神経質な人の特徴13選!神経質な人の性格・心理や改善方法とは

神経質な人にはどのような特徴があるのでしょうか。それを知ることができれば、性格を改善したり、神経質になってしまう原因を知ることもできます。神経質な人との付き合い方を知るためにも、その意味合いや、神経質な人の特徴を勉強していきましょう。

神経質な人の特徴13選!神経質な人の性格・心理や改善方法とはのイメージ

目次

  1. 1神経質の意味とは?
  2. 2神経質な人の性格とは?
  3. 3神経質な人の心理や特徴13選
  4. 4マイナスイメージを持たれる原因とは?
  5. 5神経質を改善する6つの方法
  6. 6神経質な人との上手な付き合い方
  7. 7短所としての神経質を長所に変えて…
  8. 8神経質も1つの個性としてポジティブに考えよう

神経質の意味とは?

神経質な人という言葉をよく聞きますが、その意味を正しく知らない人もいるでしょう。また、大雑把に神経質という言葉の意味を知っていても、深く意味を掘り下げたら、知らないことがたくさんあったという場合もあります。まずは神経質な人という言葉の意味を紹介します。

神経質の基本的な意味

神経質という言葉の意味は、小さなことを気にする性格という意味です。細かく言えば、もっと様々な意味があるのですが、一般的に使われる神経質という言葉は、細かく物事を気にして、いちいちうるさい人に対して使われる言葉です。そのため、神経質だといわれる人がいたら、小さなことをグチグチ言う人なのだと理解しておけば良いでしょう。

神経質には3タイプある

神経質という言葉の意味は、小さなことを気にする人という話でしたが、厳密に言えば、もっと細かく意味が分かれます。実は、神経質には3つのタイプが存在するのです。そこでここからは、神経質に存在する3つのタイプを紹介します。全て神経質であることに変わりはありませんが、しっかりその意味を理解しておきましょう。

ただし、神経質に3つのパターンがあるといっても、細かい部分が気になってしまう性格については、全て同じです。この3つのパターンで異なるのは、その人に発生する症状となりますので、そこを勘違いしないようにしてください。

普通神経質

神経質の中で、もっとも一般的なものは、普通神経質です。小さなことや音などが気になってしまい、その結果、頭痛やめまいといった症状を起こすことがあります。また、神経質になり過ぎて、物事に集中できなくなってしまうのも、普通神経質の症状です。

一般的な神経質の症状ですので、そこまで深刻になる必要はありませんが、あまりにも症状がひどい場合には病院に行くことをおすすめします。

強迫神経症

神経質の中には、強迫神経症というものもあります。これは精神病の1つです。強迫性障害という言葉のほうが、聴き馴染みがある人も多いでしょう。対人関係において、小さな出来事を気にしてしまうようになり、人付き合いに大きな不安を抱えてしまうようになります。精神病ですが、一般的な神経質では強迫神経症ほどの、ひどい症状は出ません。

発作性神経症

神経質の中には、発作性神経症というものもあります。これはもっとわかりやすい言葉で言うと、パニック障害です。こちらも対人関係において、様々な症状が発生するのですが、不安とともに、目に見える異常が現れるのが特徴です。その中で一番わかりやすいのが、呼吸困難となります。神経質というよりは、病気ですので、精神科での治療が必要です。

神経質な人の性格とは?

神経質な人には3つのパターンがありますが、あくまでそれは専門的に神経質を見たときの話です。一般的な感覚でいえば、神経質な言葉の意味は一つで、多くの人が思い浮かべるように、ただ単に細かいことが気になってしまう人という意味です。では一般的な神経質な人の性格とはどのようなものなのでしょう。

物事を深く考えてしまう

神経質な人は物事の意味を深く考えてしまう性格です。少し気になったことがあると、なぜそのようになったのか、意味を深く考え、なんとか答えを出そうとします。子供のころからこのような性格だという人が多く、昨日今日、あらわれるような特徴ではありません。昔からずっと物事を深く考える性格なのです。

