価値観の違いとは?価値観が合わない人との付き合い方・違いを感じる瞬間は

価値観の違いとはどのような意味があり、価値観の合わない人とはどのような付き合い方をすれば良いのでしょうか。男女が価値観の違いを感じる瞬間やカップルでの乗り越え方もレクチャーしていきます。別れの原因にもなりかねない価値観の違いについて学んでいきましょう。

価値観の違いとは?価値観が合わない人との付き合い方・違いを感じる瞬間はのイメージ

目次

  1. 1価値観の違いを感じることはありますか?
  2. 2価値観の違いの具体的な例とは
  3. 3男性が女性に対して価値観の違いを感じる瞬間
  4. 4女性が男性に対して価値観の違いを感じる瞬間
  5. 5価値観が合わない人との上手な付き合い方
  6. 6カップルが価値観の違いを乗り越える方法
  7. 7価値観の違いは認め合うことや受け入れる気持ちが大切

価値観の違いを感じることはありますか?

よく価値観が合うとか合わないという言い方がされます。日常生活や男女の付き合い、またご近所付き合いやビジネスシーンに到るまで、人間が生きているところでは、実に多くの価値観がひしめき合っているとも言えるでしょう。そのため行く先々で価値観の違いを感じることもあるかもしれません。

それは海外旅行に行ったり、留学や出張に行くと強く感じることもあるかもしれません。そもそも「価値観」とは何なのでしょうか。また価値観の違いは、どのような事態につながっていくのでしょうか。

そもそも「価値観」の意味とは

価値観とは、何をどれだけ大切と思うか、価値があると感じるかということに対する個人的な感覚や判断基準のことを意味します。そこに世間の常識や法律などは関係ありません。あくまで生きていく上で個人が心の奥底で根強く感じる価値基準です。

そのため厳密に言うと、何ごとに対してもまったく同じ価値観を持ち合わせている人は皆無と言って良いでしょう。むしろ独自の価値観に従って人は生きていくものであって、その価値感の集合体がその人の個性を形成しているとも言えるのです。

それは幸せとは何か、何のために仕事をするか、恋愛とは、結婚とは…などあらゆるテーマに対してその人が感じたり考えたりするものなのです。

価値観の違いは喧嘩や別れの原因にもなる

価値観の違いは、いくら互いの考えを正当に主張しても、なかなかすんなりと受け入れてもらえないことがしばしば起こります。価値観はその人の生まれ持った性格からくるものもあれば、育ちからくるものもあります。そのためその人の人格の一部を担うこともありますし、思考回路や発想の仕方に根強く影響を与えるとも考えられるのです。

そのため自分の価値観は正しいと心の底から思い込むのが当たり前で、それを否定されたり批判されたりすると心穏やかではいられなくなることが珍しくないと言えるでしょう。その結果、カップルや夫婦でも価値観の違いから大喧嘩になることもありますし、それがきっかけで別れてしまうという事態に発展することもあるのです。

価値観の違いの具体的な例とは

価値観の違いには、どのようなものがあるのでしょうか。人は生きていく過程で様々な価値観を知らず知らずのうちに持つようになるものです。普段はそれが当たり前なので特別に意識もしないかもしれません。しかし恋人と付き合い出したり、結婚生活が始まるとあらゆるところに独自の考え方が潜んでいて、それが当たり前でないことを知ることになります。

果たして、どのような面で価値観の違いが浮き彫りになってくるのか、具体的に見ていきましょう。

価値観の違い①金銭感覚

価値観の違いとしてしばしば話題にあがるのが、金銭感覚についてです。例えば、男性と女性の間で付き合ったり、夫婦関係になった時に、互いのお金の使い方や貯蓄を巡って意見が割れることは非常に多い現象と言えます。中には宵越しの金は持たないとばかりにあるだけ使ってしまう人がいます。

堅実に将来に向けて貯金をしたい人からすれば、この考え方は夢でもありえないことで、言語道断と言えるでしょう。さらに何に対してどれくらい使うかということでも意見が割れることがあります。形として残る物にはお金を使いたくても、形に残らない食事やアウトドア、映画鑑賞などには極力使いなくないという人もいます。

