賢い人の特徴11選!本当に賢い人の考え方やなる方法を解説

賢い人の特徴を具体的に11選として解説していきます。本当に賢い人は、どのような考え方や話し方をするのでしょうか。賢い人になる方法、さらに賢い人が嫌われるパターンについても伝授します。賢い人を目指したい人は、すぐにチェックして、今日からでも努力してみましょう。

賢い人の特徴11選!本当に賢い人の考え方やなる方法を解説のイメージ

目次

  1. 1賢い人とはどんな人?
  2. 2賢い人の特徴【生き方】
  3. 3本当に賢い人の特徴【考え方】
  4. 4本当に賢い人になる方法
  5. 5賢い人は嫌われる?
  6. 6嫌われない賢い人になろう

賢い人とはどんな人?

賢い人というのは、果たしてどのような人物のことを指すのでしょうか。賢い人によって定義は様々かもしれません。そして、中には小賢しい人やズル賢い人もいるでしょう。本当の意味で「あの人は賢い人だ」という場合に、そこにはどのような意味合いが込められているのでしょうか。

そもそも「賢い」の意味とは

賢い人の「賢い」という意味は、勉強ができるとか、記憶力が良いとか、学歴があるIQが高いということではありません。確かに賢いとは頭が良いという意味合いも含みます。しかしここで言う「賢い」は、賢人という言葉で表現される賢さを指します。

つまり、物事の道理をよくわきまえて、状況の応じて的確な判断を下し、行動できる人のことを意味するのです。賢人の逆は、愚人と言いますが、これを聞くと分かりやすいかもしれません。すなわち、言動や考え方が愚かしく、周囲から見てもいわゆる「残念な人」と言えるでしょう。その愚人と正反対の対極に位置するのが「賢い人」なのです。

賢い人は顔や話し方に現れるのか

賢い人は、顔や話し方にその特徴が現れるものです。賢い人は、きりりとしてスッキリした感じの良い目つきをしています。さらに、そこに優しさや温かみも宿っている特徴があるのです。優しさや温かみがなければ、単なる頭の良い冷たい人になりかねません。

思いやりや慈悲の心があってこその賢い人なのです。さらに、賢い人は、相手に合わせた話し方をします。相手の立場や知識、キャリアなどを良く鑑みて、難しくもなく、横柄にもならず、押し付けることもなく、とても分かりやすい話し方をします。

賢い人の特徴【生き方】

ここからは、賢い人の特徴を具体的に解説していきましょう。大きく分けて「生き方」と「考え方」の特徴について見ていきます。まずは、「生き方」からです。賢い人の生き方の特徴を知れば、大いに参考にできることもあるかもしれません。自分に当てはめてみたり、周囲の人のことも思い浮かべながら読み進めてみましょう。

特徴①周りに流されない

賢い人は、非常に芯がしっかりとしています。何のために生きているのか、自分はどこに向かっているのかなどを的確に把握して、自分の人生や与えられた時間を大切にする生き方をしているのです。そのため目先の流行に流されたり、周囲の安易な誘いに乗って道を外すということはありません。

優柔不断や付和雷同という言葉は、賢い人の辞書には存在しないと言っても過言ではないでしょう。

特徴②無駄がない

賢い人は、無駄がありません。そつがないと言っても良いでしょう。時間やお金をいたずらに無駄に浪費することを嫌いますし、仕事やものごとを進める際の段取りについても、如何にすれば最小限の労力で最大限の効果が得られるかを判断して行動すると言えます。そのため後になってこうすれば良かったと後悔することがあまりないとも言えるでしょう。

もし失敗や無駄があったとしても、それを次の肥やしにしていくそつのなさを持っているのです。

特徴③物事を計画的に行う

賢い人は、物事を計画的に行う習慣が身についています。それも、毎日のルーティーンや一週間という短期の計画から数カ月単位の中期、そして数年という長期に分けて何をどのように進めていくのかについてもしっかりと考えながら生きているのです。

もちろん途中で予定が変更したり、計画が狂うこともありますが、その際にも柔軟に修正して計画を速やかに練り直します。そして、強い信念を持ってその計画を実行に移していくのです。

特徴④明確な目標を持っている

賢い人は、明確な目標を持っている特徴があります。一年後にどうなっていたいか、五年後は、十年後はという単位で明確なビジョンを持ち、それに向かって着々と手を打って行ったり、スキルアップをしていくのです。

