内藤陽子の現在!SUとの熱愛や結婚・離婚の噂にフライデー画像とは

内藤陽子はフライデーにパンチラ画像が載り、事務所を移籍するも人気は戻らず芸能界を引退しました。大塚愛や一般女性を巻き込んだ不倫や、リップスライムの元メンバーであるSUとの熱愛で再び注目されています。離婚後にシングルマザーとなった内藤陽子の現在と素顔を追います。

内藤陽子の現在!SUとの熱愛や結婚・離婚の噂にフライデー画像とはのイメージ

目次

  1. 1内藤陽子とは
  2. 2内藤陽子の経歴
  3. 3内藤陽子の引退理由はパンチラ?
  4. 4内藤陽子とSUの熱愛発覚!不倫関係だった?
  5. 5内藤陽子の今現在とは
  6. 6内藤陽子の今後の動向に注目したい

内藤陽子とは

水着モデルとしてスタートを切った内藤陽子は、決して豊かなバストのグラマラスなボディではありませんでした。女性を強調するようなボディラインではないからこそ、健康的で無邪気なな印象を与え、ハツラツとした元気が注目を集めたのです。

スクープ画像が原因で芸能活動を休止した後に、再起を試みますが思うようにはいきませんでした。そこで、内藤陽子は芸能界引退を決意したのです。

しかし、引退後も2019年に入ってから、再び世間を賑わせることになります。スクープから引退を経て、今度はスキャンダルで注目を集めることになったのです。再び注目を集めた内藤陽子は、経験と年齢を重ね、ますます素敵な女性になっていました。内藤陽子の経歴に触れながら、現在の魅力的な姿をご紹介します。

プロフィール

・生年月日:1981年5月11日
・現在年齢:38歳
・出身地:東京都
・血液型:A型
・身長:160cm
・活動内容:ジュエリーデザイナー
・事務所:タレント当時はスターダストプロモーション/JVCエンタテインメント・ネットワークス
・家族構成:娘1人、兄

内藤陽子の経歴

内藤陽子の芸能活動は長くありませんでした。多くの芸能人が表舞台から消えていく中で、壮絶な人生を送る人もいます。しかし、内藤陽子は引退後も自分の道を見据えて、しっかりと歩みを進めてきたのです。その中で出産という、女性として人生最大のイベントも経験しました。内藤陽子が過ごした芸能界での経歴や、引退後の歩みをご紹介します。

ビジュアルクイーンに選出され芸能界デビュー

内藤陽子は高校3年生だった1999年に、フジテレビビジュアルクイーンというプロジェクトに選出されました。フジテレビビジュアルクイーンは、内田有紀、沢尻エリカ、雛形あきこ、華原朋美、香里奈などの大物タレントを出しています。フジテレビビジュアルクイーンに選出されたことで、内藤陽子も幸先のいいスタートを切りました。

バラエティ番組やドラマでも活躍

ビジュアルクイーンに選出された内藤陽子は、2000年にテイジン水着キャンペーンガールとして活動します。同年、人気バラエティ番組の「水10!ワンナイR&R」で、ガレッジセールのゴリが演じるゴリエの友だち役の、「陽子ちゃん」というキャラクターで出演を果たしました。

その他では、2001年に「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」で、「新・ウリナリ芸能人社交ダンス部」の第7期生として、「真夏の決戦・炎の団体戦」に参加をしています。内藤陽子が活躍をした場は、バラエティだけではありません。

フジテレビ系のドラマ「美少女H」シリーズや「ナオミ」などに出演し、フジテレビ系以外でも「新宿暴走救急隊」など多数のドラマに出演をしています。バラエティやドラマでブレイクを果たした内藤陽子は、着実に人気タレントの道を歩んでいるかのように見えました。

芸能界を引退

2000年に、内藤陽子の高校時代の画像が、フライデーに掲載されてしまいます。順調に人気タレントの道を歩んでいるように見えましたが、この時の画像が引き金となり、テレビや雑誌で見る機会が減っていきます。フライデーに掲載された画像が原因で、多くのスポンサーが内藤陽子の起用をやめたのです。

少しずつ活躍の場が減っていった内藤陽子は、2005年のドラマ出演を最後に芸能界を引退しました。

一般男性と結婚・離婚

芸能界の一線から退いた内藤陽子は、17歳の時に知り合った一般男性と9年もの交際期間を経て、2014年に結婚をしています。兄のように慕っていた男性と結婚をし、一人娘を授かりました。妻としても母としても幸せなスタートのように見えましたが、わずか1年4ヶ月後の2015年9月に破局を迎えます。まだ新婚と言える短い結婚生活でした。

内藤陽子の引退理由はパンチラ?

