要領がいい人の特徴13選!要領のいい人の仕事術とは

要領がいい人は、仕事が速く重宝されるので、羨ましく思うでしょう。意味や特徴を知ると、要領がいい人の長所や短所も見えてきます。要領がいい人になるための方法などをお届けします。本サイトでは、診断も載せていますので、ぜひ参考にしてみてください。

要領がいい人の特徴13選!要領のいい人の仕事術とはのイメージ

目次

  1. 1要領がいい人になりたい!
  2. 2要領がいい人の特徴【考え方・性格】
  3. 3要領がいい人の特徴【行動】
  4. 4要領がいいことの長所
  5. 5要領がいいことの短所
  6. 6要領がいい人の仕事術は?要領が良くなる方法
  7. 7要領がいい人=優れている人ではない!

要領がいい人になりたい!

一緒に同じ作業をしていたはずなのに、自分よりも早く終わる人は要領がいい人の可能性があります。要領がいい人は、周りの人とも仲良くしていて、自分もああなりたいと思うでしょう。要領がいい人になるために、まずは意味を理解することが大切です。診断チェックも載せいているので、実施してみてください。

「要領がいい」の意味

要領がいいという言葉には「少ない労力で上手く立ち回り、手際よく物事を片付けていく」という意味があります。要領がいい人は、無駄な時間を使わずに効率よくできるかを考える力があり、コミュニケーション能力にも長けているので会社での評価も高いです。

類似する言葉として「気配りが利く」や「世渡り上手」、「したたか」などが挙げられます。いずれも、器用な立ち回りが得意という意味です。
 
「要領がいい」は、人を褒める時にも使われることが多いですが、嫌味にも使われる場合があります。出来ないことは人に頼って楽をしていたり、大事なところをちゃっかり、いただいたりする人に向けて使われることが多いです。上記の人は、同僚や真面目な人に嫌われる傾向が強いので、もし言われたら嫌味の可能性を考えましょう。

あなたの要領がよい度は?診断チェック

物事を複雑化して考えない はい いいえ
時間を決めて行動する はい いいえ
誰かを頼ることができる はい いいえ
必ず目標を決める はい いいえ
目標から逆算して考えられる はい いいえ
取捨選択ができる はい いいえ
優先順位を決めてから計画を立てる はい いいえ
完璧を求めない はい いいえ
仕事と休憩をしっかり分けている はい いいえ
マルチタスクはしない はい いいえ
やると決めたらすぐに決行する はい いいえ
一度言われたことはすぐに覚える はい いいえ
手先は器用な方である はい いいえ

【1~4個当てはまった人】
あまり当てはまらなかった人は要用が悪い人です。人よりも仕事が遅く、こだわりが強い傾向があります。要用が悪い人にも良い点があるので、気を落とす必要はありません。この後、要領がいい人になるための方法をご紹介するので実施してみてください。
 
【5~9個当てはまった人人】
半分以上当てはまった人は、物事を平均的な速さとクオリティで終わらせる普通の人です。仕事の速さは、物事によって早かったり遅かったりと安定しません。普通の人は、少しの工夫で要領がいい人になれるでしょう。
 
【10~13個当てはまった人】
ほとんど当てはまった人は、要領がいい人です。周りの人にも「要領がいい」と言われたことがあるでしょう。仕事を覚えるのが速く、上司からの信頼も篤いでしょう。

要領がいい人の特徴【考え方・性格】

要領がいい人は、どんな仕事もスマートにこなして格好良く映るでしょう。それが、自分と同じ時期に入った同期なら尚更です。なぜ、そんなにも速く仕事ができるのでしょう。要領がいい人には、共通する特徴があります。まずは、考え方を見ていきましょう。

特徴①完璧を目指しすぎない

要領がいい人は、すべてを完璧に仕上げることはしません。「それって適当にしているってこと?」と思うかもしれませんが、決してそうではなく、手を抜いて良い場面と完璧にするべきところの見極めが上手なのです。どの程度で仕上げればいいのか、相手が求めているレベルを察する力が高いので、余分なところに労力を使いません。

