ケンモメンの意味とは?由来・元ネタや嫌儲民の特徴を紹介

ケンモメン、嫌儲民(けんもうみん)という用語を知っていますか。主に2ちゃんねる等の男性の住人の中でも、特徴として嫌儲思考が高い人を呼ぶ造語のようです。ケンモメンの元ネタやその由来、更には2ちゃんねるの板であるニュース速報の嫌儲板の成り立ちなど併せて紹介します。

ケンモメンの意味とは?由来・元ネタや嫌儲民の特徴を紹介のイメージ

目次

  1. 1ケンモメンとは
  2. 2ニュース速報板(嫌儲板)とは
  3. 3ケンモメン(嫌儲民)の特徴とは
  4. 4ケンモメンがよく使う用語
  5. 5ケンモメンは2ちゃんねるで生まれた造語だった

ケンモメンとは

ケンモメンとは、2ちゃんねるの掲示板サイトであるニュース速報(嫌儲板)にいる男性の事を言い、「嫌儲」と「メンズ」を掛け合わせて生まれた造語です。その男が「ケンモメン」と呼ばれる理由は、アフィリエイト等でお金を儲ける人が大嫌いというところにあります。アフィリエイターは楽してお金を儲けている、というのが彼らの主張です。

2ちゃんねるの嫌儲民男性

2ちゃんねるのニュース速報VIP板をまとめた「まとめサイト」の人気が出て、2005年頃から2ちゃんねるを知らなかった層がサイトに来るようになりました。その結果、段々とサイト自体が荒れ始めてしまいました。また、まとめサイトが炎上してしまうなど問題が発生し、管理人が新たにニュース速報(嫌儲板)を立ち上げることになりました。

2007年に新たに立ち上げたニュース速報(嫌儲板)は、ブログへの転載を禁止するというルールを掲げています。元々、アフィリエイトを目的としたブログへの転載に腹を立てていた2ちゃんねるの嫌儲民男子達は、こぞってニュース速報(嫌儲板)に移って行きました。

なお、アフィリエイトとは成果報酬型のインターネット広告のことです。広告を掲載しているサイトは成果発生分だけ利益を得られます。

「ケンモメン」の元ネタは「ニュース速報板(嫌儲板)」

ケンモメンは元々「嫌儲民」として2ちゃんねるに存在していました。「嫌儲」という言葉からも、楽してお金を儲けることを良しとしない男性達の気骨が窺えます。さらに「嫌儲民」の発言を許可無く勝手に貼り付けてまとめただけでお金を稼いでいた、まとめサイトの運営者に対しては、大いなる怒りを感じていた事でしょう。

嫌儲民は同じように広告収入で稼ぐアフィリエイターの事も毛嫌いしています。新しいサイトであるニュース速報(嫌儲板)に移行してからも、禁止されている転載を止めないアフィリエイトブログとのバトルが展開されました。この戦いに勝利した嫌儲民は、その後ケンモメンとして知られていく事になったのです。

「ケンモメン」の由来は韓国?

ケンモメンの元の嫌儲民は、当時流行っていた言葉の「嫌韓」に引っ掛けて生み出された造語です。嫌韓とは韓国人を嫌うということです。当時は「嫌」の次に色々な言葉を入れて「嫌◯◯」という言葉が流行りました。嫌韓については、昨今の日韓情勢から再び使われるようになってきたため、馴染みがあると言えるでしょう。

そして嫌儲についても「(楽して)儲ける」のを嫌うということで「嫌儲」と名付けられました。

「ケンモメン」の使い方や例文

どのような時にケンモメンという言葉を使うのか、例文を見ていきましょう。2ちゃんねるは自由度が売りの掲示板なので、本来は著作権や版権を主張する事はできません。逆に言えば、この自由度が2ちゃんねるの魅力でもあるわけです。そんな2ちゃんねるで転載禁止と明記したりするならば「ケンモメンなら隔離板にいけよ」と言われてしまうでしょう。

このように2ちゃんねるで、敢えて「転載禁止」などと書いてしまうと、自由投稿を良しとする他の投稿者に攻撃の対象とされます。その時使われるのがケンモメンです。なお、「隔離板」というのは嫌儲板のことです。また、発言を控え目にしていると、「さすがケンモメン、巣の外じゃ大人しいわw」と揶揄されることもあります。

ちなみに「巣」とはニュース速報(嫌儲板)のことを意味しています。

ニュース速報板(嫌儲板)とは

嫌儲民が多くなってきて、まとめサイト等への批判が高まってきたため、新たにニュース速報(嫌儲板)が出来たわけです。この背景には、前身であるニュース速報VIP板のまとめサイトが炎上し、閉鎖するという事件があったと言われています。これはどういうことなのでしょう。

開設者

ニュース速報(嫌儲板)の開設者は、2ちゃんねるの開設者であり管理人でもあった西村博之です。開設されたのは2007年12月27日でした。西村博之は1976年11月16日生まれの42歳です。現在は実業家として活躍していますが、1999年5月に匿名掲示板の「2ちゃんねる」を開設しました。この時、西村博之は米国アーカンソー中央大学に留学中でした。

その後2ちゃんねるは日本最多の利用者数の記録を打ち立てます。愛称の「ひろゆき」は2ちゃんねるで命名されました。このように、自由に投稿できるサイトの2ちゃんねるを開設したため、2ちゃんねるが不当に攻撃されたり悪用されることに本人は我慢がならなかったのでしょう。

開設された背景

2005年頃に、2ちゃんねるにアップされている情報をまとめたサイトが人気を博してきました。しばらくすると、まとめサイトのネタをつくるためにまとめサイトの管理人たちが2ちゃんねるにちょっかいを出すようになりました。やたらスレッドを立たせたり、2チャンネル板に攻撃をしかけて荒らし始めたようです。