すると面白みがないとして相手を責めてしまう事態も起こりうるわけです。こう考えると金銭感覚が似ていることは付き合ったり結婚する上では非常に大切だということが分かります。

価値観の違い②結婚観

結婚観についても、カップルで価値観の違いが浮き彫りになることが良くあります。例えば結婚後の仕事について、働き続けたいと強く願う彼女と、仕事は自分が頑張るから家事や子育てをきちんと頑張って家庭を守って欲しいと願う彼氏とでは折り合いをつけるのは簡単ではありません。

親と同居することを前提と考える側と、できるだけ別々に暮らしたいと思う側とでも意見を一致させることは難しいでしょう。そもそも結婚そのものについても、できるだけ早くしたいと考える側と、じっくり焦らず考えていきたいと思う側とでは、常に相手の顔色を見ながら相手の想いを探り合うような関係になってしまうこともあります。

事が事だけにそれぞれの価値観がぶつかり合い、答えが出せなくなることも珍しくはないのです。

価値観の違い③食生活・食事

食生活や食事の仕方などを巡っても価値観の違いが目立つことが良くあります。時々会って食事をする相手ならあまり問題はありませんが、毎日のようにともに食事をする間柄の場合は意見が対立することも珍しくありません。美味しければ栄養やカロリーは二の次という側と栄養など体に良い食事を重視したい側とでは真っ向からぶつかることになりかねません。

また朝食はパンかお米かとか、そもそも朝食は食べないという人もいます。朝食こそ元気の源と考える人からすれば、朝から何も食べないという人の気が知れないでしょう。食べることは生きるために不可欠なことだけに、その人の欲や価値観が強く表に出ると言えます。そのため譲れない想いも強くなるとも考えられるのです。

男性が女性に対して価値観の違いを感じる瞬間

続いては特に男性と女性との間で価値観の違いが浮き彫りになるテーマについて考えていきます。まずは男性が女性に対して価値観の違いを感じる瞬間です。男性は、女性のどのような行動や考えに対して違和感を覚えるのでしょうか。価値観について意識する時、そこにはその人の感情も強く伴うことがしばしばあります。

ピタッと合えばこれほどスッキリすることはありませんが、合わないと分かれば互いに気分を害したり辛い思いをすることにもなりかねません。それでは早速、男性が女性に対して価値観の違いを感じる瞬間について解説していきましょう。

瞬間①異性と一緒に出かける

男性が女性に対して価値観の違いを感じる瞬間は、意外と平気に異性と一緒に出かけることです。女性は男性から気軽に食事やドライブなど誘われることが良くあります。しかし付き合っていれば彼氏がいるわけですから、そのようなデートもどきの誘いは断るのが当然と男性は思います。

ただ女性からするとデートと呼べるほどの親密なものではないし、少し出かけるくらいだからと気軽に誘いに乗ってしまうことが少なくありません。男性はそのような軽はずみな行為が許せずに、嫉妬したり腹を立てることが多いですし、その価値感の違いに少なからず戸惑いを感じるのです。

瞬間②遅刻や時間に厳しい

男性は、仕事に関しては時間厳守で忙しく動き回っている分、プライベートの時は時間を気にせずゆっくりしたいと思う人が少なくありません。そのため彼女とのデートのがあっても、疲れていて寝坊をしたり、約束の時間に間に合わないこともあるのです。

ところが女性は、仕事よりもプライベート重視の感覚が強くて、休日はしっかり遊びたい、買い物も楽しみたい、デートも存分に満喫したいと願う人が多いのです。この価値観の違いから、男性の時間に対するルーズな面を許せないと感じる女性は少なくないと言えるでしょう。

