見返りを求めない人の特徴や考え方!見返りを求めない人間になる方法は

見返りを求めない人がいます。見返りを求めない人たちには、どのような特徴が見られるのでしょうか。彼らの考え方は常人とは違って特殊なものなので恋愛にも影響しているのでしょうか。見返りを求めなくする方法などを含め、見返りを求めない人たちのことを調べてみました。

見返りを求めない人の特徴や考え方!見返りを求めない人間になる方法はのイメージ

目次

  1. 1見返りを求めない生き方をしたい
  2. 2見返りを求めない人の特徴
  3. 3見返りを求めない人の考え方
  4. 4見返りを求めない人がモテる理由
  5. 5見返りを求めない人になる方法
  6. 6見返りを求めない人間へステップアップ!

見返りを求めない生き方をしたい

人に何かをしてあげたときに「せっかくやってあげたのに」という気持ちになったこともあるでしょう。「せめてお礼の一言くらいあっても良いだろう」と期待してしまうこともよくあることです。こうした「見返り」を期待してしまうと、見返りが得られなかったときに気持ちの落ち込みが激しくなる傾向にあります。

見返りを期待するという生き方は、相手の反応をいちいち気にしながら生きていくことと同じです。こういった生活はやがて人間関係に疲れてしまい、引きこもりなどの原因になってしまうこともありえるのです。そういったことにならないように、見返りを求めない生き方を可能にしましょう。

そもそも見返りの意味とは

見返りとは、相手に対して何かを期待することです。期待をすること自体、相手よりも自分の方が優位に立っています。「せっかく優しくしてあげているのに」「いつもなんでも私ばかり」「たまにはしてくれてもいいんじゃないのかな」というような言葉が頭に浮かんだとき、それは見返りを求めている状態になっています。

見返りを求めない人の心理とは

見返りを求めない人を観察すると、いくつか共通することが見えてきます。一つには彼らは特別な行動をしているとは思っていないということです。つまり見返りを求めない人たちは、本当の意味でのボランティア精神を持っているのです。二つ目には自分がされて嬉しかったことは、人にもしてあげたいと思っていることです。

見返りを求めない人たちは、意識せずに一日一善の気持ちで行動しています。彼らは素直な気持ちを捨てずに、例えば人から親切にされたことはいつまでも心に留めておくなど、感謝の気持ちを忘れずにいることができています。また、彼らは見返りを求めないからこそ困っている人たちを放っておけないのです。

つまり、見返りを求めない人たちの共通した心理としては、「人に優しい」ということです。彼らの心理には純粋な気持ちしかないということなのでしょう。

見返りを求めない恋愛は成就する

恋愛関係に関して見返りを求めていることは、実は簡単に見破られてしまいます。見返りを求める心が満たされていないと、不満が溜まっていきます。この状態が続けば、苦しくなっていき態度に表れてしまうでしょう。見返りを求めるということは、頭の中で考えているということでもあり、心が求めているものとは違うのです。

見返りを求めないとは、心に素直に従うことでもあるのです。自分の気持ちに素直になり、相手を思いやることが恋愛のコツです。つまり見返りを求めないことは恋愛成就の鍵ともなっているわけです。

見返りを求めない人の特徴

見返りを求めない人には、その自覚がありません。逆に言えば、自覚を持った時点で見返りを求めていることになります。見返りを求めない人であるかどうかを見抜くには、彼らの行動の特徴をチェックすることでわかります。比較的分かりやすい特徴を6つご紹介します。

特徴①人を責めない

見返りを求めない人は、失敗した人を責めません。むしろ、失敗した人の助け船に出てしまうことがあります。これは見返りを求めない人の経験値からくるもので、彼自身既に失敗を経験して辛い思いを知っているからです。こうした広い心や優しさを持っていることが、見返りを求めない人たちの共通した特徴のひとつになっています。

特徴②行動がさりげない

見返りを求めない人は、目立つことを好みません。寧ろ、何をするにもさりげなく行動しています。気がついたら既にしてもらっていた、というような行動をしています。気にはなっていたけれども忙しくて手が付かなかったことが、いつの間にか誰かにやってもらっていたことなどがあります。これが見返りを求めない人たちのとった、さりげない行動の例です。

