ちょいブスは美人よりモテる?特徴やモテる理由とは

容姿の整った女性が男性からモテるのは当然のことだと決めつけてはいないでしようか。実は、「ちょいブス」に分類される女性の方が美人よりもモテると言われているのです。ちょいブス女性の特徴やモテる理由、またちょいブスに対する男性の本音についても詳しく紹介していきます。

ちょいブスは美人よりモテる?特徴やモテる理由とはのイメージ

目次

  1. 1ちょいブスとは
  2. 2ちょいブスな女性の特徴
  3. 3ちょいブスがモテる理由
  4. 4ちょいブスな女性に対する男性の本音
  5. 5ちょいブスになる方法
  6. 6ちょいブスは男性にとって魅力的でモテる!

ちょいブスとは

「ちょいブス」という言葉をご存知でしょうか。最近ではテレビや雑誌などで特集を組まれていることもあるので、一度は聞いたことがあるという方も多いかもしれません。まずは「ちょいブス」というのは一体どのような人を指す言葉なのかについて紹介していきます。

「ちょいブス」=ブサイクではない!

自分の顔のパーツに関して「ここがもう少し整っていれば」と残念に思う部分はないでしょうか。実は、「ちょいブス」とは顔のパーツがあとほんの僅かバランス良く配置されていれば非常に美しくなるような容姿の女性のことを指す言葉なのです。

「ちょいブス」という言葉を聞くと、「ブス」というキーワードが入っているためにどうしても女性を小馬鹿にしたり、蔑んだりした際に用いる言葉のように感じて憤ってしまうこともあるかもしれません。けれども、「ちょいブス」という言葉は必ずしも「ブサイク」を表す言葉ではないのです。

美人よりモテる?

ちょいブスと言われる女性は、実のところ美人よりもモテると言われています。自分の周囲にも、突出した美人ではないにも関わらずなぜか男性から年中モテているという女性はいないでしょうか。多少はその女性が持つ性格や振る舞いなどに左右される部分はあるかもしれませんが、ちょいブスな女性は概ねモテているようです。

ちょいブスが男性にモテる理由は後述しますが、ちょいブスには美人とはまた違った男性を惹きつける魅力が隠されているのかもしれません。

ちょいブスな女性の特徴

顔のパーツが多少整っていなければ誰でもちょいブスな女性に分類されるかと言えば、実際のところは少し違うようです。それでは、ちょいブスと言われる女性には一体どのような特徴があるのでしょうか。ここからは、ちょいブスな女性の特徴として代表的なものをいくつか紹介していきます。

自分はちょいブスなのかどうか気になるという女性は、自身に当てはまる特徴があるかどうかを確かめながら読み進めていきましょう。

特徴①愛想が良い

ちょいブスな女性の特徴の一つ目としては、愛想が良いということが挙げられます。ニコニコと笑顔を浮かべ、誰にでも気持ちの良い受け答えをする姿は周囲からの好感度も非常に高いと言えるでしょう。自分は顔のパーツが整っていないからと言って決して卑屈にならず、それを気にさせないくらいの愛想の良さで全てをカバーしているようです。

特徴②雰囲気が優しい

雰囲気が優しいという点も、ちょいブスな女性の特徴となります。美人は顔が整っているがゆえに、どうしても怖くて近寄りがたいという印象を男性に与えてしまうようです。しかしながら、ちょいブスは美人のように完璧に整っているわけではないので近寄りがたい雰囲気を醸し出すことはありません。

さらに、上記にも述べたようにちょいブスは愛想が良いという特徴があるので、それも相まって優しい雰囲気を纏っていることが多いようです。

特徴③欠点を隠そうとしない

ちょいブスな女性の特徴の三つ目は、欠点を隠そうとしないということです。自分の顔のパーツに整っていない箇所があることを自覚している女性は、多くの場合がその箇所をコンプレックスに感じています。一般的には、どうやったらコンプレックスな部分が周囲にバレずにキレイに誤魔化せるかを最優先に考えている女性が大半だと言えるでしょう。

けれども、ちょいブスと言われるような女性はそのコンプレックスをひた隠しにするわけではなく、いかにして自身がメイクなどの技術を駆使して攻略しているかをオープンにしているようなのです。このように、欠点を隠そうとしない前向きな姿勢が、ちょいブス女性の素晴らしい魅力として溢れているのかもしれません。

