インスタ女子の闇とは?インスタ女子の特徴・あるあるや痛い行動まとめ

最近よく聞く、インスタ女子という言葉の意味をご存知でしょうか。インスタ女子は自己顕示欲が強いといった心理的特徴があるようですが、他にはどのような特徴があるのでしょう。痛い・うざいと言われる加工した自撮りばかりを投稿するインスタ女子のあるあると共にご紹介します。

インスタ女子の闇とは?インスタ女子の特徴・あるあるや痛い行動まとめのイメージ

目次

  1. 1インスタ女子とは
  2. 2インスタ女子の心理的特徴
  3. 3インスタ女子あるある~投稿編~
  4. 4インスタ女子あるある~ハッシュタグ編~
  5. 5インスタ女子の痛い行動【インスタ女子の闇】
  6. 6インスタ女子に対する男性の反応
  7. 7インスタ映えだけのために行動するインスタ女子は痛い!

インスタ女子とは

インスタ女子とは、今やSNSの中でも定番となっているインスタグラムにハマっている女子のことを指します。「いいね」の数やフォロワー数に一喜一憂し、インスタグラムに投稿するための写真を撮ることに必死になっている女子はまさしく「インスタ女子」と言われる存在です。

ここでは、承認欲求や自己顕示欲が強いと言われるインスタ女子の実態をまとめています。

そもそも「インスタ」とは

「インスタ」とは写真を投稿するSNSのことです。ツイッターが小まめにテキストが更新されることに対し、インスタは写真がメインのSNSです。そんなインスタは、今や国内外問わず多くの芸能人も登録しており、有名人のプライベートショットなどが見られる場所としても人気を博しています。

投稿する写真にハッシュタグを付けることでフォロワーを増やしたり、「いいね」を増やすことができ、最近では芸能人顔負けのキラキラ写真をアップする一般女子も増えているようです。中には、インスタで注目されてネット上で炎上してしまう一般人もいるほどだと言います。

インスタ映えを常に気にしている女子を指す

インスタに投稿する写真を撮るために遊ぶ場所や出かける場所を決め、インスタに投稿するためだけにその日入る飲食店を決める人もいます。このように、まるで「インスタ中毒」とも言える女性のことを「インスタ女子」と言うのです。

少し前に流行語となった「インスタ映え」に行動や生活を左右されている女子がいれば、要注意です。もしかすると、その人はインスタ女子かもしれません。SNSはルールを守って楽しく使うものです。特にインスタは写真がメインのSNSなので、その時撮った思い出の写真を時系列で残しておけるというのが大きなメリットでしょう。

しかし、インスタ女子の場合、思い出を残すはずのインスタがいつの間にか自分の承認欲求を満たすためのものになってしまっているのです。そんなインスタ女子の特徴を見ていきましょう。

インスタ女子の心理的特徴

一般的に、インスタのために生活しているとも言える「インスタ女子」は、自己顕示欲や自意識が人よりも高く、承認欲求も強いといったイメージを持たれるようです。そのため、インスタ女子に対して良い印象を持っている人は少ないと言われています。そんなインスタ女子の特徴をまとめてみました。

心理的特徴①自己顕示欲が強い

前述の通り、インスタ女子は自己顕示欲が強い傾向があります。可愛い言葉で言うと「かまってちゃん」なのです。素敵な写真やインスタ映えする写真を投稿し、「いいね」やコメントをもらうことで自己顕示欲が満たされ、そこに快感を覚えるのです。

中には、たまたま撮った写真が思ったよりも「いいね」やコメントが増えたことで快感を覚え、そこからインスタ女子まっしぐらという女性もいます。自己顕示欲が強いため、普段の自分よりも数倍キラキラした自分を演出してしまうのもインスタ女子の特徴でしょう。

心理的特徴②自分に自信が持てない

インスタ女子の心理的特徴として、自分に自信がないことも挙げられます。自分で自分を認められないからこそ、誰かに認めてもらいたいという承認欲求が生まれ、それが必要以上に大きくなってしまうのでしょう。そのため、「いいね」やフォロワー数を増やすため必死になってしまうのです。