物事の意味を深く考える性格は悪いものではありません。それにより、様々な知識を得ることができたり、自分だけの特別な考えを持つことができるようになります。ただ性格として、物事の意味を深くまで追求してしまう性格だと、神経質になってしまいやすいため、注意が必要です。

細かいことが気になる

神経質な人は、細かいことが気になる性格でもあります。物事の意味を深く考えることと似ていますが、細かいかことが気になるのは、特に対人関係においてです。ある人に何かを言われたとすると、そのことを細かく気にすることがあります。「あの言葉は悪口だったのでは?」「嫌味だったのでは?」と考えるのです。

本人は悪意を持って言っていなくても、逆説的に捉えれば、悪口だと捉えられる言葉はあります。そのため、神経質な性格の人は、人間関係で苦労することが多いものです。自分で勝手に意味を変換しているだけですので、本人の責任ではあるのですが、周りも少し注意してあげると良いでしょう。

決定までに時間を要する

神経質な人の性格としては、決定までに時間を要するというものもあります。神経質な人は、細かいことを様々なパターンで考えるものです。

一見、優柔不断のようにも見えるのですが、双方のメリットとデメリットを考え、確実に正解を導き出そうとするため、どうしても決断が遅くなってしまいます。性格的に、細かなところまで考えなければ気が済まないのです。

他人の行動まで気になる

神経質な人は、他人の行動まで気になる性格をしています。自分の行動において細かいところが気になる性格であれば、特に人間関係で問題になることはありません。しかし神経質だと、自分と同じような繊細さや細やかさを他人に強制してしまうところがあります。他人の行動が気になるどころか口出ししてしまうのです。

集団行動をしようとすると、神経質な人は必ず人の行動が気になってしまうものです。それを注意しなければ、そわそわして落ち着かないという性格ですので、見なかったことにはできないでしょう。相手が温厚な性格であれば、問題は起きませんが、相手の性格や神経質な人の言い方によっては、大きな揉め事となることもあるため、注意しておきましょう。

神経質な人の心理や特徴13選

神経質な人の性格を紹介してきましたが、ここからは神経質な人の特徴を紹介します。神経質な人の特徴がわかっておけば、どのような人が神経質な人なのか、簡単に見分けることができるようになるでしょう。それができれば、神経質な人とできるだけ関わりあいにならないように生きていくこともできます。

神経質な人には特徴的な性格が様々あるため、その分、行動や見た目に様々な特徴が現れます。これから紹介する特徴が、多く存在すればするほど、その人は神経質である可能性が高くなるものです。そのため、神経質な人の特徴を1つ1つチェックしておきましょう。

特徴①完璧主義

神経質な人は、完璧主義という特徴があることが多いです。神経質な人は細かなところまで気になってしまう性格ですので、それが原因で、様々なミスやダメなところが人以上に気になってしまいます。気にしないようにと自分で心がけていても、それをどうしても無視することができない性格なのです。

まさに完璧主義な人の特徴ということができますが、神経質な人は0か100かでないと満足できないという性質があります。特に仕事では、とことんまで完璧に仕上げないと満足できず、それで周りを振り回してしまうこともあるものです。それにより人間関係が悪化することもありますが、仕事で実績を残すタイプの性格ということもできます。

特徴②誠実

神経質な人は誠実という特徴があることが多いです。神経質な人は細かな部分まで物事が気になってしまうことが原因で完璧主義になってしまうわけですが、完璧主義であれば誠実にもなります。仕事に対して大きな使命感を持つようになるため、責任感を感じるようにもなり、自然と誠実という特徴が出てくるのです。

仕事に対して自分の欲求や利益を持ち込まず、本当に会社のためになることを行いますし、人間関係においても裏切るようなことはほとんどありません。人を裏切る自分を許せないタイプの人間ですので、人の期待には応えたいと思える、律儀な心を持っています。

特徴③心配性

神経質な人は心配性という特徴もあります。心配性な人は、普通の人が心配しなくても良いと思う、細かいことまで心配するものです。その内容は、ほとんど起こり得ないと思えるようなものばかりでしょう。

