色仕掛けの意味とは?色仕掛けで誘惑する方法18選とその効果は

好きな男性を誘惑する方法として「色仕掛け」があります。女性が色仕掛けを上手に行えば、効果的に彼氏を手に入れることができるかもしれません。色仕掛けの意味や方法、色仕掛けで落としやすい男性の特徴などを紹介します。モテたい女性はぜひチェックしてみましょう。

色仕掛けの意味とは?色仕掛けで誘惑する方法18選とその効果はのイメージ

目次

  1. 1色仕掛けとは
  2. 2色仕掛けする女性の特徴
  3. 3色仕掛けで誘惑する方法【見た目編】
  4. 4色仕掛けで誘惑する方法【行動編】
  5. 5色仕掛けで誘惑する方法【ボディタッチ編】
  6. 6女性必見!色仕掛けの効果とは
  7. 7色仕掛けに弱い男性の特徴
  8. 8色仕掛けに必要なポイント
  9. 9色仕掛けを上手に使って男性を落とそう

色仕掛けとは

色仕掛けと聞くとどのようなイメージがわきますか。自分の目的のためには、方法を選ばないような女性を想像する人もいるかもしれません。付き合いたい男性を誘惑する時だけでなく、出世などの利益のために色仕掛けを使う女性もいるようです。まずはそんな「色仕掛け」の正しい意味について知っていきましょう。

色仕掛けの意味

色仕掛けとは、女性が色気や魅力を使って目的を成し遂げようとする時に使う言葉です。タイプの男性と付き合おう考えている時だけでなく、欲しいアクセサリーを彼氏に買ってもらう時、お店でディスカウントをお願いしたい時など、様々な目的のために使われることがあります。

そもそも色仕掛けは、色を仕掛けると書きます。「色事(いろごと)」や「英雄色を好む」という言葉があるように、「色」には性的な関係や、情事、恋愛などの意味が含まれています。つまり「色仕掛け」には、目的のために自分の性的な魅力を仕掛けていく、利用していくという意味が含まれているのです。

色仕掛けは効果的?

色仕掛けに喜んでのる人がいる反面、色仕掛けをするような人間は実力で勝負していないと考える人や、色仕掛けにのるような人間だと思われたことにショックを受ける男性もいます。美人局ではないかと警戒する人もいるので、色仕掛けをすれば必ず目的が達成できるはずと思い込むのは危険です。

しかし、少しだけ甘えるように言ったり、偶然を装ってボディタッチをすることで、場が和んだり物事が円滑に進むこともあります。特にカップルの間では些細なケンカぐらいなら、彼女側から色仕掛けをすると仲直りがしやすいようです。色仕掛けの成功率を上げるためにも、色仕掛けをする相手との関係性やタイミングには注意するようにしましょう。

色仕掛けする女性の特徴

色仕掛けをする女性には、どのような特徴があるのか知っていきましょう。色仕掛けをしそうな女性というと、ルパン三世の峰不二子のようなナイスバディの女性を思い浮かべる人が多いかもしれません。

しかし、胸が大きい人が色仕掛けをしやすくて、貧乳の人は色仕掛けをしないとも限らないのです。あなたの周りにもいる色仕掛けをする女性の特徴を探っていきましょう。

特徴①落としたい男性がいる

片思いの男性がいるなど、自分が落としたい男性がいると色仕掛けを行おうとする女性がいます。急に露出の多い服装になったり、あえて胸元が緩いトップスを選んだりと、あらかさまな態度にでる人も少なくありません。

この時の落としたい男性とは、必ずしも恋人候補ではなく、その時に女性が「もっと注目してほしい、相手をしてほしい」と感じた相手を落とそうとします。中には落としたい男性を遊び感覚で決めて、できるだけ多くの男性を落とそうと考える女性もいます。

特徴②男性にモテたい

特にタイプの男性や付き合いたいという男性がいなくても、常に男性にチヤホヤされていたいと思う女性もいます。そういった考えの女性は、常にボディラインが強調される服を選んだり、メイクに力を入れています。

「今日は〇〇くんがいるから、メイクを頑張ろう!」ではなく、すれ違った男性やお店でたまたま一緒になった男性からも「かわいいな」「いい女だな」と思われたいのです。そのため、どんな時でも力を抜かずにいつもキレイでいようとします。

特徴③恋愛関係を良好に保ちたい

恋人との関係がうまくいくために、パートナーに対して色仕掛けを行う女性もいます。この特徴を持った女性は、彼氏以外の男性には色仕掛けをすることには抵抗があるものの、恋人に対しては気軽に色仕掛けができる場合もあるようです。

