貢ぐ女の特徴や心理7選!男に貢いでしまう理由・やめる方法は?

世間には「貢ぐ女」が存在します。多額の金銭がかかってしまうのにやめたいとは思わないようです。貢ぐ女はなぜそう思わないのでしょうか。貢ぐ女の特徴や心理、やめられない理由、やめる方法を紹介します。貢いでるかもしれないと思った時の参考にしてください。

貢ぐ女の特徴や心理7選!男に貢いでしまう理由・やめる方法は?のイメージ

目次

  1. 1貢ぐ女の特徴
  2. 2貢ぐ女の心理
  3. 3女が男に貢ぐ理由
  4. 4貢ぐ女をやめたい!貢ぐ女をやめる方法
  5. 5貢ぐより貢がれる女になるために
  6. 6貢ぐより貢がれる女になろう

貢ぐ女の特徴

「貢ぐ女」という女性がいるのをご存じですか。こうした女性は、好きな男性に金銭を貢いで尽くしてしまいます。貢ぐ女とはどういう特徴があるのか検証しますので、自分が相手に貢いでいるかもしれないと思っている人はチェックしてみましょう。

特徴①真実の愛を知らない

相手の男性に貢ぐ女は、本当の真実の愛を知らない傾向があります。貢ぐことが彼に対する愛情と勘違いしてしまっているのです。金銭や物で貢ぐことで、特別な人と思ってもらえるといった間違った心理を持っています。

結果、貢がないと愛情がないし付き合っている意味がないといった勘違いをし、貢ぐ女をやめたいと思ってもそこから抜け出せなくなってしまっています。貢ぐ女をやめたいなら本当の愛を知ることが大事です。本当の愛とは貢ぐことではなく、心を尽くすことや感謝といった気持ちではないでしょうか。

特徴②母性が強い

母性が強い女性も、間違った方向に働いてしまうと貢ぐ女になってしまう可能性があります。そうした女性は世話好きで、献身的に彼に尽くしてしまいます。尽くした結果お金が尽きてしまうと、彼に振られ関係が終わってしまうのです。

これは困っている彼を助けたい、見過ごすことができないという心理が影響しています。貢ぐ女をやめたいと思っても、彼を救ってあげたい一心で大金を貢いでしまうのです。貢ぐ女はいずれ損をすることに早めに気づくことが大切です。

特徴③依存度が高い

依存人の強い貢ぐ女は、彼を失いたくないがために彼に金銭を渡してしまいます。一人になりたくないというマイナスな感情を持っているためです。彼を手放したくないという依存傾向が強く、貢ぐことで彼をつなぎとめられると思い、金銭を渡してしまいます。

特徴④周りが見えなくなる

貢いでいる行為が自覚できず、視野も狭くなっています。「彼の夢を応援するため」や「彼を助けるため」など、間違った考え方をしているといえるでしょう。本当ならばこうした考え方や行為は彼のためにはなりません。

彼のためというのは正当な行為だと思いがちですが、それは違います。本当は「貢ぐ」行為であり、援助や助けになっていないことに気づけていないのです。こうした形で彼を援助してしまうと、彼は結局自力で物事を行わず女性を頼ってしまいます。

貢ぐ女の心理

貢ぐ女の特徴をいくつか挙げましたが、ではその心理とはどういうものなのでしょうか。ここでは前述のような特徴を持つ貢ぐ女の心理傾向を見ていきます。なぜ貢いでしまうのか、その心理を知っておくと役に立つでしょう。

心理①感謝されたい

彼に貢ぐことにより、彼に感謝されたいという気持ちがあります。不必要な金銭をかけているだけなのに、貢ぐ女は彼から感謝されると勘違いして貢いでしまいます。

しかし貢ぐ女は「都合のいい女」にされてしまう可能性が大です。お金をかけずに喜んでもらう方法が分かっていないのです。そうならないように周囲の意見や情報にアンテナを張りましょう。

心理②喜んで欲しい

貢ぐ女の中には、彼の喜ぶ顔が見たいという人いるようです。貢ぐと彼がとても喜んでくれるのが、貢ぐ女にとってこの上なく嬉しい事なのでしょう。喜ばれると嬉しいものですが、前述したように彼の喜ばせ方を金銭に頼らない方法に変えることが大事です。

心理③どうせ自分なんか…と思っている

自分に自信がなく「どうせ自分なんか…」と自己卑下して知る女性は、自信がないからこそ彼を捕まえておきたいという気持ちがあります。彼に貢ぐことによって繋ぎとめておけると思っているのです。

自分に自信がない人は、自身を保つための何かが欲しくなります。そのため、彼に貢ぐことで恋愛しているという偽りの自信を持とうとするのです。自己卑下している貢ぐ女は、もっと自分に自信を持てるような何かを見つけると良いでしょう。

女が男に貢ぐ理由

貢ぐ女が「貢ぐことをやめたい」「やめる」と思わないのはなぜでしょう。女が男に貢いでしまうのは、それなりの理由があるようです。貢ぐ女の特徴や心理を見てきましたが、貢ぐ理由はなんなのでしょう。ここでは、その理由を探ってみましょう。

理由①嫌われたくない

彼に嫌われたくない想いが強すぎて、ついわがままを聞いてしまう女性は要注意です。嫌われたくないばかりにわがままに付き合っていると、彼も慢心してしまい女性が何でも言うことを聞いてくれると思うようになります。

自分のわがままを聞いてくれる貢ぐ女は、やはり彼にとって都合がいいわけです。自分のわがままを聞き、貢いでくれるから好きなのです。そんな彼は彼女が貢げなくなるとつまらなくなり、捨ててしまうことも多いでしょう。

