売れ残り女の特徴や性格7選!待ち受ける悲惨な末路とは!

売れ残り女というワードは以前からある言葉です。悲惨な末路がイメージされるせいか表立っては語られなかったのがネットによって拡散されるようになりました。果たして売れ残り女とは自業自得の結果なのか、特徴や性格、婚活の様子など、売れ残り女の実態に迫ります。

売れ残り女の特徴や性格7選!待ち受ける悲惨な末路とは!のイメージ

目次

  1. 1売れ残り女にはなりたくない!
  2. 2売れ残り女の特徴【性格】
  3. 3売れ残り女の特徴【条件・態度】
  4. 4売れ残り女は自業自得といわれる理由
  5. 5売れ残り女の悲惨な末路とは
  6. 6売れ残り女を脱するためにすべきこと
  7. 7売れ残り女から脱するためには現実をきちんと直視しよう

売れ残り女にはなりたくない!

売れ残り女と聞いて、その言葉の意味を全くわからない、見当がつかないという人はいないでしょう。ほとんどの人が予測のつくとおり、売れ残り女とは、周囲から見て結婚に縁遠いと思われている女性のことを指しています。最近では女性の社会進出に伴い、晩婚化や、あるいは必ずしも結婚を人生の目標としない考え方も台頭してきました。

しかし、どうやら、そういった考え方の女性と売れ残り女と呼ばれる女性は区別された存在のように語られています。いってみれば、本人に結婚する意志は充分あるにもかかわらず、結婚に縁遠くなってしまっている女性こそが、売れ残り女ということなのでしょう。そこで、その売れ残り女と呼ばれる女性たちの実態について調査し紐解いていきます。

彼女たちに共通する性格や特徴、婚活はどうしているのかなど、売れ残り女の現実を見ていきましょう。

そもそも「売れ残り女」の意味とは

そもそも売れ残り女というワードの「売れ残り」とは、陳列されている何らかの商品群の中で、売れずに残ってしまったものを指す言葉です。食品、服飾品などのジャンルに隔たりなく、どんな商品にも使われています。そして、そのような売れ残り商品は、食品などのように賞味期限があるものは廃棄され、衣服などはバーゲンに回されたりしてきました。

その売れ残りという言葉が、いつしか、結婚適齢期といわれている年齢を過ぎても独身でいる女性に対して用いられるようになったのです。いつ頃からそう呼ばれるようになったか、誰が最初に言い出したかなどの起源については明らかではありません。また、男性に対して、売れ残り男という言い方はしないのが通常です。

女性を商品になぞらえていることも含め、背景に男尊女卑的発想があったのかもしれません。しかし、それも定かにはなっていないのが現状です。

売れ残りと言われる年齢は…

さて、それでは売れ残り女と言われてしまう分岐点となる結婚適齢期とはどのぐらいの年齢をいうのでしょう。これについては世の中の晩婚化に合わせて、過去よりも高い年齢にはなってきているようです。しかし、多くは個人の主観によって結婚適齢期の感覚は違います。したがって、年齢が高い人ほど、女性の結婚適齢期と思う年齢は低い傾向にあります。

厚生省の資料によると、平成27年時点の女性の平均初婚年齢は29.4歳です。ちなみに、その20年前の平成7年は26.3歳でした。また、最も人数が多い初婚年齢は平成27年が26歳と27歳、平成7年が25歳となっています。平均年齢の上昇に比べ、人数比の年齢はそれほどではありませんでした。つまり、平均年齢というデータは指標にはならない可能性大です。

そして、重要なのは人数比と考えることができます。そうなると、売れ残り女と言われてしまう年齢とは、27歳オーバーというのが1つの目安ととらえることができるでしょう。

売れ残り女の特徴【性格】

売れ残り女と言われる女性たちに見られる共通する特徴を探っていきましょう。まずは、その性格にスポットライトを当てました。売れ残り女に共通する3大性格を挙げていきます。独身女性の人は、自分の性格に当てはまってしまう部分があるかどうか、特によく読み進めて下さい。