具体的には彼氏の機嫌が悪そうな時に、背中や腕に胸を押し当てたり、ハグやキスをしたりして機嫌が良くなるように努力します。彼氏に色仕掛けをすることで、2人で過ごす時間がより楽しいものになったり、彼氏に大切にしてもらったり、プレゼントを買ってもらえれば良いと考えているのです。

特徴④仕事に役立てたい

色仕掛けは彼氏や付き合いたいと思う男性にチヤホヤしてもらうためだけに使うとは限りません。仕事で昇進したい、売り上げや契約を上げたいからと色仕掛けを使う人もいます。クライアントや上司に色仕掛けをして、仕事に役立てようとするのです。

こういったタイプの女性は、目的に対して手段は選ばないので使えるものは使おうと考えます。ポジティブな言い方をすると、上昇志向が強く、自分が決めた目標に対しては決して妥協せずに、あらゆる手段を使い達成しようとします。

色仕掛けで誘惑する方法【見た目編】

色仕掛けをして男性を誘惑して、目的を果たしている女性を見ると、男女問わずに「ズルい」といった感情や嫌悪感を覚える人も少なくありません。しかし「羨ましい」「自分にもできることはないかな」と考える女性もいます。

あまりにも露骨な色仕掛けは、男性からも嫌悪感を持たれることがありますが「女性らしさを売りにする、アピールする」ぐらいなら悪く思われません。

自分のタイプや周囲の雰囲気などを考えながら、上手く色仕掛けを行えるようになると、人間関係などが好転する可能性もあります。色仕掛けをする方法や効果を詳しく知って、自分にできることはないか考えてみましょう。

方法①常に笑顔でいる

常に笑顔でいることは簡単そうに見えて難しいです。特に仕事が忙しい時や、プライベートで辛いことがあった時に、笑顔を絶やさないでいられるのは、芯がしっかりしている証拠とも言えます。笑顔は女性の魅力を引き立たせる効果があるので、少しぐらい辛いことがあっても、笑顔で頑張っていれば周囲の人から「いいな」と感じてもらえやすくなります。

方法②色気のあるヘアスタイルをする

色仕掛けをするには、色気のある見た目にならなければいけません。すぐにできるのは、ヘアスタイルを変えることです。色気のあるヘアスタイルになるためには、まずツヤのある髪になることが重要です。パサついた髪の毛には、色気を感じることができません。ヘアオイルなどを使って毛先まで潤いのある髪の毛を保つようにしましょう。

その上で普段髪を降ろしていることが多いなら、アップにしてうなじを出すようにしたり、いつも1つにくくっているなら、ハーフアップにしたり降ろしてコテで巻いてみるのもおすすめです。

方法③唇を艶っぽく保つ

色仕掛けをするためには、唇を艶っぽく保つことが必須です。皮がめくれてカサついた唇では、色気どころか不潔な女性と思われる可能性もあります。分厚めにリップクリームを塗って、パックをしてどんな時でも唇がカサつかないように努力しましょう。

いつも艶やかな唇でいると「色っぽいな」と周囲の人に印象を持ってもらえます。ガサガサの唇では色仕掛けは成功しないので、普段から気を付けるようにしましょう。

方法④ボディラインを強調した服を着る

色仕掛けには女性らしいボディラインの強調がおすすめです。胸やお尻の形が分かる服を着たり、ベルトなどを使ってウエストのくびれを強調します。全体的にダボっとした服は着心地が楽ですが、女性らしさを見せることができないので、色仕掛けには不向きです。

男性にはない、女性らしいボディラインを見せることで、魅力的と感じてもらえたり、手助けしたい、守ってあげたいと感じてもらうことができるのです。

方法⑤肌のコンディションを良くする

色仕掛けをしたくても、肌がカサついてメイクが浮いていたり、ニキビや吹き出物が多い肌だとうまくいきません。潤いのある肌や透明感のある肌に男性は、ドキッとします。色仕掛けをしたい相手がいるのなら、行動の前にキレイな肌を手に入れましょう。肌をキレイに保つことに、年齢はあまり関係ありません。

キレイになりたいと思ったなら、エステに入ったり、百貨店やドラッグストアにいる美容部員に相談してみましょう。ひどい肌荒れの場合は、美容外科クリニックや皮膚科のある病院で医師に相談するのもおすすめです。その上で、美顔器を購入したり、自分に合った正しいスキンケアを丁寧に行えばキレイな肌は手に入れることができます。

