幼稚な人の特徴11選!精神年齢が低い原因&低い人への対処法は

幼稚な人の意味や特徴について詳しく解説していきます。幼稚な人が精神年齢が低い原因や精神年齢を上げる方法、また幼稚な人への具体的な対処法についても伝授していきます。幼稚な人かどうかの自己診断もあるので、幼稚な人について知りたい人は、早速チェックしていきましょう。

幼稚な人の特徴11選!精神年齢が低い原因&低い人への対処法はのイメージ

目次

  1. 1幼稚な人に振り回されたくない!
  2. 2幼稚な人の特徴【性格編】
  3. 3幼稚な人の特徴【行動・態度編】
  4. 4幼稚な人の精神年齢が低い原因
  5. 5幼稚な人が精神年齢を上げる方法
  6. 6幼稚な人への対処法
  7. 7幼稚な行動の原因を知ってうまく対処しよう!

幼稚な人に振り回されたくない!

世の中にはその振舞いや言動で周囲の人たちを翻弄させたり、振り回してしまう人がいます。その一つに幼稚な人を挙げることができます。幼稚な人がいると、すんなりと話が前に進まなかったり、いちいちご機嫌取りをしなければならないことも珍しくありません。そのため周囲の人たちは少なからずストレスを抱えることにもなるのです。

できるだけそのような面倒なことからは避けられるに越したことはありません。その方法を具体的に考察し、伝授していきます。

そもそも「幼稚」の意味とは

「幼稚」とは、年齢をあまり重ねていない小さな子供や精神的に成熟していない人のことを意味します。年齢を重ねていない子供の場合は、まだ脳も心も発育途中で、人生経験も少ないためその行動や発言、判断力が未熟であるのは致し方ありません。しかし、大人の中にも幼稚な人が存在します。

年齢もある程度重ねて、見た目も十分大人であるにもかかわらず、その年齢や立場らしからぬ行為や発言を繰り返し、しばしば周囲を困惑させるという特徴を持つのです。そのため「あの人は幼稚だ」と言う場合は、褒め言葉ではなく、どちらかと言うと批判をする時に使う言葉と言えるでしょう。

あなたは幼稚な人?幼稚度診断チェック

まず最初に、幼稚な人間かどうかの診断チェックをしていきます。以下の問いにYESかNOで答えましょう。
 

人の話を聞くのは苦手だ YES or NO
思ったことはすぐ口にするタイプだ YES or NO
本を読むことが苦手だ YES or NO
すぐにイライラする YES or NO
飽きっぽい性格だ YES or NO

YESが4つ以上の人は、「かなり幼稚」、YESが3個の人は「幼稚」、YESが1〜2個の人は、「幼稚かもしれない」、YESが0の人は、「幼稚ではない」となります。

幼稚な人の特徴【性格編】

幼稚な人には、いくつかの共通した特徴があります。その特徴は、性格面や行動面に現れるのですが、まず最初は性格面から見ていきましょう。性格や人となりは見た目からはなかなか分かりにくいものです。そばに寄って、ある程度付き合ってみてこそはっきりと浮き彫りになってくるわけですが、果たして幼稚な人はどのような性格の特徴を持つのでしょうか。

それらを良く押さえておいて、幼稚な人と分かれば、それなりに警戒していくことが大切です。

特徴①自己中心的に考える

幼稚な人の特徴としてまず最初に挙げられるのは、自分中心に物事を捉えたり考える傾向が強いということです。エゴが強く、我も強く、自分が考えた通りに物事が進まなければ、目に見えて不機嫌になります。時になぜ怒っているのか周囲には理解できず、その真意は自分の考え通りでないことに怒っていたり、拗ねているという場合も少なくありません。

平たく表現すれば、「地球は自分を中心に回っている」と勘違いしているとも言えるでしょう。もちろん現実にそのようなことはありえないので、当然ながら周囲と上手くいかなかったり、孤立することもあるのです。

特徴②短気で怒りっぽい

幼稚な人は、短気で怒りっぽい性格という特徴もあります。幼い子供が、自分のおもちゃを取られたり食べたいものが食べられない時には所かまわず怒り出したり、泣け叫ぶことがあります。幼稚な人もこれに似たところを持つのです。

