聞き上手になる方法・コツ!聞き上手な人の特徴や長所とは

聞き上手な人に憧れる人は多くいます。聞く能力が高ければ、モテること間違いなしです。この記事では聞き上手になる方法やコツ、テク二ックを徹底解説します。さらに意味と特徴、長所も見ていきましょう。聞き上手な人に向いている仕事も分かりますので、参考にしてみてください。

聞き上手になる方法・コツ!聞き上手な人の特徴や長所とはのイメージ

目次

  1. 1聞き上手とは
  2. 2聞き上手な人の特徴
  3. 3聞き上手な人の長所
  4. 4聞き上手になる方法
  5. 5聞き上手になるコツ・テクニック
  6. 6聞き上手になるメリット
  7. 7聞き上手な人に向いている仕事
  8. 8聞き上手になるためのテクニックを習得しよう

聞き上手とは

聞き上手な人は話を盛り上げるのが上手く、人を惹きつける魅力があります。もし自分が話下手でも、相手が聞き上手でさえあれば楽に会話することができるでしょう。コミュニケーションの達人です。

しかし、聞き上手という言葉には曖昧なところがあり、意味をよく知らない人がいるかもしれません。そこで、これから聞き上手の意味をまとめていきます。

聞き上手の意味

聞き上手の意味とは、心から話を聞ける人のことです。相手の話に共感し、否定することなく興味を持って聞いてくれます。話し終えた相手は「心地よく話せた」と満足するのでポジティブな気分になるでしょう。その他にも、自分が受け入れられているような気持ちになったり、感情や思考がスッキリしたりします。

聞き上手な人は会話を盛り上げるだけでなく、心理的な変化ももたらしてくれるのです。持ち前の聞くスキルの高さによって、他人に話しづらいようなシリアスな相談をされることもあります。それだけ自然と心を許せてしまう存在なのです。

聞き上手な人の特徴

聞き上手な人に憧れを抱く人は少なくありません。しかし、聞き上手な人にどのような特徴があるのかよく分からない人もいるでしょう。ここからは、具体的な特徴を詳しく見ていきます。それらを真似することで、聞き上手な人間に一歩近づけるかもしれません。

特徴①相づちの種類が豊富

聞き上手な人の特徴1つ目は、相づちの種類が豊富にあることです。「へぇ~」や「そうなんだ」のような定番フレーズだけでなく、「さすが!」「え!?知らなかった」「それで?」など、相手の話を促すように相槌をうてます。相手の話したい欲求を刺激するので、会話がどんどん膨らんでいくでしょう。

話し手は「ちゃんと聞いてくれている」と自信を持つことができ、聞き手への好感度がアップします。

特徴②質問が上手い

2つ目の特徴は、質問が上手いことです。聞き上手な人は、話を遮らないようにグッドタイミングで質問をしてくれます。そのおかげで、「そういえば、こんなこともあったよ」と忘れていた記憶を思い出せたり、「自分に興味持ってくれている」と嬉しくなったりするでしょう。質問は会話が膨らむだけでなく、相手の気分を良くする効果もあるのです。

「いろんなことを喋ってしまった」という時は聞き上手な人の質問テクニックが影響しているかもしれません

特徴③好奇心旺盛

3つ目の特徴は、好奇心旺盛なところです。聞き上手な人は興味の範囲が広く、相手の話1つ1つに目を輝かせて聞きます。話し手は聞き手の反応が嬉しくなり、もっともっと話たくなるでしょう。また、自分の話ている内容が、聞き上手な人も知っていることがあるかもしれません。

すると、2人の共通点ができて話に花が咲きます。人は自分と似た人を好きになるので、より親密度が高まるでしょう。反対に知らない話をしたとしても、聞き上手な人は嫌な顔を表に出しません。むしろ「そんなことあったんだ!」と嬉しそうに聞いてくれるでしょう。

特徴④リアクションが大きい

特徴4つ目は、リアクションが大きいことです。話している内容を、聞き上手な人は今自分も体験しているかのように聞いてくれます。そのため感情が揺れやすく、自然とリアクションが大きくなるのです。話に目を大きく開けて驚いたり、ガハガハと声を出して笑ってくれたりするでしょう。