そして彼氏が遅刻してくれば機嫌を損ねて、せっかくのデートも憮然とした顔つきでスタートせざるをえないパターンが意外とあるものなのです。

瞬間③相談事をただ聞いてほしい

女性は身の上話をしたり、相談をすることが大好きな人が多いです。しかし男性が勘違いしやすいのは、あまりアドバイスや解決方法を聞きたいと思っていないという一見矛盾とも思える女性の価値観です。相談されればそのことに誠実に応えてあげたいとも思うのが男性です。

そのため女性の話が長いと、つい「何が言いたいの?」「何が辛いの?」「結論は?」と急き立ててしまうことがあります。これを女性は極度に嫌います。なぜなら女性は話すことが好きで、ただ聞いて欲しいだけだからです。ところが男性はいちいちそのすべてに結論やオチを付けなければ気が済まない性質があります。

そのため女性のただ聞いて欲しいだけ、という考えに対して疑問に思ってしまう思ってしまうことが多いのです。

瞬間④不平不満をすぐ口に出す

男性は、女性が不平不満をすぐ口に出すという面も理解に苦しむことがあります。「どうしてそんな言い方をするのか」「何も今それを言わなくてもいいいのに」という形で、女性の愚痴や文句について強く嫌悪感を持つのです。

男性はトラブルが起きたり不穏な空気が漂っても上手く体裁を整え、その場を丸く収めたいと考える人が少なくありません。しかし女性は別の観点から見ていることが多く、ここで言わなくてどうするの、という気持ちで思ったことがすぐに口をついて出てしまうことがあるのです。

瞬間⑤趣味を理解してくれない

男性は多趣味であったり、一つの趣味に深くのめり込む人が多いです。一度ハマるとまったくと言って良いほど周囲の人のことが見えなくなってしまったり、単独行動でどこへ行ったか分からなくなることもあったりします。そのような趣味に興じる気持ちを理解してくれる女性は少なくて、その価値感の違いにガッカリしたり腹が立つことがあるのです。

女性からすると趣味と私とどっちが大切なの、と迫りたくなるのですが、その問いは男性にとっては非常に酷で辛いものになるのです。

女性が男性に対して価値観の違いを感じる瞬間

続いては、女性側が男性に対して価値観の違いを感じる瞬間です。男性としては、女性がどのような点で価値観の違いを感じやすいのかを知っておくと、無駄な軋轢を減らせることにもつながるかもしれません。いくら自分がしたいことでも、自分の価値観を100%善と思い込むと付き合っていくのが難しくなってくると考えられます。

それでは女性が男性に対して価値観の違いを感じる点を具体的に見ていきましょう。

瞬間①付き合っていても風俗へ行く

多くの女性が男性に対して価値観の違いを強く感じるのは、付き合っている彼女がいるのに風俗に行くことです。もちろんすべての男性がそうというわけではありません。しかし、少ないかと言えばそうとも言えないのが現実なのです。まさに知らぬが仏の世界なのですが、もし彼女にばれた場合は、烈火のごとくに怒り出し収拾がつかない可能性もあります。

これは男性がどんな理屈で説明しても女性が心から納得できる価値観ではないと言えるでしょう。

瞬間②自分より仕事や友達を優先する

女性からすると、男性に自分よりも仕事や友人を優先された瞬間に、価値観の違いを感じてしまいます。女性からすると特に好きな男性や彼氏との約束は最優先するのが当然と思う傾向が強いと言えます。ところが男性は必ずしもそうではありません。

どうしても外せない仕事や自分に大きな責任がかかっている任務があれば、そちらを優先するという思考回路が強くあるのです。さらに男と男の約束を守る義理堅い部分があるのも男性の特徴で、ここは男女の間で価値観の違いが大きく出るところと言えるでしょう。

瞬間③いろいろ気が利かない・気づかない

女性は、男性の鈍感で気が利かない点も価値観の違いを感じる瞬間と感じます。例えばデートをしていて女性はヒールやサンダルだと歩いていて疲れてしまうことがあります。ところが男性はスニーカーなどを履いていて疲れにくい上に、女性よりもかなり速足で歩く人が多いと言えます。