内藤陽子を一線から退かせたのは、フライデーに掲載されたたった一枚の画像でした。その画像は、多くのファンをガッカリさせたと言うものではありません。むしろ男性ファンは歓喜したことでしょう。しかし、企業イメージを優先するスポンサーにとって、それは許されざる画像でした。

フライデーにパンチラ画像が掲載

2000年のフライデーに、高校時代のパンチラ画像が掲載されてしまいます。風のいたずらによるエレガントなパンチラだったなら、風を褒め称える記事が掲載されていたに違いありません。芸能界を引退するまでには至らなかったでしょう。

フライデーに掲載されたパンチラ画像は、制服を着た内藤陽子が足を大きく広げてベンチに座っているものでした。これもまた、スカートの隙間から見えてしまったというのならありがちな話です。しかし、内藤陽子は足をガバっと広げていたのです。そのパンチラ画像には、恥じらいも上品さの欠片もありませんでした。

高校時代のパンチラ画像により、内藤陽子の健康的で爽やかなイメージはダウンしたのです。今の時代なら、高校生の無防備なパンチラなど珍しくもありません。むしろ、鮮度バツグンと言わんばかりです。しかし、2000年という時代は、それほど寛容ではありませんでした。せめてもの救いと言えるのは、かわいいパンツだったということだけでしょう。

テレビ露出が激減する

世の男性陣は、うら若き乙女のパンチラ画像に歓喜したに違いありません。しかしスポンサーは、個人の嗜好と仕事を混同するわけにはいかないのです。苦渋の決断だったかどうかは分かりませんが、男性としての本心はともかく、イメージダウンを恐れたスポンサーは内藤陽子の起用を止めました。

順調にタレントの道を歩んでいた内藤陽子でしたが、フライデーが掲載した高校時代のパンチラ画像がもとでテレビ露出が激減し、芸能生活に陰りが見えてきたのです。

事務所を移籍するも引退へ

メディアへの露出が著しく減った内藤陽子は、所属していたスターダストプロモーションをやめて休業します。その後、JVCエンタテインメント・ネットワークスに移籍をして芸能活動を再開しましたが、思うようにはいきませんでした。

一度忘れられたタレントが、再び脚光を浴びるのは難しいことです。内藤陽子は2005年に出演をしたフジテレビ系のドラマ、「危険なアネキ」を最後に芸能界を引退をしました。内藤陽子は、「芸能界に未練はない」と話しています。

内藤陽子とSUの熱愛発覚!不倫関係だった?

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5-%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2383221/

2019年に入ってから、内藤陽子とSUの話題が注目を集めました。すでに芸能界を引退している内藤陽子とSUの話題には、世間を賑わせる理由があります。SUはヒップホップグループである「リップスライム」のメンバーだったことから、それだけで話題性としては十分でした。しかし、世間が注目した理由は、他にもあるのです。

フライデーで熱愛発覚

2019年2月のフライデーに元芸能人の内藤陽子と、元リップスライムのメンバーであるSUの熱愛がスクープされました。芸能人が絡む熱愛となると世間が注目をします。SUはよく言えば恋多き男性であり、悪く言うならば女性に対して節操がない男性です。その結果、どちらも独身者でありながら、おめでたい話とはなりませんでした。

リップスライム・SUのプロフィール

・愛称:SU(スー)
・本名:大槻一人(おおつきかずと)
・生年月日:1973年11月20日
・現在年齢:45歳
・出身地:神奈川県藤沢市辻堂
・身長:170.7cm
・体重:53kg
・活動内容:ヒップホップMC
・所属グループ:元、RIP SLYME(リップスライム)
・事務所:元、田辺エージェンシー

内藤陽子はSUの元カノだった

SUが29~30歳前後の時に、内藤陽子と親密な関係を築いていました。内藤陽子は、自身が21~22歳の頃にSUと親密な関係であったことを認めています。内藤陽子は1981年生まれなので、21~22歳と言うと2002年~2003年です。

SUの1回目の離婚にも関係していた?

SUは2001年3月に一般女性のミエと結婚をしましたが、2004年12月に離婚をしています。その破婚に関わっているのが内藤陽子です。内藤陽子自身が21歳~22歳の頃にSUと恋愛関係にあったことを話しています。内藤陽子が21~22歳の時期というのは2002年~2003年なので、SUが一般女性のミエと結婚をしていた時期と重なります。

つまり、リップスライムの元メンバーのSUと内藤陽子は、不倫関係にあったということです。内藤陽子が、SUの1回目の離婚に関係していることは疑う余地がありません。

大塚愛との離婚前から再び交際の噂

2004年に一般女性のミエと離婚をしたSUですが、2010年に今度は人気歌手の大塚愛と結婚をしました。ところがリップスライムの元メンバーだったSUは、2017年に再び不倫をしたのです。今度の不倫相手はモデルの江夏詩織でした。この不倫が原因で、SUと大塚愛は2018年に離婚をしています。

