何もかも嫌になる心理や原因!人生何もかも嫌になった時の対処法も紹介

何もかも嫌になった時の対処法をご存知でしょうか。原因が分からず無性にイライラしてしまったり、仕事をしたくないと感じてしまうこともあります。何もかも嫌になったら聞くおすすめの歌や、その時の自分の心理状態や対処法について掘り下げていきましょう。

何もかも嫌になる心理や原因!人生何もかも嫌になった時の対処法も紹介のイメージ

目次

  1. 1何もかも嫌になる心理
  2. 2何もかも嫌になる原因とは
  3. 3何もかも嫌になった時の対処法【考え方】
  4. 4何もかも嫌になった時の対処法【行動】
  5. 5何もかも嫌になった時の対処法【シチュエーション別】
  6. 6何もかも嫌になったら聴いてほしい歌
  7. 7何もかも嫌になってもまた大丈夫な時はくる

何もかも嫌になる心理

人は、どれだけ仕事や恋愛で努力して幸せだと感じていても、何もかも嫌になることがあります。そのような考えになった時に、なぜ何もかも嫌になってしまったのか、自分の心理が気になってしまう人も多いはずです。そのため、下記では何もかも嫌になる心理について、深く掘り下げていきましょう。

心理を理解することができれば、対処法を見つけやすくなります。何もかも嫌になった時は、自分の心と向き合ってあげてください。そして、何もかも嫌になる心理を理解することができた後は、自分に合った対処法を探しましょう。

心理①すべてを投げ出してしまいたい

人は、全てを投げ出してしまいたいと考えた際に、何もかも嫌になってしまいます。全てを投げ出してしまいたい心理になる原因は、人によってそれぞれ異なっているようです。例えば、仕事で大きな失敗をしてしまったり、恋愛で好きな人から振られてしまった時などが挙げられます。

全てを投げ出してしまいたい心理から何もかも嫌になっていると、本当に物事を投げ出してしまう可能性があるようです。そうならないためにも、最悪の事態を招く前に、自分に合った対処法を探すようにしてください。

心理②すべてに疲れてしまった

仕事に対して力を入れている人は、普段から疲れてしまうことがあります。一つのことで諦めモードになってしまうと、全てに疲れが出てしまうようです。仕事ではやる気の波があるのですが、普段から頑張りすぎてしまっている人は、この心理になってしまう可能性が高いでしょう。

この心理から何もかも嫌になってしまった人は気力がなくなってしまい、突然、仕事をやめてしまうこともあるようです。もちろん、それでやる気が回復するのなら良いのですが、最悪の場合はそのまま仕事ができなくなってしまうこともあります。そのため、このまま悪い方向にばかり進んでしまわないためにも、対処法を探す必要があるでしょう。

心理③イライラが止まらない

現代社会では、何をするにしてもイライラしてしまう出来事が起こってしまいます。特に、仕事場で理不尽な目に遭ってしまったり、外出先でも「なんで自分がこんな目に」と思ってしまうような出来事に遭ってしまうこともあるでしょう。そんな時、表情にはイライラを出さない人でも内心は、イライラしてしまうことがあるはずです。

特にイライラを解消することが苦手な人は、その心理が徐々に高まります。そして、結果としてイライラが止まらない状態にまで陥ってしまうようです。イライラが止まらなくなってしまうと、自分の感情が抑えられなくなってしまい、手当たり次第に怒りをぶつけてしまうことに繋がります。

心理④消えてしまいたい

何もかも嫌になってしまった際に、自分が消えてしまいたい心理も一緒に出てしまう人は多いようです。消えてしまいたい心理になってしまっている人は、既にかなり追い込まれてしまっている状態です。そのため、すぐにでも自分に合った対処法を探す必要があります。また、自分のことを休めてあげる必要もあります。