特徴①プライドが高すぎる

売れ残り女の性格の特徴の1つは、その高すぎるプライドです。人間誰しもプライドは持っています。また、人生を生きていく上でプライドは必要不可欠ともいえるでしょう。ただし、その程度が問題になります。売れ残り女の場合、とにかくプライドが高すぎるのです。これは多くの場合、過去の経験に起因していると考えられます。

例えば、学生時代に成績が優れていたのかもしれません。あるいはスポーツが得意で脚光を浴びていた可能性もあります。また、容姿端麗で異性から人気を集めていたのかもしれません。いずれにしても何らかのチヤホヤされた経験から、お山の大将的なプライドが形成されてしまったのではないかと推測されます。

その結果が自分中心主義の負けず嫌いで、やたらとマウンティングしようとする行動となって表れ、いつの間にか周囲から煙たがられる存在になってしまったのでしょう。

特徴②自分に自信がある

売れ残り女の高すぎるプライドは、別の形でも性格となってあらわになります。それは自分に対する自信です。自信を持つこと、自信があることはプライド同様に、思っていて悪いことではありません。これもむしろ必要なことです。しかし、その自信の持ち方、持ち具合というのが問題になってきます。

売れ残り女の場合の自分への自信というのは過信であったり、ひどい時は勘違いというケースが多いのです。それは例えば、職場でのチームワークなど意に介さず、単独で何でもこなせると思い込んでいたりします。まだまだ異性からモテると高をくくっていることもあるでしょう。

そして、自信過剰の売れ残り女の最も顕著な悪い例として、他人の意見には耳を貸さず自分の意見を決して曲げないという悪癖となって表出します。

特徴③理想が高すぎる

高すぎるプライドと過剰な自信を持った売れ残り女にお約束ともいえる第3の性格は、妥協ができないことです。これは言い換えれば、理想が高すぎることを表しています。何に対しても理想は高いのですが、売れ残り女の現状に直結しているのが結婚相手の理想です。周囲が聞いたら、開いた口がふさがらないレベルの理想の高さを誇ります。

もしかしたら、それは理想という概念すら超越した、売れ残り女特有の夢想といっていい代物なのかもしれません。このように売れ残り女の3大性格は、それぞれが密接に絡み合って、悪い意味での相乗効果をもたらしてしまっています。本来なら、売れ残り女の性格3点セットは、度を越えなければ長所といえたはずです。

しかし、「過ぎたるはなお及ばざるが如し」ということわざどおり、売れ残り女の人生に悪影響を及ぼしてしまったといえるでしょう。

売れ残り女の特徴【条件・態度】

引き続き、売れ残り女の特徴について掘り下げていきます。売れ残り女を知るにあたって、より特徴を反映していると判断できるものを抽出しました。それは、日常の生活態度と、売れ残り女自身の結婚に掲げる条件です。以下に4つの特徴を挙げていきます。果たして自分に合致するものがあるかないか、落ち着いて考えながら読んでみて下さい。

特徴①男性に養ってもらいたい

売れ残り女の特徴として多く見られることの1つが、結婚の条件に専業主婦となることを挙げている点です。老後の生活資金の厳しさが強く叫ばれるようになった昨今、男性に養ってもらう専業主婦など、ひと昔もふた昔も前の結婚観です。確かに、ごく一部存在する富裕層であれば専業主婦も可能でしょう。しかし、普通の人であれば、そんな夢想はしません。

売れ残り女の性格の特徴である高すぎる理想が、こんなところで表層に出てきてしまいます。そして、専業主婦願望は男性側からすれば敬遠したい条件です。つまり売れ残り女は、身のほど知らずな専業主婦願望によって、かえってさらに自ら婚期を遠ざけさせるという、負のスパイラルに陥っていることになります。

