嫌な予感の原因とは!悪い予感・胸騒ぎは当たる?

嫌な予感がして、実際に当たったという経験をしたことはありませんか。嫌な予感の正体と嫌な予感がする原因について、この記事では説明していきます。また、嫌な予感がするときや予感が当たった時の例を確認し、悪い予感がしたときの対処法についても見ていきましょう。

嫌な予感の原因とは!悪い予感・胸騒ぎは当たる?のイメージ

目次

  1. 1嫌な予感とは
  2. 2嫌な予感の原因
  3. 3【シーン別】嫌な予感・悪い予感は当たる?
  4. 4嫌な予感・悪い予感の対処法
  5. 5嫌な予感は受け止めてハッピーになろう

嫌な予感とは

なんとなく嫌な予感がして、実際に当たったという経験が誰にでも一度はあるのではないでしょうか。嫌な予感とはどのようなものであり、どうして実際に当たることが多いと感じるのかについて考えていきましょう。

霊感などのスピリチュアル的要素

嫌な予感には霊感などのスピリチュアル的要素が関わっていると言われています。しかし、霊感がなかったとしても嫌な予感がすることがあり、実際にその予感が当たることもあるのです。嫌な予感ほど当たるとよく言われるものですが、一体どうしてなのでしょうか。

引き寄せの法則で当たる

悪い予感が当たる理由として、引き寄せの法則と呼ばれている考えがあります。引き寄せの法則とは、自分のなりたい姿や目指すべき未来について、繰り返し明確にイメージしたり口に出したりすることで、実際に望んだ状態に近づくことができるという考え方です。

先に説明した通り、引き寄せの法則は目標に向かっていくための良い意味で用いられることが多いですが、引き寄せの法則が悪い方向に働く場合もあります。悪いイメージを持ち続けて行動をしてしまえば、よくないことが起こるようになってしまうのです。

一度嫌な予感から来る悪いイメージを持ち、そのイメージを払拭できないままに行動してしまったとします。そうすると結果的に自己暗示にかかって、悪い予感や胸騒ぎが当たるというより、当たるような行動を取ってしまうのです。そのため、外面だけをみれば、ただ悪い予感は当たるものだと考えられてしまいます。

嫌な予感の原因

嫌な予感の原因は霊感などのスピリチュアル的要素以外にも考えられることを説明してきましたが、具体的にはどのようなことが原因となり得るのでしょうか。ここでは、嫌な予感の原因についてお伝えします。また、男性に比べて女性の方が嫌な予感が的中することが多いことについても確認していきましょう。

原因①人間のネガティブ思考

嫌な予感の原因の一つに、ネガティブ思考であるがために憂鬱な気持ちになって、嫌なことが起こるに違いないと思い込んでしまっていることがあります。この場合、嫌な予感とはどこからか降って湧いてくるものではなく、沈んだ気持ちの中で自分自身で作り出してしまっているものです。

原因②自己防衛本能の心理

自己防衛本能の心理から、嫌な予感がすることもあります。実際に嫌な事象が起こる前にそれを予測しておけば、多少なりとも心の準備をしておくことができます。急に発生するよりもダメージを軽減できるために、嫌な予感として心の揺れを感じ取り、来たるべき心理的ショックに備えているのです。

原因③悪い予感が当たった時の鮮明な記憶

一般的にいい思い出よりも悪い思い出の方が記憶から離れないと言われていますが、以前にも悪い予感がして本当に悪いことが起こった場合には、非常に鮮明に記憶に残っていることになります。

嫌な予感がした時に、ああしておけば良かった、こうしておけば良かったと後悔の念が強く残るためです。その嫌な記憶が思い出されて、嫌な予感につながることがあります。

原因④女性は直感が働く場合も…

男性より女性の方が明確に嫌な予感を認識しやすく、その予感も的中しがちだと言われています。いわゆる女の勘と呼ばれるものは、全く根拠がないわけではなく、本当は何らかの変化を感じ取って判断をしているものです。

女性は男性よりも人の表情や声色の変化を感じ取ることが上手であり、その情報から判断ができるために女性の方が勘がよいように見られます。例えば夫や彼氏の浮気に気付くのも、全く根拠がないわけではなく、細かい違和感を繰り返し持つことから判断を下しているのです。

男女の脳の構造の違いからも、女性の方が周囲の細かな変化に気が付くことが得意であるとされており、その観察力の高さから女性が抱く嫌な予感の方が的中率が高いと考えられているのです。

【シーン別】嫌な予感・悪い予感は当たる?

