金蹴りとは?痛みや金蹴りプレイのやり方・魅力を解説!護身にも使える?

金蹴りと呼ばれるSMプレイをご存知でしょうか。この金蹴りは、男性が痛みを伴うものです。そのため、護身にも使えるのではないかと言われています。金蹴りで注意するべき部分だけでなく、全日本金蹴り選手権のことや、金蹴りのやり方についても掘り下げていきましょう。

金蹴りとは?痛みや金蹴りプレイのやり方・魅力を解説!護身にも使える?のイメージ

目次

  1. 1金蹴りとは
  2. 2金蹴りは痛い?痛みとその理由とは
  3. 3金蹴りの魅力とは
  4. 4金蹴りプレイの種類
  5. 5気になる金蹴りプレイのやり方とは
  6. 6金蹴りプレイをするときの注意点
  7. 7金蹴りは目的に応じて使い分けよう!

金蹴りとは

「金蹴り」と呼ばれる行為をご存知でしょうか。この金蹴りとは、女性が男性に行う行為のことを意味しています。この行為を積極的にしてほしいと考えている男性がいるため、風俗店などではこの金蹴りを中心に行うお店などもあるようです。では、金蹴りとはどのような行為のことを意味しているのでしょうか。

金蹴りの詳しい意味ややり方については、後に詳しくご紹介していきます。また、金蹴りには様々な種類があるようですので、男性から「金蹴りをしてほしい」と頼まれたことのある女性は、その要求に応えられるように、様々なバリエーションの金蹴りを覚えておいてください。そして、金蹴りの注意点も一緒に理解していくことが大切になっていくでしょう。

「金蹴り」の意味とは

「金蹴り」とは、上記でもご紹介したように、女性が男性に対して行う行為のことを意味しています。その詳細は、女性が男性の金的部分を蹴り上げる行為を指しているようです。金的部分とはいわゆる「金玉」と呼ばれている部分で、男性器の下にある袋のことを示しています。この部分には丸いしこりのようなものがあります。

そのしこり部分には精巣があり、精子を生成しているようです。そして、「金玉」と呼ばれている場所は、男性の急所とも言われています。そのため、強い衝撃を与えるとかなりの激痛を伴うでしょう。実際に強い衝撃を受けた男性は、その場から動けなくなってしまうこともありますが、それを快感に感じる男性もいるようです。

全日本金蹴り選手権もある

世の中には、普通に生活していて知らないような選手権がたくさん存在しています。その中の一つに、全日本金蹴り選手権と呼ばれる人が存在しているようです。全日本金蹴り選手権とはその名の通り、男性の股間を女性が蹴り上げる選手権のことを示しています。そして、女性からの蹴りを絶えられた男性が優勝ということになります。

優勝するためには、十人以上の女性から蹴られてしまうようです。また、女性側には条件が付けられており、金蹴り初心者の人は練習が必要です。中には、一般的な会社に勤めている女性なども紛れているといいます。何度も金蹴りを行うため、女性の中には途中で足を負傷して棄権する人も続出することもありました。

この全日本金蹴り選手権はすでに数回行われており、需要があることが分かります。そのため、今度も全日本金蹴り選手権が行われる可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

金蹴りは痛い?痛みとその理由とは

上記でもご紹介したように、男性にとって金蹴りは痛いものです。しかし、女性にはその痛みとなる部分がついていないため、金蹴りによる痛さを体験することができません。また、痛みを理解することもできないでしょう。そのため、下記では金蹴りを受けることによって、男性が感じる痛みについて詳しくご紹介していきます。

そして、金蹴りで男性が痛みを伴う理由についても詳しく掘り下げていきましょう。金蹴りの痛さの度合いや痛みの理由を知ることによって、女性はより男性のことを理解することができるはずです。そのため、今まで男性に対して「大げさだな」と思っていた女性は、これを機に、男性がどれだけ痛い思いをしているのか知ってみましょう。