方法⑥濃すぎるメイクはNG

色仕掛けをしようと思うと、普段よりかなり濃いメイクをしてしまう女性がいます。もちろん、ノーメイクは色仕掛けには向きませんが、濃すぎるメイクもNGです。男性は濃すぎるメイクよりは、女性の「スッピン風メイク」が好きです。いかに濃くメイクをするかではなく、いかに自然に見えるかを考えながらメイクをしましょう。

具体的にはアイラインやリップラインを太くしすぎない、アイシャドウに奇抜な色を使わない、チークを広範囲に濃く入れすぎないなどがあげられます。人気の赤リップも、自分の肌に合った色を選ばないと仮装したお笑い芸人のように見えてしまうこともあります。ファンデーションの色選びも失敗すると、とんでもない厚塗りに見えるので気を付けましょう。

方法⑦体臭にも気を付ける

香りは目で見えるものではありませんが、色仕掛けにはとても重要なポイントになります。甘さや爽やかさがあるフレグランスは、女性らしさや、男性からの好感を引き立たせる効果があります。汗の臭いが気になったとしても、香りの強いフレグランスを使う必要はありません。制汗シートなどを使って、不快な臭いがしないようにすれば十分です。

汗の臭いに敏感になりすぎて、フレグランスを使った上で、制汗スプレーや、柔軟剤など、様々なアイテムを重ねて使う人もいます。1つ1つは良いにおいのアイテムでも、香りが混ざることになって不快なにおいになることもあります。

また、使用している本人は、今自分がどんな香りがしているかが分かりにくいので、気付かないうちに悪臭を振りまいている可能性もあるのです。色仕掛けを行うなら、付けすぎに注意しながら男性から褒めてもらえるフレグランスを使いましょう。

色仕掛けで誘惑する方法【行動編】

色仕掛けを行うためには、色っぽい見た目だけでなく行動も重要なポイントになります。どのような行動をすれば上手く色仕掛けができるのかを紹介します。ムリをせずに自分ができそうなことからチャレンジしてみましょう。

方法①チラリズムを意識する

素肌を全く見せないのは色仕掛けには不向きです。スリットのあるスカートやデコルテの開いたトップスを着てチラリズムを意識してみましょう。服装にちょっとした隙を作ることで、色仕掛けの成功率がグッと上がります。

いつもカッチリしている服装を着ているのなら、パンツをスカートに変えたり、トップスのデザインだけでも変えてみましょう。初めは抵抗感があっても、何度か着ているうちに慣れていきます。どうしても自信が持てない場合は、お店の人や友人に服装を相談をしてみるのもおすすめです。

方法②足を組みかえてみる

女性の足に魅力を感じる男性は多いです。座っている時に足を開いたり、だらしなく座ってしまうと女性らしさを感じることができません。足先をキレイにそろえて、たまに足を組みかえてみましょう。足を組みかえた瞬間に男性はドキッとします。

方法③胸を強調するように腕組みをする

胸を強調するためには、デコルテの見える服を着るだけではありません。タートルネックのニットなど、肌の露出が少ない服を着ていても、胸の下で腕組みをすれば胸を強調させることはできます。頻繁に腕組みをしていると、偉そうに見えてしまう可能性もあるので、ここぞというタイミングで行うようにしましょう。

胸の存在を強調されると、今までは意識していなかった男性でも、急に女性らしさを感じてしまいます。その上で、上手にお願い事をしてみると成功率が高くなるはずです。

方法④上着の脱ぎ方をセクシーにする

防寒対策やUV対策として、年中カーディガンなどの羽織ものを身に着けている女性は少なくありません。クーラーが寒いと感じて上着を着たり、足元が寒く感じて上着を脱いで膝にかけたりと、1日の間に脱いだり着たりを繰り返すことがあります。そんな時は、その場の勢いで抵当に脱いだりせずに、できるだけセクシーな脱ぎ方を意識してみましょう。

具体的には少しゆっくりめに動作を行い、片方ずつ腕を抜いていきます。脱いだあとも、無造作に丸めたり椅子にかけるよりも、綺麗に畳んで膝に置いて女性らしさをアピールするのがおすすめです。ただ上着を脱いだだけなのに、セクシーな脱ぎ方をすることによって、近くにいる男性をドキドキさせることができます。