消えてしまいたい心理から何もかも嫌になる人は、なぜそうなってしまうのか理由が人によって異なるようです。この心理になってしまった人は、最悪の場合、死を選んでしまうこともあります。そうならないためにも、きちんとした対処法を探してください。

何もかも嫌になる原因とは

上記では、何もかも嫌になった時の心理についてご紹介しました。人によっては、心理を理解することによって、自分に合った対処法が見つかる人もいます。しかし、中にはなかなか対処法を見つけることができない人もいるでしょう。そんな時は、何もかも嫌になった時に考えられる原因を掘り下げて対処法を探ってみてください。

下記では、そんな何もかも嫌になる原因をいくつかご紹介していきます。既に何もかも嫌になってしまっている人は、必ず当てはまる原因があるはずです。ぜひ参考にして、自分がなぜ何もかも嫌になってしまっているのか、考えてみましょう。

原因①頑張っても上手くいかない

人は、何を頑張っても上手くいかない時期が必ず訪れます。しかし、今までそんな経験がなかった人ほど、その時の自分への失望感が大きくなってしまうようです。特に自分を追い込んでしまいやすい人や完璧主義の人は、頑張っても上手くいかないことが原因となって、何もかも嫌になってしまっている可能性が高いでしょう。

今は頑張っても上手くいかない時期ということは、これから先は良い方向へと進むしか道はありません。そのため、仕事で大きな失敗をしてしまったり、何か挫折を経験してしまったとしても、何もかも嫌になって投げ出してしまう必要はありません。

原因②ショックな出来事があった

人は何かショックな出来事が起こってしまうと、何もかも嫌になって投げ出したくなってしまいます。ショックだと感じる出来事は人によって異なりますが、特に多いのは身内の不幸や仕事での失敗などが挙げられるようです。自信を喪失してしまうほどのショックな出来事があると、何もかも嫌になる原因になってしまうでしょう。

しかし、ショックな出来事というのは誰しも経験します。そして、その都度どのように何もかも嫌になってしまった心を修復していくのか、それぞれが考えています。そのため、ショックな出来事が原因となって何もかも嫌になってしまっている場合は、その出来事を糧として、前に進む努力をしてみてください。

原因③負の連鎖から抜け出せない

一度何か悪い事が起こってしまうと、立て続けに良くないことが起こってしまう経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。これは一度失敗してしまってことが気になってしまい、何度も同じミスをしてしまったり、注意力が低下してしまうことが原因です。この負の連鎖から抜け出せなくなってしまうと、何もかも嫌になってしまう人が多くなります。

特に何もかも完璧にしたいと思っている人や、挫折を経験したことがない人、失敗した時の対処法が分からない人が挙げれらます。このことが原因で何もかも嫌になってしまっている場合、新しい事をするのに恐怖心を感じてしまいやすくなるようです。そうならないためにも、早めに対処する必要があるでしょう。

原因④未来に希望が見出せない

ある程度の忙しさが落ち着いてくると、自分の未来の事に関して考えを巡らせる人が多いようです。しかし、その時に自分の未来に希望が見出せないと考えてしまう人もいます。そうすると、「今まで頑張ってきたことは何だったのか」や「これ以上頑張っても意味がないのではないか」と考えてしまい、何もかも嫌になってしまうでしょう。

しかし、未来のことは誰にも分からないものです。明日には驚愕するくらいラッキーなことが起こるかもしれません。もしかしたら、そのラッキーが訪れるのは数年後かもしれません。そのため、未来に希望が見出せないことが原因で何もかも嫌になってしまっている場合は、あまり深く考えすぎないことも大切です。

何もかも嫌になった時の対処法【考え方】

一度何もかも嫌になってしまうと、全部投げ出したくなってしまう人も多いはずです。実際に投げ出してしまってからでは、取り返しのつかないことになってしまう可能性もあります。そんな時は、自分に合った対処法を探すことが大切です。何もかも嫌になったら、自分の考え方から変えていく必要があるでしょう。

