理系女子(リケジョ)の特徴11選!理系女子あるあるや恋愛傾向は

理系女子(リケジョ)とは、どのような特徴を持つのでしょうか。理系女子にあるあるな性格や服装、恋愛傾向について徹底分析していきます。数が少ないイメージのある理系女子ですが、その真実と理系女子が多い就職先についても特集します。リケジョに詳しくなりたい人は必見です。

理系女子(リケジョ)の特徴11選!理系女子あるあるや恋愛傾向はのイメージ

目次

  1. 1理系女子(リケジョ)とは
  2. 2理系女子に対する周囲のイメージとは
  3. 3リケジョあるある!理系女子の特徴【見た目編】
  4. 4リケジョあるある!理系女子の特徴【性格編】
  5. 5理系女子の恋愛傾向とは
  6. 6理系女子が多い就職先とは
  7. 7理系女子は知的で落ち着いた女性が多い!

理系女子(リケジョ)とは

理系女子は、昨今では「リケジョ」という呼び名ですっかり世間に浸透しているきらいがあります。理系女子と聞くだけで、一般的に普通の女性とはどこか違ったイメージでとらえる傾向も強いと言えるでしょう。理系女子とは、どのような女性のことを指すのでしょうか。そしてその人たちの数は全体の女性に対してどのくらいの比率を占めるのでしょうか。

さらに、性格や行動の特徴、恋愛傾向などリケジョの人となりを徹底的に分析していきましょう。

理系分野を専攻したり活動している女性

理系女子(リケジョ)とは、主に高校生くらいから将来の進路に向けて理系コースの教育課程に進み、その後大学進学を機に理数系や理工系、また薬学や医学などの専門学部に身を置いて勉強している女性のことを指します。さらにその後、大学院に進んだり、海外へ留学したり、就職してからも自身の専門分野の勉学や研究を続けて行く人も含みます。

年々増加している

国内の理系女子(リケジョ)は、年々増加傾向にあります。少子化が進んでいるので絶対数で見るとさほど増えていないように見えるのですが、パーセンテージで見ていくと、理系に進学する女性の率は大幅に増加しているのです。

男女雇用機会均等がうたわれて久しく、女性の社会的地位が目に見えて向上し、働き方改革も大幅に進む中で女性のキャリアアップは当然という世の中になりました。そのため将来設計を理系方面で考えていきたいという女性の存在が、理系女子として脚光を浴びてきているのです。

女性は結婚をするまでの腰掛程度の仕事で良い、というのは遠い昔の話で、男性と対等に渡り歩くための力をしっかりと身につけたい女性が理系女子を筆頭に増加しているということです。

理系女子に対する周囲のイメージとは

理系女子という言葉は、文系女子よりも圧倒的に耳にする機会が増えていると言えます。文系女子の方が、絶対数は多く、その意味では目立つ存在であっても良いはずですが、それよりも昨今では「理系女子(リケジョ)」がまるでブランド化されたように注目されているきらいがあります。

その理系女性に対して、周囲はどのようなイメージを持っているのでしょうか。早速、具体的に見ていきましょう。

イメージ①知的で頭が良さそう

理系女子へのイメージとして、まず最初に挙げられるのは、知的で頭が良さそうというものです。これは、誰しもが思い浮かべることと言えるのではないでしょうか。それは、大学進学に向けて理系を選択し、数学や物理などを専門的に学んで受験をすることが決して容易ではないことを自己の体験からよく理解している人が多いからと考えられます。

世の中には理系に挑戦するも途中で挫折したり、そもそも数学や物理など考えただけでも拒否反応を示してしまうという人も相当数いると思われます。そのため多くの人たちが、共通したイメージとして「理系=難しい=頭が良い」という公式を固定観念として強く持ってしまっているのです。

イメージ②隙がなくとっつきにくそう

理系女子は、隙がなくとっつきにくそうというイメージを持たれることも少なくありません。上記のように、知性にあふれ、頭の回転が良いイメージが強いので、冗談が通じないとか、からかうなどもってのほかで、話しかけるのもハードルが高いと感じてしまうのです。