特徴②男性を選り好みし過ぎている

売れ残り女の3大性格は、結婚相手に求める条件についても色濃く反映され、売れ残り女の特徴として表面化されます。一般的に世の女性が掲げる結婚相手に求める理想は、高学歴、高身長、高収入の3高と言われてきました。しかし、売れ残り女の場合、結婚相手に求める条件はそんな3つ程度では収まりません。

売れ残り女の多くが3高以外に結婚相手に求めるものを挙げてみます。まず、性格や気質、価値観や人間性の良さを求めます。それから、対人関係構築が上手で優れた人脈を持ち、人生経験の豊富さも重要なポイントです。また、男性が次男でありその父母が口うるさくないことも望みます。そして当然、イケメン以外、眼中にありません。

このように書き出したら枚挙にいとまがないほど、男性を選り好みするのが売れ残り女の大きな特徴の1つです。

特徴③常に上から目線で話す

売れ残り女は、その態度にも特有なものがあります。何といっても目につくのが、上から目線で話してくる姿です。高すぎるプライドと自信過剰の性格が、ここでも災いとなって姿を現します。もしかしたら売れ残り女本人は無意識というか無自覚で、そういう態度なのかもしれません。

しかし、何でも知ったかぶりだったり、自分の意見を押しつけるなど、人を見下すような態度は誰からも歓迎されないでしょう。それが結婚の対象となる男性であっては、より鮮明かもしれません。こうして売れ残り女は、またしても自らの態度が結婚を遠ざける負のスパイラルにハマっていくのです。

特徴④自分はまだ若いと思っている

売れ残り女の過剰な自信は、自身の年齢感覚までおかしくさせるようです。本記事の年齢分析として、いわゆるアラサーが売れ残り女、または売れ残り女予備軍と位置付けました。そんな年齢である売れ残り女に限って、自分はまだ若いという感覚を持って日々行動している傾向が強いのです。

確かに見上げれば自分より上の年齢という人は世の中にたくさんいるでしょう。しかし、ここで注視しなければいけないのは、まだ独身で現在婚活中である女としての年齢という観点です。気が若いのは構いません。ただ結婚を意識する時にいつまでも20代前半のような気分でいると、あっという間に置いてきぼりをくらうことに無頓着なのです。

売れ残り女は自業自得といわれる理由

自業自得とは本来、仏教用語です。もともとは良い意味、悪い意味の両方を示唆していたのですが、現代では悪い意味合いで使われるようになりました。その意味は、自分の今までの過去の行いの報いは自分自身が受けるということになります。つまり、売れ残り女が売れ残ってしまっているという現実は、今までの売れ残り女本人の行動のせいだということです。

それでは一体、売れ残り女のどんな行いが自業自得といわれてしまうのでしょうか。3つのポイントに絞って見ていきましょう。

現実を直視できていない

売れ残り女によく見られるパターンとして、現実を直視できていない行動が指摘されています。直視とは、目をそむけずに真実をありのままに見つめることです。一見、当たり前に誰でもできそうなこの行動が、売れ残り女の場合には苦手、あるいは行えていない現実があります。例えば、先ほどの自分をまだ若いと思っていることも、これに当てはまります。

アラサー婚活女子に対して、20代前半の女性に接するように本気でチヤホヤしてくれる男性など稀であることを見ていません。少しのお世辞やおだてでプライドをくすぐられ目がくもってしまいます。結婚相手に望む高すぎる条件も、売れ残り女である自分の立ち位置や理想の相手は既婚者ばかりという現実が見えていません。

つまり、売れ残り女は自分を客観視する視点を見失ってしまっているのです。

いまだに実家暮らしをしている

売れ残り女にありがちな要素が、家事全般を苦手としていることです。これは、単なる恋愛関係の状態では特に問題視されることはありません。ところが、結婚を前提として考える時、様相はガラリと変わります。家事が苦手なことは大きく不利な要素となるのです。そして、家事ができない最大の原因は、ほとんどの場合、実家暮らしをしていることです。