特徴③率先して行動する

見返りを求めない人たちは、何に対しても率先して行動します。困っている人の気持ちが分かっているので、出来るだけ早く対処しようとします。まさにボランティア精神溢れる人たちということなのです。見返りを求めない人たちは「単に自分がしたいだけ」と謙遜します。迅速で率先した行動に加えて謙虚な態度をとるのです。

特徴④他人の幸せを喜べる

見返りを求めない人たちは、妬みの気持ちが少ないようです。このため、他人の幸せを自分のもののように心から喜ぶことができる心の広さを持っています。この行動は、こころから一緒に喜んでくれるということで、周囲の人間関係がとても良好になります。見返りを求めない人は、もともと人が好きなのです。だからこそできる行動なのです。

特徴⑤世話好き

母性が強い女性などにも、見返りを求めない人が多く見られます。世話をすること自体が大好きで、困った人がいたら放っておけないタイプの人たちです。世話好きな人もやはり、人間が大好きであり、他人の幸せを自分のことのように喜べる人たちです。

特徴⑥愛情深く優しい

家族に対しての愛情と同じような愛情が、見返りを求めない人たちに備わっています。彼らは時に自分よりも先に他人のことが心配になってしまい、何かをしなければいてもたってもいられない騒動に駆られるといいます。その行為は包み込むような優しさです。決して見返りを求めていないので、安心して甘えることもできるものです。

見返りを求めない人の考え方

見返りを求めない人たちの深層心理は強いボランティア精神から成立しているところがあります。見返りを求めない人たちの考え方とは、どうでしょう。心の奥底についてではなく、彼ら自身が意識している考え方などは、存在するのでしょうか。

考え方①損得勘定は除外視

見返りを求めない人たちは自分の損や得などを計算する習慣がありません。相手は何もしてくれないという前提というよりは、相手にしてあげたい気持ちだけで動いているので自分にとっての損得勘定は存在しないのです。得という言葉を敢えて使うのであれば、自分がしたいと思ったことが出来ること自体が自分にとっての得となっています。

自分の気持ちに素直に従って相手のことを思うだけであり、その後の互いの損得は考えていないのです。

考え方②人の為にするのは当たり前

見返りを求めないという考え方ができる人は、小さいころから習慣付けられたようです。このため、義務感などもなく自然に振舞えるようになっています。一日にひとつでも良いことをしようという気持ちで行動実行しているだけで、気持ちとしてはそれ以上でもそれ以下でもないといいます。

つまり見返りを求めない本人としてみれば、特別なことをしているつもりはありません。見返りを求めない人にとっては、人の為にすることは人として当たり前のことで、特別なことではないと思っているのです。

考え方③恩返しをしたい

親切にされたことを決して忘れないという性格も、見返りを求めない人たちに共通するものです。目の前にいる困っている人に手を差し伸べることは、過去自分を助けてくれた人たちへの恩返しとも感じているのです。恩返しですから、見返りは求めませんし何かを期待することもありません。

見返りを求めない人がモテる理由

人から好かれる人には必ず理由があります。モテる人たちに共通するのが「優しい人」と世間では言われます。では、見返りを求めない人はどうでしょうか。男性であっても女性であっても、見返りを求めない人がモテると評価される理由を検証してみました。

どんな時も自然体だから

相手によって態度を変える人は、男女問わず嫌われます。計算していると揶揄され、自分の都合の良いように振舞うと批判されます。ところが見返りを求めない人は、どんな時もどんな相手であっても、常に自然体です。親切にしたときも、親切にされたときも、心から言葉が発せられます。

やましい気持ちがある人は「どうだった?気に入らなかった?」と妙に勘繰る言動が目立ちます。見返りを求めていない人は、いつもと同じ態度でい続けてくれます。彼らは常に自然体なのです。このため彼らの周りには人が集まります。居心地が良いといわれるのです。つまり、モテるのです。

優しさがにじみ出ているから

裏が無い優しさを持っているのが、見返りを求めない人です。普通の人であれば、突然優しくされると勘繰ってしまいます。優しく接した代償に何かを期待されるのではないかと邪推してしまいます。こうなると、優しくされるたびに負担を感じるようになり、人間関係にひびが入っていきます。見返りを求めない人は、基本的に誰に対しても優しいのです。

しかも、見返りを求めない人たちは日頃から自然体でいるために、親切な言動が嫌味に感じないのです。こうした優しさがにじみ出ているからこそ、同性にも異性にもモテるというわけです。

