自分の殻を破る方法8選!殻を破りたい人を後押しする名言も紹介

自分の殻に閉じこもることで毎日悶々としている人はいませんか。自分の殻を破ると、今まで見えていなかった新しい世界が広がるかもしれません。「自分の殻を破る」の意味からその方法、殻を破るのを後押ししてくれる名言まで徹底解説します。

自分の殻を破る方法8選!殻を破りたい人を後押しする名言も紹介のイメージ

目次

  1. 1自分の殻を破るとは
  2. 2自分の殻に閉じこもる人の特徴
  3. 3自分の殻を破る方法8選
  4. 4自分の殻を破るための名言
  5. 5自分の殻を破ると活路が開ける!

自分の殻を破るとは

「自分の殻を破る」という言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。しかし正しい意味を知っていますか。自分の殻を破るとはどういう意味なのでしょうか。また、自分の殻を破るにはどのような方法があるのでしょうか。自分の殻を破って新しい世界を開きたい人のために、徹底的に解説します。

「自分の殻を破る」の意味

「自分の殻を破る」とは、自分で無意識に思い込んだ先入観や決め付けによって自分の発言や行動を制限するのをやめることです。誰が決めたわけでもないのに、自分で勝手に「〇〇は無理」「〇〇は難しい」などと自分にはできないと思い込んで、チャレンジするのを止めてしまうことはないでしょうか。

もしかするとうまくいくかもしれないのに、自分で自分の可能性を閉じ込めてしまうことになり、実はとてももったいないことなのかもしれません。

「自分の殻を破る」の類語

「自分の殻を破る」の類義語はいくつかあります。自分で勝手に作った限界を取っ払ってチャレンジすることと考えると、「自分の壁を壊す」や「自分の限界を超える」といった表現は同じような意味を持っているので、類語と考えていいでしょう。

自分の殻に閉じこもる人の特徴

自分の殻に閉じこもると、自分で自分の可能性を大きく狭めてしまう危険性があります。チャレンジしてみればうまくいくかもしれないのに、自分が勝手に思い込んだ先入観のせいでやる前から諦めてしまうなんてもったいないと思いませんか。

自分の殻に閉じこもりやすい人には特徴があります。もし自分がこれらの特徴に当てはまっていたら、自分で気付かないうちに多くの損をしてきたかもしれません。自分の殻に閉じこもる人の特徴を見てみましょう。

全てを自分で抱え込む

自分の殻に閉じこもる人というのは、それが自分の手には負えないほどだったとしても、全てを自分で抱え込んでしまう傾向があります。誰かが手助けしようとしても、それを断って全て自分で何とかしようとしてしまいます。その結果、結局は深く悩むことになり、そのことが余計に自分の殻に自分を押し込めてしまうのでしょう。

自分のことを話せなくなる

自分の殻に閉じこもる人は、自分のことを人に話すのが極端に苦手です。何でも自分で抱え込んでしまう性格のせいか、自分一人で悩んで、自分の狭い世界の中だけで物事を考えてしまいます。そんなことを繰り返しているうちに、自分のことをどんどん人に話せなくなってしまうのでしょう。

自分のことを話さない人というのは、周りに人から見ると取っつきにくさを感じてしまいます。すると周囲から人がいなくなり、ますます自分のことを話す機会を失ってしまうのです。

行動ができなくなる

自分の殻に閉じこもる人は、いつも悪い方向へと物事を考えがちです。そのため、何をしようとする時でも不安で、なかなか前に進めなくなってしまいます。恥をかいたり失敗することを極端に恐れ、新しいことにチャレンジすることはとても苦手です。こうした性格から、なかなか行動を起こせないのが自分の殻に閉じこもる人だと言えるでしょう。

自分の殻を破る方法8選

自分の殻に閉じこもることがどれだけ損なことかが分かったでしょうか。ここまで読んだ人は、きっと自分の殻を破りたいと思い始めているでしょう。自分の殻を破るには8つの方法があります。新しいことに挑戦するのは苦手かもしれませんが、自分にできそうなことから始めてみればいいのです。自分の殻を破る方法8選をお教えしましょう。

方法①自分の殻について考える

まずは自分が囚われている自分の殻とは一体何なのかを考えてみましょう。自分が避けようとしていること、自分が様々なことにチャレンジする前に無理だと思ってしまう理由など、具体的な自分の殻とは何なのかを考えます。

頭に思い浮かべるだけでなく、紙に書き出してみる方がいいでしょう。その方が、頭の中がすっきりと整理できると同時に、自分の殻が一体何なのかがはっきりするからです。

方法②嫌われてもよいと考える

自分の殻に閉じこもる人というのは、周囲からの視線を必要以上に気にしがちです。しかし実際は、人はそんなに誰か一人に注目し続けるものではありません。自分が思っているほど、誰も自分のことなど気にしていないと開き直りましょう。そしてもし新たなことにチャレンジをして人から嫌われたとしても、気にしないと決めるのです。