本来であれば、自分の思い出や友達とのひと時を撮った写真を残す場所であるインスタを使い、「憧れの自分」を演出しているのかもしれません。私生活はともかく、インスタ上では写真だけなのでいくらでも素敵な生活をしている自分の演出が出来てしまいます。

心理的特徴③自分をよく見せたい

インスタ女子は、自分をよく見せたいという気持ちが強い傾向があります。インスタ上で見栄を張ってしまうのです。友達の多さや裕福さなどをインスタでアピールするため、わざわざ購入した商品を投稿したりする人も多いようです。しかし、芸能人ならともかく一般人が何を買ったか興味のある人なんて少数でしょう。

とにかく自分をよく見せたいがために、購入してもいない商品を撮影して投稿することもあるようです。そういった必死さが垣間見えることで「インスタ女子」は闇が深い・痛い、といったイメージがあるのでしょう。

心理的特徴④自分に構ってほしい

自己顕示欲が高いこともあり、常に誰かに構われたいといった特徴もあります。構ってくれる相手は選びません。インスタ上で知り合った本名も知らないような、会ったこともない人でも構ってくれるのなら良いのです。自分という存在を認めてもらいたいといった承認欲求の強さも見えます。

インスタ女子は上記のようなイメージがあるため、あまり良く思われていないようですが、関わらなければ無害ではあります。しかし、友人や恋人にインスタ女子がいる場合は全く関わらないというわけにはいきません。行動が目に余るようであれば、さりげなく注意するなどし、インスタ中心の生活にならないように気を配る必要があるでしょう。

インスタ女子あるある~投稿編~

インスタ女子の投稿写真あるあるを見ていきましょう。投稿する写真にこのような特徴がある場合はインスタ女子を疑っても良いかもしれません。心理的特徴にもあるように、自己顕示欲や承認欲求が強いため、普段の何気ない生活などを切り取った写真は一切投稿しないのも特徴的です。

あるある①加工技術はお手のもの

インスタ女子は盛れるカメラアプリをいくつもスマホにインストールしている人が多いです。文字入れやエフェクト、修正などの加工はお手のものでしょう。映ってほしくないものなどが映ってしまっても、それを消す技術も持っているのは凄いです。こういった加工は相当こだわりがあるから出来ることでしょう。

その技術を別のことに向ければ強みになりそうですが、それはしないのがインスタ女子です。あくまで自分の私生活をキラキラに見せるためだけに加工技術を駆使します。たまに行き過ぎた加工をして指摘されてしまうインスタ女子もいるようです。芸能人にも見られる加工技術です。

あるある②自撮りばかりアップする

一般人の自撮りをいくつも見たい人はあまりいないことでしょう。しかし、インスタ女子は自己顕示欲を満たすために自撮り写真ばかりをアップします。そして、その自撮り写真も加工技術で余計な部分はカバーしています。自分をよく見せるために一緒に写っている友人が半目になっていても、自分が可愛く写っていれば気にせず投稿することもあるのです。

そういったことから、インスタ女子は私生活でも周囲から孤立してしまうこともあります。SNSの使い方はその人次第です。ルールさえ守ればどんな写真を投稿しようと構いませんが、あまりにキメ顔の自撮り写真ばかり投稿すると「痛い」インスタ女子と思われてしまうでしょう。

あるある③リア充アピールが多い

インスタ女子の写真やストーリーの投稿でよく見られる特徴が、リア充アピールです。「リア充」とはリアル(私生活)が充実している人のことを指します。インスタ女子は「充実している自分」をアピールする写真の投稿を繰り返すのが特徴的です。本当に人生を楽しんでいる人が、必ずしも「楽しんでます!」といった写真をわざわざ投稿するとは限りません。

友達とパーティらしきイベントに参加している様子を頻繁に投稿したり、彼氏とお揃いのものを撮って投稿するなど、インスタ女子はリア充アピールに余念がありません。このようなアピールがインスタ女子が嫌われる原因の1つでもあるようです。