しかし神経質な人の場合、常に細かいことを考えているため、小さなリスクに考えが向いてしまい、どうでも良いと思えることをいつも心配してしまうのです。

特徴④時間に正確

神経質な人は時間に正確という特徴もあります。時間に正確であることは良いことですし、社会人として必須のマナーともいえますが、神経質な人の場合、過剰なほど時間に正確です。約束の時間の15分前に集合することは当然で、それを人に強制することもあります。その結果、後輩や友人から疎ましく思われてしまうこともあるため、注意が必要です。

また、自分が時間を守る分、時間を守らない人間を異常なほど嫌うという特徴もあります。それまで友好な関係を築けていたとしても、時間を守らなかったという1つのマイナスだけで、関係が悪化してしまうこともあるのです。神経質な人と付き合う際には、注意しておきましょう。

特徴⑤几帳面

神経質な人は几帳面という特徴もあります。細かいところにまで神経が届くため、部屋を散らかしっぱなしにすることができない性格なのです。

散らかっているのが見れなければ良いという考えはなく、押入れの中や戸棚の中も几帳面に整理してあります。また、しっかり手帳を使ってスケジュールを管理するなど、様々なポイントでその几帳面さが発揮されるのです。

特徴⑥ミスがない

神経質な人はミスがないという特徴もあります。これはメリットとなる特徴なのですが、神経質な人は心配性なところや細かいところがあるため、物事を実行する前にしっかり頭で考えます。その結果、発生し得るミスを事前に予測し、予防することができます。ミスがなく、仕事ができるという特徴があるため、頼りになる存在といえるでしょう。

特徴⑦マナーがよい

神経質な人は、食事や社会生活におけるマナーをしっかり守るという特徴もあります。細かなところまで物事を考える性格ですので、人からの目を気にしますし、社会的な正義を守れない自分を許せない性格だからです。

そのため、誰かが見ていればもちろん、人の目がなくてもマナーを守れない自分が嫌いという感覚からポイ捨てしない、というようなマナーをしっかり守ります。

特徴⑧いつでも真剣

神経質な人は、手を抜くということを知らない人が多いです。そのためいつでも真剣に取り組むという特徴があります。特に仕事においては、それほど重要ではない仕事で、先輩や同僚が手を抜いていたとしても、1人だけ、まったく手を抜かず仕事をこなします。真面目な性格ですので、手を抜くという価値観がそもそも存在しないのです。

特徴⑨ルーティンを守る

ルーティンというと、スポーツ選手が試合前などに行う、決まった動作のことを言いますが、神経質な人はそのルーティンを守るという特徴もあります。なぜなら神経質な人は、自分がミスをしたときに、どのような行動をしていたか、何が原因でそうなったのかを考えるものだからです。

そのようにして反省をしたとき、いつもしていることを、その日はしておらず、失敗してしまったということに気付いてしまうと、どうしてもそのやらなかった行動が気になってしまいます。

そのため、「それをやることで成功する」という心理ではなく、「安心したい」「不安をなくしたい」という心理で、1つの動作をルーティンとして組み込むようになるのです。

特徴⑩他人の変化を感じ取る

神経質な人は自分に対しても細かいですが、人に対しても、細かな観察をしています。自分のことをそのような目で見ている分、常に観察する癖がついているのです。その結果、髪型が変わったり、機嫌が悪いような表情をしていたりすると、その変化にすぐ気付くという特徴があります。

特徴⑪整理整頓にこだわる

神経質な人は整理整頓にこだわるという特徴もあります。たとえば、「リモコンは机の端に、特定の順番で真っ直ぐに並べなければならない」というようなこだわりです。完璧主義な性格がまさに発揮されているということなのですが、物事にこだわるあまり、他の人からは理解されない完璧さを作り出していることがあるのです。

神経質な人はこのようなこだわりがあるため、整理整頓できない人を軽蔑しているようなところもあります。神経質な人とデスクが隣り合っている場合、特に整理整頓できていない人は嫌われてしまいやすくなるため、注意しておきましょう。

特徴⑫プライドが高い

神経質な人は自分の意見を曲げられないプライドの高い人が多いです。プライドの高い人は、他人から意見されることを嫌います。確実に間違えていることでも、プライドが高いことが原因でそれを認めることができず、反論してしまうのです。