疲れながらもそのペースについて行くのは女性からするとかなりのストレスなのですが、そのようなことに気づかない男性は少なくありません。他にももう一歩のデリカシーや優しさに欠けることがあると、女性としてはその価値感の違いに興ざめしてしまうことが少なくないと言えるでしょう。

瞬間④ちょっとしたことで怒り出す

女性は男性がちょっとしたことで腹を立てたり怒り出す瞬間にも価値観の違いを強く感じます。男性は、自分の考えや価値観と合わないことには怒りの沸点が低いという人が少なくありません。例えばつい先ほどまで機嫌よく話していたと思っても、女性のちょっとした一言や行動で一瞬にして機嫌を崩してしまうのです。

人によっては、烈火のごとく怒り出し、怒鳴りつける人もいます。パワハラになることすら考えられるのです。女性には女性なりの考えや都合もあるので、なぜ怒り出したのかまったく分からないことも良くある話で、怒りの原因を知るまでにある程度の時間が必要なことも珍しくないのです。

瞬間⑤趣味にお金をかける

女性は、男性の趣味に対するお金の掛け方に価値観の違いを感じることもあります。男性は、一般的に収集癖が強い人が多く、同じような物を幾つも揃えてはさらに買い足していくようなところがあります。

また車やバイク、自転車なども好きな人はとことん凝ってしまい、気に入った新車が発売されたり、中古車でもレアなものが見つかればお金に糸目は付けないという人もいます。女性は非常に現実的に考えて、そのお金があれば、あれもこれも買えるのにと不満に思ってしまういます。

そのくせ「これが欲しい」と安い物をおねだりしても驚くほどケチでお金を出そうとしない面があったりして、堪忍袋の緒が切れる女性も沢山いるのです。

価値観が合わない人との上手な付き合い方

価値観とは、いわば個人が自由に持ち合わせている自分の中の究極の常識とも言えるものです。もちろんその中には持ちたいと思って持つというよりも、育ちや生来の性格がそのように思わせるというものもあるでしょう。そのため自分の価値観は容易には変えられる代物ではありませんし、それを強要されると非常に苦しかったり反発したくなるものです。

そうと分かれば、価値観の違う人がいてもおかしくありませんし、それに意見したり正そうとするよりは、上手に付き合うことを考える方が賢明と言えるでしょう。そこで価値観が合わない人とはどのように付き合っていくと良いのか、についてレクチャーしていきます。これは日常のあらゆるシーンで大変役に立つのでしっかり心に留めておきましょう。

付き合い方①自分の価値観を押し付けない

自分の価値観を他人に押し付けようとすると、それがどれだけ正しいことであっても結果としては相手の反発を買ったり人間関係がこじれたりするものです。これは逆を考えると良く分かるかもしれません。お酒やたばこが大好きで、何十年もやめられないとして、健康に良くないからと強制的に禁止されたらどうなるでしょう。

中にはたとえそれが正しいと分かっていても、烈火のごとく怒り出したり発狂しだして、何をしでかすか分からないということもあるかもしれません。そのため正しいと分かることと、それを素直に受け入れることはまったく別物であるということを覚えておく必要があるでしょう。

そして無理に自分の価値観を押し付けないということは、良い人間関係を築くためのエチケットとしても重要なのです。

付き合い方②相手の価値観を尊重する

自分の価値観を素直に認めてもらえると、人はとても心がスッキリするものです。「そんなことってあるよね」とか「分かるわかる」と言ってもらえると自分をそのまま受け入れてもらっていると感じて嬉しくもなるでしょう。自分と相手の価値観が違うと感じても、まず相手のそれを理解するための最大限の努力をすることは大切です。

そして尊重できる部分を見つけたら、それを相手に上手く伝えることで人間関係も円滑になると思われます。

付き合い方③お互いの違いを理解して歩み寄る

価値観は人によって実に様々です。そのため細かな相違点を一つひとつ指摘して否定していたら、上手く行く人間関係も上手くいかなくなってしまいます。それよりも妥協点を早く見つけて、こちらから歩み寄っていく方が賢いと言えるでしょう。