相手は「喜んで聞いてくれている」と嬉しくなるので、ポジティブな気分になりやすいです。2人だけでなくグループで喋っていても、聞き上手な人の大きなリアクションが良い変化を生むことがあります。話が弾みやすくなり、場の雰囲気が盛り上がるでしょう。

特徴⑤相手を見て話を聞く

5つ目の特徴が相手を見て話を聞くことです。人は自分に興味を持ってくれる人のことを好みます。例えばスマートフォンをいじりながら会話をしていると、どこか気持ちが通じていないような気がしてくるものです。テレビを見ながらそっけない返事をされた経験のある人もいるかもしれません。

そのような行為は「自分には興味ないのかな」と不安にさせてしまうので、ちゃんと話を聞くことが大切です。聞き上手な人は自分の手を止めて、相手の目を見ながら話を聞いてくれます。そのおかげで、相手は安心して話を続けられるのです。

特徴⑥相手を否定しない

6つめの特徴は、相手を否定しないことです。いつも人が正しいことを言うとは限りません。それでも間違ったことを言われると、つい否定したくなるものです。そこで「それは違うよ」と指摘してしまったら、相手は自分が拒絶されたような気持ちなるでしょう。

否定は人の心を傷つけやすいのです。一方、間違ったことを言っても寛容に受け入れてくれるだけで、その人への好感度が上がります。聞き上手な人は肯定的に話を聞いてくれるので、何か誤ったことを口にしても大丈夫だという安心感が得られるでしょう。

面接官のように自分の言葉1つ1つを評価してくる人よりも、批判や否定を気にせずに話せる方が心地よいのです。聞き上手な人はそもそも、会話に正しさを求めません。それよりも、相手と心を通わせることを大切にしています。そのため、自分の批判したくなる気持ちを抑えられるのです。

特徴⑦自分の事を話し過ぎない

最後の聞き上手な人の特徴は、自分よりも相手の話を促すことです。普通の人は、つまらない経験談に耳を貸さない傾向にあります。自分の話を長々として、微妙な反応が返ってきたことはありませんか。人にとって、他人事はどうでもいいのです。

そうではなく、自分が気持ちよく喋れる相手を好みます。聞き上手な人はそのことをよく理解しているので、相手の話を積極的に聞くように心がけるようです。たくさん話すことができた人は「自分に興味を持ってくれた」と思い込み、聞き手への好感度が上がります。一方的に話をし過ぎる人は、口数を抑えるように注意したほうが良いかもしれません。

聞き上手な人の長所

聞き上手な人はただ話しやすいだけでなく、様々な魅力があります。これからお伝えするのは、聞き上手な人の長所についてです。3つの長所をまとめましたので、ぜひご覧ください。

長所①信用を得やすい

まず、聞き上手な人には信用を得やすいという長所があります。聞き上手な人は悩み事を相談されやすく、他人に言えないような事を伝えられたりしやすいです。何でも打ち明けられるという安心感があるのでしょう。「この人になら話せる」という印象を与えられ、聞き上手な人は信用を得られるのです。

また、聞き上手な人には誠実性もあります。相手に興味を示し、自分のことはあまり話しません。その控えめな態度も信用を得やすくしてくれるのでしょう。

長所②安心感を与えられる

2つめの聞き上手な人の長所は、安心感を与えられることです。気持ちよく話をさせてくれるので、一緒に居て気苦労しないのかもしれません。話を肯定的に聞いてくれますし、共感もしてくれます。「どんな自分を見せても受け入れてくれそうだ」という自信が生まれ、安心感につながるのかもしれません。

普段からおとなしい人も、聞き上手な人となら疲れずに話せる傾向にあります。それだけ落ち着いて会話のできる相手なのです。

長所③コミュニケーション能力が高い

最後3つ目の聞き上手な人の長所は、普通の人よりもコミュニケーション能力が高いことです。話を聞く技術を磨かれているので、初対面の相手でも不自由なく会話を続けられます。相手の緊張を解ける話術が身についているのです。