男性にとっては一番の痛さとも…

金蹴りの痛みについてですが、男性にとって一番の痛さとの噂もあります。女性で生理痛がひどい場合は、救急病院に運ばれてしまうこともあるでしょう。また、中には立っていられずに倒れてしまう女性もいると言います。男性にとって、金蹴りとは女性の生理痛のようなものだと言えるのかもしれません。

しかし、女性とは違った点があります。それは、男性は全員金蹴りの痛さを体験できるということです。女性の場合、生理痛は人によって痛さが大きく異なっているため、理解できないこともあるでしょう。男性の場合は金蹴りの痛さを全員が体験でき、必ずと言っていいほど経験したことのある男性ばかりです。

そのため、男性は金蹴りの痛さを知っているため、金蹴りをされている男性の映像を見るだけで、痛さを想像してしまうようです。

鋭い痛みと鈍痛の2つの痛みがある

男性が金蹴りをされた時の痛みの種類ですが、鋭い痛みと鈍痛の二つの痛みがあると言います。例えば、足の小指をどこかにぶつけた際、鋭い痛みと後を引くような鈍痛を経験したことのある人は多いはずです。金蹴りはそれと同じで金蹴りを受けた後は、鋭い痛みを感じてから、長時間鈍痛を感じてしまうようです。

特に、鋭い痛みは衝撃が大きければ大きいほど痛みが増してしまうため、金蹴りを行う際には注意が必要です。また、鈍痛も衝撃の大きさに比例して時間が伸びてしまうため、あまり強く金蹴りを行ってしまうと、男性は辛い思いをすることになります。

痛さの理由は神経が集中しているから

女性の中には、なぜ男性が金蹴りで悶絶しているのか気になっている人も多いはずです。金蹴りの痛さの理由は、金的部分に神経が集中していることが原因だと言われています。そもそも、なぜ精巣が備わっている金玉が股間の間についているのかというと、大切な部分だからです。大切だからこそ、衝撃を受けにくい部分についています。

神経には様々な機能があります。寒さや暑さなどの温度変化を感じる神経もあれば、金蹴りのような痛覚を感じる部分もあるでしょう。人間は痛覚がある場所が体の中で集中している部分もあれば、あまり痛さを感じない部分もあるようです。そのため、男性は金蹴りを受けることによって、悶絶するような痛みを経験します。

金蹴りの魅力とは

男性が悶絶するような痛さを経験できる金蹴りですが、かなり危険な行為だと感じる人が多いのではないでしょうか。しかし、男性の中には金蹴りを積極的に受けたいと考えている人もいます。それは、金蹴りにはいくつかの魅力があるからです。女性の中には、直接男性から「金蹴りをしてほしい」と頼まれたことがあるかもしれません。

では、なぜ男性は金蹴りをしてほしいと考えているのでしょうか。下記では、金蹴りの魅力について詳しく掘り下げていきましょう。今まで金蹴りのことを理解できなかった女性も、これを機に男性の要求にこたえられるようになるかもしれません。また、金蹴りは女性にとっても魅力がある行為と言われています。

そのため、金蹴りは多くの女性が身に着けておくべき行為ともいえるでしょう。

M男にとって快感を得られる

世の中には、性癖と呼ばれるものがあります。性癖とは、ある行為によって興奮することを意味しています。この性癖には、女性から責められて性的興奮を覚えてしまう男性を示している、M男と呼ばれる人がいるようです。普段はまじめに働いている男性ほど、女性から責められたいと考えている可能性が高いと言えるでしょう。

性癖を露わにすることは、その人の弱さを見せるということでもあります。そのため、男性から「金蹴りをしてほしい」と頼まれたことのある女性は、男性から心を許してもらっていると捉えることもできるでしょう。また、M男は責められることが好きなので、プレイの一環として女性に金蹴りをしてほしいと考えているようです。

