タットワの技法のやり方を解説!異世界に行ける?危険?

タットワの技法の危険性をご存知でしょうか。このタットワの技法とは、異世界と関係があると言われています。そんなタットワの技法のやり方や注意点だけでなく、実際にタットワの技法を行った方の体験談についても掘り下げていきましょう。気になっている方は必見です。

タットワの技法のやり方を解説!異世界に行ける?危険?のイメージ

目次

  1. 1タットワの技法って知ってる?
  2. 2タットワの技法のやり方
  3. 3タットワの技法の体験談を紹介
  4. 4タットワの技法は危険?注意すべき点とは
  5. 5タットワの技法を試す場合は注意が必要!

タットワの技法って知ってる?

「タットワの技法」と呼ばれるものをご存知でしょうか。最近ではネットが広く普及したことにより、様々な情報をネット上で探すことができるようになりました。中には、こっくりさんやひとりかくれんぼといった、幽霊を呼び出す方法なども知ることができます。その中でも、異世界を覗くことができるタットワの技法というものがあるようです。

まずは、タットワの技法とはどのようなものなのか、簡単にご紹介していきましょう。

そもそもタットワとは

タットワの技法にあるタットワとは、金色の夜明け団の教義を意味しています。世の中には様々な言語が存在しており、その中にはサンスクリット語と呼ばれる言語があります。タットワはサンスクリット語で「真理」という意味です。そして、そのタットワを用いたタットワの技法とは、ある図形を使った瞑想法と言われているようです。

異世界を覗く手段

初めにも少しご紹介したように、タットワの技法はある図形を使うことによって、異世界へ通ずる扉が開く方法だと言われているようです。これは、西洋魔術が元となっているとの情報もあります。異世界と聞くと非現実的に感じてしまいますが、タットワの技法以外にもエレベーターを使った方法などもネット上で探すことができるでしょう。

そして、ネット上ではタットワの技法を成功させたとの報告も見られます。下記では、タットワの技法のやり方やどんな体験談があるのかについて掘り下げていきましょう。

タットワの技法のやり方

タットワの技法が異世界を覗ける方法だと分かったところで、タットワの技法とはどのように行うのでしょうか。下記ではタットワの法のやり方をご紹介するのですが、一見簡単そうに見えます。しかし、自分の視覚を使った方法ですので、何度か慣れるまで行う必要があるでしょう。

中には、タットワの技法のやり方を真似してもできない人もいるかもしれません。また、タットワの技法は自己責任となりますので、行う際には細心の注意を払うようにしてください。

やり方①図形を凝視する

タットワの技法では、ある図形を使います。図形はいくつか並んでいますので、その画像を1分間見つめてください。また、1分では不十分だと感じるのであれば、2分、3分と少し伸ばしてみてもいいかもしれません。この時、何も考えずに図形が並んだ画像を見つめることによって、タットワの技法を成功しやすくなります。

やり方②背景が白い所へ視線を移す

タットワの技法に使用する図形を数分間見つめた後、背景が白いところへ視線を移してみてください。人は特定のものを長時間凝視してから白い部分を見ることによって、その残像を見ることができます。タットワの技法の場合は、先ほど見つけていた図形が白い部分に表れているはずです。

しかし、中にはこの時点でうまくいかない場合もあります。その場合は図形を見つめる時間が短かったか、きちんと図形を見れていなかったことが原因なので初めからやり直しましょう。

やり方③図形の残像を拡大する

白い部分に視線を移した時、きちんと図形が残像として現れたのなら、その図形を拡大してみてください。一気に拡大しようとすると失敗してしまいますので、徐々に残像を拡大するようにしましょう。そして、自分が入れるくらいのドアの大きさまで広げていってください。

やり方④残像の向こう側に行く

タットワの技法の図形を拡大することができれば、あとはその残像の向こう側へ行くのみです。ドアの大きさくらいまでに拡大した図形をドアに見立てて、できるだけ意識を集中させながらそこを通過してみましょう。

タットワの技法の体験談を紹介

上記でご紹介したタットワの技法のやり方を試すと、異世界に行くことができる人もいれば、異世界とは少し違った体験をする人もいるようです。そのため、タットワの技法を行う前に、タットワの技法を使用することでどんなことが起こるのかを知っておきましょう。