そうやってコミュニケーションにおける成功体験が増えていき、自分に自信がついていきます。気づいた時には、どんな人にも臆することなく会話できるようになっているでしょう。また、人の気持ちを理解することに長けているので、相手の欲しい言葉も掛けてあげられるようです。

聞き上手になる方法

聞き上手な人には多くの魅力があり「私もこうなりたい」と望む人は多くいるはずです。聞くスキルは遺伝では決まらないので、後からいつでも伸ばすことができます。では、どうすれば聞き上手な人になれるのでしょうか。その方法を5つご紹介していきます。

どの方法も難しくありませんので、ぜひ実践してみてください。会話を以前よりも盛り上げられるようになるかもしれません。

方法①相手を尊重する

話の技術を磨く前に、まずは気持ちから作っていきます。聞き上手になる1つ目の方法は、相手を尊重することです。話し手のことを大切な人だと思い込むようにしましょう。すると、自然と話の内容が頭に入ってきやすくなり、興味を持って聞けるようになります。さらにもう少し具体的な方法として、相手を尊重する言葉を頭の中で唱えることも効果的です。

例えば、「この人は大切な人だ。会えたのが嬉しい。ありがとう」と唱えてみてください。すると相手のことを心から尊重できるようになり、話しやすい雰囲気が出来上がります。相手の表情が緩んでいることを確認できるでしょう。

方法②最後まで話を聞く

相手の話を遮らないことも大切だと言えます。2つ目の聞き上手になる方法は、最後まで話を聞くことです。まだ言いかけている言葉がある時に「なにそれ?」と質問してしまうと、話のペースが崩れてしまいます。話を遮られた相手から、「まずは聞いて!」と怒られかねません。

質問したいことがあったら、話が一段落してから聞くのが良いでしょう。適切なタイミングで意見や質問ができれば、会話がより膨らんでいくはずです。

方法③質問をする

3つ目の聞き上手になる方法は、質問をすることです。ただ相槌を打つだけでは、話を聞いていることをアピールできません。時々、「それでどうなったの?」というような質問を入れましょう。話の展開がスムーズになり、相手は気持ちよく話すことができるはずです。

もちろん、質問をし過ぎるのは良くありません。相槌を間に挟みながらタイミング良く質問しましょう。答えが返ってきたら、ちゃんとリアクションを取って興味のある素振りを見せることも大切です。

方法④横側から話を聞く

4つ目の聞き上手になる方法は、相手の横で話を聞くことです。どこに座って話すかで相手の警戒心は左右されます。正面は対立のポジションと言われていて、緊張感を生み出しやすい場所です。

視界に会話相手の顔が映り続けるので、その人の表情や反応を変に意識してしまいます。横なら同じ方を向くことができ、自然な会話を行えるでしょう。また、横で話す際にはパーソナルスペースを意識するようにすると緊張感を解けます。

相手と近すぎると警戒心が上がってしまうので注意してください。親しい人と話すのなら手が届くくらいの距離で話をし、そうでないのなら1mくらいの間隔を開けると良いです。

方法⑤アドバイスは求められた時だけに

最後5つ目の聞き上手になる方法は、アドバイスをし過ぎないことです。相手から求められた時だけにしましょう。聞き上手な人が相談事をされやすい理由は、じっくりと話を聞いてくれるからです。多くの場合、人はアドバイスよりも共感を求めます。

ただ話を聞いてもらって、今の自分の気持ちを理解してほしいのです。そのため、アドバイスを求められない時は「そうだよね。困るよね。」と共感を示しながら話を聞くようにしましょう。悩みを聞いてもらった相手はスッキリとした表情になり、「ありがとう」と言ってくれるはずです。

聞き上手になるコツ・テクニック

聞き上手になる方法が分かったところで、さらに実践的な内容に踏み込んでいきます。これからお伝えするのは、聞き上手になるコツやテクニックです。先程よりも少し難易度は上がりますが、実践してみてください。そして気持ちの良い会話を促していきましょう。