魚心あれば水心、と言われるようにこちらが好意的な態度を示すことで、人の態度や行動も驚くほど良い方に変化することがあります。そして親しい付き合いができれば、さらに価値観を一致させやすくもなるものなのです。

付き合い方④価値観が同じ人はいないと理解する

価値観は生活の細部に到るまで実に多くのものが存在します。それはあまりに身近すぎて、自分自身でも気づけない面があるとも言えるかもしれません。ましてやそれを他人が全て理解するということなどまずありえないのです。つまり価値観が同じ人はこの世に1人として存在しないということです。

これをしっかりと理解しておけば、相手が自分の考えと違う言動をしていてもさほど気にならなくなるかもしれません。そしてその方が人間関係も順調に行きますし、精神的にも楽になると言えるでしょう。

付き合い方⑤無理に合わせようとしない

上述のように、価値観はすべてピッタリと同じになることはないので、逆に言えば無理に合わせようとしないということも大切です。肯定もせずと言って否定もせず、それぞれが互いに尊重して任せていくことができれば、多くのことはそれなりに上手く回っていくと言えるのです。

カップルが価値観の違いを乗り越える方法

カップルとなると、好きな相手だからこそ自分の価値観を理解して欲しいと望んでしまうかもしれません。しかし、一旦強くそれを望んでしまうと相手からはそれ以上に価値感を押し付けられる結果となることもあります。そしてこれを繰り返すと冒頭で述べたように、その先には悲しい別れが待っていることも珍しくないのです。

「自分は大丈夫」と高をくくらず、それこそが危険な自分の価値観と知って、慎重に見直してみましょう。最後にカップルが価値観の違いを乗り越える方法を伝授します。

相手を無理に変えようとしない

価値観の違いを乗り越えるためには、たとえカップルであっても無理に相手を変えようと思わないことが大切です。親しき仲にも礼儀あり、という言葉があるように相手の価値観に深く入り込みすぎて、かえって関係が難しくなってしまうことがあります。それよりは、あるがままの魅力やチャームポイントを見ていく気持ちをいつまでも大切にしていきましょう。

お互いの妥協点を探す

価値観の違いがあっても、互いの妥協点を探っていき、歩み寄っていく方が賢明と言えます。上述しましたが、こちらが歩み寄る態度を示すと、相手も素直になって逆にこちらを尊重してくれることが増えてきます。たとえ付き合ったと言っても、互いに他人同士です。自分の持ち物のように勘違いして、自分の価値観を押し付けないように気を付けましょう。

適度な距離感を保つ

天体ではありませんが、人間関係においても適度な距離感を保ってバランスを取っていくことはとても重要なことです。それはカップルでも同じことです。近づきすぎれば粗が見えますし、遠すぎても冷めてしまいます。

適度な距離感を保つ方が、相手の価値観を尊重しやすいですし、それは自分の自由度も広げて楽に付き合えることにつながるということも理解しましょう。

価値観の違いより共通点を大事にする

カップルになれたということは、価値観の違いもあるでしょうが、それ以上に共通点もたくさんあるかもしれません。同じ価値観でも、相手に上手く伝わり理解を促す努力をしていけば、分かり合えることも次々と見つかってくると期待できます。

そして相手の価値観の中からも共通点をできるだけ多く見いだして、そこをポジティブに理解していこうとすれば、より仲の良いカップルになれて幸せ感も増すかもしれません。

価値観の違いは認め合うことや受け入れる気持ちが大切

人の性格や生き方は十人十色、千差万別です。そしてそれは価値観も同じことと言えるでしょう。だからこそ、その違いを認め受け入れることが、人間関係が上手くいく秘訣にもなるのです。人を否定したり批判することは簡単です。しかしそれでは成長していけないのもまた事実と言えるでしょう。

相手の価値観に理解を示そうとする時にこそ、自分の人間力も磨かれていくチャンスだと知って前向きに取り組んでみましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
masa5368
よろしくお願い申し上げます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