心に余裕があるから

気持ちに余裕がある人は、人を責めることも無いですし、人に期待することも無いのです。見返りを求めないということは、気持ちに余裕があるのです。自分自身に対して不満を持っている人や、気持ちが落ち込んでいる人であれば、その気持ちが行動にあらわれます。心に余裕が無い状態では、落ち着きもありませんし、人への親切心も芽生えません。

ということは、見返りを求めない人たちがモテる要因のひとつには、彼らが胸を張って生きているからであり、その凛とした態度に魅力を感じるからだといえます。

見返りを求めない人になる方法

常に人の顔色を伺っている人がいます。常にイライラして他人に厳しい態度ばかりをとる人がいます。複雑になった人間社会のなかで、見返りを求めない人の存在は貴重です。それでは、見返りを求めないようにする方法はあるのでしょうか。

方法①人に依存しない生き方をする

まず第一に、他人に依存しないことが重要です。精神的依存や経済的依存がある状態では、何らかの見返りを常に期待し、さらにその量を日ごとにエスカレートしていくことが明白だからです。それだけではなく、人間は環境に慣れてしまう生物なので、相手に対しての感謝の念などが徐々に薄れ、してもらうことが当たり前のように感じ始めてしまいます。

常に他人に支えられてもらっているような生活環境において、見返りを求めないような謙虚な姿勢をとることは不可能です。よって、まずは自立し、人に依存しない生活を送ることが何よりも大切だということなのです。

方法②自信を持って行動する

自信を持つことも大切な要素です。自分の親切が相手にどう伝わるのかが不安と感じるうちは、相手の顔色を伺っていることと同じです。それは相手が喜んでくれることを望んでいることであり、見返りを期待していることと変わりません。何事に対しても自信を持って行動できるように、何に対しても日ごろのたゆまぬ努力を続けることが大切なのです。

優しい気持ちは、人としての強さがあるからこそ持つことができるのです。自分の人生に自信がない人に、本当の意味での博愛心は持てません。

方法③充実した生活を送る

常にイライラしている人に優しい気持ちはありません。毎日の生活に不満や不平を感じている人が、大らかな気持ちになることは不可能です。こうしたことを考えると、見返りを求めないような優しい人間になるためには充実した生活を送っている必要があります。充実した生活を送っているのであれば、人に求めるものは減るはずです。

方法④思いやりの心を忘れない

どのような状況においても、相手の立場に立ってみることは重要なことです。その状況に追い込まれたときの気持ちを想像してみることは、見返りを求めない習慣を身につける第一歩です。これはまず「否定の言葉」を使わないことから始めましょう。「でも」「そんなの」「えー」などという言葉をすぐに口に出す人は、ここから変えてみましょう。

相手のことを理解することが第一であり、次になぜその考えに至ったのかを考えてみましょう。こうした相手のことを考えることや感じることができるようになることが、見返りを求めない人に近づく方法の最重要ポイントであることは間違いありません。思いやる気持ちが最も重要、ということなのです。

方法⑤決して相手に期待しない

そして自己研鑽がある程度完成したら、究極は相手に期待しないということです。見返りを求めないということは、最初から相手に期待していないのです。見返りを求めていない人たちの親切な言動は「自分のやっていることは、自己満足に過ぎないから」という態度です。こうしたら相手は喜ぶだろうなどという気持ちも持ちません。

見返りを求めていない人たちの言動は、自分が過去にしてもらった親切を、自分が自信を持てる言動で恩返しをしているだけだと自然体でこなしているだけなのです。

見返りを求めない人間へステップアップ!

複雑な人間社会において、見返りを求めずに生きていくことは難しいと感じてしまうかもしれません。相手が存在するとき、自分の取る行動は「恋」ともいえます。相手の反応を見ながら、相手が喜ぶように策を講じています。そこにはまず始めに自分があり、その次に相手がいます。相手が喜ぶ行動をとった自分が好きなのです。

見返りを求めない人のとる行動は「愛」です。家族に対しての愛情などは、見返りを期待しているわけではありません。広い心があるからこそできることであり、自然体であり、気持ちは穏やかです。気持ちが大人であるからこそできることであるともいえます。

見返りを求めないようにすることで、人間的魅力は格段に向上します。見返りを求めない人間になり、もう一段上のレベルの人間関係に向上させてみては如何でしょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
tm06120712trs
よろしくおねがいいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