さらに理系女子はとても真面目な人が多いので、容易に近づきにくい雰囲気を醸し出している面もあります。ふざけた話や笑い話をしても一笑に付されたり、相手にされず下目に見られると思い込んで、どのように付き合えば良いか分からないというのが、固定観念として広く浸透しているとも言えるでしょう。

イメージ③論理的に話をしそう

理系女子は、全般的にお堅くて理屈っぽいイメージを持たれることも多いです。勉強や研究であらゆる理論を学んだり、構築してきているので、何を話しても論理的になるのではと思うのです。たしかに理系女子は、物事の原因や理由をとことん追求し、曖昧なことは許せず、なぜそうなるのか、どうしてなのか、ということを強く知りたがる傾向が強いです。

そのため人の話はもちろんですが、自分の話にもきちんと筋が通っていなければ、納得できない面があると言えます。その性格が、理屈っぽいとか、理論的過ぎて面白みに欠けるという評価を受けることが珍しくないのです。

リケジョあるある!理系女子の特徴【見た目編】

ここからは、理系女子のイメージではなく、実際の真の姿に迫っていきましょう。理系女子のリアルな人物像を探ろうと思えば、外見はもちろん、性格や行動など様々な要素を詳しく見ていく必要があります。まず最初は、一番分かりやすい見た目編です。

特に若い女性はファッションやメイクが楽しくて仕方なく、どれだけ買いそろえても次から次へと欲しいものが出てきて仕方ないという人が少なくありません。流行を作っていくのは常にそのような若い女性たちとも言えます。果たして、理系女子もそのような女性たちの一部なのでしょうか。具体的に、掘り下げていきます。

特徴①シンプルな服装をする

理系女性は、一般の同世代の女性たちと比べると非常にシンプルでどちらかというと質素な服装でいることが多いです。10代や20代であれば、フリフリのスカートやカラフルなワンピース、華やかなアウターなど流行に合わせて色々なファションを楽しむ女性が圧倒的に多いでしょう。

ところが理系女子は、いわゆるファストファッション系のシンプルな服装で満足してしまうのです。それは明るく華やかにすることが似つかわしくない場所に長時間身を置くことが多いという理由も大きいかもしれません。もちろんそこまで着飾る気になれないという性格の人も存在します。

特徴②メイクは薄い・ほとんどしない

理系女子は、服装もシンプルですが、メイクについても実に質素な人が多いです。一言で言えば、飾り気がないと言えるかもしれません。理系女子は、真面目で古風な人も少なくありません。さらに、後述しますが、恋愛にも大変奥手なタイプが多いのです。

女性なら10代後半にいもなれば男性の目を意識してオシャレに目覚めたり、メイクにも力を入れるのが当然と言えます。常に方々にアンテナを張って、トレンドをキャッチし、その年の流行色や自分の顔をより可愛く、美しく見せるための工夫や努力に余念がありません。

しかし理系女子は、これらの感覚にいささか疎い面があり、オシャレは二の次、メイクもいちいち毎日塗っては落して、手入れしてというのが面倒で仕方ない人も少なくないのです。実際、大学に行っても研究や実験の連続で、帰宅は深夜ということも珍しくなく、自身のケアは食事とお風呂で精一杯というのが関の山なのです。

そして肌の手入れやメイクをする時間があれば、少しでも寝ていたいのが本音というケースも多いようです。このような毎日の連続で、自然と華やかさや女性特有のキャピキャピとした彩り感も薄れて行ってしまうのです。

特徴③白衣を着ることが多い

理系女子は、白衣を着ることが多いのもあるあるの一つです。白衣の天使とか純白のウェディングドレスなどといった若い女性の看護師や花嫁などをポジティブに表現する言葉もありますが、おおよそ理系女子にはそのような世界観は程遠いと言えるでしょう。