要領が悪い人は、突き詰めすぎる傾向があるので、期限ギリギリになっても終わらず余計な時間をかけすぎてしまいます。良く言えば妥協をしないという長所になりますが、仕事ではクオリティだけでなく、期限を守ることも必須事項です。

そのため、いつも早く仕事を終わらせる要領がいい人の方が、好意的に見られるのでしょう。

特徴②物事をシンプルに考える

何事もシンプルに考える特徴があります。要領がいい人は、物事を複雑に考えません。複雑に考えてしまうと、ゴールにたどり着くまでに迷走を繰り返してしまって、結局何をしたいのか分からなくなります。その点、シンプルに物事を考えられると、それに基づいた行動に迷いがありません。

また、物事をシンプルに考えているので、不測の事態にもすぐに対応でき、間違いにも気づく余裕があります。要領がいい人は、本質を見抜く力が備わっているのでしょう。複雑そうな事柄でも、簡単な言葉にまとめることが出来ます。

特徴③しっかりと目標を据える

まず、要領がいい人は、行動に移す前に目標を定めます。例えば、期日までに仕上げなくてはならない資料がありました。要領がいい人は、「この資料は3日後に提出だから、このぐらいで仕上げよう」や、「来月のプレゼンは取引先の人にもするから、2週間前には仕上げてプレゼンの練習をしよう」など、自分がどうなりたいかの未来を明確に立てます。

そのため、目標達成に必要なことが明確になるので、早く計画を立てることができ、すぐに作業に取り掛かれるのでしょう。

特徴④無理はしない

無理をしないのも、要領がいい人の特徴です。例えば、複数の仕事を抱えて期日までに間に合わないからと、連日11時まで残業を繰り返していました。次の日の出勤時間は変わりません。普段通りに仕事をしているつもりでも、寝不足の頭では必ずミスが生まれるので、余計な手間が増えてしまいます。

無理がたたって倒れたら、それこそ会社にとって不利益です。要領が悪い人は「無理をしてでも終わらせよう」と考える傾向が強いので、余計に時間が掛かってしまうのでしょう。要領がいい人は、無理をしても良いことは無いと分かっているので、無理をしない範囲で自分の持てる力で取り組みます。

特徴⑤優先順位や段取りを考える

会社で1人の人に、1つの仕事しか任せないということはありません。必ず1人で複数の仕事を請け負うでしょう。しかし、あっちもこっちもと中途半端に手を出していては、仕事は捗りません。要領がいい人は、物事の優先順位を考えてから段取りを立てます。やるべきことの順位をしっかり押さえているので、何かハプニングが起きても慌てません。

新しい事柄が増えても、改めて優先順位を考えれば良いだけだからです。要領が悪い人は、計画を細かく立ててしまいがちなので、計画に支障が出ると途端に慌ててしまいます。要領がいい人は、冷静に段取りを修正できるので、周りからスマートに見られるのでしょう。

特徴⑥決断力や行動力がある

要領がいい人は、やると決めたら即実行に移します。例えば、「これでいいかな?」と迷っている間に、5分経っていました。たった5分と思うかもしれませんが、時間は有限です。そのたった5分で出来る作業は、たくさんあります。

計画は言ってしまえば、ただの予定です。実際に取り組めば、どこかに支障がでます。要領が悪い人は、物事を始めるのにも時間が掛かり、何か判断する時も時間が必要です。

前述の通り、要領がいい人は目標や優先順位がしっかりしているので、計画に支障が出ればその場ですぐに修正します。何か不測の事態が起きても、すぐに修正する決断力と、決めたら迷わず実行する行動力が備わっているので、仕事が早く終わるのでしょう。