神経質だと人よりも細かく物事を考え、努力もします。しかしそれが原因で、強い自信を持ってしまい、プライドも高くなってしまうのです。

特徴⑬使命感を持つ

神経質な人は仕事に対して、強い使命感を持つという特徴もあります。完璧主義で細かいところまで考える性格は、仕事に対して本領が発揮されるでしょう。その結果、仕事ができる人になるのですが、そのことにより仕事にのめりこんでしまうのです。

仕事に夢中になることは結果を残すことができるというような良い面もありますが、精神衛生上、過剰なストレスを抱えるというようなデメリットもあるため、注意が必要です。

マイナスイメージを持たれる原因とは?

「神経質な人」という言葉は、主にマイナスな言葉として使われます。つまり、神経質と言われた場合、それは悪口ということになるわけです。しかし神経質な人の特徴で紹介したように、神経質な人には多くのメリットもあります。

それを考えれば、マイナスイメージがあることに、疑問を抱く人もいるでしょう。いったい、神経質な人にマイナスイメージがある原因とは何なのでしょうか。

原因①自意識過剰

神経質な人にマイナスイメージがある原因としては、自意識過剰という原因が挙げられます。神経質な人は細かなところまで物事を気にしてしまう性格ですので、人の変化や自分に向けられている目に対しても、過剰に反応します。

他の人がわからない情報を知ることができてしまう能力を持っていることが原因で、自意識過剰になってしまい、マイナスイメージを持たれるのです。

原因②自分を卑下する

神経質な人にマイナスイメージがあるのは、自分を卑下するという性格が原因です。神経質な人は心配性ですので、常に「失敗してしまうのでは?」という恐怖を抱いています。その不安を同僚や先輩に対して話すこともあるでしょう。

最初は優しく応対してくれた先輩も、何度も同じ不安を言われれば、鬱陶しくなってしまうものです。その結果、心配性な性格が原因で、マイナスイメージを持たれてしまいます。

原因③未知の分野には消極的

経験がない未知の分野に対しては、誰もが不安を抱えてしまうものですが、神経質な人は心配性なため、普通の人よりも強い不安を抱いてしまいます。そのため、神経質な性格が原因で、未知の分野に対しては消極的になってしまうのです。仕事をする上では、常に新しいことに挑戦しなければなりません。

神経質な人はそれが原因で不安を感じ、「向上心がない」と判断されるため、マイナスイメージを持たれるのです。

原因④融通がきかない

神経質な人は細かいことを気にする、真面目な人間です。それがメリットとなることも多いのですが、ルールに縛られてしまう点は、マイナスな点となります。そのため、神経質なことが原因で融通をきかせることができず、マイナスイメージを持たれることが多いのです。

原因⑤集中力が続かない

神経質な人は細かいことを気にすることが原因で、常に頭を使っています。人間の体力には限界があるため、そのようにして常に頭を使っていれば、いつかガス欠を起こすでしょう。つまり、神経質で細かいことまで考えることが原因で、いざというとき、集中力が続かないことがあるのです。

その結果、仕事で大失敗してしまったり、「手を抜いている」と思われてしまうこともあります。また、1つの物事を行っているとき、不安が集中を邪魔することもあるものです。別の仕事のことを不安に思ってしまったり、今やっている仕事が他の人の目から見たら稚拙なものではないかと考えてしまったりすると、もはや仕事は手につきません。

その結果、やはり集中力を切らしてしまい、上司や同僚からマイナスイメージを持たれてしまうのです。

神経質を改善する6つの方法

神経質がマイナスイメージを持たれる原因を紹介しましたが、このようにしてマイナスな目を向けられるのであれば、それを改善したいと多くの人が思うものです。では、神経質な性格を改善するためには、いったいどうすれば良いのでしょう。紹介していきます。

方法①完璧を意識しない

神経質を改善するためには、完璧を意識しないことが大切です。自分の性格との付き合い方を変えるという方法になるのですが、神経質な人は自分に対するハードルが高く、常に完璧を求めます。その向上心までも改善する必要はありませんが、人間は完璧ではありません。そして結局、神経質な人が完璧を求めるのは、不安を消すためでしかないのです。