護身として役に立つ

女性から責められたい男性に人気の金蹴りですが、女性のために使うこともできます。それは、いざという時の護身用です。上記でもご紹介したように、金蹴りは男性にとって一番とも言える痛みです。そのため、男性に襲われてしまった際に金蹴りを行うことで、危険を回避することもできるでしょう。

実際に護身用として金蹴りを心得ている女性も多いです。金蹴りによって快感を得る男性もいますが、ほとんどの男性は金蹴りを受けて嬉しいとは感じないそうです。もしも、自分に危険が及んでしまうような事態に巻き込まれてしまった場合は、金蹴りを護身用として使ってみてもいいかもしれません。ただし、面白半分で金蹴りを行わないようにしてください。

SMプレイを満喫できる

男性向けの風俗店を見てみると、「SMプレイ専用」と書かれた店があることに気づくはずです。これは、SMプレイをしたいと考えている男性がいるからです。SMプレイには様々なやり方があるのですが、一般的にはソフトSMプレイが人気だといわれています。例えば、目隠しをしたり、手足を縛ったりなどの行為が挙げられます。

しかし、中にはそんなソフトSMプレイでは満足できず、熱くなったロウソクの蝋を体に垂らす行為に興奮をする人もいます。このようにハードなSMプレイを好む人にとって、金蹴りはSMプレイを満喫できる行為と言えるのではないでしょうか。SMプレイが好きな人は、痛みを快感だと感じているようです。

痛ければ痛いほど快感を得ることができるため、男性が最も痛い経験ができる金蹴りを行う場合も多いそうです。

金蹴りプレイの種類

金蹴りプレイには、様々な種類があるようです。そのため、男性と金蹴りプレイを行う際には、色々な金蹴りプレイを試してみてください。特に、金蹴りプレイをしてほしいと頼んでくるくらいSMプレイが好きな男性は、本音では色んな金蹴りプレイを楽しみたいと考えているようです。

しかし、どんな金蹴りプレイがあるのか知らなければ、楽しむことはできません。そのため、下記では金蹴りプレイの種類をいくつか掘り下げていきましょう。金蹴りプレイの名前だけでなく、そのやり方についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

膝での金蹴り

金蹴りプレイでおすすめなのは、膝での金蹴りです。膝は骨が固い部分ですので、女性側の負担がかなり少なくなります。全日本金蹴り選手権の項目でもご紹介したように、金蹴りは女性側にも大きな負担がかかってしまうようです。そのため、膝での金蹴りを行うことによって、女性への負担を極力減らすことができるでしょう。

また、女性が足を蹴り上げる際、バランス感覚がないとうまく金蹴りができません。その場合は、女性が男性の体を掴んだまま金蹴りを行います。その際、男性との距離が極端に近くなってしまうため、普通に足を蹴り上げるだけではうまく金蹴りが行えない可能性があるでしょう。

もしも、男性の体を撮んだまま金蹴りを行いたいのであれば、膝での金蹴りを行ってみてください。また、この金蹴りの方法は、男性に襲われてしまった時などにも役立てることができます。防衛で膝での金蹴りを行うのであれば、男性を掴んだ手を下に引くようにしてみましょう。そうすることで、より男性へのダメージを大きくすることができます。

電気アンマでの金蹴り

電気アンマと呼ばれる遊びがあるのをご存知でしょうか。この電気アンマとは、二人で行う遊びです。一人が足を広げて寝ころび、もう一人が相手の足を持ったまま、片足で相手の股間部分を押し付けるように足を震わせます。電気アンマはもともと遊びだと言われていましたが、相手を傷つける行為でもあるので安易に行わないでください。

しかし、金蹴りプレイを行う際に電気アンマはおすすめです。他の金蹴りプレイよりも優しく行うことができるため、ソフトSMプレイが好きな男性からも人気なようです。しかし、女性が電気アンマを行う場合は男性の足を持ちあげることができない可能性もあります。その場合は、足を持ち上げずに行ってみてもいいかもしれません。