あるある④女子力アピールが多い

インスタ女子は女子力アピールを欠かさない人も多いことがインスタを見ていると分かります。例えば手料理の写真など、食べるためではなくインスタのために盛り付けたような食べ物の写真が多いです。可愛い食器にキレイに盛り付けたおかず、ランチョンマットなどにもこだわっている様子が写真から見て取れます。

他にもエステに行ってきたといった投稿やネイル、まつエクなどの投稿をしょっちゅうしているのも女子力アピールと言えるかもしれません。どの写真にも欠かさず自撮りが入っています。努力をすることは素晴らしいですが、わざわざアピールされても…というのが見ている人の本音でしょう。

あるある⑤ハッシュタグで文章を作る

インスタ女子のあるあるで最近とてもよく見られるのが、長文のハッシュタグです。「♯誕生日プレゼントにもらった♯欲しかったから嬉しい♯ありがとう」のようなハッシュタグにする必要があるのかと思う長文のものをよく見かけます。これもインスタ女子の投稿あるあるでしょう。

写真に添える文章もアピールに余念がありません。中にはセンスを感じるハッシュタグの使い方をしている人もいますが、そんな人は少数です。どんなワードでも検索されたいという気持ちの表れなのかもしれません。

あるある⑥異性の存在を匂わせる

「匂わせ女子」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。芸能人の中にもいますが、一般女子でも「匂わせ投稿」をしているインスタ女子がいるのです。誰が得をするのか、と思わずツッコミたくなりますが、食事写真の端っこに異性の手が写っていたり、薬指に指輪をしているのをアピールしたりするようです。

彼氏がいることをアピールしていたり、彼氏の有無を聞いてほしかったりするのかもしれませんが、芸能人ならともかく一般女子の恋愛事情に興味がある人は少ないことでしょう。異性だけでなくブランド物をさりげなく端っこに写したりするのも、インスタ女子がうざいと言われる理由の一つです。

インスタ女子あるある~ハッシュタグ編~

ここからはインスタ女子がよく使うハッシュタグを紹介します。インスタでインスタ女子を検索したい時は、これらのワードで検索をかけてみましょう。

かなりの数のインスタ女子たちを見ることが出来ます。インスタ女子が嫌いという人も中にはいるかもしれませんが、インスタ女子が嫌いで調べるという人は、最低限のマナーは守りましょう。面白おかしくコメントしたり、炎上させるようなコメントは控えることが閲覧する際のルールです。

あるある①#お洒落さんと繋がりたい

まとめサイトなどで、「♯お洒落さんと繋がりたい」というハッシュタグを付けるとフォロワーが増える、といったことが紹介されています。その影響なのか、インスタ女子はとにかくこのハッシュタグを多用しています。実際にお洒落さんと繋がれることがあるのかは不明ですが、お洒落だと自認している人がそれだけ多いということかもしれません。

このハッシュタグを使う写真には、コーディネート写真が多く見られます。自身がお洒落だというアピールでもあるのかもしれませんが、若槻千夏いわく、「本当にお洒落な人はこのハッシュタグは付けない」のだそうです。確かに、モデルや女優がこんなハッシュタグを付けていることは少ないのではないでしょうか。

あるある②#すっぴんですみません

このハッシュタグは「うざい」と言われることが1番多いかもしれません。まず、「すみません」と言うくらいならすっぴん写真を投稿するな、といった反応があります。そして、インスタ女子の中には、すっぴんと言いながらナチュラルメイクを施している場合もあるようです。これでは「すっぴんも可愛い」というコメント待ちだと思われてしまうでしょう。

カラコンや眉メイクをしていれば、それはもうすっぴんではありません。また、芸能人のすっぴん写真ならともかく、一般人のすっぴん写真を見せられても…という声もあります。わざわざ時間をかけてナチュラルメイクを施した「自称すっぴん画像」を投稿しハッシュタグを付ける行為が意味不明だという意見もあり、痛いと感じる人が多いようです。

あるある③#いいね返し

インスタ女子は、「いいね」やフォロワー数のためにインスタに写真を投稿しています。「いいね」をもらえる写真を投稿するために努力しているのです。「#いいね返し」というハッシュタグは「いいね」をしてくれたら「いいね」を返しますという意味なのだそうです。そこまでして「いいね」を増やすことに一体何のメリットがあるのかは不明です。