皆に祝福され大歓迎されて盛り上がるというよりは、その対極で夜な夜な誰にも気づかれず、褒められることもなく、ひたすらシビアな課題に挑むというのがリアルな姿だったりするのです。研究、実験、レポートや論文の作成、というルーティーンの中で、いつしか白衣に袖を通すことが日常となり、それがリケジョのシンボルともなるわけです。

特徴④髪の毛は基本束ねている

理系女子は、基本的には髪の毛を束ねていることが多いです。それはすなわち、実験や研究をしている中で、髪が垂れ下がってきたらその都度かき上げるなど、面倒で仕方がないからと言えるでしょう。もちろん環境によっては近くにいるの迷惑になることもあるので、束ねていることもあります。

髪は女の命とも言われますから、女性にっとっては髪の毛のケアは楽しいものと言えます。髪型を工夫したり、美容院に行って新たなヘアメイクに挑戦するのも女性としての喜びを感じる瞬間でしょう。しかし、上記のようなシンプルなファッション、薄いメイクの事情と同様、髪の毛にすら気を配る余裕がないことも珍しくないのです。

トレンドのファッションで身を包み、バッチリメイクをして、パーマやカラーリングでオシャレなヘアスタイルにすれば、別人のように変化し、周囲も見違えるほど美しくなる人もたくさんいます。しかし、現実はそのような機会に恵まれず、またその気にすらなれないというのが理系女子あるあるなのです。

リケジョあるある!理系女子の特徴【性格編】

続いては、理系女子あるあるの性格編です。人の性格は、実際に友達になったり、一緒に仕事をしたり密な関係にならなければ分からない面もあります。さらに一言で性格を言い表すのも現実的ではないかもしれません。

しかし、理系女子は比較的分かりやすい性格をしていることがあり、ここを良く理解しておくと、無理なく上手に付き合って行けるとも言えるでしょう。それでは、理系女子の性格の特徴を詳しく見ていきましょう。

特徴①サバサバしている

理系女子は、女性にしては驚くほどサバサバしている傾向が強いです。どうしても物事を理屈理論で考える癖があるので、あまり表だって感情をむき出しにすることはありません。

必要なことを聞いたら、淡々と作業を続けるとか、面白い話をしても、驚くような話をしても「エッ!本当!」とか「ギャー!」などと叫んだり興奮する様子はあまり見られないのです。そのため男女間でも、恋愛関係に発展しにくく、どちらかというと友達同士のような関係で終わってしまうことも少なくありません。

特徴②冷静で落ち着いている

理系女子は、冷静で落ち着いている特徴もあります。考えてもみれば、無数の実験を繰り返し、中には動物実験や解剖をすることも珍しくありません。その度に、女性にありがちな、「ネズミは触れない」とか「血を見るのが怖い」などと言っているとまったく話にならないでしょう。そのうち周囲からも相手にされなくなり、致命傷になるかもしれません。

むしろ男性が怖気づくようなことでも、気にせずにドンドンと手掛けていけるくらいの度胸や心意気がなければ、勤まらないと言えるでしょう。その意味では、理系女子は、極めて冷静沈着なタイプが多いと考えられるのです。

特徴③論理的に物事を考える

理系女子は、論理的に物事を考えるのが癖だったり、好きであったりする性格的な特徴があります。原因と結果が結びつかないことには釈然としませんし、原因が分からないことにも合点がいかないのです。

何かトラブルが起こったり人と口論になった時でも、極めて論理的に考えながら解決の糸口を探っていくというのが理系女子の常套手段と言って良いでしょう。

特徴④負けず嫌い

理系女子には、負けず嫌いの性格も少なくありません。理系女子として進路を切り開いていこうと思えば、受験や仕事などで厳しい競争にさらされる場面が珍しくありません。そしてそれなりの成績や実績をあげていかなければ、前に進んで行けないという厳しい現実があります。

大学進学時の偏差値、研究論文の評価、新製品開発への貢献度など、周囲に自分よりも優れた人がいると、闘争心に火がつくタイプが理系女子にはたくさんいるのです。逆にあの人には負けたくない、この人にだけは後れを取りたくないという負けず嫌いの精神が、大きなステップアップの原動力になっているとも言えるでしょう。