特徴⑦手先が器用である

頭でいくら段取りを考えていても、実際に動かすのは自分の手です。手先が器用だとミスをしなくてすみます。例にもれず、要領がいい人も手先が器用な人が多いです。

不器用だから要領がいい人になれないのかと言えば、そうではありません。不器用な人でも、何度も練習を繰り返せば手先が動くようになります。

また、手先の器用さだけが要領がいい人ではありません。不器用な人はそれだけ、丁寧に作業を進めるという長所があります。たとえ不器用でも、その他の特徴を伸ばせば要領がいい人になれるでしょう。

特徴⑧物覚えが良い

仕事は何度も聞いて覚えると言いますが、要領がいい人は一度聞けば大抵のことは覚えられます。何度も同じことを聞く方が効率的でないと考えているので、一度で覚えようとするのでしょう。

また、要領がいい人は地頭が良いです。教えてもらったことの要点を理解する力に長けており、細かい部分は自分で調べたり考えたりして仕事を覚えます。自分の力で考える努力をしているので、応用力も身に着くのでしょう。要領がいい人は、「記憶力が良い」のではなく、重要なポイントを「理解する能力」が高いのです。

要領がいい人の特徴【行動】

要領がいい人の行動力には、目をみはるものがあります。なぜ、そんなにもキビキビと動けるのでしょう。そこには先ほど紹介した、要領がいい人の考え方に基づく行動があるからです。何が一番大切なのか分かっているので、傍から見ると迷いのない姿に見えるのでしょう。次は、要領のいい人の行動の特徴についてご紹介します。

特徴①できることから取り組む

要領がいい人は、自分のできることから取り組みます。要領が悪い人は、「これもできない、あれもできないどうしよう」と慌てがちです。出来るようになるためには、何を先にしなくてはいけないのか、それを考える必要があります。1人の力には限界があり、その日に出来ることは限られています。

要領がいい人は、自分の力を正確に把握しているので、「できること」と「できないこと」の区別が上手です。そのため、その日その時に自分ができる最も最善なことに取り組めるのでしょう。

特徴②時間を決めて取り組む

要領がいい人は、時間を決めて物事に取り組みます。例えば、久しぶりに家でのんびりできる時間が取れたので、掃除をすることにしました。要領がいい人は、「午前中に、リビングの掃除は終わらせよう」というように、何時までに終わらせるのか、どこまで作業を進めるのかを決めます。

要領が悪い人は、スケジュール管理が苦手なので、時間までに終わらない人が多いです。時間を決めて取り組むと、それまでに終わらせようという意欲が生まれるので、集中力が上がります。時間管理が苦手な人は、まずはスケジュール帳を持ち歩くようにしましょう。

特徴③周囲の人を上手に頼る

周囲の人に頼るのは勇気がいるでしょう。要領がいい人は、周囲の人を頼ることに躊躇がありません。前述の通り、要領がいい人は自分一人の力には限界があることを知っています。そのため、自分にはできないことの把握が早いです。誰かに助けを求めるのは、恥ずかしいことではありません。人は誰かに頼られると嬉しい気持ちになります。

要領が悪い人は、周囲とのコミュニケーションも上手くとれないので、人に頼ることが苦手です。そのため、1人で片付けようと無理をしてしまうのでしょう。

要領がいい人は、コミュケーション能力が高いので、周囲と良好な関係を築き、誰に頼るのが適任か自然と把握しています。複数人で取り組む方が、効率が良いのを知っているので、要領がいい人は人を頼るのでしょう。

特徴④複数ではなく1つずつ取り組む

要領がいい人は、マルチタスクをしているイメージを持たれますが、そんなことはありません。要領がいい人ほど、マルチタスクをしないのです。同時に複数のことを行って、ミスを出す方が非効率だと考えているのでしょう。

要領が悪い人は、あれもこれもと複数のことを同時に行ってしまうので、いつまで経っても終わりません。だからこそ、要領がいい人は、1つの物事を集中して取り組むことで、丁寧に仕上げます。

