怒りの沸点が低い人の特徴や心理!怒りっぽい人への対処法とは

怒りの沸点が低い人の意味や特徴について詳しく解説していきます。怒りの沸点が低い人は、どのような原因があって怒りっぽくなってしまうのでしょうか。その心理や理由だけでなく、怒りの沸点が低い人へのおすすめの対処法も伝授するので、しっかりチェックしていきましょう。

怒りの沸点が低い人の特徴や心理!怒りっぽい人への対処法とはのイメージ

目次

  1. 1怒りの沸点が低い人ってどんな人?
  2. 2怒りの沸点が低い人の特徴
  3. 3怒りの沸点が低い人の心理
  4. 4怒りの沸点が低い人の原因
  5. 5怒りの沸点が低い人におすすめの対処法
  6. 6怒りの沸点が低い人とは極力距離を置こう

怒りの沸点が低い人ってどんな人?

「あの人は怒りの沸点が低い」という表現があります。もちろん沸点が低い人がいるのですから、沸点が高い人もいるわけです。怒りの沸点が低いというのは褒め言葉なのでしょうか、それとも非難する言葉なのでしょうか。まずは「怒りの沸点が低い」の正しい意味と、怒りの沸点が低いと得なのか損なのかについても解説していきましょう。

「沸点が低い」の意味

怒りの沸点が低いという場合の「沸点が低い」というのは、今どきの言い方をすると「キレやすい」ということです。他にも短気、癇癪もち、癇性、怒りっぽいといった類似の表現があります。つまり、周囲が何でこんなことで怒っているの、と疑問を持たざるを得ないくらい些細なことで突然怒り出す人のことを指して言う言葉です。

沸点とはやかんでお湯などを沸かす時に沸騰しだす温度のことです。その沸点が低いということは、普通の人がキレないくらいのことで、簡単にカッカと怒り出してしまうということなのです。

怒りの沸点が低い人は損をする

怒りの沸点が低い人は、社会で生きていく上で損をすることが多いです。いつ怒り出すか分からなかったり、すぐに腹を立てる人は、大変付き合いにくいと警戒されて人が離れていくのです。そばにいると自分に責任がないことでも自分のせいにされたり、そうでなくても気まずい空気の中に身を置き、人が責められている姿を見ているのも辛いものです。

そのような状況とはできるだけ距離を置きたいと思うのが人の心情と言えるでしょう。

怒りの沸点が低い人の特徴

怒りの沸点が低い人は、決して世の中で珍しい存在ではありません。家庭内や職場、近所や学校など行く先々で、いつもイライラしていたり苦虫を潰したような顔をして怒りモード全開の人を見かけることもあるでしょう。その人達を見て、自分までイライラしてしまうことすらあるかもしれません。

そのような怒りの沸点が低い人はどのような特徴があるのでしょうか。具体的に掘り下げていきましょう。

特徴①プライドがやたらと高い

怒りの沸点が低い人は、やたらとプライドが高いという特徴があります。自分が一番でなければ気が済まなかったり、人がチヤホヤして立ててくれなければ、すぐに機嫌を悪くしてしまうのです。もちろんそれだけのプライドを裏付ける実績や実力、才能を持っている場合もあれば、根拠のないプライドだけ、という人もいます。

いずれにしろそのプライドのせいで、邪見に扱われたり、軽くあしらわれると、目に見えて腹を立て始めるわけです。

特徴②コミュニケーション能力が低い

怒りの沸点が低い人は、いわゆるコミュ障であることも多いと言えます。人と上手く会話のやり取りができなかったり、間合いの取り方が分からなかったり、言わなくて良いことを言って人との関係をこじらせるタイプです。コミュニケーションはいくらでも楽しむ方法があるのですが、怒りの沸点が低い人は、そこを楽しむ術をあまり知らないのです。

特徴③心に余裕がない

怒りの沸点が低い人は、心に余裕がないことも少なくありません。人は心に余裕がある時は、気持ちも落ち着いていますので、人と合わせることが難しくありません。たとえ仕事などで苦情や無理難題を押しつけられても、そつなく問題解決に取り掛かることもできるものです。

ところが心に余裕がないと、人がすることなすことに文句を言いたくなったり、否定したくもなり、事あるごとにブチブチとキレてしまうのです。

特徴④短気で気分屋である

怒りの沸点が低い人は、短気で気分屋でもあると言えます。少し前まで笑って冗談を言っていたかと思えば、すぐその後でイライラしていたりして感情の起伏が大変激しいのです。人が冗談で言ったようなことでも気楽にスルーできずに、突然烈火のごとく怒り出したりします。

またもう少し待てば問題なく収まるところでも、我慢できずにキレてしまってその場の空気を悪くしてしまうことも珍しくありません。

怒りの沸点が低い人の心理

気の長い人からすれば、些細なことで頻繁に腹を立てている人を見ると、なぜそんなに怒ってばかりいるのかと不思議に思うかもしれません。しかし怒りの沸点が低い人には、それなりの心理があるのです。どのような心理状態が、怒りを誘発するのか具体的に解説していきましょう。

