相手を立てる方法・話し方とは?「相手を立てる」の意味やメリットも紹介

「相手を立てる」という言葉はどんな意味があるのかご存知でしょうか。相手を立てる事ができると、人間関係をさらに円滑にするメリットがあるようです。では、相手を立てるにはどのような方法があるのでしょうか。また、相手を立てる話し方についても紹介します。

相手を立てる方法・話し方とは?「相手を立てる」の意味やメリットも紹介のイメージ

目次

  1. 1「相手を立てる」とは
  2. 2相手を立てる方法
  3. 3相手を立てる話し方
  4. 4相手を立てる事ができる人とは
  5. 5相手を立てる事ができる人になろう

「相手を立てる」とは

「相手を立てる」という言葉を聞いた事はありませんか。仕事では上司や先輩、プライベートでは友人や恋人に対して相手を立てる事ができると、人間関係を良好にする事ができます。では一体、相手を立てるとはどんな事を言うのでしょうか。また、相手を立てる事によってメリットはあるのでしょうか。

「相手を立てる」の意味

「相手を立てる」とは、相手を上位に置いて尊重する事で、自分がヘリ下って相手の面目が立つようにする事を言います。男尊女卑が主流だった昭和初期の頃は、男性を立てる事こそが女性の美徳とされていました。現在は男女平等となり仕事の場において男性も女性も同じ立場にあり、女性は男性の3歩後ろを歩くような時代ではなくなりました。

しかし、性別に関わらず相手に敬意を表す行為として相手を立てる事のできる人は、相手から喜ばれ評価される事にも繋がるため一目置かれる存在と言えます。そこには古き日本の文化が多少なりとも影響しているのかもしれません。

「相手を立てる」の類義語

「相手を立てる」という言葉には、違う表現の類義語がいくつかあります。「花を持たせる」や「面子を立てる」という言葉を聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。どちらも相手を立てる事と同じ意味を持ち、相手に敬意を払いながら名誉を譲ることを言います。

また、相手との付き合いに必要な儀礼や行動を重んじて義理を固く守る事を言う、「義理立て」という言葉も相手の面目が立つ行動という意味では似た意味を持つ言葉です。

相手を立てるメリット

相手を立てる事ができると、様々なメリットが考えられます。まず第一に、相手とのコミュニケーションが円滑になり、関係性が良好になります。これは、相手を立てる事によって相手は気分が良くなり、相手との距離も縮まることでより良い関係性を築く事ができるからです。

また、相手を立てる事ができる人は、異性からモテることにも繋がります。相手に対して思いやりの持てる人、気配りのできる人という印象を与えるため、モテる要素に繋がっていくのです。

相手を立てる方法

相手を立てる事ができると、たくさんのメリットがある事がわかりました。しかし、いざ相手を立てようと思ってもなかなかできる事ではありません。では、相手を上手に立てるにはどのような行動をすれば良いのでしょうか。ここでは相手を立てる方法について紹介していきます。

方法①会話の主導権を相手に譲る

相手を立てるには、まず会話の主導権を相手に譲る事が大切です。相手の話に興味がありそうに聞く姿勢や、会話の途中で少しオーバーに思えるほど大きめなリアクションをしましょう。相手は「自分の話をこんなにも楽しそうに聞いてくれている」と思い始め、「自分の話はこんなに面白かったのか」と最後は満足に変わっていきます。

気分良く話をしていると、さらに話をしたいという気持ちに繋がるため、会話の主導権は自然と相手のものとなり、上手に相手を立てる事ができます。

方法②相手に共感する

相手の話に共感する事も、相手を立てるのに大切な事です。相手がどれだけ一生懸命に話をしていても、聞き手の反応が悪かったり、無表情だと話をする気がだんだん無くなってしまいます。まずは、相手の話に「そうですよね」「わかります」などの、自分も同じ気持ちだという言葉で共感しましょう。

話をする側は、相手がどう思って聞いているのかを気にしながら話をしている人も多いのです。反応良く共感することによって、相手は自分の話に自信を持ちさらに話が広がっていきます。相手が気分良く話ができるようにする事も、相手を立てる事と言えます。

方法③話を最後まで聞く

話を最後まで聞く事もとても大切な事です。自分が話をしている時に、別の人が話を遮って違う話をしてきたらどんな気持ちになるでしょうか。不愉快になる事は間違いありません。相手の話を遮る事は、相手を否定していると受け止められても仕方がないのです。相手に気持ちよく話を進めてもらうためには、最後まで話を聞きましょう。

方法④時には知らないフリもする

もしもその話の結末を知っていたり、過去にも同じ話を聞かされた事がある場合には、知らないフリをする事も相手を立てる事になります。「それ知ってます」や「○○ですよね」などの話の結末を途中で言ってしまうと、相手の立場を無くしてしまうばかりか、相手から会話を奪ってしまっている事になりますので注意が必要です。