しかし、要領がいい人が全員マルチタスクを行わないわけではありません。もし、マルチタスクで仕事を早く仕上げる人がいれば、その人は要領がいい人よりも、物事を区別して考えるのが上手い人です。

特徴⑤無駄な作業は行わない

仕事で重要なのは、効率とクオリティです。そのため、要領がいい人は無駄な作業はとことん省きます。先ほど説明した通り、要領がいい人は物事の優先順位を決めたり、そのための段取りを考えたりすることが得意です。

例えば、今日の夕飯の買い出しに出かけました。要領がいい人は、出かける前に夕飯を何にするのか考えます。そして、料理を作るのに必要な材料をメモに書き、買い忘れをしないための対策を取るのです。要領がいい人は、無駄な作業で時間を取られないための考え方ができるので、仕事が立て込んでいる時でも焦らないのでしょう。

要領がいいことの長所

要領がいい人は、誉め言葉として使われることが多いです。その処理能力の高さは、仕事で利点とされるでしょう。では、要領がいいと何がお得なのか、その長所をお伝えします。

長所①出世しやすい

前述した通り、要領がいい人は物覚えが早いという特徴を挙げました。それは、多くの仕事を早くに任せられるということです。入社したばかりならば、同期の人よりも頭一つ抜きん出ているでしょう。仕事が早く出来もいいとなれば、上司からの覚えもめでたくいろいろな話を聞かせてくれるでしょう。

要領がいい人は、会話からも理解力の高さがうかがえるので、「多くの仕事を任せてもやってくれる」という信頼感も得られます。多くの仕事を任せられるということは、それだけ早くに成果を出せるということです。成果が出せればそれだけ、出世への道が開かれます。

長所②目標を達成しやすい

考え方の特徴で、要領がいい人は目標を決めると紹介しました。要領がいい人は、目標から逆算して計画を立てることが出来ます。目標が決まれば、物事の全体像が見えてくるので、一度定めたら見失うことはありません。また、目標を達成するための努力を怠らないので、目標を達成しやすいのでしょう。

長所③何事もそつなくこなす

要領がいい人は、何事も期待以上の成果を出します。困ったことがあれば誰かを頼るので、焦る姿を見せることは少ないです。

また、できないことは誰かから学ぶ姿勢も忘れません。そのため、要領がいい人は「何事もそつなくこなす」という長所があります。その姿が周りからは、苦手なことが無さそうに見えるので、大事な仕事を任せようと思うのでしょう。そして、いきなり言われたことにもきちんと対応してしまうのが、要領がいい人のすごいところです。

要領がいいことの短所

要領がいい人の長所について説明しましたが、物事には良い面があるように悪い面もあります。「要領がいい」には、「少ない労力で何事もそつなくこなす」という意味があると紹介しました。そつなくこなしてしまうからこそ、短所となってしまう場合があります。では、どのような短所があるのか見ていきましょう。

短所①特別秀でたものがない

特別優れているものが見つけにくいという短所があります。例えば、日本には職人と呼ばれる人達がいるでしょう。職人は、師匠の技術を盗み同じことを繰り返すことで、その道を極めます。職人と呼ばれる人達は、完璧を目指し己の技術を磨いていくので、効率を考えて一定のレベルで仕上げる傾向が強い人にはなかなか理解できません。

要領がいい人は、何事も「ここまでで良い」と線引きしてしまうので、誰にも負けないと思える要素が出てこないのでしょう。

短所②一度挫折したら心が折れやすい

大きな失敗を味わった時に、心が折れやすいという短所があります。誰でも失敗の1つや2つ経験するでしょう。要領がいい人も失敗はしますが、軌道修正が上手いので大きな失敗というものを経験したことがありません。そのため、一度大きな失敗をしてしまうと立ち直れない程、心が折れてしまう可能性があります。

技術に関しては練習をすればいくらでも上達しますが、メンタルはその人の人生の中で培われるものなので改善の仕様がありません。要領がいい人は、挫折を味わわないように持ち前の器用さを発揮していくしかないでしょう。

