余計なことを言う人の心理や特徴!言ってしまいがちな余計な一言とは

余計なことを言う人には、共通した心理や特徴があるといわれています。余計な一言を言われると、不快な気持ちになってしまいます。そのため、余計なことを言う人との上手な付き合い方や、余計なことを言う人の直す方法などについて、詳しく掘り下げていきましょう。

余計なことを言う人の心理や特徴!言ってしまいがちな余計な一言とはのイメージ

目次

  1. 1余計なことを言う人の特徴【心理】
  2. 2余計なことを言う人の特徴【性格】
  3. 3余計なことを言う人あるある!言ってしまいがちな余計な一言
  4. 4余計なことを言う人の性格を直す方法
  5. 5余計なことを言う人との上手な付き合い方
  6. 6余計なことを言う人の言葉はいちいち気にしないことが大事!

余計なことを言う人の特徴【心理】

自分の周囲に、余計なことを言う人がいると感じている人が多いようです。「余計なことを言わなければいい人なのに」と考えることもあるはずです。そんな時、余計なことを言う人の心理を知りたいと思ったことはないでしょうか。相手の心理を理解することができれば、なぜ余計なことを言うのかがわかるかもしれません。

そのため、下記では余計なことを言う人に共通している心理的特徴をご紹介していきます。今まで余計なことを言う人に苦しめられてきた人は、特に必見です。

心理①自分をアピールしたい

余計なことをいうことによって、周囲の人が自分に注目してくれているという心理を持っているようです。自分をアピールしたい一心から、余計な一言を言ってしまいます。しかし、本人は自分が余計なことを言う人だとは自覚していません。そのため、周囲の人から指摘してもらえるまで、余計なことを言っていることに気づけないことが多いです。

心理②相手より優越感に浸りたい

余計な一言を言う人の中には、相手よりも上の立ち場にいたいと考える人も少なくありません。人よりも上の立場に立つことによって、優越感を得ることができたり、安心感を感じることができるでしょう。そのため、相手のことを下に下げることによって、自分が優位に立っていると実感したいようです。

この心理を持っている人は厄介で、人を選ぶ傾向にあります。特に、自分に対して意見してこない人などを選ぶようです。

心理③自分を認めてほしい

誰しも、他の人から褒められると良い気持ちになるはずです。しかし、普段から誰からも褒められない人は、自ら褒められる環境を作り出そうとしてしまうようです。その際に、余計な一言を言うことによって、認めてもらおうとしてしまいます。ただし、その一言は周囲にとっては不要なものとなっていることが多いでしょう。

そのため、本人は余計なことを言っているつもりはないのに、結果として余計なことを言う人というレッテルを張られてしまいます。

心理④会話を盛り上げたい

余計なことを言う人の中には、自分が余計な一言を言っている自覚がない人もいるようです。自覚がない人の多くは、その場の会話を盛り上げたい一心で話していることが多いです。そのため、自分の発言によって周囲の人が嫌な気持ちになっていると気づくことができませんし、ほかの人から不機嫌になられると不思議に感じます。

余計なことを言う人の特徴【性格】

余計なことを言う人には、共通した心理的特徴があるとご紹介しました。相手の心理を理解することは、そう簡単なことではありません。そのため、なかなか余計なことを言う人の心理を見抜くことができずに、悩んでしまっている人もいるでしょう。そんな時は、余計なことを言う人の性格的特徴を理解するようにしてみてください。

下記では、余計なことを言う人に共通した性格的特徴をご紹介しています。意外な性格の持ち主のようですので、自分が余計なことを言う人になっていないかなども気にしてみましょう。

特徴①生真面目で頑固

余計な一言を言ってしまう人の多くは、真面目な性格をしている特徴があります。真面目な性格をしていることによって、周囲の人のことを最優先して考えようとしてしまいます。その結果、相手のことを思うあまり、余計なことを言ってしまう傾向にあります。また、頑固な性格をしている人も、同じように余計な一言を言ってしまいます。

これは、自分の考えが一番正しいと思っているためです。そのため、自分では正しいことを言っていると思っていても、周囲の人からすると余計な一言として受け取られてしまいます。

特徴②負けず嫌い

負けず嫌いな性格の人も、余計な一言を言うことがあるようです。負けず嫌いな性格をしている人は、自分が相手よりも優位な立場にいたいと思っていることが原因です。「自分はもっと頑張ってたよ」ということをアピールしたいという気持ちが大きくなってしまっているため、相手のことを下に見てしまうようです。