特徴④女の子らしさがある

ちょいブスな女性が持つ四つ目の特徴は、女の子らしさがあるということです。ちょいブスである女性は自分自身が美人ではないことを理解しているので、服装や髪型なども派手にしないことが多いようです。

しかしながら、そんな控えめなファッションの中でもアクセサリーや自宅の部屋、パジャマなどは、女の子らしいキュートなデザインのものを選んで楽しんでいます。そうした随所に可愛い女の子らしさが垣間見える女性こそが、ちょいブスな女性だと言えるのでしょう。

ちょいブスがモテる理由

先にも述べたように、ちょいブスな女性は美人よりも男性にモテると言われているようです。ちょいブスな女性のどのような部分を男性は好ましいと感じているのでしょうか。ここからは、ちょいブスがモテる理由を紹介していきます。

モテる理由①気軽に声をかけやすい

美人な女性は整いすぎているために、どうしても近寄りがたいオーラを感じてしまって声をかけずらいという男性は多く存在しています。それとは反対に、ちょいブスな女性ならば男性も気を負わずに気軽に声をかけやすいため、結果としてモテることに繋がっているようです。

ちょいブスの特徴でもある愛想の良さや優しい雰囲気がそうさせているのかもしれません。

モテる理由②一緒にいて安心できる

一緒にいて安心できるということも、ちょいブスが男性にモテる理由の一つとなっています。相手が美人の場合、男性はその他の男性への優越感がありながらも「自分も常に身綺麗にしておかなければ」「デートのお店は高い場所じゃないと怒るかな」などさまざまなプレッシャーを抱えながら気を遣って接するという事態に陥っていることが多いようです。

ところがちょいブスの場合は、男性も美人よりかは気を抜いてリラックスして接することができるので、ありのままの自分を見せることが可能となります。一緒にいて疲れず、安心して過ごすことができるという部分はちょいブスの大きな魅力であるのかもしれません。

モテる理由③謙虚で控えめである

ちょいブスな女性は自分がちょいブスであることを自覚しているため、どんな時でも決して驕ることはありません。そのような謙虚で控えめな部分が男性からモテる理由となっているようです。また、いくら謙虚で控えめと言っても無口、地味というわけではありません。ちょいブスな女性は誰とでも明るく喋り、おしゃれもきちんと楽しんでいます。

さらに、容姿のことで周囲からいじられることもよく経験しているので、それの上手なあしらい方も身に付けています。ちょいブス女性の謙虚で控えめながらもコミュニケーション能力は高いという点が、男性側からすると非常に素敵に感じられるのでしょう。

モテる理由④盛り上げたり気配り上手

男性と女性が集まる場ではどうしても男性の注目はパッと目を引く美人な女性に向かってしまうため、美人がチヤホヤされる一方で、ちょいブスはその引き立て役となることが多くなってしまいます。しかし、ちょいブスの盛り上げたり気配りが上手だったりする様子は、知らず識らずのうちに男性に対して良い印象を与えているようです。

最初のうちは美人にばかり目が行っていた男性も、時間が経ってくるとちょいブスに対して興味を持ち始めます。煌びやかな美人は目の保養にはなりますが、少し過ごせば満足してしまって、興味を失ってしまうのです。

自分自身が注目されていなくても、場を盛り上げたり気配りをしたりするちょいブスな女性の献身的な姿勢に、だんだんと男性は心惹かれていくのかもしれません。

ちょいブスな女性に対する男性の本音

ちょいブスと言われる女性に対して、一体男性はどのような本音を抱えているのでしょうか。女性の考える「ちょいブス」と男性の考える「ちょいブス」には多少の誤差はあるかもしれませんが、ちょいブスが美人よりもモテているというのは広く知られるファクトとなっています。

一度でも「美人じゃないのに、あの子はどうしてモテるんだろう」と疑問に感じたことがある女性は少なくないことでしょう。これから紹介するちょいブスな女性に対する男性の本音を読むことで、そのモヤモヤを解消できるかもしれません。

付き合ったら楽しそう

ちょいブスな女性に対する男性の本音として、「付き合ったら楽しそう」ということがよく挙げられています。美人は見ている分には良いですが、性格面や価値観が高飛車であるイメージが先行してしまうため、付き合うとなると別問題になるのでしょう。

それに対し、ちょいブスならば性格も優しく穏やかで同じような価値観で過ごすことができそうだという印象を男性は抱くようです。男性も伸び伸びと自分自身をさらけ出すことができるので、気負わず楽しい付き合いがしていけそうだと感じているのかもしれません。