このようにして混乱を起こして、その様子をまたまとめサイトに掲載したのです。しかも、面白おかしくするために事実以外にもあることないこと話を盛っていたのです。2ちゃんねるの民は自分達で自由に投稿をして楽しんでいたのに、心ないまとめサイトの攻撃によって自分達の大切な場を荒されてしまいました。

まとめサイトはこのようなサイト荒らしをした上に金儲けをしていました。我慢も限界となり、このような外敵から身を守るために、ニュース速報板(嫌儲板)ができたのです。

ケンモメン(嫌儲民)の特徴とは

ケンモメン(嫌儲民)の特徴を見ていきます。ケンモメンは楽して儲けることを嫌う事から、しっかりと働くタイプの人なのでしょう。アニメ好きも多そうです。ケンモメンの結束は固く仲も良いようですが、それぞれ個性も強い人達のようです。色々な角度からケンモメンの特徴をまとめてみました。

特徴①アニオタが多い

ケンモメンの人達は、アニメが大好きで、二次元の世界は最高と思っている人が多くいます。アニメの話だけでも、両手に余るくらいの話題を持っている人達です。いわゆるアニメオタクの人もたくさんいるようです。ちなみにTwitterのアイコンはお気に入りのアニメキャラとしている人も多いです。

特徴②独自の用語を使う

ケンモメン達は独自の用語を使うため、一般の人では意味が分からない事が多々あります。解読するにはいちいちその意味を調べる必要があります。ケンモメンは比較的閉じた社会の中で、同じような価値観の元で繋がった仲間関係を大切にしています。このため、仲間内でしか通用しないようなネットスラングが自ずと増殖していくのでしょう。

独自用語の成り立ちを辿ると、ケンモメンのセンスの良さやギャグの感覚の高さが見えてきます。

特徴③ハゲネタを好む

ケンモメンはハゲネタを好むため、当人達がハゲなのではないかとの噂があります。もちろん全員がハゲというわけではないでしょうが、ケンモメンがハゲネタに感心が高いのは事実です。自分のハゲをネタにして笑いを取るようなサービス精神のある人もいます。これも微笑ましいといえましょう。

ケンモメンがよく使う用語

ケンモメンは独自の言葉を作り出す達人です。しかも言葉のセンスが良いので思わず笑ってしまうようなものが多いです。ケンモメンが使っているネットスラングのうちから代表的なものを紹介します。

Jでやれ

2ちゃんねるにはたくさんの板がありますが、それぞれの板にはそこで話題にすべきネタの特徴があります。いわばネタを投稿する時の暗黙の了解があるのです。そのルールを理解していない初心者などが、ニュース速報板(嫌儲板)に来て間の抜けた投稿をすると、ケンモメンにたしなめられます。

その時の言葉が「Jでやれ」です。このJというのは同じ2ちゃんねるの他の板の名前で、「なんJ」といいます。正式名称は「なんでも実況J(ジュピター)」です。本当にそのネタがなんJならばふさわしいのかは別として、少なくともケンモメン板にはそぐわないという意思表示となっています。

陰キャ

「陰キャ」というのは「陰気なキャラ」の略語です。一般的に言われているのは、スクールカーストで下位に位置づけられるのが陰キャラで、いけてない人やグループを指しています。ケンモメンは自虐ネタとして「俺はどうせ陰キャだから」などと使います。ただしケンモメンが全て陰キャというわけではないので注意を要します。

アスペ

アスペというのは発達障害の一種である「アスペルガー症候群」のことを指します。この障害の特徴はひとの感情を理解できないというものです。そのために会話をすると途中で話がかみ合わなくなることがあります。このような症状を有する人がケンモメンにもいるとされています。

そして板でのやり取りの中で相手の揚げ足を取って「お前は何を言っているのかわからない。アスペだろう」などと使います。お互いに煽り合ってレスバトルになってしまうこともあるようです。

ステマ

ステマというのはステルスマーケティングのことです。ケンモメン板でこの言葉がよく使われるようになったのには理由があります。それは、ステマ疑惑事件というのが実際に発生していたからです。ニュース速報板(嫌儲板)に一般の投稿者になりすまして、アフィリエイトブロガーが入り込み、商品の宣伝を行ったことがありました。

これが大問題となり、ケンモメン板でのケンモメンとアフィリエイトブロガーとの熾烈なバトルが展開しました。最終的にはケンモメン側の勝利となりましたが、再発を牽制するためにもステマという言葉はよく使われるようになったのです。

ケンモメンは2ちゃんねるで生まれた造語だった

2ちゃんねるの板で語られているネタは、部外者が読んでも面白い物が多いので、これらのネタをまとめたサイトがあれば読んでみたいと希望する人も多いでしょう。しかしまとめサイトが金儲けのために、わざわざ2ちゃんねるの板を荒してそれをネタにするというのは、許されることではないでしょう。経緯を知ればケンモメンが生まれたのもうなずけます。

しかも、このネーミングにはさすが2ちゃんねるの民のセンスが光っていると言えるでしょう。「まとめサイトの攻撃を許さない同盟」などというと社会運動家のようで面白味もありません。それをさらっとケンモメンと言ってのけることで、2ちゃんねる民らしい粋な反骨精神を示しています。

ケンモメンは紆余曲折を経て、現在ではルール違反をする者が出ない限りは、アフィリエイトブログを攻撃することはなく、ネット生活を楽しんでいるようです。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
hs707
古典文学からSF、ミステリ、哲学、ノンフィクションや科学と幅広い読書が好きです。趣味は登山と合気道です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