しかし、実際にどのように考え方を変えれば良いのか分からない人も多いはずです。そのため、下記では何もかも嫌になったら、どのような考え方をすると良いのかについてご紹介していきます。全てをいきなり取り入れることは難しいですので、自分ができるところから始めてみてください。

対処法①何が原因なのか向き合って考える

何もかも嫌になってしまったら、まずは何が原因となってしまっているのかを考えてみてください。根本的に何もかも嫌になってしまった気持ちを解決するためには、自分の心と向き合う必要があります。しかし、普段から自分の気持ちをしまい込んでしまっている人は、難しいと思ってしまう対処法でもあるでしょう。

そのため、まずは落ち着いて自分と向き合える時間をきちんと確保して、最終的に原因が特定できるまで徹底的に考えを巡らせてください。しかし、一気に原因を特定しようとすると、精神的に疲れてしまう可能性があるので注意しましょう。

対処法②上手くいかなくても気楽に考える

何もかも嫌になってしまった時、上手くいかないことが立て続けに起こってしまっているのではないでしょうか。そんな時は、上手くいかなくても気楽に考えることが大切です。上手くいかないことが起こると、「失敗をどう挽回しようか」と考えてしまう人がいます。もちろん、失敗のことを考えるのは悪い事ではありません。次に繋がる考え方のひとつです。

しかし、何もかも嫌になっている時に物事について深く考えすぎてしまうと、精神的に疲れてしまう可能性が高いです。そのため、上手くいかないことが多くて心が疲れてしまっているのであれば、自分のことをもう少し労わってあげるようにしてください。そして、心も体も元気になってから問題解決に取り組みましょう。

対処法③今はそういう時期だと受け入れる

何度かご紹介しているように、人には上手くいかない時期が必ずやってきます。表面では皆取り繕っているのでわかりませんが、何もかも嫌になってしまったり、自分の思い通りにことが進まないことは絶対にやってくるでしょう。そんな時、何もかも嫌になってしまった気持ちを乗り越えるためには、今はそういう時期だと受け入れることが大切です。

今の状況を乗り越えることができれば、必ず幸せだと思える時期がくるはずです。そのため、何もかも嫌だと考えている間は、自分のことを十分に甘やかしてあげるようにしましょう。そうすることによって、精神的にも肉体的にも、バランスを保つことができるはずです。

対処法④小さな幸せを思い出す

全て嫌になってしまった時、人は全て悪い方向へと考えてしまいがちです。例えば、恋人と喧嘩してしまった時などには、「以前も大きな喧嘩をしてしまっている」と悪い事ばかり思い出してしまいます。しかし、物事には必ず小さな幸せがあるはずです。そのため、何もかも嫌になった時には、小さな幸せを思い出すようにしましょう。

小さな幸せを思い出すことができれば、良くないことが起こってしまったとしても、乗り越えやすくなります。また、少しでも嬉しいと思えることが起こった場面を思い出すだけでも良いでしょう。それだけでも、これから頑張ろうという気力がみなぎってくるはずです。

対処法⑤乗り越えた先にチャンスがあると考える

何もかも嫌になってっしまった時は、乗り越えた先にチャンスがあると考えてください。上記でもご紹介したように、人は上手くいく時期もあれば、上手くいかない時期もあります。そのため、今の最悪の状況を乗り越えることができれば、自分にとって成功するチャンスが巡ってくるはずです。

そのチャンスさえ巡ってくれば、何もかも嫌になってしまった気持ちもポジティブに考えられるようになるでしょう。しかし、いつそのチャンスが訪れるのかは人によって異なります。精神的にも肉体的にも力を温存させるためにも、今は変に行動せずに流れに任せるようにしてみてもいいかもしれません。

何もかも嫌になった時の対処法【行動】

何もかも嫌になってしまった時は、考え方を変えることが大切です。しかし、それだけでは現状が全く変わらなかったり、気持ちも落ち着かないことがあります。そんな時は、何もかも嫌になった時に取るべき行動をしましょう。ただし、何もかも嫌になってしまった際の正しい対処法を知らない人は、逆効果になってしまう可能性があります。