下記では、タットワの技法を実際に行った人の体験談をいくつかご紹介していきます。中には、苦痛や恐怖を感じてしまった体験談もあるようですので注意してください。

体験談①異世界に行った

タットワの技法を行ったことによって、実際に異世界に行くことができた人は少ないようです。しかし、ネット上には実際に異世界に行ったとの体験談が投稿されています。その人の情報によれば、気づいた時には異世界に行っていたようです。その人は運が良かったのか、現実世界に帰ってくることができました。

また、タットワの技法を行っている最中に異世界に行ってしまう危険を感じてしまった人もいます。その人は、異世界に行ってしまう前にタットワの技法をやめたようです。

体験談②男の顔が見える

タットワの技法を行った人の中で最も多いと言われている体験は、男の顔が見えるという結果です。ドアを通過しようとすると、突然男の顔が見えてきます。中には、タットワの技法を行った後に体調不良となり、タットワの技法を行っていない時にも男の顔が頭から離れなくなってしまった人もいるようです。

かなり恐怖を感じる出来事ですので、そんな体験をしたくないと考えている人は、タットワの技法を行わない方が良いでしょう。

体験談③海が見える

タットワの技法を行っている最中に、白い場所を見ることがあります。そのとき、なぜか海が見える体験をした人もいたようです。タットワの技法では図形の残像を通る必要があるのですが、その前に海が広がっているということなので、これも不思議な体験の一つと言えるでしょう。

体験談④何も起こらない

興味本位でタットワの技法を行う人も多いのではないでしょうか。しかし、タットワの技法を行ったからと言って、必ずしも何かが起こるわけではないようです。中には、タットワの技法をきちんと行ったにも関わらず、何も起こらなかったという体験談を投稿している人もいます。

なぜ何も起こらないのかは原因が特定されていないため、一度タットワの技法を行って何も起こらなかった人は、何度もタットワの技法を行うよりも諦めた方が良さそうです。

タットワの技法は危険?注意すべき点とは

興味本位で真似したくなってしまうタットワの技法ですが、上記でもご紹介したように、異世界に行ってしまったり、恐怖を感じてしまう人もいます。そのため、タットワの技法を行う際には細心の注意を払うようにしましょう。また、タットワの技法は危険だとも言われているようなので、下記でご紹介することは特に守ってください。

注意点①お祓いをする

タットワの技法を行う際には、初めと最後にお祓いを行うようにしましょう。お祓いといっても、わざわざ霊媒師の元へ出向く必要はありません。お経を少し読むだけでも効果があるようです。しかし、中にはタットワの技法を終えてから体調不良を訴える人もいるはずです。

もしも、タットワの技法の後に体調不良になってしまったのであれば、霊媒師の元を訪れてお祓いをしてもらうことをおすすめします。

注意点②同じ図形を使う

タットワの技法は、そのまま説明するととても簡単な行為です。しかし、危険を伴ってしまうこともあるため、できるだけ忠実に再現することが大切です。そのため、タットワの技法を行う際には、正式な図形を使うようにしましょう。そうでなければ、予想外の出来事に巻き込まれてしまうかもしれません。

注意点③連日の体験は避ける

上記でもご紹介したように、タットワの技法はかなり集中力を使います。そのため、連日タットワの技法を行おうとすると、体力的にかなりしんどくなってしまうことでしょう。そうならないためにも、タットワの技法を行う際には、一度行ったら必ず数日空けてから再挑戦するようにしてください。

注意点④体調不良時は控える

体調不良になってしまっている時は、予期せぬ事態を引き起こしてしまう可能性があります。実際にタットワの技法を行ってみるとわかるのですが、かなり集中して行わないといけません。そのため、体調不良だと失敗してしまう可能性が高まってしまいます。

異世界に行けたはいいものの、帰れなくなってしまっては意味がありません。タットワの技法は元気な時に行うようにしましょう。また、中にはタットワの技法が原因となって体調不良になる人もいます。その場合は、お祓いをしてもらったり、体を休めることを先に考えるようにしてください。

タットワの技法を試す場合は注意が必要!

タットワの技法は、上手くいけば異世界に行くことができます。しかし、体験談の中には現実世界に戻ってこれたとの報告がありますが、中には異世界から帰ってこれなくなってしまった人もいるかもしれません。そうならないためにも、タットワの技法を行う際は注意して行うようにしてください。

また、お祓いなどの順序を無くしてしまうと、予期せぬ結果を送ってしまう可能性があります。そのため、できるだけやり方は忠実に行うようにしてください。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
すうこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