また、自分の優秀なところを周囲の人に認めてほしい心理から、余計な一言を言ってしまいます。

特徴③空気が読めない

周囲の空気を読むことができない人は、他の人が言うべきではないと思ってしまうようなことを発言してしまいます。その場の空気を読むことができないと、発言するべきではないところで余計な一言を言ってしまうようです。また、空気が読めなくて余計なことを言う人は、思ったことをそのまま口に出してしまうことが多いです。

特徴④コミュニケーションが苦手

余計な一言を言う人の中には、コミュニケーションが苦手な特徴がある人もいます。これは、まず余計な一言を言っているという自覚がありません。とにかく相手とのコミュニケーションをとることに集中していますので、頭に浮かんだ言葉をそのまま発言してしまうようです。

また、コミュニティが苦手な人の場合、その場の空気に耐えられずに余計な一言を言ってしまうこともあります。何故なのかというと、コミュニケーションが苦手な人は沈黙を嫌います。そのため、「何か話さなければいけない」となってしまい、結果的に相手を不快にさせてしまうことがあるようです。

特徴⑤せわしなくせっかちである

せわしなくてせっかちな特徴がある人も、余計な一言を言っている場合があります。その場を立ち去りたい一心で、相手のことを傷つけているとは知らずに発言することもあるでしょう。このタイプの人は、自分のことを最優先してしまいがちです。そのため、相手が自分の発言に対してどう思うのか、深く考えることができません。

余計なことを言う人あるある!言ってしまいがちな余計な一言

余計な一言を言う人には、あるあるが存在しています。これからご紹介する一言をよく言っている人は、余計なことを言う人だと周囲から思われてしまっているかもしれません。余計なことを言う人は、相手のことを不快にさせたり、イライラさせて人間関係を破綻させてしまうこともあるでしょう。

そうならないためにも、余計なことを言う人がよく言ってしまいがちな余計な一言を把握しておいてください。そして、自分が余計なことを言う人になってしまっていると自覚したのであれば、すぐにでも余計な一言を言わないように注意しましょう。

余計な一言①「でも」「だけど」

「でも」「だけど」という言葉は、相手の発言を否定する時に使う言葉です。何がいけないのかというと、この「でも」「だけど」をよく使っている人は、自分が相手のことを否定していることに気づいていないことです。どれだけ仲が良い相手であっても、毎回否定から話をされてしまうと、いやな気持になってしまいます。

余計な一言②「大丈夫?」

悩み事を相談されている時に、相手に対して「大丈夫?」と言ってしまう人がいます。言っている本人は、純粋に相手のことを心配しているのかもしれません。しかし、「大丈夫?」の言葉を受け取る側は「大丈夫じゃないから相談しているのに」や「話聞いてなかったのかな」と思ってしまうようです。

余計な一言③「あなたのためを思って」

「あなたのためを思って」と聞くと、一見相手のことを第一に考えているように思えます。しかし、実際は「あなたのためを思って」と言うことで、自分のエゴや自分勝手な意見を押し付けているだけです。そのため、今現在「あなたのためを思って」とよく言っているのであれば、すぐにでもその癖をやめる必要があるでしょう。

余計な一言④「だから言ったのに」

相談相手にアドバイスなどをしていても、最終的に決定権があるのは相手自身です。時には、相手が選んだ選択肢が間違ってしまっていることもあります。しかし、相談してきた本人は、自分の選んだ道で失敗したのですから、それほど気に病んでいません。そこに「だから言ったのに」という言葉を浴びせてしまうと、相手から反感を買うきっかけになります。

余計な一言⑤「背が高い」「痩せた?」

「背が高い」「痩せた?」の言葉をよく言う人は、相手のことを褒めているつもりでいるのではないでしょうか。しかし、「背が高い」「痩せた?」の言葉を受けることによって、逆に傷ついてしまう人もいます。背が高くてコンプレックスを抱えている女性もいれば、男らしくなりたいのに痩せていくことをいやだと感じている男性もいるのです。

余計なことを言う人の性格を直す方法

周囲から実際に余計なことをいう人だと言われたことがある場合、すぐにでもその性格を直す必要があります。余計なことを言うからといって、周囲の人が離れていかないと思っていないでしょうか。人は、怒りやストレスが募っていくことによって、突然その人の前からいなくなってしまうことも少なくありません。