あるある④#こう見えて30歳

こうしたハッシュタグは女性に嫌われるハッシュタグともいえるのではないでしょうか。「こう見えて」と自分で言ってしまう辺りが痛々しいです。「30歳に見えない」といった反応を期待しているのでしょう。自分では若く見えているつもりでも、こうしたハッシュタグを付ける女子に限って「そう見える」人が多いとも言われています。

こういったハッシュタグは多用しない方が良いでしょう。「30歳に見えないでしょう」という自己意識が丸見えです。実際、普段から手入れやエステなど努力をしているのであれば、尚更このようなハッシュタグを付けての投稿はおすすめしません。年齢不詳を貫く方が格好いいでしょう。

あるある⑤#デブ活

思わず食べてしまったボリュームのある食事写真に付いていることが多いのがこのハッシュタグです。「#デブ活」というハッシュタグを付けている女子は大体細身で太っていません。痩せているのに大食いだということをアピールしたいのかもしれませんが、自身の体形にコンプレックスがある人が見れば、このハッシュタグは反感を買うこともあるでしょう。

インスタ女子の痛い行動【インスタ女子の闇】

ハッシュタグだけでも十分インスタ女子の痛々しさが分かってもらえたと思いますが、続いてはインスタ女子の闇を紹介します。インスタ女子といってもSNSで自分アピールをするだけなら害はありません。しかし、中にはインスタのために周りに迷惑をかけてしまうインスタ女子も多いようです。

痛い行動①ポエム調で自分語りをする

インスタ女子の痛い行動として、ポエム調の投稿が挙げられます。見ている方はどのようなリアクションを取ればいいのか分からないため、受け流すしかありません。また、そのポエムの中でもしっかり自分語りをしてアピールしています。ポエム投稿はどう受け止めるれば正解なのか、周囲が理解できない場合も少なくありません。

「繊細な自分」をアピールしている、心に闇があることを知ってほしいと言った感情があるのかもしれませんが、どちらにせよ、それを理解できる人ばかりではありません。非難されたくないのであれば、投稿しない方が無難でしょう。

痛い行動②SNOWの自撮り写真ばかりアップする

痛いインスタ女子がやりがちなのが、SNOWというカメラアプリを使った自撮り写真ばかりを投稿することです。SNOWは目を大きく見せてくれることはもちろん、顔に動物のスタンプが付いたり、輪郭まで変わり肌もキレイに写ります。そういった加工写真ばかりを載せているのもインスタ女子の痛さです。

SNOWに写った自分が本当の自分だと思っているのかもしれません。友達同士など複数人でSNOWを使って写真を撮っている画像なら分かりますが、自撮りキメ顔でSNOW写真ばかりを投稿するのは痛々しいでしょう。インスタ女子の底知れない闇を感じる投稿でもあります。

痛い行動③体温計を映して病んでるアピールをする

体調が悪いアピールをしている投稿は、まさしく「かまってちゃん」だと言えるでしょう。心配してほしい気持ちが人一倍強いのかもしれません。体調が悪い時にまでインスタに投稿する写真を撮ってしまう点は、典型的な「インスタ女子」と言えるでしょう。見ている人からすれば、「投稿せずにしっかり休むべきでは…」と疑問を感じてしまうようです。

痛い行動④インスタ映えのためだけに出かける

インスタ女子は、インスタ映えだけのために出かけます。インスタに写真を投稿するために食べもしない料理を頼む人もいるのだそうです。どんな理由があっても食べ物を粗末にしてはいけません。インスタでどれだけキラキラした自分を演出しても、一般常識とも言えることが分からないようでは本当のキラキラ女子とは言えないのではないでしょうか。

また、インスタ映えのために生き物(主に犬など)を飼う人もいるのだそうです。犬や猫といったペットは、物ではありません。責任を持って面倒を見なければならない「命」です。インスタ映えばかり気にして一般常識やその他のことが見えていない人は、痛いを通り越して危険人物と言えるでしょう。