方法⑤酔ったふりをして男性に近づく

お酒に強い女性よりも弱い女性のほうが、色仕掛けをする時には優位です。本当はお酒に強くても酔ったふりをして男性に近づいてみましょう。酔ったことが顔に出にくいのなら、お手洗いに行った時に少しだけチークやリップを濃い目にメイクします。

ちょっとぐらい大胆な行動や発言をしても、あとで「酔っていたから覚えてないです。ごめんなさい」と言ってしまえばOKです。普段は近づけないタイプの男性相手にでも、酔ったふりをすれば違和感なく色仕掛けをしやすくなります。もしも色仕掛けがうまくいかなくても大人の男性なら「酔ってたんだね」と後腐れなく対応してくれるはずです。

方法⑥視線を送り続ける

ここまで紹介してきた色仕掛けの方法は「自分ではムリ」「むずかしい」「恥ずかしい」と感じている人もいるかもしれません。そんな人でも行いやすいのが、意中の男性に対して視線を送り続けることです。相手と視線が合ったら、ゆっくりと視線を外しましょう。

何度か視線が合うようになって、向こうから話しかけられる回数が増え、良い感じになってきたのなら目が合った時に視線を外さずにニコッと笑顔をしてみます。視線が合うというだけでドキッとする男性はいます。今まで意識していなかった女性だったとしても、よく視線が合うようになると存在を意識して好意を持ちやすくなるのです。

好きな相手と職場が違ったり、なかなか会うことができない相手の場合は、何度も視線を合わせる機会が訪れないかもしれません。そんな時は、会えた時には上目遣いをしてみましょう。

しかし不自然に上目遣いをすると、不審に思われます。おすすめの方法としては、なるべく自分は座っていて相手が立っているタイミングを利用しましょう。座っている時に、立っている相手の顔を見ようとすると、自然な状態で上目遣いになります。相手の目を見るようにして、笑顔を忘れずに挑戦してみましょう。

色仕掛けで誘惑する方法【ボディタッチ編】

色仕掛けというと、ボディタッチを想像する人が多いのではないでしょうか。一言で「ボディタッチ」と言っても、様々なやり方があります。代表的なボディタッチの方法5つを紹介していきます。やりすぎは「セクハラ行為」と思われる可能性もあるので、相手や周囲の反応にも気を付けて行いましょう。

方法①男性の太ももに触れる

男性の太ももに触れると言っても、いきなり太ももをしっかりを触ってしまうとドン引きされてしまいます。男性の隣に座って、スマホや手がうっかり当たったフリをして男性の太ももに触れましょう。触れる時間は一瞬で十分です。

「あっ、ごめんなさい」と言って相手の反応をチェックします。まんざらでもない表情なら、色仕掛けは成功していると言えます。もっとボディタッチを増やしてみましょう。

方法②男性と腕を組む

男性は腕を組まれることが好きです。なぜなら腕を組むことで、相手の女性から信頼されている、頼られていると感じられる上に、腕に女性の体が密着することができます。女性から腕を組まれたということは、自分に気があると思い込む男性も少なくありません。

しかし、付き合ってもいない男性といきなり腕を組むのはハードルが高いです。タイミングを間違うと厚かましい女性だなと思われる可能性もあります。相手の男性の反応が不安なら、酔っぱらった時にふらついたふりをして、腕にしがみついてしまいましょう。

方法③足をくっつける

付き合っている彼氏の機嫌がなんとなく悪い時は、彼氏の隣に座った時や正面に座った時に、足をくっつけてみましょう。よほどイライラしていない限りは、好きな女性が足をくっつけてきたら嬉しくなるのが男心です。付き合っていない男性に行う時は、偶然を装って一瞬だけ足に触れてみましょう。

方法④そっと背中に触れる

男性の背中にそっと触れるのも、色仕掛けにおすすめの方法です。男性の体が調悪そうな時に「大丈夫?」と言いながら背中をポンポンっとタッチしたり、狭い通路を通る時にわざと男性の背中に触れるようにします。

他のボディタッチと同じように長時間触らなくても、ポンと軽くタッチするだけで効果は十分です。そっと背中に触れられるだけで、男性は相手の女性を意識するようになります。

方法⑤胸を押し付ける

最後に紹介する方法は、とても直接的な手段になります。男性の体の一部に、さりげなく胸を押し付ける方法です。具体的には腕を組んでいる時に、男性の腕に胸を押し付けたり、男性の後ろを通る時に背中に胸を押し付けます。