人間ですから、全員から好かれようなんて考えてはいけません。自分を嫌う人がいたとしても、好きになってくれる人も必ずいるものです。

方法③ポジティブに考える

自分の殻に閉じこもる人は、何でも悪い方向に考えがちです。まるで被害妄想をするかのように、悪い未来ばかりを想像してしまうのです。しかし自分の殻を破るのであれば、こうしたネガティブ思考はキッパリ捨てて、ポジティブに物事を考えるようにしましょう。

前向きに考えると、実際に物事は良い方向に進むことが多いのです。新たなことにチャレンジする時に、これをすればこんな楽しいことが起きると想像してみましょう。そうすれば自然と行動力も身に付き、自分の殻を破ることが容易になるでしょう。

方法④新しいことに一人で挑戦する

自分の殻に閉じこもる人は周囲の視線を極端に意識してしまいます。自分が周りからどう思われているのかがとても気になってしまうのです。そんなところで新たなチャレンジをするのは、なかなか勇気がいることでしょう。急に振る舞いが変われば、知り合いは「どうしたのだろう」と不思議に感じるかもしれないからです。

それならば新たな場所でチャレンジしてみましょう。まだ誰も自分を知らないような場所に一人で飛び込んでみるのです。その方が誰も自分の過去を知らないため、新たな行動を始めやすいでしょう。

方法⑤結果は気にせず恥をかく勇気を持つ

自分の殻に閉じこもる人はたいていプライドが高く、自分の失敗を人に見られるのを嫌います。しかしそれでは新たなことにはなかなかチャレンジできません。成功すればもちろん一番いいでしょう。しかし失敗してもいいのです。また次の機会にチャレンジすればいいだけです。

恥をかくことを恐れずに、結果は気にせずどんどん挑戦してみましょう。何度か失敗を経験して恥をかいてみると、恥をかくことへの恐怖心も拭えるかもしれません。

方法⑥いつもの自分と真逆のことをする

これまでの自分とは真逆のことをしてみるのも、自分の殻を破るのには良い方法です。今までの自分だったら右を選択するところを、あえて左を選択してみるのです。こうしたことの積み重ねで、自分が勝手に作ってた常識や限界を自然に取っ払うことができるでしょう。

方法⑦自分のいる環境を変える

いつも同じ環境に身を置いていると、周囲にいる人達もいつも同じでなかなか自分の殻を破るきっかけが作れません。新しい仕事を始めてみたり、新しい趣味のサークルに参加するなど、今までとは違う環境に自分の身を置いてみましょう。新しい刺激を受けて、きっと自然に自分の殻を破ることができるはずです。

方法⑧できたら自分にご褒美をあげる

自分の殻を破るために何か行動を起こす時には、具体的な目標を達成する期間を設けましょう。そしてその期日までに目標を達成できたら、自分にご褒美をあげるようにするのです。自分の殻に閉じこもっていた人が自分の殻を破るのは、かなり疲れるはずです。

そんな大変なことを達成できたのですから、これまで殻に閉じこもっていた時に好きだったことを自分へのご褒美にするのもいいでしょう。しばらく封印していたゲームを少しだけやってみてもいいですし、読書に没頭してもいいのです。こうしたご褒美を自分に与えたら、また次の具体的な目標と期日を設定して、自分の殻を破る努力をしましょう。

自分の殻を破るための名言

自分の殻を破るチャレンジを始めても、途中で挫けそうになるかもしれません。そんな時に読み返して欲しい、自分の殻を破る後押しをしてくれる名言をいくつかご紹介しておきます。

アリストテレスの名言

古代ギリシャの哲学者であるアリストテレスは、「垣根は相手がつくっているのではなく、自分がつくっている」という言葉を残しています。つまり周りの人は関係なく、自分が勝手に作っていた垣根を壊せば、自分が閉じこもっていた殻は破ることができるのです。

スティーブ・ジョブスの名言

iPhoneを生み出したアップル社の共同創設者であるスティーブ・ジョブスは生前、「他人の意見で自分の本当の心の声を消しちゃいけない。自分の直感を信じる勇気を持つんだ」と言っています。周囲からの視線を気にして何もできないでいるのはもったいないのです。自分で思ったようにやってみる、それが大切なのだということでしょう。

イチローの名言

45歳までアメリカの大リーグで現役を続けたプロ野球選手のイチローは「壁というのはできる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから壁がある時はチャンスだと思っている」と言いました。多くの試練を乗り越えて45歳になるまで現役を続けたイチローだからこそ言える言葉なのかもしれません。

自分の殻を破ると活路が開ける!

「自分の殻を破る」ということについてお話ししてきました。自分の殻とは、自分が勝手に作り上げた限界や常識に過ぎず、自分の未来をそんなことで狭めてしまうのは非常にもったいないことです。ご紹介した方法で自分の殻を破り、もっと明るい未来を自分の手で掴んでみましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