自分と違う人が無数に集まってできているのが世の中ですから、仕事でも思うようにならないことはいくらでもありますし、人間関係で面白くないことも付きものでしょう。しかし、幼稚な人は世の中のあらゆることに対してすぐにカッと怒り出してしまうのです。

その態度を見せてしまうとかえって物事が混乱し、解決しにくくなることが多いのですが、幼稚な人はその怒りを抑える有効な手段を持たないことが多いと言えるでしょう。

特徴③気分屋でわがまま

幼稚な人は、気分屋でわがままな性格もあります。人は日々、喜怒哀楽のあらゆる感情を持ちながら生きています。そのため決して良い気分だけで生きられるという人は皆無と言って良いでしょう。しかし、いざ社会の中に入れば、自分の感情は上手くセーブしてコントロールしながらことに当たるのが一般的です。

しかし、幼稚な人は自己の感情をコントロールせずに露骨に剥き出しにすることが珍しくありません。その日の気分によって言うこともすることもコロコロ変わります。昨日言っていたことと今日言っていることがまったく違うこともあり、周囲はその幼稚な人に大きく振り回されてしまうのです。

もちろん自分がわがままであるということには微塵も気づいていないことがほとんどです。

特徴④空気を読むのが苦手

幼稚な人は、空気を読むのが苦手という特徴もあります。例えば、人が大切な話をしている時でも平気で割り込んで自分の話をしてしまったり、何喰わぬ顔で人の話を遮ったりします。

ここは黙っておく方が周囲のためであるとか、自ら自発的に動く方が上手くおさまるという時でもその微妙な機微がつかめず、逆に空気を乱してしまうことが多いのです。そのようなことを何度も繰り返し、周囲からは顰蹙を買って、残念な人というレッテルを張られてしまうことも少なくありません。

特徴⑤我慢強くない

幼稚な人は、我慢強くないのも特徴の一つです。まず一つには、周囲の都合を考えて待つということが苦手です。待たされるのが大嫌いと言っても良いかもしれません。物事には順序や段取りがあり、全体の規律やルールもあるものです。しかし、それらを無視して自分の好きなタイミングで行動したり、物事を推し進めようとする面があるのです。

それは即ち、我慢ができないということです。また勉強や仕事などを究めていこうと思えば、じっくりと我慢強く取り組んでいく姿勢が不可欠です。さらに人生には、乗り越えなければならない苦難や壁が目の前に立ちはだかってくることもあるでしょう。それを克服するにも我慢強さは必須条項となります。

ところが幼稚な人は、そこで耐えることができず逃げてしまうことが珍しくないのです。

幼稚な人の特徴【行動・態度編】

続いては、幼稚な人の特徴の行動、態度編です。先ほどの性格編に比べると、行動や態度を見ていく方が幼稚な人と判別しやすいと言えるでしょう。その特徴を知ることにより、少しでも幼稚な人に振り回されなくて済むようになるかもしれません。幼稚な人は、その行動や態度にどのような共通項を持つのか、具体的に浮き彫りにしていきましょう。

特徴①若者言葉や語尾を伸ばして話す

幼稚な人は、精神が幼く大人として育ちきっていないと言えます。その精神がそのまま行動や態度に顕著に現れると言っても良いでしょう。その一つが言葉使いです。人が話す言葉は置かれている立場によって徐々に変化していくものです。特に10代の若者の中には大人からすると聞くに堪えないと感じる乱れた言葉使いをする人たちも存在します。

しかし成人して大人の仲間入りをしていく中で、自分の未熟さに気づけば敬語も覚えますし、恥をかかないためにもTPOに合ったマナーを勉強し、言動も慎むようになるものです。ところが幼稚な人はこのプロセスを踏むことができません。

いつまでも若者言葉を良しとして目上に対して敬語を使うことをせず、語尾も伸ばしてだらしなく話すことを当たり前としていることがあります。

特徴②自分の非を認めようとしない

幼稚な人は、自分の非を認めようとしません。何らかのミスをしても極力誰かのせいにして責任転嫁しようとするのです。精神が大人の人は、自己責任の意識がしっかりしているので、ミスや過ちは素直に認め、むしろそこから改善をはかってより人間として成長することを考えます。