コツ・テクニック①相づちの使い分け

相手にちゃんと聞いていることを理解してもらうには、相槌のバリエーションを増やすことが大切です。例えば「うん」「そっか」以外にも、「うん、分かる!」「そうなのー!」「そんなことあるんだ」などを使うと相手の反応が良くなります。

様々な相槌を覚えて、状況に合わせて使い分けるようにしましょう。タイミング良く、抑揚を付けて言えると完璧です。話し手は相槌に喜び、話が止まらなくなるかもしれません。

コツ・テクニック②うなずき方の変化

話の雰囲気に合わせてうなずき方を変化させると、聞き上手にぐっと近づけます。主なうなずき方は3種類です。早めの「うんうん」と、ゆっくりめの「う~ん」、そして普通の「うん」があります。

楽しい話の時は、早めにうなずきましょう。会話のペースが保たれ、気持ちよく話すことができます。悲しい話の時にはゆっくりにしてください。相手に共感していることが伝わるでしょう。なんでもない話には普通にうなずけば大丈夫です。3種類を使い分ければ、相手は「話を聞いてくれている」と思い込んでくれます。

コツ・テクニック③マジックワードを駆使

人との距離を急激に近づけさせるテクニックがあります。それが「一度お会いしたかったんです!」と「お話できて嬉しいです!」というマジックワードです。この2つを駆使すれば、相手の自尊心が高まってポジティブな気分にさせられるでしょう。

人を立てながら、自分の印象アップも狙える強烈なワードです。ただし、誰にでも使っていると、「この人はお世辞ばかり言う」という印象を与えかねません。使用頻度は少なめにしましょう。

コツ・テクニック④オウム返しで対応

有名なテクニックである「オウム返し」も聞き上手が頻繁に使うテクニックです。これを使うことで相手を心地よい会話へと誘えるでしょう。やり方は、相手の言葉の一部を拾って繰り返すだけです。例えば、「先週○○に行ってきたんだよ」と言われたら「へぇ~○○行ったんだ!」と返します。

そこにちょっとした共感を示す言葉を付け加えると、違和感なく使えるはずです。「○○行ったんだ、新しくオープンしたとこでしょ」のように言うと、会話が広がっていきやすくなります。相手の話が長かった場合には、重要ワードだけ拾って返しましょう。

オウム返し注意点としては、何度も使用しないことです。2回より多く使えば、「バカにされている」と勘違いさせてしまうかもしれません。相槌を組み合わせたり、質問したりして会話に変化をもたせると良いでしょう。

聞き上手になるメリット

聞き上手なれるとどのようなメリットが得られるのでしょうか。実は人間関係が良くなる以外にも、ある能力がアップすることが分かっています。その能力とは一体何なのでしょう。詳しくお伝えしていきます。

男女両方からモテる

聞き上手な人は、同性からも異性からもモテる傾向にあります。人が好意を持つ基準は「一緒にいて心地よいか」と「話しやすいか」です。聞き上手な人が与える安心感は、相手に居心地の良さを提供します。どんな話でも快く聞いてくれることが、「私は受け入れられている」と思い込ませるのでしょう。

また、居心地が良いおかげで話しやすくなり、好感度はアップします。そのため、同性からも異性からもモテるようになるのです。

集中力がアップする

意外なことに、聞き上手になることで集中力がアップするようです。聞き上手な人は相手の話をじっくり聞いて、共感を示そうとします。その姿勢が1つのことに集中する訓練となっているのでしょう。話を真剣に聞けるようになるだけでなく、読書を長時間行えたり勉強に没頭できたりするかもしれません。

情報が集まりやすくなる

聞き上手な人には、情報が集まりやすいというメリットもあります。コミュニケーションに長けた美容師が、お客さんの情報を上手く引き出せるのと同じかもしれません。

聞き上手な人は相手に他の人には話せない重い内容まで聞くことができます。そのため、自然と情報が集まるのです。その情報を上手く活用して、就職を有利に運べたり思わぬコネが作れたりするかもしれません。