心理①不満を感じている

怒りの沸点が低い人は、何らかのことに不満を感じている心理状況であることが多いです。仕事や家族、社会情勢や特定の人々などに常に不満を抱いていて、それを何とか無理して抑えている状態なので、何かの拍子にカッと腹が立ってしまうのです。もちろんその中には八つ当たりも考えられます。

直接の怒りの原因ではないのですが、いわゆる「地雷を踏んだ」形でとばっちりを受けて責められるというパターンもあるのです。

心理②ストレス発散している

怒りの沸点が低い人は、怒ることでストレスを発散していることもあります。人にはそれぞれ独自のストレスの発散法があります。カラオケで熱唱したり、お酒を飲んだり、買い物をしたり、やけ食いをしたり、と実に様々なものがあります。怒りの沸点が低い人は、そのストレス発散法が、怒ることなのです。

周囲の人からすれば迷惑な話かもしれませんが、その人は「そういう人」ということです。

心理③相手が悪いと思っている

怒りの沸点が低い人は、自分の怒りを100%肯定していることが多いです。その怒りの対象が人である場合は、ターゲットとなるその相手が完全に悪いと強く思い込んでいるのです。それは、正しいこともあれば勘違いのこともあるでしょう。しかし、怒りの沸点が低い人は、自分が誤っているとは微塵も思っていないのです。

怒りの沸点が低い人の原因

同じことを聞いても怒る人もいれば、怒らない人もいます。気が長くて待てる人と気が短くて待てない人にはどのような違いがあるのでしょうか。ここからは怒りの沸点が低い人の原因について追求していきましょう。

ホルモンバランスが乱れている

体内のホルモンバランスが乱れている場合に、無性に腹が立って仕方なくなることがります。典型的な例は、女性の生理期間です。もちろん個人差はありますが、毎月の月経前後になると、無性にイライラして自分でもどうして良いか分からないと真剣に悩む人が少なくありません。

その時期が過ぎるとまるで嵐が去ったようにケロッと機嫌が良くなるのですが、生理が来ると悪夢のように激昂してしまうのです。

ストレスが溜まっている

怒りの沸点が低くなるのは、ストレスが溜っているのが原因していることも良くあります。ストレスが溜ると自律神経が狂い出します。自律神経の狂いは人の心身にあらゆる悪影響を与えるのです。

イライラして仕方がなくなり、怒りの沸点が急降下することもあれば、中には些細なことですぐに泣いてしまったり、ストレスで体の震えが止まらなくなる人もいます。怒りの沸点が低いタイプの人は、ストレスが短気に敏感に作用してしまうということです。

考え方に癖がある

怒りの沸点が低くなるのは、考え方に一種の癖があることが原因している場合もあります。例えば、小さなころから母親に怒られたり、折檻されてとても辛いトラウマがあるとします。そのような場合に、女性が悪口や不満を少し口に出すだけで、烈火のごとく怒り出してしまうことがあるのです。

同じことを男性がしていても特に怒ることはないのですが、「女性」というくくりで怒りの沸点が下がってしまうのです。そのような考え方の癖は、あまりにパターンが多く、また複雑すぎて容易に他人が見抜いたり、理解できないことも少なくありません。

怒りの沸点が低い人におすすめの対処法

怒りの沸点が低い人がそばにいるとかなりのストレスが溜ると考えられます。できれば、怒りの沸点を高くして欲しいのですが、そう簡単に変わることは期待できません。それよりもこちらから適切な対処の仕方を知って協力していく方が賢明と言えるでしょう。最後に、その対処法について紹介していきます。

対処法①相手を否定しない

怒りの沸点が低い人のことは否定しないように心掛けましょう。相手は、その人の理屈の枠組みで怒っているのであって、いくら正論をかざして相手の誤りを指摘しても、火に油を注ぐだけなのです。それよりも色々と難しいことを言いながら怒っていても、柳に風と聞き流していちいち否定しないことが賢明と言えるでしょう。

対処法②極力関わらないようにする

怒りの沸点が低い人の怒りは、嵐や台風のような物です。その意味では無理して何とかしようとしても被害が大きくなるだけで、何の得もないと言えるでしょう。それよりも距離を置いて関わらないように心掛け、ほとぼりが冷めるのを待つのがおすすめです。

対処法③相手を理解してあげる

沸点が低い人は、どちらかというと世間の常識で怒っているのではなく、相手も都合や思い込みで怒っていることがほとんどと考えられます。そのため常識やこちらの考えを押し付けるのではなく、相手の育ちや性格、立場などをそのまま理解してあげるように努めてみましょう。

自分のことが分かってもらえたというだけで、嘘のように怒りが収まることもあるのです。

怒りの沸点が低い人とは極力距離を置こう

怒りの沸点が低いに対して、下手に正義感を出して正面から挑んで行っても、上手く解決することはほぼ不可能です。それよりもこちらに火の粉がかからないように、極力距離を置いて付き合うのが無難と言えます。くれぐれも相手のペースに巻き込まれて、こちらまで精神的に乱れてしまわないように気を付けましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