インスタ女子に対する男性の反応

あまり良く思われることのないインスタ女子ですが、そんなインスタ女子に対する男性の反応をまとめてみました。インスタを純粋に楽しむ女性やセンスの良い投稿をする女性は男性にも女性にもウケが良いです。しかし、行き過ぎたインスタ女子は女性のみならず男性からも評価は低いようです。

ここに当てはまる行動をしているかもしれない、と思ったらインスタから少し離れるべきかもしれません。インスタ上だけでなく、本当に私生活を楽しむために注意しましょう。

頑張りすぎてて痛い・うざい

盛りすぎている写真や、露出の多い服装を投稿するなど、実物の自分とまるで違う自撮り写真ばかりの投稿は痛い・うざいと思われてしまいます。女性なら少しでも自分を可愛く見せたいものでしょう。しかし、行き過ぎた加工や修正は男性にとっては理解出来ない行動のようです。

人は誰でも、他人には無い自分だけの魅力というのがあるものなのです。そういった魅力を活かした自然な写真なら男性からも好評価であることでしょう。また、自撮り写真ばかりをインスタに投稿するのも理解できないと思う男性が多いようです。男性の評価も考えるのであれば、インスタは写真で撮った思い出を残す場所として使う方が効果的かもしれません。

TPOをわきまえてほしい

先述したように、インスタに夢中なインスタ女子は「映え」のためだけに行動しがちです。常識から外れた行動をしてしまっていないでしょうか。食べもしない料理を写真を撮るためだけに頼んだり、人がたくさんいる中でインスタに投稿する写真を撮りまくったりという行動は良くありません。男性だけでなく女性からも冷ややかな目で見られるでしょう。

そういったインスタ女子はインスタが自分の世界の中心になっているのです。常識や人の迷惑、気持ちを度外視してまでインスタ映えを意識した写真を撮り、いいねをもらうことは褒められた行為ではありません。また、友情までも踏みにじってしまう可能性があり、気付けば手元には何もなかったということもあるでしょう。

常識はずれな行動をしてしまっていると少しでも感じた人は今すぐインスタから離れることをおすすめします。

料理が冷めてしまうのが辛い

男性の不満が1番多いのが、食べ物の写真の投稿です。インスタ女子は盛れる写真を撮るために何枚も撮影することがあります。食べ物を頼んでも「食べる前に撮るから待って」と言われることもあるのだそうです。そうしているうちに料理が冷めてしまうのです。

せっかく頼んだ料理は熱いうちに食べたいものでしょう。料理写真を撮るなら素早く終わらせてあげるのが相手のためです。もしくは同じインスタ女子同士の集まりでの撮影にとどめておきましょう。インスタに投稿するために待たされる彼の身にもなってあげてください。

一緒にいることを楽しんでほしい

インスタ女子は、どんな時でもインスタ映えを狙っている人が多いです。そのため、デートの行き先もインスタ映えする場所、インスタ映えする店を選ぶ場合も多いでしょう。しかし、男性からすればインスタ優先で自分といる時間は二の次なのか、と思ってしまうようです。

デートにおいて、「誰と」「どこへ行くのか」は少なからず重要です。インスタに投稿する写真ばかりを重要視しているではないでしょうか。インスタ映えばかりでなく、彼氏や友達と一緒にいる時間を純粋に楽しみましょう。インスタはあくまでSNSです。友達や彼氏、家族ではありません。それに振り回されすぎて、貴重な友人や彼氏を失ってしまうことが無いようにしてください。

インスタ映えだけのために行動するインスタ女子は痛い!

インスタ女子の特徴をご紹介致しました。中には、思い当たることがあった女性もいるのではないでしょうか。「いいね」や「フォロワー」の数がその人の魅力になるわけではありません。インスタをやっていなくても人生充実している人はたくさんいるのです。また、一部を切り取った写真だけで、その人の価値や魅力を図ることも出来ません。

インスタ女子の特徴に思い当たることがあった場合、インスタから少し距離を置いてみてください。インスタに投稿したり投稿する写真を撮ったりしていた時間を、自分磨きに使ってみてもいいでしょう。本当に自分らしい自分は、インスタの中ではなく現実にあるということを忘れないようにしましょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