女性の胸が嫌いな男性はいませんが、付き合っていない男性に行う場合は相手の反応をよく確認しましょう。中には彼女がいて、彼女以外の女性に色仕掛けをされることが迷惑だと感じる男性もいるので注意が必要です。

女性必見!色仕掛けの効果とは

色仕掛けを行うとどのような効果があるのかを具体的に紹介します。今まで色仕掛けにネガティブなイメージがあった人も、色仕掛けを行うことによる効果を知ると、色仕掛けを行うことへのイメージが変わるかも知れません。

効果①男性の気を引ける

色仕掛けの効果としてまずあげられるのは、男性の気が引けることです。露出の多い服を着たり、ボディタッチをしたり、目線を送ったりしていると、男性は相手の女性のことが気になってしまいます。

また、特定の相手を色仕掛けするつもりで、メイクやファッションを頑張っていると、眼中に無かった男性からも「魅力的だな」と感じてもらえることがあります。色仕掛けを行うことによって、色仕掛けしていないつもりの男性の気まで引くことができるのです。

効果②女性らしさが身につく

色仕掛けを行うには、女子力の向上が必須です。メイクやファッションなどの見た目や、リアクションや言葉遣いなどの内面性が高くないと色仕掛けの効果は発揮されず成功しません。色仕掛けを成功させるために、女性らしい見た目や内面性を磨いていると、どんどん魅力的な女性に成長していきます。

最初は、打算的な考えで女子力をアップさせようとしていたとしても、努力を続けていくことでどんどん女性らしさが身についていくのです。

効果③仕事に繋がる場合も…

好きな男性が同じ職場にいる場合、色仕掛けを行うために毎日の通勤ファッションやメイクに手を抜かなくなります。仕事に追われていても不平不満をあまり言わずに、笑顔で過ごそうとします。これらの行動は、好きな男性の気を引きたいがために行っているかもしれません。

しかし、職場には仕事の取引相手や上司など、意中の男性以外の人もたくさんいるはずです。1人の男性を落としたいために行っている行動が、結果的にその場にいる多くの人からの印象アップにも繋がっていることもあるのです。

色仕掛けをしているだけのつもりが「いつも笑っていて愛想が良さそうだ」「不平不満を言わずに前向きに仕事に取り組んでいる」など色仕掛けの効果として高評価に繋がっていきます。
 

特に接客業や営業など人と会うことが多い仕事では、人に対する印象の良さは重要なポイントになります。1人に対して色仕掛けを行うことによって、自分自身の印象アップに繋がり、結果的に思いもよらないビッグチャンスを手に入れることもあります。

色仕掛けに弱い男性の特徴

女性が色仕掛けを行ったからと言って、どんな男性でも思い通りに動いてくれるわけではありません。男性の中にも色仕掛けをされると「迷惑だ」「やめてほしい」と感じる人や、女性からの色仕掛けは受け入れるけれど、女性の言うことは決して聞かないと割り切る人もいます。

もちろん、色仕掛けをされるとついつい女性の言うことを聞いてしまう、色仕掛けに弱いタイプの男性もいます。そんな色仕掛けに弱い男性は、どのような特徴があるのかを知っていきましょう。

特徴①恋愛経験が少ない

色仕掛けに弱い男性は、色仕掛けに強い男性に比べて恋愛経験が少ないことが多いです。中には全く女性と付き合ったことがなく、女性との会話に緊張していたり、女性と同じ空間にいるだけでドキドキしてしまう人もいます。

そういった男性にとって、女性から話しかけられたり、ボディタッチをされることは嬉しい反面、頭が真っ白になる出来事です。女性に色仕掛けをされて「〇〇を買ってきてほしい」「〇〇が欲しいな」と言われると、冷静に判断できずに女性の言う通りに動いてしまいます。

特徴②プライドや自意識が高い

プライドや自意識が高い男性も、女性の色仕掛けに弱い特徴を持っています。このタイプの男性は、相手の女性が色仕掛けをしている気付いた上でも、「俺がこれぐらいやってやろう」「他のヤツではなく、俺だから頼んできてるんだ。女性の期待に応えてやらないとな」と考えます。

色仕掛けはもちろん、女性からチヤホヤされることも好きなので、あらかさまに持ち上げられたり、褒められるとプライドが邪魔して「NO」とは言えません。自分が少しぐらいムリをしても、色仕掛けをしてきた女性の希望を叶えようとします。