そうならないためにも、何もかも嫌になった時の正しい対処法を知っておきましょう。下記では、正しい対処法を知らない人のために、何もかも嫌になった時の対処法について、詳しく掘り下げていきます。もしも、既に何もかも嫌になってしまっているのであれば、すぐにでも行動に移すようにしてみてください。

対処法①何もせずのんびり過ごす

何もかも嫌になってしまった経験がある人の中には、現在起きているトラブルを解決しようと無理に行動してしまう人がいます。一見正しい行動に見えるのですが、実際は自分の心の余裕を余計に無くしてしまう高騰になるようです。そのため、何もかも嫌になってしまった時は、何もせずにのんびりと過ごすことを優先するようにしましょう。

特に、料理や洗濯などの家事や人との約束を入れたりすることはやめてください。家の中で何もせずにのんびり過ごせる環境を整えましょう。どうしても家の中でだと嫌な気持ちになってしまうのであれば、家の近くにあるカフェなどでお茶を飲みながら、自分の好きなデザートを食べてみることもおすすめです。

対処法②大きく深呼吸をしてみる

トラブルや問題が起きてしまった時や、嫌な出来事があった時、呼吸が早くなってしまったり、息苦しさを感じてしまう人は多いのではないでしょうか。そんな時は、大きく深呼吸をしてみてください。上記でもご紹介していますが、何もかも嫌になってしまった際には、ゆっくりと落ち着いて過ごすことがとても大切です。

そのため、まずは気持ちを落ち着ける必要があります。頭が興奮状態のままでは、のんびりと過ごすこともできません。心の中で数を数えながら、十分な空気を鼻から吸って、少しずつ口から息を吐き出すようにしてみてください。上手に深呼吸することができれば、数分後には興奮状態が収まっていることが分かるはずです。

対処法③少し遠出して気分転換する

何もかも嫌になってしまった人の中には、家の中で居ると苦しさが増してしまう人がいます。そんな時には、家の中で閉じこもったりせずに、少し遠出して気分転換をしてみましょう。特に景色が綺麗な海や山、自然がたくさんある場所がおすすめです。自然と触れ合うことによって、次第に心が落ち着いていくことが分かるはずです。

また、できるだけ人がいない場所を選んでください。他の人がいると心を落ち着けることに集中できなくなってしまうため、人が多い場所に訪れた際などは、なるべく人が密集していない場所を選んでください。そして、普段いかないような場所に行く予定を立てているのであれば、そこにしかない美味しいものを食べに行きましょう。

対処法④体を動かしてリフレッシュする

現代社会では、普段から精神的にも肉体的にも疲れてしまっている人が多く、積極的に体を動かす人が少なくなってしまっています。そのため、何もかも嫌になってしまったのであれば、一度体を動かしてみましょう。体を動かす時には、自分の好きな動かし方で大丈夫です。スポーツもいいですし、女性ならヨガなどもおすすめです。

体を思いっきり動かすことができれば、心も体もリフレッシュさせることができるでしょう。目安としては、程よく汗が出てくるくらいです。体を動かして汗をかいた後は、温泉や銭湯などで体を休めてあげてください。そうすることによって、よりリフレッシュ効果を高めることができるでしょう。

対処法⑤人と会って話をする

何もかも嫌になってしまった時、部屋に閉じこもってしまう人が多いようです。特に人と会いたくないと感じてしまっていることでしょう。しかし、何もかも嫌になった心を癒すためには、人と会って話をすることも重要です。ある程度心が落ち着いてきたのであれば、仲の良い友達と会う約束を立ててみてください。

自分が悩んでいることを相談しても良いですし、悩みとは全く違う話題を話しても大丈夫です。ただし、悩みを相談したいと考えているのであれば、なるべく自分のことを受け入れてくれる人を探しましょう。