自分が安心したいためだけに、完璧を求める考え方をまずは改善してください。あえて失敗したり、手を抜いたりする必要はありませんが、神経質な人は他の人と努力の量を一部、合わせてみてください。他の人はそれでうまく行っているのですから、そこは手を抜いて良いポイントだということになります。

このようにして、神経質な性格との付き合い方を変え、少しずつ完璧主義を改善していきましょう。

方法②不安の解決方法を探る

神経質を改善するためには、不安になってしまう心理との付き合い方を考えるのも大切なことです。多くのマイナスイメージは不安が原因となっているため、その心理との付き合い方を改善する方法を見つけ出す必要があります。しかし不安を感じる心理との付き合い方は人それぞれです。

どこの不安を感じるのかということは、人によって違うため、改善方法も人によって違うのです。そのような不安との付き合い方において、神経質の人に共通する有効な対策は、過去に不安を解決したことを覚えておくこととなります。

たとえば、不安を感じたとき、過去に成功した事案を思い出すことで、不安を解消できたのであれば、それを自分の中で、1つの不安解消のマニュアルとしておくのです。こうして、自らの過去を分析することで、うまい付き合い方をすることができます。

方法③失敗例をマニュアル化する

神経質を改善する方法としては、失敗例をマニュアル化するという改善方法もあります。過去の不安を解消したことをマニュアル化するのも必要なことですが、失敗したことを記録するのも同じくらい大切なことです。

過去にどのような原因によって失敗したのかをまとめておき、不安になったときは、それを見てください。そうすることで、失敗したパターンを今現在、自分が辿っていないことを把握でき、不安を解消できます。

方法④集中力の継続をトレーニングする

神経質を改善する方法として、集中力を継続するトレーニングをすることも大切なことです。ただし、神経質な人は集中力がないわけではありません。集中力の使いどころを間違えているのです。そのため、仕事をしているとき、必要のないところで細かく神経を使わないことを心がけておけば、自然と必要なときに必要な集中力を発揮できるようになります。

さらにそれに加えて、物事を1つだけに集中することを意識することも、大切な改善方法です。神経質な人は心配性な性格が原因で、1つの物事に取り組んでいるときにも、あれこれと余計なことを考え、集中を乱してしまう傾向があります。

人間、2つの物事を同時に取り組むことはできません。そのため、「どうせ1つずつしかできないのだから」という考えを持ち、乱しやすい集中力を改善していきましょう。

方法⑤「無」になる時間を作る

神経質を改善するために、「無」になる時間を作るということも大切です。神経質な人は細かいことをあれこれ考えている時間が長過ぎます。そのため、まったく何も考えない「無」の時間を作ることで、その状態に慣れ、神経質を改善できるのです。

一番良い方法としては、お寺で座禅体験をすることですが、それが難しいようであれば自宅で行いましょう。最初はあれこれ考えますが、徐々に「無」の時間を長く作れるようになります。

方法⑥自分を褒める

神経質を改善するために、自分を褒めるということも大切なことです。神経質な人の不安は、自信がないところから発生しています。今までは自分自身に厳しくしていたかもしれませんが、付き合い方を変え、褒めてあげましょう。このようにして自分を認めてあげることができれば、不安を感じやすい心を徐々に改善することができます。

神経質な人との上手な付き合い方

周囲に神経質な人がいるのであれば、そのような人とどのような付き合い方をしたら良いのかということも知っておきたいものです。上手な付き合い方をすることにより、神経質な人も自分自身も楽な付き合い方ができるようになるため、そのための方法を学んでおきましょう。

認めてあげる

神経質な人との付き合い方としては、認めてあげるということが大切です。神経質な人は自分を認めてあげたいと思っていても、それまでの癖もあり、なかなか自分を認められず、苦しんでいます。しかし人から褒められれば、自分で自分を褒めるよりも、素直に不安を解消できるものです。