どんなシーンで嫌な予感や悪い予感は当たるのか、ここではいろいろなシーンについて紹介していきます。恋愛中に感じる悪い予感は、高確率で当たると言われていますが、恋愛中のどのようなシーンで悪い予感が当たってしまうのでしょうか。いろいろな例についてチェックしていきましょう。

振られる

恋愛をしているときに悪い予感を感じることは多いものです。相手のことを思うあまりに精神が不安定でネガティブ思考に陥りやすく、誰しも恋愛に関してよくない思い出の一つ二つは持っているものですから、過去の経験に則して嫌な予感を抱きやすくなります。

過去の嫌な記憶がよみがえるために、振られる時には嫌な予感がしやすいものです。例えば過去に、仕事が終わった頃の時間帯に電話で呼び出されて恋人から別れ話を切り出された経験があったとすると、似たシチュエーションで電話がかかってきたときには嫌な予感がすると思うことがあるでしょう。

呼び出された段階で直近の恋人の態度を思い返し、振られるのかどうかについて人は確信を深めます。そのため、振られることに関しては嫌な予感は当たると一般的に思われがちになります。

浮気される

恋愛をしているときには、相手の機微に集中して観察するようになるために、通常よりも感が鋭い状態になって悪い予感が当たることが増える傾向にあります。まさに女の勘はよく当たると言われる一例ですが、恋人に浮気をされているときには嫌な予感を感じ取ることが多く、またその予感は高確率で当たるものです。

秘密がバレる

恋人に対して隠し事をしていると言う後ろめたい思いが心理的なストレスを増幅させて、嫌な予感という形で表れてきている状態です。例えば浮気をしているなど恋人を裏切るような行為をしている場合には、嫌な予感を感じることが多くなるでしょう。

事故に遭う

自分が事故に遭う前に嫌な予感がしていたという人もいますが、家族が事故に遭うときに嫌な予感がしたという人も多く存在します。例えば見通しがきかない危険な通学路をいつも子供が通っているとか、寝不足で夫が車に乗って出勤したとか、明確に事故に遭いそうな原因が見つかっていなければ、ただの思い違いだとスルーしてしまうこともあるでしょう。

しかし、その嫌な予感を放っておいたために、身近な人たちが事故に巻き込まれたのであれば後悔してもしきれないことになります。毎日毎日過剰に事故が起きるのではないかと心配する必要はありませんが、嫌な予感がするときには直感に従って家族へ、身の回りに気を付けるように声をかけてみるとよいでしょう。

家族と嫌な予感について共有することで、一人で抱え込むよりも心理的な落ち着きを得られ、実際に注意喚起にもつながります。

地震が起きる

科学的な研究の面で言えば、世界中で調査が行われているにも拘わらず、現在でも地震の正確な予知ができるようにはなっていません。しかし、預言者などと自称する人の中には、地震が起こる前に悪い予感を感じ取っていたという人もいます。

地震発生に関しても事故と同様に過剰な反応は必要ありませんが、防災対策をするに越したことはなく、直感に従って注意したとして問題はないでしょう。

嫌な予感・悪い予感の対処法

嫌な予感がしたとしても、明確にどんな悪いことが起こるのかとイメージするのは億劫であり、思い違いだとスルーしてしまいたい気持ちにもなるものです。しかし、嫌な予感をそのまま放置することは全くおすすめできません。

嫌な予感の理由を他者へうまく説明できないにしても、嫌な予感は日常の中で抱いている違和感や過去の経験などから発生していることがあるため、全く根拠のないものでもないからです。それでは、嫌な予感がした時にはどのように対処をしていけばよいのでしょうか。

対処法①起こると嫌!だと強く思う

悪いことが起こるのではないかと暗い気持ちになるのではなく、反発するように強い気持ちを持つことが大切です。引き寄せの法則から考えても、悪いイメージからどんどん悪い状況へ引きずられてしまう可能性があるため、まず良くないイメージからの脱却を図りましょう。

対処法②すんなりと受け止める

嫌な予感がしているときは、決して悪いときではありません。これから起こる何かへの準備ができる時間であり、日々の変化や違和感をしっかりと認識できている証拠でもあります。嫌な予感がしている状況自体を嫌悪することはしないでください。

対処法③自分の行いを見直す

後ろめたい気持ちが原因で嫌な予感がしている場合もあります。例えば、仕事上でミスをしたのに隠している、浮気をしているなどの思い当たる節があるのであれば、嫌な予感は行いを正すいいきっかけと考えて行動するとよいでしょう。

嫌な予感は受け止めてハッピーになろう

嫌な予感をポジティブなものとして考えることが大切です。虫の知らせとよく言いますが、実際に悪いことが起こる前に何かが起きそうだと知らされて、準備をする期間を得ることができたと考えればよいのです。

引き寄せの法則から考えれば、嫌な予感がした後にずっと悪いことが起こりそうだと不吉なイメージを持ち続ければ、本当に不幸が訪れてしまう可能性が高まります。もし嫌な予感がするのであれば、悪いイメージにばかりとらわれずに悪運をはねのけるようなイメージを持って、自分の生活や言動を振り返りながら必要な対策を講じていくべきでしょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