何もかも嫌になった時の対処法【シチュエーション別】

どんな時に何もかも嫌になってしまうのかは、人によって異なります。特に環境や状況が違うと、対処法もシチュエーションに合わせる必要があるでしょう。そのため、下記ではシチュエーション別の対処法について深く掘り下げていきます。自分のシチュエーションと同じものがあれば、ぜひ参考にしてみてください。

仕事で嫌になった場合

何もかも嫌になってしまったシチュエーションが仕事だった場合は、休養を取ることが大切です。しかし、仕事場によってはすぐに休養が取れないこともあるでしょう。そんな時は、休養が取れる時に十分な休みをもらうようにしてください。そうすることによって、何も考えずに心も体も休ませることができるはずです。

また、どうしても休みを取れないのであれば、仕事を早めに切り上げるようにしてください。そして、ゆっくりする時間を確保しましょう。少ない時間で心を落ち着けさせてあげる必要がありますので、不要な約束をせず、まっすぐ家に帰るようにしてください。そして、自分の好きなものを食べて、好きなことをすることがおすすめです。

恋愛で嫌になった場合

恋愛で何もかも嫌になってしまったのであれば、新しい恋愛に挑戦するのがおすすめです。しかし、中には新しい恋愛をすることによって、過去の恋愛を思い出してしまう人もいます。そんな時は、新しい恋愛を無理にしようとはせずに、少しの間恋愛から距離を置くようにしましょう。

主婦業で嫌になった場合

主婦の人は、毎日家族のために家の中で働いています。普段は何とも思っていなくても、時々家のことが重荷になってしまうこともあるはずです。そんな時は、実家に帰って主婦業から離れるようにしてください。特に子供がいない家庭なのであれば、家のことは全て配偶者に任せて自分は休養することを優先しましょう。

人生そのものが嫌になった場合

人生そのものが嫌になってしまった時は、まず自分の人生のことを考えないようにしてください。そして、今現在自分がしたいと思うことを優先して行いましょう。特に、行きたくない飲み会や約束はしっかりと断り、自分が行きたいところにだけ行くようにすることがおすすめです。そうすることで、人生に楽しさを見出すことができます。

何もかも嫌になったら聴いてほしい歌

上記では、何もかも嫌になってしまった時に対処法についてご紹介しました。しかし、それだけではなかなか心を落ち着けることができない人もいるかもしれません。そんな時は、歌を聞くようにしてみてはどうでしょうか。下記では、そんな何もかも嫌になってしまった時に聴いてほしい歌をいくつかご紹介していきます。

歌①槇原敬之『どんなときも。』

槇原敬之は歌声がとても透き通っている男性で、その声は聴く人を魅了するでしょう。槇原敬之の『どんなときも。』は大ヒットした曲の一つとなっており、映画『就職戦線異状なし』の主題歌としても知られています。仕事で嫌なことがあった時に聴いていただきたい歌です。

歌②ウルフルズ『ガッツだぜ』

日本のロックバンド、ウルフルズがブレイクした『ガッツだぜ』は、とにかくポジティブな気持ちにさせてくれる歌です。そのため、落ち込んでしまった時や何もかも嫌になってしまった時に聞くことをおすすめします。

歌③浜崎あゆみ『A Song for XX』

浜崎あゆみの『A Song for XX』は、人生が嫌になってしまった時におすすめな歌です。いつか良いことが起きると信じさせてくれ歌ですので、自分は一人だと感じてしまっている時に聴いてみてはどうでしょうか。

何もかも嫌になってもまた大丈夫な時はくる

誰しも何もかも嫌になってしまうことはあります。しかし、その時の対処法によって、その後の気持ちや心理が大きく異なるようです。そのため、何もかも嫌になってしまったのであれば、そう思わないようになるまで力を温存させてあげてください。そして、運気が良くなってきてから、大きく行動するようにしましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
すうこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