短所③やる気がなく見られる

前述した通り、要領がいい人は完璧を求めず効率を重視して物事を考えます。傍から見ると向上心が無いように見えてしまうのでしょう。

例えば、資料を作成するとして、要領が悪い人は100%~120%の出来を目指します。しかし、要領がいい人は、相手が求めているレベルが分かっているので、90%の出来で満足してしまいます。はじめは「良いものを出してくれるな」と、上司は思うでしょう。

しかし、毎回90%のものを提出していれば、クオリティはあるが特別すごいという気持ちにはなりません。そのため、向上心があるように見られないのでしょう。

また、自分は努力しているつもりでも、周りからは苦労しているようには見えないので、頑張っているように見えない傾向があります。その姿が真面目な人には受け入れがたいので、嫌われる傾向が強いのでしょう。

要領がいい人の仕事術は?要領が良くなる方法

要領がいい人になりたいと思う人は、仕事で置いていかれたくないという気持ちが大きいです。日常生活では要領が悪くても友人や家族にしか文句は言われませんが、仕事では会社にも影響してきます。そのため、仕事は早く仕上げることが大切です。では、どうすれば要領がいい人になれるのか、その方法をご紹介します。

方法①やるべき目標を定める

まずは、作業を始める前に目標を決める癖をつけましょう。要領が悪い人は、仕事を任されたらすぐに作業を開始してしまいがちです。

先ほど要領がいい人は目標を立てると説明しました。「どのくらいのクオリティで完成させたいのか」や「いつまでに提出するのか」といった明確な未来を想像しましょう。目標が決まれば、計画も立てられ必要なものの区別がつきます。

また、「自分の力で出来る仕事なのか」や「誰かに手伝ってもらった方がいいのか」の判断もつくので、期限ギリギリになって誰かに頼るということもありません。

方法②仕事の優先順位をつける

優先順位はしっかりつけましょう。仕事では複数のことを同時に進行しなくてはいけません。例えば、言われた仕事を順番通りに行ったとします。1つは期限が来月のもので、もう1つは3日後に締め切りです。始めに来月が期限のものに取り組んだとして、3日後が締め切りのものが間に合わなくては意味がありません。

多くの案件を請け負ったのなら、やるべきことをメモに書きだすことをおすすめします。客観的に見ることで、何が重要なのか分かってくるでしょう。

方法③思考をすぐ行動に移していく

考えがまとまったら、すぐに行動に移しましょう。早く取り掛かれば、作業時間を多く確保できます。多く時間を確保できれば、早く完成した時に手を抜いた細かいところにも手が加えられるので、クオリティの高いものが出来上がるでしょう。期限よりも早く提出された方が上司にはありがたいことです。

また、「いつも早く仕上げてくれるから、もっと多くのことを任せよう」と思われる可能性が高くなります。大事なのは、計画は思い通りにいかないと思うことです。迷っている時間が非効率なので、計画に支障が出たらその時に直せば良いと前向きに考えましょう。

方法④オンオフをしっかり取り入れる

仕事と休憩のオンオフの切り替えを取り入れましょう。前述した通り、要領がいい人は無理をしても仕事のミスが増えるだけとわかっています。要領が悪い人は、オンオフの切り替えが上手くないので、休日でも仕事のことを考えてしまいがちです。

そのため、十分な休みが取れず、いざ作業を開始しても手が早く動きません。要領がいい人は、休みと仕事を割り切って考えるので、スッキリした頭で作業に取り組めます。

要領がいい人=優れている人ではない!

要領のいい人は、「優れている人」や「頭の良い人」と言った印象がありますが、実際には効率的な考えが得意なだけです。そのため、物事に上手く立ち回り、周りとも良好な関係を築けます。つまり、物事への考え方を変えれば、誰でも要領のいい人になれるのです。本サイトを参考に、実践してみてください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