時にはそのような時間単位の目標ではなく、あることにおいて到達したいレベルがあり、そのために何が必要かを明確にして着実に努力していくこともあります。目標があるから頑張れますし、頑張るから目標達成が近づいてもくるのです。

特徴⑤好奇心が旺盛である

賢い人は、好奇心が旺盛な特徴もあります。知らないことがあれば、自分で調べなければ気が済まなかったり、見たことがなければ、実際にその目で確かめたいと思う傾向が強いのです。誰もしたことがないなら、自分で試したり、そのために起業することもあります。

賢い人はエネルギーに満ちていて、常に色々な所にアンテナを張り、有益な情報があればすかさずキャッチして何かに活かそうと鵜の目鷹の目で生きているとも言えるでしょう。

特徴⑥精神的に強い

賢い人は、精神的に強いのも特徴です。頭が良いだけでなく、その頭で考えるには充実した精神力も必要なのです。さらに賢い人は、人が気づかないことやしようとしないことも実行したり、果敢に挑戦したりもするので、それを支えるメンタルの強さは不可欠と言えるのです。

また、ことによっては周囲から反対されたり、批判にさらされることもあるので、そのアウェーの空気をものともしない強さがなければ、賢者としての生き方を貫けないこともあると言えるでしょう。

本当に賢い人の特徴【考え方】

続いては、賢い人の特徴の「考え方」について見ていきましょう。考え方というのは、ある程度生まれつき備わっている面があります。しかし、意識したり訓練を繰り返すことで、後天的に身につく考え方も少なからずあると言えるでしょう。賢い人の考え方も参考になるものがあれば、今日からでも取り入れみましょう。

特徴①人は人・私は私

賢い人は、自分と他人を比較することはしません。例えば、歴史上の人物で誰が好きか、という問いかけがありますが、どれだけ強い憧れがあったとしても、その人物と生きている時代や性格、才能またDNA等も全く違います。

さらに、同時代に生きる人も同じで、自分と他人は違うので、無闇に比較したり何でも安易に真似ることは自分の人生を狂わせてしまう危険さえ伴います。賢い人は、これらのことを良く理解していて、常に人は人、私は私という考え方を持ち、人に流されることや悪影響を受けることを避けていると言えるのです。

そして等身大の自分というものを冷静に認識して、常に身の丈に合った生活を心掛けているとも言えるでしょう。

特徴②ポジティブ思考

賢い人は、物事を前向きに考えて対処していく特徴があります。人間ですから、失敗したり、人から批判されることもあるでしょう。しかし、その度に落ち込み、おののいていたら、何もできなくなってしまいます。済んだことやしてしまったことは元には戻せないので、それをポジティブに捉えて次に活かし、挽回することを考えるのが賢い人なのです。

前述のように賢い人は時間の浪費を大変嫌いますので、クヨクヨ悩んだり、マイナス思考にばかり陥ってしまえば、結果として限りある人生の貴重な時間を無駄にすることを良く知っているとも言えるでしょう。

特徴③判断力がある

賢い人は、物事の判断力に長けているという特徴もあります。するべきか止めるべきかや、善と悪、また物事のタイミングや人付き合いに到るまで、結果としてどの選択肢が最適かということをその場に相応しく判断していくことが得意なのです。そのため自ずと信頼され、人望も厚くなり、人から頼りにされることも珍しくありません。

特徴④目先の利益でなく長期的に考える

賢い人ほど、物事を目先で判断しません。人はどうしても目先の利益や欲得で物事を決めてしまいがちですが、賢い人は長期的な視点に立って物事を見ていくのです。たとえ人が強く勧めようとも、それが大流行していることであっても、様々な角度から検討した結果、良くはないと判断すれば、物の見事に割り切って流していくこともできるのです。

確かに世の中には、その瞬間は良くても、数年経てば跡形もなく消えていたり、大きなマイナスを伴って散々な結果に終わっていることは枚挙にいとまがありません。賢い人の本当の賢さは、時が証明するという面も大いにあるのです。

特徴⑤何事にもチャレンジ

賢い人は、チャレンジ精神が非常に旺盛です。人生は、苦労や困難の連続という側面を持ちます。その度にビクビクして臆していれば、何も成し遂げることはできません。

賢い人は、決して完璧主義者ではありません。人生には失敗が付きものということも良く理解しているので、常に謙虚でもあり、負けるものかというチャレンジ精神にもしっかりと火を灯すのです。そして上手くいかなくてもトライ&エラーを繰り返しながらも確実に成長していこうとするのが賢い人の考え方なのです。