特徴⑤探求心や好奇心が旺盛

理系女子は、探求心や好奇心が旺盛という特徴もあります。一度何かに疑問を持つと解明しないではいられない性格の人が多いのです。確かに、理系女子でいるからには、何かの専門分野に特化していくことになりますし、先に進めば進むほど、その専門性は高くなります。誰かと同じことを勉強したり、研究して満足するわけにはいかないのが現実なのです。

逆に考えると、その専門分野の追究作業に耐えうるだけの探求心や好奇心がなければ、理系女子でい続けることには限界がきてしまうとも言えるでしょう。

特徴⑥感情を表に出すことが少ない

理系女子は、感情を表に出すことも少ないのが特徴です。女性はどちらかと言えば男性に比べて感情的な性質を強く持つと言われます。言い方を変えれば、感情表現が豊かで相手に想いを使えることも男性よりは得意なのかもしれません。またその一方で、感情が乱れている時も男性に比べて分かりやすく、喜怒哀楽の差が激しいとも言えるでしょう。

しかし、理系女子は、喜びや嬉しさを大きく表現することがあまりなく、また大興奮して飛びあがるようなことも少ないのです。もちろんその逆の怒りをあらわにしてたり、見るからに落ち込んで沈みきっていることも少ないと言えるでしょう。

このように平然として感情表現が控えめなために、周囲の人からはつかみどころがなかったり、取っつきにくいと誤解されるケースもしばしばあるのです。

特徴⑦プライドが高い

理系女子は、とてもプライドが高いのも特徴です。勉強や研究などについて自分が人一倍努力してきたという自負があるので、一方的に叱られたり、馬鹿にされたりすると、その相手を許すことができません。たとえ目上の人や男性が相手でも、納得ができないことがあれば、持ち前の論理的な思考を武器に堂々と応戦していくこともあるでしょう。

そしてプライドが高いだけでなく、そのプライドを守るための責任感が強い特徴も同時に持ち合わせています。自分に与えられた課題やミッションに関しては、クリアするまで諦めない根気強さも理系女子の持ち味なのです。

理系女子の恋愛傾向とは

続いては、理系女子の恋愛傾向について見ていきましょう。ファッションや髪形、またメイクなども基本的に飾り気の少ない理系女子はどのような恋をして、恋愛に何を求めるのでしょうか。この特徴を知っておくと、理系女子を好きになったり、理系女子と付き合いたいと思っている男性は、とても参考になるかもしれません。

文系女子やスタンダードな女性と同じようにアプローチしても手応えがなく、上手くいかない可能性もあります。相手を良く知り、ツボをわきまえて作戦を立てていくことが大切と言えそうです。

恋愛傾向①落ち着いた恋愛を求める

理系女子は、落ち着いた恋愛を好む傾向にあります。新しい店ができたから並んででもすぐに行きたいとか、遊園地に行って沢山のアトラクションを楽しみたいという典型的なデートはあまり望まないかもしれないのです。

それよりも、カフェでじっくりと話をするとか、興味のある博物館や美術館などに足を運んでじっくり鑑賞する方が性に合っているケースが多いのです。スポーツで汗を流すとか、ドライブで海や山に行ってアクティブに過ごすというアウトドア系が苦手なケースも少なくないので、理系女子を誘うなら良く好みを聞いてあげる必要があるでしょう。

恋愛傾向②恋愛に対して奥手である

理系女子は、恋愛に対して奥手であることが珍しくありません。理系女子は、女子高出身者も多いですし、異性と交流した経験が少ないケースが多いので、どうしても異性に対する免疫がなかったり、恥ずかしく思って恋愛に二の足を踏んでしまいがちなのです。

男性と二人きりになると、何を話せばよいか分からなかったり、どう振る舞えば良いか戸惑うことも少なくありません。しかしプライドが高い面もあるので、その場を何とかおさめようとしますが上手くいかず、後になって自己嫌悪に陥り、ますます恋愛に対してトラウマや苦手意識を強める場合もあります。