理由②優越感を感じたい

彼に貢ぐことによって優越感を感じる女性もいるようです。彼にせっせと貢ぐことで彼の役に立っているという、一種の歪んだ優越感があります。「私はこんなに彼に尽くしている」という感情を持っているなら、その優越感に浸るのは良いことか少し考えてみましょう。

優越感を感じるのは、「こんなにしてあげられるんだ」というプライドの表れかもしれません。自分のプライドを満足させるための行為は彼のためにはなりません。本当に彼が望んでいることかを問うてみても良いでしょう。

理由③逆らえずに仕方なく

自分に自信がなかったり男性と交際した経験がない場合、彼に嫌われてしまうのが怖い女性がいます。また、彼のDVなどに怯えている女性もいるでしょう。そんな場合は彼から金銭をねだられても「NO!」ということができません。

そういった女性は彼にとって「都合のいい女」であり、「NO!」とは言わない女性は面白みもないのです。すると、やはり女性側にお金が無くなると縁を切られてしまいます。やはり早めに手を打って、貢ぐ女をやめるべきでしょう。

貢ぐ女をやめたい!貢ぐ女をやめる方法

さて、これまで貢ぐ女の様々な特徴や心理、またその理由を見てきました。もし自分がそうだと感じたなら、当然ながら貢ぐ女をやめたいと考えるでしょう。貢ぐ女には何か欠けていたり間違っている部分があります。貢ぐ女をやめたいのならそれは何かを理解し、やめる方法や対策を知っておきましょう。

自分に自信を持つ

自分に自信がない女性や自己評価が低い女性は、自身がないがゆえに「どうせ…」と過小評価してしまいます。そして何かで自信を補いたいがため、彼に貢いでしまいます。自信を補うにはもっと正しい方法があるはずですが、間違えて金銭面で自信を補ってしまっているのです。

自信を補い自己評価を高めるには、好きなことや得意なことを見つけ、その分野のスキルアップを図ったり趣味の世界を広げてみることをおすすめします。自分に投資し自分を高め、成功体験を積むことによって、自信をつけていきましょう。同じお金を使うなら自分を磨く方が、後に何倍にも跳ね返ってくるはずです。

貢いでいる自覚を持つ

貢ぐ女は自分が貢いでいるという自覚を持ちません。そのため、周囲からの指摘も聞き入れない傾向があります。これは視野が狭くなって、客観性に欠けてしまっているのです。

周囲に忠告された時は、なるべく客観的視点を持つようにしましょう。彼への愛情と思い込みすぎず、自分とは違った意見を聞くことも大事です。真剣に言ってくれる友人は大切です。その意見を聞いているうちに、自分が彼に貢いでしまっている自覚が持てるかもしれません。

金銭感覚を正常化する

貢ぐ女の中には、金銭感覚が麻痺している人もいます。その麻痺を直し金銭感覚を正常化しましょう。彼に貢いだお金の明細はきちんと付けていますか。付けていないなら、思い出せるものだけでも書き出してください。

あまりに狂ってしまった金銭感覚はすぐには戻らないでしょう。彼に使った金銭の明細を付け、どれだけ使っているかを把握してみます。その後、来月は半分の額に減らす、また再来月はその半分に、など少しずつでも貢ぐ金額を減らしましょう。自分がいかにお金を貢いでいたかを自覚し、元の金銭感覚に戻るようにします。

貢ぐより貢がれる女になるために

貢ぐ女から抜け出したいのなら、これまでの事柄を知って対策を立てましょう。また、貢ぐより貢がれる女を目指すことでも状況を打開できるかもしれません。ここからは、貢がれる女性の特徴を紹介します。

心に余裕を持つ

貢がれる女は、いつも彼のことばかり考えて彼がいなければという「彼主体」の女性ではありません。自分自身を持ち、それほど彼の言動には振り回されないのです。一途なのは悪くないことですが、それゆえに自分を見失ってはいけません。

彼の言動を余裕をもって受け止められる方が、彼にとって魅力があるでしょう。彼の言うことをいちいち聞いていたら、それこそ「NO!」が言えなくなります。自己を持っている心に余裕のある女性を目指しましょう。

ねだらない

自分に欲しいものがある時、彼に買ってもらおうとおねだりばかりするのは良くありません。本当に貢がれる女は、彼の方から買ってくれるものです。彼にお金を使わせるばかりの女では、彼も嫌気がさしてきます。彼にねだらずとも、彼の方から買ってくれる女になりましょう。

束縛しない

いくら彼のことが好きでも、彼の言動や誰と関わっているかが気になり、束縛するようになっては鬱陶しがられてしまいます。ある程度は自由にさせられる余裕があると、彼も心の拠り所として大切に思ってくれるでしょう。いつも忙しくしている彼も安心感を覚えます。

男性にとって、ホッとできる女性は手放したくないものです。たまにやきもきすることがあっても束縛はせず、締めるところはしっかりと締める大人の女性を目指しましょう。

貢ぐより貢がれる女になろう

貢ぐ女をやめたいと思っていても、自分が貢ぐ女になる原因分からなければやめることは難しいでしょう。上記に挙げた特徴や心理、理由などを参考に、なるべく早めに対処しましょう。貢ぐ女でいても良いことはないのです。

そして、貢ぐより貢がれる女になってみましょう。貢がれる女と言っても金銭ばかり貢がれる女になるというわけではありません。女性の心や気持ちを大事にしてくれる男性に大切にされる女性を目指しましょう。

また、男性は何らかの見返りも期待しているかもしれません。男性が自分にしてくれることに感謝し、自分からも与えられる女性になることで、男性から物質的だけでなく精神的にも大事にしてもらえるのではないでしょうか。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
渡辺美友
ライター歴2年になります。コツコツ書き始めて早2年です。これまでの経験がもっと生きるといいなと思い、必要な情報を盛...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