ところが幼稚な人は、自分を良く見せたいという意識が強く、虚栄心が強いのでいい格好ばかりしようとするのです。周囲はとっくにその人の責任と分かっているようなことでも容易には認めようとせず、自らを正当化して執拗にそこから逃れようとする傾向が強いと言えます。

特徴③感情を顔や態度に出す

感情をすぐ顔や態度に出す点も、幼稚な人の精神年齢の低さを表しています。精神年齢の高い人は、自分の感情をコントロールすることに長けています。またコントロールしようと極力努めるとも言えるでしょう。

しかし、幼稚な人は自分の非を認めませんし、自分を認めて欲しいという気持ちが強いので、感情をコントロールするどころか表に出すことで、周囲に気を遣わせようとするのです。自分の想いや考えを汲んでもらって当たり前で、自分から周囲の立場や想いを汲みとっていこうとはしません。

それはまるで幼い子供や駄々っ子の態度に通じる面があり、周囲はその人がいることで神経質になり、ストレスを抱えることにもなるのです。

特徴④思ったことをすぐ口にする

幼稚な人は思ったことをする口にして話すという面があります。これも小さな子供に良く見られる現象と言えます。嫌いなものは嫌い、痛いものは痛い、したくないことはしたくないと思った瞬間には、その気持ちが口から出てくることは珍しくありません。ところが幼稚な人は大人になっても、このような傾向が強いのです。

周囲は空気を読んで言うべきではないと判断することでも、頭の中で思ったことが口をついて出てしまいます。その結果、その場の空気を凍り付かせてしまうこともあれば、周囲の人たちを傷つけたり激怒させることもあるのです。

特徴⑤人やモノにすぐ当たる

幼稚な人は、すぐに人やモノに当たる面があり、これも精神年齢の低さを表しています。いわゆる八つ当たりと言って良いでしょう。冷静に考えれば、自分が蒔いた種が原因で喜べない結果となったことでも、あたかも周囲が悪いように勘違いして、その苛立ちを抑えることができなくなるのです。

そしてモノを投げつけたり、壊してしまったり、周囲の人に対してあからさまに嫌な態度を見せることがあります。自分のやり方や考え方を改めていけば、自ずと環境は変わり結果も良くなるはずですが、そのような発想には至らず、八つ当たりすることでストレスを発散して終わってしまいます。

そのため、また似たようなことが何度も繰り返されることになるのです。

特徴⑥TPOをわきまえない行動をする

幼稚な人は、TPOをわきまえない行動をするという特徴もあります。いわゆる「空気の読めない人」です。その場に相応しい対応、相手がどのような人物であるかを理解したうえでの振舞いなど今一番しなけれないけないことが何なのかということが上手く判断できないのです。

そのため的外れなことに力を入れてしまったり、自分がすべきでないことに手を出してしまう、周囲を少なからず混乱させてしまうことがあると言えるでしょう。

幼稚な人の精神年齢が低い原因

幼稚な人と言うのは、言い方を変えると精神年齢が低いと言えます。その理由は、生まれ持った性格や性質によるところもあるかもしれませんが、育ってきた環境の中にも大きな原因が潜んでいることが多いのです。そこで幼稚な人が精神年齢が低い原因について具体的に掘り下げていきましょう。

これを知ると、幼稚な人を少し許せる気持ちにもなるかもしれません。

原因①周囲に甘やかされて育った

幼稚な人は、周囲に甘やかされて育ったという共通項があります。そのため自分の思い通りになるのが当たり前ですし、面倒なことは大人たちが処理してくれたので、自分が苦労したり、過度の努力をしなくて済むということがほとんどだったのです。

その結果、自分の思い通りにならないことがあると、感情のコントロールが利かず、自分でもどうして良いか分からないほど心が乱れて態度にも出るようになってしまったと考えられます。自分のことをきちんと責任をもってしていくという当たり前のことをする習慣がないため、それが精神年齢の低さを物語っていると言えるでしょう。

原因②物事の視野が狭い

幼稚な人は、物事を見る視野が非常に狭いために精神年齢が低いと言えます。まず知識や経験が乏しいためにその少ない見識の中からしか物事を見ることができません。同じ事象も角度を変えて見てみると、まったく違う解釈ができるものです。別の角度からとらえることによって物事の解決策が見えてきたり、問題の本質を明らかにできることは良くあることと言えるでしょう。