その意味では余程恋愛に慣れているか、心に余裕のある年の離れた大人の男性の方が、理系女子と付き合いやすいと言えるかもしれません。

恋愛傾向③独特の恋愛観を持つ

理系女子は、非常に理性的なので、仕事でもライフワークバランスを良く考えて、先々を見据えた選択をする人が多いのですが、恋愛でもその理性を発揮する面があります。つまり、ただ見た目がカッコイイとか、華やかで楽しそうという表面的な理由で恋人を選ぶことはしません。

それよりも、先々結婚した時のことや将来性がどれくらいあるのかを、とてもシビアに見定めて、間違いのない相手を選ぼうとするのです。そして付き合い出して思ったような相手と違ったり、考え方が合わないと分かれば、あっさりと別れを告げることも少なくありません。付き合う時も理性的なら、別れる時も理性的と言えるでしょう。

いつまでも過去の恋愛を引きずったり、うじうじとして悩むのは時間の無駄と考える合理的な面が強いのです。

理系女子が多い就職先とは

理系女子が多い就職先とはどのような業界なのでしょうか。昨今の時代の流れの中で男女問わず理系の人材へのニーズが急激に高まっています。特別な知識やスキルを持つ人には新入社員でも破格の報酬で迎えようとする企業も増えています。もちろんその中には理系女子も含まれます。

果たしてどのような業界で理系女子が多く働き、活躍しているのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

就職先①製薬業界

製薬業界では、多くの理系女子が働いていますし、これからも多くの理系女子を募集していく傾向が強いようです。薬学部で6年間しっかりと薬について勉強し、基礎研究を行ってきたような知見のある理系女子は、製薬業界で十分に活躍できるポテンシャルがあるのです。

特に人類未曽有の高齢化社会に突入しつつある日本社会において、製薬業界の使命はあまりに大きいと言えるでしょう。しかも「人生100年時代」とも言われるこれからの世の中を支えていく担い手として、理系女子に向かられる熱視線は強まって行く一方と予想されます。

就職先②食品業界

食品業界も理系女子が多く働く職場の一つです。そもそも食べることに関心が強い女性は世の中にたくさんいます。健康に元気に生きていこうと思えば、健全な食生活は絶対不可欠と言って良いでしょう。

その意味でも、人の体に優しく、なおかつ多くの人たちから支持されるような食品開発や研究に携わることは理系女子にとっては大いにやりがいがあると考えられます。

就職先③IT業界

IT業界を就職先に選ぶ理系女子も年々増加の一途をたどっています。IOT(すべてがインターネットにつながる社会)の実現化が世界中で聖域なく行われている昨今、IT業界では優秀な理系女子のニーズが非常に高まっているのです。

この業界は、時間も場所も選ばず、自宅でも長時間勤務が可能なこともあり、妊娠や出産でライフステージが大きく変化する女性にも安心ができ、活躍の場が広く提供される傾向にあります。その意味では今後ますます理系女子からの人気が高まると考えて間違いないでしょう。

就職先④建築業界

建設業界も理系女子のニーズが高まっています。設計士はもちろんのこと、災害に強い建物やその工法の開発は国内はおろか、人類にとっても急務とも言えます。安心して過ごせるビルや住宅、都市作りにおいても理系女子の英知が役立つ社会になりつつあるのです。

理系女子は知的で落ち着いた女性が多い!

理系女子の特徴や恋愛傾向について見ていくと、全体的に知的で落ち着いた女性が多いことが分かります。自分のことも他人のことも、また世の中の流れなどについても冷静に見ていく傾向が強いとも言えるでしょう。

才能にあふれ、向上心や生きることへの意識が高い人も多く、一見地味に見えるかもしれませんが、その中身はとても魅力的な女性も多いと考えられます。決して外見や勝手なイメージだけで決めつけず、理系女子の本当の良さを理解して付き合っていけば、素敵な恋愛が待ち受けていると言えるかもしれません。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