良い人間関係を築ける

良い人間関係とは、信頼し合える関係のことです。聞き上手な人は、一緒にいて落ち着き、自分を受け入れてくれるという自信を与えてくれます。そのため信頼を得やすく、良い人間関係が築けるのです。

ただ、聞き上手な人のところに人が集まりやすいので、性格の良くない人に好かれてしまうことがあるかもしれません。そんな時は、信頼している友人に相談してみるのが良いでしょう。いつも相談を聞いているため、相手はその恩返しをしてくれるはずです。

聞き上手な人に向いている仕事

聞き上手な人には、そうでない人よりも成功しやすい仕事があります。その職業に就けば、充実感に浸りながら仕事を続けられるはずです。それでは、聞き上手な人に向いている仕事を4つご紹介します。

仕事①営業職

向いている1つ目の仕事は、営業職です。営業というと、積極的に人と話ができるイメージがあるかもしれません。しかし、ガツガツした態度は相手を疲弊させてしまう傾向にあります。商談が不成立になりやすく、営業成績が上がりづらくなってしまうのです。逆に、聞き上手な人は話すことに消極的でいられるので、営業相手から誠実な印象を持たれます。

信頼を得ることができ、商談をスムーズに行えるのです。さらに、相手から情報を引き出すことによって、思わぬ収穫が得られることもあるでしょう。その人の趣味や好きなことを知り、営業の戦略として活用させられます。聞き上手な人は、営業で有利に戦えると言えるでしょう。

仕事②介護スタッフ

2つ目の向いている仕事は介護スタッフです。高齢者が増え続けている近年、介護スタッフの需要は高まっています。人手が足らず、優れたサービスを与えられていない施設もあることでしょう。そんな中、聞き上手な人が介護スタッフとして働けば、おじいちゃんやおばあちゃんに気持ち良いサービスを与えることができるはずです。

施設には、孤独感や寂しさを抱えて入所している人もいます。そんな彼らの心と向き合い、話を聞いてあげることが聞き上手な人にはできるのです。「聞いてくれてありがとう」と言われることもあり、やりがいを持って仕事を続けられるでしょう。

仕事③カウンセラー

人の悩みを聞く職業にも、聞き上手な人の力が発揮できます。3つ目の向いている仕事は、心理カウンセラーです。カウンセリングに来る人の多くが心に重たいものを抱えており、大きな覚悟を持ってクリニックに訪れます。誰でも、初めて会う人に悩みを伝えるのは勇気のいる行為です。

もし、悩み事を否定されてしまえば、症状が悪化することもあります。そのため相手の立場に立って理解を示し、共感してくれる人が必要なのです。聞き上手な人にぴったりな仕事だと言えるでしょう。聞き上手な人は相手の悩みを自然に引き出し、信頼関係を築くことできます。そのおかげで治療がスムーズにいき、抱えていたものを開放させられるのです。

仕事④コーチング

人の目標達成や自己実現をサポートする仕事がコーチングです。聞き上手な人が向いている4つめの仕事だと言えます。仕事内容はカウンセリングと似ています。相手に質問を重ねながら、やりたいことや目標を見つけていきます。そして進むべき方向に向かうサポートをするのです。

相談に来る人の中には、はっきりと自分の意思が分かっていない人もいます。そのため、相手の会話を引き出すスキルが必要となるでしょう。些細な言葉も見逃さず、「この人のやりたいことはこれかな」と仮設を立てながら辛抱強く話を聞いくのも大切です。

相手に耳を傾ける集中力や、本心を引き出せるスキルを持った聞き上手な人に向いていると言えるでしょう。

聞き上手になるためのテクニックを習得しよう

聞き上手は生まれつき備わった能力ではないので、後からでも努力次第で身につけられます。ここまでお伝えしてきたテクニックやコツなどを実践すれば、聞き上手にぐっと近づけるはずです。1つずつ丁寧に使って、会話を盛り上げてみてください。

実践する際には、相手のことを思いやることを大切にしましょう。聞き上手になるためには、気持ちから入ることが重要です。お伝えしたテクニックが自然と口から出てくるようになれば、聞き上手になれたと言えるでしょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
野口浩希

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