そのため、下記では余計なことを言う人の性格を直す方法をご紹介していきます。直す方法はいくつかご紹介しますので、自分ができるところから取り入れてみましょう。

直す方法①沈黙や間をおそれない

人とコミュニケーションをとるのが苦手な人は、会話の間に沈黙があると何か話さなければいけないと焦ってしまいます。しかし、焦れば焦るほど余計な一言を言ってしまう可能性が高まるため、その部分を改善する必要があります。まずは、沈黙や間を恐れないようにしてみてください。

そして、沈黙や間があるからと言って、無理に話題を出さないようにしましょう。

直す方法②人の話を最後まで聞く

余計なことを言う人と思われてしまう時に、人の話を最後まできちんと聞けてない人が多くいます。そのため、人の話を最後まできちんと聞けるようにしてみましょう。今まで人の話を遮っていた自覚がない人もいるはずです。そんな時は、意識して相手の話を最後まで聞けているのか注目してみてください。

人の話を最後まで聞いてから、自分の意見を述べてみましょう。これだけでも、相手からの印象は大きく変わってくるはずです。

直す方法③人の秘密や過去は口外しない

話すことがなくなった時、その場にいない人の秘密や過去を口外してしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。これは、その場にいない人の悪口を言うよりもよくないことです。相手のことを信用して自分の秘密や過去を話しているため、それを言いふらされることによって信用もなくなってしまいます。

直す方法④自分がされて嫌なことはしない

余計なことを言う人の中には、よくよく考えてみると自分がされて嫌だと思うようなことをしている人もいます。そのため、人と接する時には、「自分がされて嫌じゃないか」を常に考えるようにしてください。考えている間に沈黙になってしまうかもしれません。しかし、余計なことを言って相手を不快にさせるよりはそっちの方が断然いいはずです。

余計なことを言う人との上手な付き合い方

自分の周囲に余計なことを言う人がいると、日々ストレスを抱えてしまうことになります。ストレスは溜まれば溜まるほど苦しくなってしまうため、相手との付き合い方を改善する必要があるでしょう。そのため、以下では余計なことを言う人との上手な付き合い方について、いくつかご紹介していきます。

今まで、余計なことを言う人との付き合いに疑問を抱いていた人も必見です。相手との付き合い方を変えることによって、ストレスを大幅に軽減することができるはずです。

いちいち気に留めない

余計なことを言う人から言われることを毎回気にしてしまっていると、自分にストレスがかかってしまいます。そのため、余計なことを言われても、いちいち気に留めないようにしましょう。さらりと相手の言うことをかわすことによって、自分に降りかかるストレスも最小限に抑えることができるはずです。

ただし、相手の言うことを気にしてしまう人は少なからずいます。そんな時は、焦らず相手の言っていることをかわせるように、人との会話に慣れるようにしてみましょう。

早めに会話を切り上げる

どうしても相手の言うことをかわせないという人は、余計なことを言う人との会話を早めに切り上げるようにしましょう。だらだらと話をしていても、何か良いことがあるわけでもありません。そのため、不毛な会話だと感じた時には、早々にその場を立ち去るようにしてみてください。

時には無視することも…

余計なことを言う人とも仲良くしたいからと、上手な付き合い方を見つけたいと思っている人も多いはずです。しかし、本人の考え方や性格が直らなければ、会話相手にストレスが溜まってしまうだけです。どうしても余計なことを言う人との会話を楽しめないのであれば、時には相手のことを無視することも一つの手段です。

特に、余計なことを言う人がしつこく話をしてくる場合は、無視をするのが有効です。無視をすることで相手との関係の悪化が気になってしまう人もいるでしょう。しかし、あとからフォローすることで、その問題は解決できます。

余計なことを言う人の言葉はいちいち気にしないことが大事!

友達関係や職場に余計なことを言う人がいると、毎日がストレスになってしまいます。そうならないためにも、余計なことを言う人のことはいちいち気にする必要はありません。むしろ、時には無視をしてしまうことも必要です。また、相手がどうしても余計なことを言っていると気づいてくれないのであれば、教えてみてはどうでしょうか。

関連する記事はこちら

Thumb人間関係うまくいかない人の特徴!対人関係のトラブル原因は自分自身?
対人関係がうまくいかないと、家族・職場・友達関係のトラブルに悩む人もいます。そんな人間関係が...

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