SUの相次ぐスキャンダルでリップスライムは解散をし、SUは事務所を去ることになります。一説には事務所をクビになったという話もあります。江夏詩織は、ふてぶてしいと言うのか、大塚愛に対して無言電話などの嫌がらせをしていたのです。その後SUは、江夏詩織とは結ばれずに破局を迎えます。

一連の騒動に終止符を打ったかのように見えますが、ここで再び内藤陽子の名前が出てきました。いったい何人の女性の名前が出てくるのか、呆れる他ありません。フライデーによると、内藤陽子とSUは10年前からすでに交際があり、2018年の暮には二人の関係は深まっていたと言います。

内藤陽子の小さな子供もSUにすっかりなつき、3人でディズニーランドへも行っています。SUの女性遍歴に嫌悪を抱く女性も多いでしょう。男性から見ると、羨ましいという感情が怒りに変わります。SUは女性からも、そして動機は不純ながら男性からも批判を浴びることとなりました。

内藤陽子の今現在とは

芸能界で前途有望とされていた内藤陽子は、フライデーに掲載されたパンチラ画像で引退を余儀なくされました。その後も結婚と離婚を経験し、SUの影に内藤陽子ありと言われ、不倫騒動にも巻き込まれています。しかし、恋愛関係が充実しているのかはさて置き、その他の私生活は充実しています。内藤陽子の今現在を見てみましょう。

ジュエリーデザイナーとして活躍

芸能界を去った後の2006年にブランド「dada flora」を立ち上げ、フラワーアーティストとして活動を始めます。「dada flora」の中で、ジュエリーのデザインも手がけるようになりました。しかし、2016年8月に10年間活動を続けていた「dada flora」を解散します。

解散にあたり内藤陽子は「静まり返った中で徹夜で作業をすることや、デザインをすることが大好きだった」と語っています。また、「25歳で立ち上げたdada floraは、私のすべてだった。私の宝物」とも言っています。内藤陽子は「dada flora」の10年の活動に終止符を打ち、新たにアクセサリーに特化したブランド「Stair」を立ち上げました。

一昨年自分の子供が生まれ、母になり、時間的な問題だけでなく、思考回路が入れ替わったような時間を過ごしていました。ホルモンの関係だったのか、母としての想いが強くでたのか、転機だったのか、今でもわかりません。子供が1歳を過ぎ、クレヨンでお絵描きをする時間が増えた頃、子供のグチャグチャっと書いてる横で、クレヨンでデザイン画を描く自分がいました。女の子の笑顔に繋がる時間を生きたい、その気持ちがどんどん強くなりました。やっと、回路が戻ったような感覚でした。

この理由について内藤陽子はブログの中で「子供が生まれて母になり、思考回路が入れ替わったような時間を過ごしていた。母性愛だったのか転機だったのか、今でも分からない。

子供がクレヨンでお絵描きをする時間が増えた頃、子供のグチャグチャっと書いてる横で、クレヨンでデザイン画を描く自分がいた。女の子の笑顔に繋がる時間を生きたい、その気持ちがどんどん強くなった。やっと、回路が戻ったような感覚だった」と語っています。

現在は母としても女としても充実した時を刻みながら、ブランド「Stair」で、ジュエリーデザイナーとして活躍をしています。

1児のシングルマザー

内藤陽子は2014年から1年4ヶ月の結婚生活の中で、女の子を出産しています。娘の存在も、今の内藤陽子という女性を形成する存在であることは間違いありません。現在は離婚をしていますが、シングルマザーとして、娘に深い愛情を注ぎながら生きています。

また、内藤陽子も愛娘から大きなパワーをもらっています。母となって深い母性愛を宿したことにより、新たなビジョンを映し出したに違いありません。

内藤陽子の今後の動向に注目したい

フライデーに高校時代のパンチラ画像が掲載されて芸能界を引退することになりましたが、内藤陽子はそれで負けるような女性ではありませんでした。芸能界を去っても自分の道を見据えて、大地にしっかりと足を付けて歩き続けたのです。確かに不倫騒動などで、世間を騒がせたことには批判もあります。

だからと言って、シングルマザーとして愛娘を育てる芯の強さや、歩んできた軌跡を否定できません。女手一つで幼子を育て、母として深い母性を持って生きる強さに感動を禁じえないでしょう。ジュエリーブランド「Stair」にも、娘の存在が大きくかかわっています。これからは、素敵なジュエリーで女性たちを美しく飾り、幸せな気持ちにしてくれるでしょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
若内 椎
何にでも興味を持つ性格で、いろいろな経験をしてきました。その経験を生かして記事を書いています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