本当に賢い人になる方法

それでは、本当に賢い人になるためにはどのようにすれば良いのでしょうか。ここからは、賢い人になるための具体的な方法について掘り下げていきましょう。

方法①考える努力をする

本当に賢い人になるためには、考える努力をすることが大切です。本当は十分に賢い人としても素養があるのに、この考えるというプロセスが足りないがために残念な結果に終わっている人が少なくないのです。その理由は、単に考えることが面倒だったり、それよりも違うことを優先してしまうという簡単なことだったりします。

仕事でも生活上のことでも、少し立ち止まって冷静になり、踏み込んで考えてみることを努力して習慣化出来れば、賢い人の仲間入りができるかもしれません。

方法②新しい事に挑戦し続ける

人というものは、往々にして過去の実績に満足して落ち着いてしまうものです。目標が達成できたり、周囲からチヤホヤと褒められると、ついそこで心満たされて腰を下ろしたくなるかもしれません。しかし賢い人は、常に時は流れ、あっという間に時代は変化することを良く理解しているので、常に新しいことに挑戦していきます。

チャレンジすることの面白さを理解できれば、賢い人になることも決して夢ではないのです。

方法③スケジュール管理をする

本当に賢い人になるためには、しっかりとしたスケジュール管理も不可欠と言えるでしょう。賢い人は、時間の感覚が普通の人よりも明確に身についていることが少なくありません。

この仕事なら何時間くらいかかるか、このクライアントならこの仕事に何週間要するか、など分単位から数カ月単位まで、あらゆる時間軸を自身の感覚にきちんと植え付けているのです。これは訓練をしていけば習得できます。

行き当たりばったりで動かずに、常に自分の体の中に複数の時間軸を構築するように努めて、それを補うべく手帳やタブレット、スマホなどの端末も駆使していきましょう。

賢い人は嫌われる?

賢い人は、気を付けなければ、その言動ゆえに嫌われてしまうこともあります。人は、この人は自分と違う、と思ったときに大きく分けて二つの考え方が生まれます。一つは憧れ、もう一つは拒否です。特に後者になってしまうと、社会の中で賢さも仇になるでしょう。そうならないためにも、賢い人が嫌われるケースについて見ていきましょう。

オチを相手より先に言ってしまう

賢い人は、気を付けなければ、話している相手よりも先にオチを言ってしまうことがあります。これをすると嫌われることが多いのです。せっかく相手が気分よく話していて、一番強く訴えたかったり、楽しませてあげたいと思っているのに、その味噌となるオチを察して先に言ってしまうと、何とも残念に感じるものです。

本当に賢い人は、知っていても知らぬふりをして最後まで聞いてあげる心遣いができるものです。その配慮ができるかどうかで、「賢さのランク」も違ってくると言えるでしょう。

ついていくのが疲れる

賢い人は、頭の回転が速すぎてついていくのが疲れると思われることもあります。常に物事の先を読んで動く傾向が強いため、賢い人といると自分が劣っているように思えたり、迷惑ばかりかけているように感じたりして、段々付き合うのが億劫になってくることもあるのです。

その辺りのことに気が付かないで、つい自分のペースでことを運んでばかりいるといつの間にか嫌われていることがあるので気を付けなければなりません。

話し方が自慢話に聞こえてしまう

賢い人は、知識も経験も豊富で物事の道理を良く分かっているため、つい上から目線で話してしまいがちです。こうなると相手にとっては自慢話にしか聞こえず、聞いているのも嫌になってきますし、これを繰り返せば嫌われることにもなりかねません。賢い人は、話が一方的になりすぎないように、良く聞く耳も持つことが大切と言えるのです。

嫌われない賢い人になろう

賢い人と聞くと、自分とは違う特別な世界の人のように感じてしまう人もいるかもしれません。しかし、それは学歴やIQが高ければ良いということではないことも分かりました。そして、当たり前のことを一つ一つ確実にこなしていくことで、決して手の届かない高嶺の花ではないことも理解できたでしょう。

やるべきことにしっかりと的を絞って努力していけば、いつしか賢い人の仲間入りが果たせるかもしれません。ただし、嫌われないようにすることも忘れないようにしておきましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