しかしそれができなかったり、しようとしないのが幼稚な人の特徴なのです。いったん自分の都合で解釈したことは簡単に変えることはなく、周囲の言うことにも素直に耳を傾けない点が精神年齢の低さを物語っています。

原因③自分の軸を持っていない

幼稚な人は、自分の軸を持っていないので、何かがあるたびにブレてしまい、そこが精神年齢の低さにつながっているとも言えます。良く「座右の銘は○○です」と言うことがありますが、自分の中で確固たる考え方や強く精神を安定させる主義や信条があると、少々のことが起こってきても気持ちが揺らぐことはありません。

ところが幼稚な人にはそれが欠如しているため、少しの刺激でもすぐにブレてしまい、その状態が態度や行動にも現れてしまいます。その多くが、場当たり的であったり、浅はかであったりして中身の薄いものであることが多いのです。

幼稚な人が精神年齢を上げる方法

たとえ幼稚な人であっても、精神年齢を上げることができれば、いわゆる大人の態度を示すことができたり、大人の判断をすることも可能になります。精神年齢には目に見えるメモリも目安もないので、少し抽象的に感じるかもしれませんが、生活の端々で意識することで、確実に上げることができるのです。その具体的な方法について伝授していきましょう。

方法①自分自身について深く知る

幼稚な人が精神年齢を上げるためには、自分自身について深く知ることが大切です。岡目八目と言って他人のことは良く分かっても、いざ自分のこととなると正確に知ることは大変難しいことです。どうしても大目に見てしまったり、甘く見てしまうのが人の性だからです。そして幼稚な人ほど自分のことを誤って評価している面が多いと言えます。

まず自分を知るためには、周囲の人も言葉に耳を傾けることをおすすめします。「○○さんって、△△だよね」と言われた時に、そんなことはないと否定することは簡単ですが、そこで冷静になって見直してみるのです。すると確かに気付いていなかっただけで、そのような面があると分かるかもしれません。

特に、家族など身近な人ほど、図星の点を指摘してくれることが多いので、謙虚になって聞いて行くと精神年齢を上げることも可能になるでしょう。

方法②一般常識を身に着ける

精神年齢の高い人ほど、世の中のことを良く知っていますし、知識や常識が豊かです。幼稚な人が精神年齢を上げるためには、まず一般常識を身に着けることに取り掛かると良いでしょう。多くのものを知っていくと考え方が変わってきますし、自分の幼稚さにも気づいて態度を改めることも可能になります。

今までは、その無知ゆえに怒ったり、八つ当たりしていたことが恥ずかしくもなり、笑顔で対応できることもできるようになるかもしれません。そして精神年齢が上がれば、周囲からの評価や扱いにも良い変化が訪れることでしょう。

方法③目標を決めて努力を続ける

目標を決め努力し続けるのも精神年齢を上げる良い方法です。逆に言うと精神年齢の高い人というのは、常に自分に課題を設け、目標達成に向けて研鑽を積んでいると言えるでしょう。目標は高ければ高いほど乗り越えなければならない課題が増えていきます。そしてその度に我慢も強いられることになるでしょう。

しかし、その作業の繰り返しは、確実に自分を人として成長させてくれます。そして目標が達成できた時の喜びは、自分自身が享受できるのです。その結果を共に喜んでくれる人がいれば、感謝もできます。そうでなくても、自分が苦労を知ることで、人の偉大さが見えてきたり、人の傷みにも寄り添えるようになるものです。

方法④精神年齢が高い人と付き合う

幼稚な人が精神年齢を上げるためには、精神年齢が高い人と付き合うのもとてもおすすめの方法です。精神年齢が高い人というのは、自己管理能力や自己責任の意識が高く、冷静沈着です。また世の中のことも良く知っていて、酸いも甘いも噛み分けているので、その行動の仕方や人への接し方、さらに問題解決能力にも大変優れています。

