つけることができました。しかし、京丸ダムはその過程で立ち寄っただけで、最終目的地ではありませんでした。

広島一家失踪事件と神隠しの噂

広島一家失踪事件は無理心中ということで片付けられましたが、腑に落ちない点が数多く残っています。そのため、広島一家失踪事件は神隠しによるものではないかという噂も流れています。ここでは広島一家失踪事件と神隠しの噂についてご紹介します。

神隠し伝説

広島一家失踪事件があった世羅町には「神隠し伝説」が存在します。江戸時代にお夏という女中がいました。彼女はおつかいで大神将山へ行った後、行方不明になります。探しても見つからなかったことから村人は神隠しと考え、山に彼女のお墓を作りました。実は広島一家失踪事件でお夏と同様に失踪した山上家は、その大神将山の所有者だったのです。

山を売った呪いとも…

広島一家失踪事件が神隠しだったとしたら、山を売った呪いだと言われています。政弘さんが大神将山に興味がなかったのか、別の理由があったのかは不明ですが、広島一家失踪事件が起こる前に山を売却しています。近所ではそのせいで山上さん一家が呪われ、神隠しにあったという噂が出ています。

広島一家失踪事件の真相は謎のまま

広島一家失踪事件にはまだ数多くの謎があり、無理心中という警察の結論に納得していない人も数多くいます。第三者の犯行なのか、それとも神隠しという超常現象によるものなのか、人々の間でも明確な結論は出ていません。真相を一番知っているであろう関係者は全員遺体となって発見されたため、広島一家失踪事件の謎が解明されることはないでしょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
あさづき

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