背後からの金蹴り

金蹴りプレイの種類には、後ろから金蹴りを行う方法もあるようです。金蹴りのやり方の項目では、男性と女性が向かい合って行うとご紹介しました。正面から金蹴りを行う方法では、男性が痛みに耐える顔を見ることができます。しかし、男性の中には、金蹴りプレイの際に顔を見られたくないと考えている人もいるでしょう。

その時に、後ろからの金蹴りがおすすめです。後ろから金蹴りを行うことによって、女性側も思いっきり行うことができるのではないでしょうか。初めての金蹴りプレイで躊躇してしまう女性は、後ろからの金蹴りを試してみてください。後ろから金蹴りを行う時のポイントとしては、男性は前かがみになることが挙げられます。

少し前かがみになってお尻を突き出す形にすることで、うまく金蹴りを行うことができるでしょう。

格闘での金蹴り

金蹴りプレイの種類には、格闘での金蹴りがあると言われています。これは女性と男性が格闘を行い、女性は男性に対して何を行っても良いというルールがあります。そのため、女性側は金蹴りだけでなく、プロレス技を男性にかけたりもできるでしょう。しかし、一般の女性にとってプロレス技を行うことは難しいかもしれません。

その場合は、格闘試合を行っているような演出を楽しんでみてください。男性と女性の対決の場合、明らかに男性に力があることが分かります。そのため、格闘風に金蹴りを楽しみたいのであれば、男性に手加減してもらう必要があるでしょう。

気になる金蹴りプレイのやり方とは

大切な男性から「金蹴りをしてほしい」と頼まれた場合、それに答えたいと思う女性は多いのではないでしょうか。しかし、金蹴りのやり方がわからないために、断らなければいけなくなってしまっている女性も多いはずです。男性の要望に応えられるように、下記では金蹴りの正しいやり方について詳しくご紹介していきます。

いくら男性が「してほしい」と頼んできているからといっても、正しいやり方でなければ危険が伴ってしまうでしょう。そのため、きちんとしたやり方を知っておいてください。また、金蹴りには応用のやり方がいくつかあるのですが、まずは下記でご紹介するやり方をしっかりと理解してから行ってください。

そうすることで、安全に金蹴りを行うことができ、お互いにプレイを楽しめるはずです。

やり方①男女が向かい合って立つ

金蹴りを行う際には、まず男性と女性が向かい合って立ちます。この時、距離が離れすぎているまま金蹴りを行ってしまうと、女性の足先がかすってしまうことになります。そうすると、靴を履いている場合は男性の痛みがかなり大きくなってしまうため、注意してください。逆に、近すぎても女性が蹴り上げることができなくなってしまうでしょう。

金蹴りを行う前には、どれくらいの距離が適切なのか把握しておいてください。また、正面ではなく斜めに立ってしまうと、蹴り上げた時の位置がずれてしまうため、痛みを与えられないこともあるでしょう。そのため、向かい合って立つ時には真正面を意識してみてください。

やり方②女性が男性の股間を蹴り上げる

女性が男性の前に立つことができれば、あとは女性が足を上に蹴り上げるだけです。ただし、SMプレイで痛みを与えられたい男性が相手だからといって、思いっきり蹴り上げることはやめてください。あくまでも金蹴りはプレイの一環です。男性が快感を得られるくらいの強さで蹴り上げることを意識しておきましょう。

また、女性は金蹴りをする際に、よろけてしまう可能性があります。金蹴りをする時には片足立ちになってしまうため、よろけるとそのまま倒れて頭を打ってしまう危険性もあるでしょう。そのため、金蹴りを行う際には、女性は男性の肩を両手で持って行うことがおすすめです。