そのため、基本的な付き合い方として、仕事や神経質な人がした判断を、認めてあげるようにしましょう。

共有する

神経質な人との付き合い方として、気持ちを共有するということも大切です。神経質な人はプライドが高いところもあるため、自分の弱い部分を人に見せることができず、苦しんでいます。

誰でも1人で悩んでいれば、苦しくなってしまうものですが、神経質な人はそれを人に相談することができません。そのため、誰かが神経質な人の気持ちを共有することで心理を救うことができるのです。

神経質な人はなかなか素直にならないものですが、根気強く「どのようなことに悩んでいるのか」「何か困っていることはないか」話しかけてみましょう。そうすることで、神経質な人も「この人にならば話しても良いんだ」という気持ちになり、気持ちを共有する付き合い方をできるようになります。

指示や連絡は細かく

神経質な人との付き合い方として、指示や連絡は細かく何度も行うことも大切です。神経質な人は不安を感じやすいため、様々なことを心配し、そこに時間を費やしてしまいます。しかし何度も連絡して、細かく指示をすれば、そこにレールがひかれているため、不安を感じず、仕事をすることができるものです。

そのため、神経質な人とうまく仕事をするためには、指示や連絡を細かくするという付き合い方が有効となります。

短所としての神経質を長所に変えて…

先にも紹介しましたが、神経質な人はどうしてもマイナスイメージで見られてしまいます。実際にマイナスな部分もあるため、周りはうまい付き合い方をする必要があるのですが、けっして神経質な人はお荷物となる存在ではありません。

神経質な性格にも長所はありますので、そこをうまく抽出し、メリットだけを表面化させることも可能なのです。そのため、神経質な性格を短所しかないと断定しないようにしましょう。

悪いイメージの「神経質」

悪いイメージのある神経質な人ですが、それは周りの偏見でもあります。周りにいる人は、過去、神経質な人から迷惑を被ってきたのでしょう。その経験が「神経質な人」そのものに対する、負のイメージを定着させてしまったのです。

しかしイメージと現実は必ずしも一致するものではありません。それを考えれば、神経質な人が活躍したり、それを人のために役立てることができれば、周りの人からも受け入れてもらえるということになります。

「神経質」が功を奏することも…

神経質な人に対しては悪いイメージが付きまといますが、実際、神経質であることが功を奏することもあるものです。たとえば、神経質な人のおかげで、会社に出ていたはずの大損害を事前に防ぐげることもあります。神経質な人は心配性ですので、その性格のおかげで事前にリスクヘッジをしていた結果、起こり得た大きなミスを防ぐことができるからです。

また、心配性な人は周りの人の変化に敏感です。それは見た目においてもそうなのですが、心理的な変化にも敏感になります。もしも誰かが、とんでもないミスをしてそれを隠していたとしたらそれに気付くこともできますし、心を壊してしまうような大きな悩みを抱えていたら、それに気付き、うまくフォローしてあげることも可能となるのです。

神経質な人がいたおかげで助けられたということは、それほど珍しい話ではありません。これまでに神経質な人との付き合い方やマイナスな点も紹介してきましたが、使いどころさえ間違えなければ、仕事のためにも、人間関係においても、それは立派な長所となるのです。

もちろん、全てにおいて長所だけを発揮できるわけではありませんが、それは全ての性格においていえることでしょう。リーダーシップがある人はワンマンになることがありますし、コミュニケーション能力が高い人が失礼な言動をすることもあります。

それを考えれば、神経質な性格だけが特別悪い性格というわけではないため、そこまで自分の性格を卑下する必要はないのです。

神経質も1つの個性としてポジティブに考えよう

神経質な人は短所ばかりピックアップされてしまいますが、それが全てではありません。努力次第で性格を改善することができますし、良い面もたくさんあります。神経質というだけでマイナスに考えず、長所にも目を向けうまく神経質な性格と付き合っていきましょう。

関連する記事はこちら

Thumb几帳面な人の特徴11選!几帳面の意味や性格/長所/短所とは
仕事場にも多くいる「几帳面な人」にはどのような特徴があるのでしょうか。几帳面の言葉の意味や類...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
wasezaimu
よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