何度も同じ話を聞かされたとしても、初めて聞くように「そうなんですね」などのリアクションができると、相手を立てる事に繋がります。

相手を立てる話し方

相手を立てるには、話し方がとても大事な要素になります。話し方一つで、相手を立てる事ができるのです。普段あまり意識していなかった話し方を、少し気を付けてみると相手を立てる事が簡単にできます。では相手を立てる話し方とは、一体どのような所に気を付ければよいのでしょうか。ここでは上手に相手を立てる話し方のポイントを説明します。

話し方①相手の知らない言葉は使わない

相手を立てる話し方をするには、相手の知らない言葉は使わないようにする事です。もしも、自分の知らない言葉を並べられて話をされたらどんな気持ちになるでしょうか。その言葉の意味を聞く事もできず、話の内容がわからないまま終わる事になります。このように、自分が日常的に使っている言葉でも、相手もそれを知っているとは限りません。

また、知らない言葉を言われた相手は自分の無知さに恥じてしまう可能性があります。相手をそんな気持ちにさせないためにも、相手の知らない言葉は使わずにお互いに会話を楽しめるような雰囲気を作ってあげましょう。

話し方②喜びや感謝の気持ちを伝える

感謝の気持ちを素直に相手に伝える事も、相手を立てる話し方に大切な事です。素直に「ありがとう」や「嬉しいです」などの言葉を聞いた相手は、素直に嬉しい気持ちになります。自分から素直に感謝の気持ちを伝えるようにすると、相手も同じように心を開いて話してくれるようになり、お互いに円滑な人間関係が築けるのです。

また、自分の功績などを人に褒められた時などには、「ありがとうございます」だけではなく「○○さんのご指導のお陰です」など、自分に関わる周りの上司やチームへの感謝の気持ちを付け加える事で、周りの人を立てる事ができます。

話し方③話す前には相手の名前を呼ぶ

話を始める前に相手の名前を呼ぶと、相手との距離を縮める事ができ、コミュニケーションが円滑になります。例えば「お疲れ様でした」と言う場合には、「○○さん、お疲れ様でした」と名前を加えると、相手に敬意や特別感を与えるために悪い気持ちになる人はいないのです。

誰でも自分の名前には敏感なため、名前を呼ばれるとすぐに反応します。名前を呼んでもらうと、自分を認識されている、受け入れられているという満足感に繋がり、相手と気持ちの良い会話ができるのです。

相手を立てる事ができる人とは

相手を自然に立てる事ができる人はとても素敵な人です。仕事でもプライベートでも、さりげなく人を立てる事ができる人というのは、まわりからも好感を持たれます。では、相手を立てる事ができる人とはどんな人なのでしょうか。ここでは、相手を立てる事ができる人について詳しく紹介していきます。

話の引き出し方が上手い

相手の話を上手に引き出せる力がある人は、相手を立てる事ができる人と言えます。このような人は、相手の得意な分野について上手に質問したり、その話を聞いて大きなリアクションをしたりと、相手が楽しく会話ができるように上手な聞き方ができるのです。

また、相手が会話に困っている時には、相手の気持ちを察して違う話へと会話を変える事もできるため、まさに大人な配慮と対応ができる人と言えます。相手の話を上手に引き出す他にも、相槌を打ったり反応の良いリアクションをする事で、相手がさらに話しやすい雰囲気にするのもこのタイプの得意技と言えます。

相手を優先する

嫌味がなく自然体で相手を優先する事ができる人も、相手を立てる事ができる人です。つい自分の事が一番になってしまいがちですが、相手を立てる事ができる人は自分よりも相手を優先する事ができます。部屋を出る時やエレベーターに乗る時など、相手を優先する事ができる人はとてもスマートです。

相手を優先するのは会話も同じで、話したい事があっても相手の話したい事を優先してまず話を聞きます。会話の主導を相手に譲ると、相手は気分良く会話ができるので自然に相手を立てる事に繋がります。
 

控えめな性格

でしゃばりな性格よりも控えめな性格の方が、相手を立てる事が上手にできます。控えめと言っても、おとなし過ぎて自分の意見を全く言えない人という意味ではありません。自分の意思は持っているけど、それを必要以上に出す事はせず、相手や周囲の空気を読む事ができるタイプです。相手の話も聞く事ができるので、相手も安心して話をする事ができます。

相手を立てる事ができる人になろう

自然と相手を立てる事ができる人は、女性や男性といった性別に関わらず、気配りができる人として周りから好感を持たれます。また相手を立てる事は、相手とのコミュニケーションや関係性を円滑に保つための処生術とも言えます。職場や友人、恋人との良好な関係を築くためにも、相手を立てるという気持ちはとても大切です。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