こうすることによって、女性側も男性側も安全に金蹴りを行うことができるのではないでしょうか。

金蹴りプレイをするときの注意点

上記では、金蹴りの正しいやり方についてご紹介しました。しかし、金蹴りを行う際にはやり方を知っているだけでは危険です。金蹴りプレイをする時の注意点についても知っておいてください。この注意点を知らないまま金蹴りを行ってしまうと、男性の性器が使えなくなってしまう可能性もあるようです。

これは、金蹴りで蹴られる精巣が破裂してしまう危険があるからです。精巣破裂は軽度のものもあれば重症のものもあるようです。軽度のものであれば安静にしていれば完治するようなのですが、重症になってしまうと、精巣を摘出しなければいけなくなり、生涯性機能を失うことになります。

そうならないためにも、大切な人と金蹴りプレイを行う際には、下記でご紹介する注意点を必ず守るようにしましょう。

注意①外傷や炎症したらすぐに中止する

金蹴りプレイをしていると、外傷や炎症が起こる可能性があります。例えば、靴を履いたまま行っていたり、靴を脱いでいても女性の足の爪が伸びていると、外傷を受けてしまう可能性が高まります。特に、性器などは雑菌や細菌が入り込みやすい場所ですので、外傷を放置してしまうと性感染症にかかる危険性もあるようです。

そうならないために、外傷を受けた際には消毒をするようにしましょう。また、何度も金蹴りを行っていると、炎症を起こしてしまう可能性があります。炎症はそのまま放っておいても治る可能性はありますが、できるだけ患部を冷やしてあげるようにしてください。患部を徹底的に冷やすことによって、炎症を最小限に抑えることができるはずです。

注意②常に相手の反応を確認する

金蹴りプレイは女性と男性が二人で行う行為です。そのため、金蹴りをしている人の中には、思っていたよりも強く蹴られてしまった経験のある男性もいるようです。金蹴りはプレイの一環として楽しむものですが、度を越えて行ってしまうと、男性との仲が悪くなってしまう危険性もあると言えるでしょう。

そうならないためにも、金蹴りプレイを行う際に女性は男性の反応を見ながら行うようにしてください。常に相手の反応を見ながら行うことができれば、「今のは強くしすぎたかも」や「もう少し強くしても大丈夫」などの加減が徐々にわかってくるはずです。また、初めのうちはあまり強くしすぎないようにしましょう。

初めから強く金蹴りをしてしまうと、男性も痛みに慣れていないため、びっくりしてしまうかもしれません。

注意③金蹴りの加減は事前に決めておく

男性と金蹴りプレイを行う際には、お互いに金蹴りの加減は事前に決めておくようにしましょう。事前に加減を決めておけば、危険が伴ってしまう可能性も低くなります。上記でもご紹介したように、金蹴りプレイによって精巣が破裂してしまう場合があるようです。摘出しなければいけないことになると、一生子供を授かることができません。

そうならないためにも、あまり強く蹴りすぎないようにしてください。また、金蹴りプレイによって関係が壊れてしまう可能性もあるようです。大切な人と金蹴りプレイを行う場合は、特に事前に加減を事前に把握しておくようにしましょう。

金蹴りは目的に応じて使い分けよう!

女性の中には、「金蹴りプレイをしてほしい」と男性から頼まれた経験をした人もいるでしょう。しかし、今まで金蹴りプレイをしたことがない女性の場合は、どのように金蹴りをしていいのかわからない人もいるはずです。金蹴りは男性にとってかなり大きな痛みがある行為ですので、場合によっては危険が伴ってしまう可能性もあります。

そのため、金蹴りは目的に応じて使い分けるようにしましょう。特に、女性側は金蹴りをする際の強さを加減できるようにする必要があります。初めから強く蹴り上げてしまうと、金蹴りを楽しめなくなってしまいます。そうならないためにも、金蹴りプレイを行う時には二人が楽しめるような工夫を施すようにしてください。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
すうこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