手が届く存在

ちょいブスな女性は、「ちょいブス」だと言われていますが少し顔のパーツが整っていない部分があるだけで決して「ブス」ではありません。それゆえに、男性側の本音としては美人よりも「手が届く存在」だと考えるようです。

また、顔のパーツはメイクで多少は変化を付けられますし、体型も努力すれば整えることが可能です。なので、そんな手の届く存在であるちょいブスを自分好みの女性にしたいという男性の本音も見え隠れしているのかもしれません。

ちょいブスだと言われるような女性は、顔のパーツの乱れなど気にならないくらいの素敵な性格や振る舞いをたくさん身に付けています。そのため、手が届く存在だという男性の本音を抜きにしても、魅力的な女性であることには間違いないと言えるでしょう。

色っぽく感じる

ちょいブスな女性に対して「色っぽく感じる」ということも男性の本音の一つだとされています。ちょいブスに対する思いがけない本音だという感想を抱くかもしれませんが、実はちょいブスのふとした時の表情や仕草に、男性は色気を感じるのだそうです。

美人やグラマーな女性の溢れ出る強烈な色気よりも、ちょいブスのさり気ない色気に遭遇した瞬間に、男性は何とも言えない快感を覚えるのでしょう。「どうにかして色っぽさを引き出したい」「自分だけに色気を見せて欲しい」というような欲求を抱くようになり、男性はちょいブスな女性の虜になっていくようです。

浮気の心配がなさそう

ちょいブスな女性は「浮気の心配がなさそう」だというのも男性の本音となっています。ちょいブスな女性は自分が美人でないことを自覚しているために、モテていたとしてもそれを鼻に掛けることはしません。さらに、好きになってくれた男性には一生懸命尽くそうとする傾向があるため、他の男性に目移りしている余裕などないのです。

このようなことから、男性はちょいブスならば浮気の心配もないので安心して付き合うことができると考えるようです。

ちょいブスになる方法

自分の顔を鏡で見た時に、「美人にはどう頑張ってもなれないけど、ちょいブスにならなれるかも」と考える女性は多いかもしれません。では、どのようにすれば「ちょいブス」な女性になれるのでしょうか。ここからは、ちょいブスになる方法として主なものをいくつか紹介していきます。

どれも難しい方法ではなく、日常のあらゆる所で実践できるものばかりです。自分の努力次第で「ちょいブス」になれるかどうかは決まっていきますので、すぐには結果が出なくても諦めずに継続して頑張っていきましょう。

いつも笑顔を心がける

ちょいブスになるために、まずはいつも笑顔を心がけるようにしましょう。笑顔でいることによって愛嬌や愛想の良さが身についていきます。また、笑顔には自分自身でなく周囲の雰囲気も良い方向へと誘う作用があるため、知らず識らずのうちに人が集まるような存在へと近づいていけるでしょう。

ポジティブに物事を考える

ポジティブに物事を考えるということも、ちょいブスになる方法としては有効的なようです。卑屈の度合いが高すぎて、周囲が笑えないような自虐ネタを口走ってしまうようではちょいブスとはほど遠いと言えるでしょう。何事もポジティブに考えるようにすることで、精神面から明るく変わっていけるはずです。

自分の内面とじっくり向き合う

ちょいブスと言われるような女性は、素敵な性格の持主であるということがほとんどです。つまり容姿はすぐには変えられなくても、性格を美人にすれば良いということなのです。そのためには、まずは自分の内面とじっくり向き合うことが大切だと言えるでしょう。

自分自身を見つめ直し、長所も短所もひっくるめて自分はこういう人間なんだと理解することができれば、自ずと素敵な性格の女性になっていけるようです。

可愛くなる努力を惜しまない

「どうせ自分なんて美人じゃないし」と思って可愛くなるための努力を怠ってはいないでしょうか。メイクや服装、振る舞い方などを意識していくだけで女性はより美しくなっていけるのです。また、そのようにして積み重ねてきた努力は形となってきちんと表われます。

現状維持のままかワンランク上の女性になれるかどうかは、これから可愛くなるための努力をしていけるかどうかに掛かっているとも言えるでしょう。

ちょいブスは男性にとって魅力的でモテる!

ちょいブスな女性の特徴やモテる理由、また男性の本音など詳しく紹介してきましたが、何か参考になる部分はあったでしょうか。顔に自信がなくても、ちょいブスな女性は男性にとって魅力的な存在であるようです。自分を磨く努力をし、素敵なちょいブスになっていきましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
ayys

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