特徴③女兄弟がいない

女兄弟がいない男性の中には、母親以外の女性とあまり話した経験がない人がいます。子供の頃から女性と触れ合っていないため、女性を未知の生き物として考えていたり、自分とは全く違う思考回路を持っている人間だと信じていることもあります。

そのため、女性から色仕掛けをされるとパニックになってしまい「とにかく女性の言う事を聞かないと」と、女性に言われるままに行動をしてしまうのです。特に女兄弟がいないだけでなく、男子高出身や、女性が少ない理系の学部を卒業している男性には、そういった特徴が見受けられます。

特徴④とにかく気が弱い

とにかく気が弱く、男女問わずに相手から強く言われると言い返せないような男性も、色仕掛けには弱いです。気が弱い男性は、普段からあまりモテません。そのため、少しでも色仕掛けをされるとすぐに心を開いてしまいます。

女性に対して「やさしいな」「かわいいな」などとプラスの感情を持ったあとで「〇〇が欲しいな」「〇〇を持ってきてくれると嬉しいんだけどな」などとおねだりされると、断ることができません。

こういったタイプの男性は、どんなお願いをされても断らないので、相手のお願いがどんどんエスカレートしていくこともあります。途中で「おかしいな?」と感じたとしても、気が弱いために女性を拒絶することができないのです。

色仕掛けに必要なポイント

色仕掛けを成功させるには、いくつか押さえておくと良いポイントがあります。特に重要なポイントを3つ紹介します。「今まで自分なりに色仕掛けを行ってきたけれど、なぜかうまくいかない…」と悩んでいた人は、ポイントを押さえているかどうかをチェックしてみましょう。

2人きりの場所

たくさんの人がいる場所で色仕掛けを行うと、色仕掛けをされた相手が恥ずかしく感じることがあります。特に人前で露骨にボディタッチなどをされると、本心ではドキドキしていても他人の目が気になってしまい素っ気ない態度を取る男性も少なくありません。

また、人前でボディタッチなどを行う女性のことを「ビッチ」「はしたない」と感じて、引いてしまう男性もいます。例え付き合っている恋人に対して、色仕掛けを行うとしても「人前ではやめてほしい」と思う男性も多いので気を付けるようにしましょう。

言葉の選び方

色仕掛けが成功するには色気が重要です。どんな言葉を使うかによって、女性の色っぽさや知性の印象は大きく変わります。例えば色仕掛けを行っている好きな男性に「今からホテルに行こう!」と元気そうに言うと雰囲気がなく、下品な印象になります。「いきなり何を言い出すんだ!」と引いてしまう男性もいるでしょう。

「2人きりになれる場所に行きたいです」「2人でゆっくり話しませんか?」という言い方なら、まったく違う印象になります。ちょっとした言葉でも、選び方を間違えると色仕掛けが失敗する原因になります。

どんな言い方をすれば良いのか悩んだ時は、「いい女ならどっちを選ぶか」「理想の女性が使いそうな言葉か」などを想像してみるのがおすすめです。気持ちが高ぶったからと言って、下品な言い方や汚い言葉遣いはしないように気を付けましょう。

お酒の力

色仕掛けがうまくいなかない時は、お酒の力を借りるのがおすすめです。特にお互いに真面目なタイプの場合は、もっと積極的に行動したいのに恥ずかしさが勝ってしまい、あと一歩のところで引いてしまうことがあります。

お酒を飲むことによって理性的に考える人がリラックスした行動ができるようになります。より大胆な行動をするようになるので、今まで我慢をしていた願望や本能を表面に出そうとする人も少なくありません。

いつも色仕掛けに失敗してきた人は、お酒の場で色仕掛けを行ってみると、相手から好感触を得られるかもしれません。お互いに記憶を無くすほど、お酒を飲むのはいけませんが、適度な飲酒によってより親密なコミュニケーションを図れるように挑戦してみましょう。

色仕掛けを上手に使って男性を落とそう

色仕掛けを上手に使えば、人間関係や仕事関係がうまくいきやすくなります。しかし、特に女性の中には色仕掛けをする女性に対して露骨な嫌悪感を持つ人がいます。そういったタイプの女性に色仕掛けをしたことがバレると、あとあと問題になる場合もあるので気をつけましょう。

また、パワハラやセクハラに対して厳しい世の中になってきているので、ボディタッチなどをしないように気を付けて生活している男性も少なくありません。色仕掛けをする時は、相手のとの関係や他人の目などに注意しながら行うようにしましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
清水あおい
役に立てる記事を書けるように頑張ります☆

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