できればそのような人と頭を下げてでも付き合わせてもらって、自己改革をしていくことはとても有意義なことと言えるでしょう。

方法⑤物事や他者の背景に目を向ける

幼稚な人が精神年齢を上げるためには、物事や他者の背景に目を向ける習慣を身に着けることが大切です。幼稚な人はどうしても物事を見た目やその時の印象だけで判断してしまう短絡的な面があります。しかし人も事象もその状態になるには、それまでの経緯や流れ、そして育った環境などの背景が大きく関連していることがほとんどと言って良いでしょう。

つまり、そのバックにあるものに目を向けていかなければ、真実は見えてこないということです。同じものを見たり聞いたりしても、すぐに結論づけようとするのではなく、冷静に落ち着いてその裏にある背景を想像したり、探っていく癖を身に付けましょう。

幼稚な人への対処法

幼稚な人がそばにいる場合、どのように対処していくと良いのでしょうか。自分は良かれと思って働きかけたとしても、逆に幼稚な人の術中にはまり、かえって振り回されてしまうおそれもないとは言えません。この人は幼稚だな、と気付いたらどのような対処法を取ればよいのか、具体的に紹介していきましょう。

対処法①割り切って大人の対応をする

幼稚な人は、常に自分が主人公でなければ気が済みません。女性ならお姫様、男性なら王子様といったところでしょう。何をするにも自分が注目されたいですし、問題があっても自分の非を認めようとはしません。そのため、自慢話だけでなく、聞くに堪えない言い訳や責任転嫁の文言を長々と我がもの顔で主張してくることもあるでしょう。

それは幼い駄々っ子が大人にかまって欲しいのと同じような心理ですから、そうと割り切って大人の対応をするしかないかもしれません。話し半分で良いので「そうか、そうか」と聞いてあげて、褒められるところは褒め、労をねぎらってあげると気が済む場合もあります。

情と正義感を持ちつつ、いちいち正論を言ってたしなめようとしても一向に聞こうとはしませんから、言うだけ無駄というものです。

対処法②極力関わらずに距離を置く

幼稚な人は、手を変え品を変えて周囲を困らせてきます。誠意をもって対応しても通じず、そばにいても結局似たようなことで振り回されてしまうのがオチという面が否めないのです。その火の粉を浴びないようにするためにも、幼稚な人には極力距離を置いて関わらないことが賢明と言えるでしょう。

関わりを持つことで責任転嫁されたり、悪者扱いされてはたまったものではありません。触らぬ神に祟りなし、ということわざ通り、幼稚な人には一定の距離を保って被害を受けない付き合い方を意識しましょう。

対処法③しっかりと言い聞かす

幼稚な人には、しっかりと言い聞かすという対処法もありますが、これはあまり大きく期待すると期待外れで終わる可能性があるので気を付けましょう。このまま放っておくと多大な被害が生じるとか、事件に発展するという場合は致し方ないでしょう。

しかし幼稚な人が意気揚々と調子に乗っていたり、感情的になって自己主張している時は、何を言っても逆効果です。聞いているようでまったく耳を傾けてはおらず、これも怒る相手が悪い、怒られている自分は気の毒だと言ってのけるのがオチでしょう。

泣いて頭を下げて「教えてください」と言ってくるような場合なら、多少の効果は見込めるかもしれません。

幼稚な行動の原因を知ってうまく対処しよう!

幼稚な人は、その行動や態度を見ていると見抜くことが可能です。周囲の評判から分かる場合もあるでしょう。その場合は、原因をできるだけ早くに特定して上手く対処するようにしましょう。幼稚な人の場合、その原因は思いのほか根が深いため、少し指導したところで易々と改まるものではありません。

しかも相手が上司や先輩なら、指導などできるはずもないでしょう。その際は、上手く距離を置くなどして、賢く対処するようにしましょう。

関連する記事はこちら

Thumb意識低い系の人の特徴11選!意識が低いことにもメリットが?
意識高い系の反対の言葉として、意識低い系というのがあります。意識高い系とどんな意味の違いがあ...
Thumb「民度が低い」の意味とは!民度が低い人の特徴12選
民度が低いとはどのような意味なのかご存じでしょうか。この記事では、民度が低いという意味や民度...
Thumb人間関係うまくいかない人の特徴!対人関係のトラブル原因は自分自身?
対人関係がうまくいかないと、家族・職場・友達関係のトラブルに悩む人もいます。そんな人間関係が...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