掃除も食事も洗濯も、ほとんど母親任せで済んでしまう実家暮らしは確かに楽チンでしょう。しかし、家事へのその無頓着さがアダとなって、自身のポイントを大きく下げることにつながっているのです。また、一人暮らしと比較するとお金の使い方も荒い傾向があるといわれています。家賃や光熱費のやり繰りなど無関係な生活だからです。

その点も結婚を考える男性側から見た時、決して好印象とはならないでしょう。

選ばれる立場だとわかっていない

売れ残り女に多く見られる特性として、売れ残りとなる以前の状況は決してモテないタイプではなかったことが挙げられます。したがって、その当時の感覚としては自分が男性を選ぶという意識で生きていたのでしょう。しかし、それから時は過ぎ、売れ残り女となってしまった現在は、状況が変わったことに気づけないでいます。

もはや、自分が結婚相手を選ぶ立場ではなくて、自分は男性側から選ばれる立場に変貌したことをわかっていないのです。いや、もしかしたら本当はうすうす気づいてはいるのかもしれません。でも、それを認めるのが嫌で現実から目をそむけ、プライドだけで強がっている可能性もあります。

売れ残り女の悲惨な末路とは

悲惨な末路などという言葉を聞くと、ドラマじみた大げさな表現だと思う人がいるかもしれません。しかし、売れ残り女の場合、その悲惨な末路という言葉は決して度を越えた脅かしの表現などではなく、大いにあり得る予見される未来の姿です。では、売れ残り女に半ば約束されてしまう悲惨な末路とは具体的に、どんなものなのでしょうか。

非常に可能性の高い3つの事柄を選びました。読みながら、その状況をよくよく想像してみて下さい。

悲惨な末路①交友関係が狭くなる

売れ残り女の悲惨な末路として予想できる将来像の1つは、交友関係が狭くなることです。現実の傾向から考えて、ほぼ100%に近い確率で起こり得るでしょう。現在学生という人にはわかりづらいかもしれません。しかし人間の人生では、学生から社会人になった時、独身から結婚した時、結婚後の過ごし方という大きな節目を境として、交友関係は変化します。

新たな交友関係も生まれる反面、希薄になっていってしまう関係もたくさん出てきます。それは例えば学生時代にどんなに仲が良かったとしても環境が変わればどうなるかわかりません。売れ残り女の場合、周囲がどんどん結婚していく中、1人だけ独身という立場です。類は友を呼ぶということわざがありますが、既婚者の集まりには自然と足が遠のきます。

そうこうしているうちに同じ売れ残り女同士の知人ぐらいしか、交友と呼べる関係を結ぶ相手がいなくなってくるのです。

悲惨な末路②人の幸せに嫉妬する

交友関係が狭くなってしまった売れ残り女は、当然ながら色んな意見を聞く場や相手がなくなっていきます。悲しい現象ですが、そうなると人間どうしても視野も狭くなるものです。視野の狭い人は心にゆとりもなく、ついつい周囲に対して批判がちになります。また、意見を聞く場がないということは、自分も意見を言って発散する場がないということです。

気持ちの発散ができない売れ残り女は、人よりもストレスをかかえる可能性が高まります。それら2つの精神状態が及ぼすのは、他人の幸せに嫉妬してしまう心理を芽生えさせることです。この売れ残り女の嫉妬心は、心の中で思うだけでは収まりません。ついつい、それを口に出してしまうでしょう。しかも、よりとげとげしい表現を伴います。

こうして、無用とも言える嫉妬心を持ち、口走ることによって交友関係はさらに狭まるという負のスパイラルが、ここでも発生するのです。

悲惨な末路③老後やお金の心配が増える

売れ残り女の悲惨な末路として予想されるのは、精神的問題ばかりではありません。数十年先のこととはいえ、老後の生活そのものがどうなるのかという問題が身に降りかかります。

老後の生活の心配とは具体的には、金銭面の不安です。現在の日本の社会福祉制度の破綻の可能性がささやかれる今日この頃、年金だけでは生活できない時代が来るだろうということは誰もが予見しています。そんな時、売れ残り女がこのまま独身であったとしたら、その厳しい老後の生活資金を自分1人で何とかしなくてはなりません。

また、仮に老後の生活資金は何とか確保したとしても別の不安がつきまといます。それは、夫も子供もいない独り身では、病気や怪我をした時にどうするかということです。年を取れば気力も体力も衰えます。ただ風邪をひいただけだとしても老いた状態では、どうなるかわかったものではないでしょう。売れ残り女の老後は心配の種が尽きないのです。

売れ残り女を脱するためにすべきこと

売れ残り女の特徴から悪いところ、そして悲惨な末路予想まで見てきました。危機感を持った該当者、またはその予備軍かもしれない人もいるでしょう。記事の最後に売れ残り女を脱する方策を探っていくことにします。人間、あきらめずに相応の覚悟を持って臨めばピンチをチャンスに変えることは可能です。

決してあきらめずに売れ残り女から脱する具体策を実践してみて下さい。

婚活を始める

自分に売れ残り女の自覚や、その予備軍としての焦りを感じるなら、とにかく真面目に婚活に取り組むべきです。具体的にはマッチングサイトや結婚相談所に登録し、色々な情報や知識を得て心構えを整えることから始めましょう。また、真面目にというのは、単に真剣にという意味だけではありません。

冷やかしや面白半分の気持ちは論外ですが、とにかく素の自分になることです。素の自分とは、まず、余計なプライドを捨てましょう。次に、男性を選り好みするような理想や条件は取り外します。そして、お互いに結婚相手を選び選ばれる環境の中にいることを充分認識したうえで、自分に合うパートナーを探し出す強い気持ちを持つことです。

現実を直視する

前項とも関連することですが、売れ残り女になってしまった、あるいはなってしまいそうな自分というものを客観的によく見つめることが大事です。自分が目をそむけてきたことは人それぞれ色々あるでしょう。ただし、多くの売れ残り女に共通していることの代表格は、自分の年齢感についてです。若ぶるのは問題外で、むしろ、その逆の姿勢が必要でしょう。

つまり、年相応の振る舞いや発言をすればよいのです。若ぶってみたところで実年齢が若返るわけではないのですから、今の自分の年齢に見合った言動こそが自分を引き立たせると知りましょう。この年齢に関する発想の転換は必ず行ってから、上述の婚活を始めて下さい。

前向きな気持ちを持つ

売れ残り女を脱却するためには、素の自分になること、つまり謙虚な気持ちで婚活を始めることをおすすめしました。ただし、その時に注意してもらいたいことが1つあります。今までの自分を反省し過剰なプライドや自信を抑えるのは良いことです。しかし、だからといって卑屈になることだけは絶対に避けましょう。念のため、悪い卑屈な例を挙げておきます。

何かをする時、あるいは何かが起こった時、「自分はどうせ売れ残り女だから」というロジックで気持ちを納得させたり、結論を出してはいけません。卑屈さとは後ろ向きな精神のことです。そんな心理状態では何も上手くいかないのは目に見えています。謙虚であっても気持ちは常に前向きでいましょう。それが人を惹きつけることにもつながります。

売れ残り女から脱するためには現実をきちんと直視しよう

自業自得でなるべくしてなってしまった売れ残り女の実態は以上のとおりです。予見される悲惨な結末を知って寒気を覚えた人もあったでしょう。しかし、売れ残り女にもまだ救いの道は残っています。それは、自業自得ではっきりした原因がわかっているからです。他の誰でもない自分を変えることができれば、売れ残り女から脱することも可能といえます。

心底自分を変えるのが難しいと思うなら、最低限として、結婚相手が決まるまでの期間だけでも自分を変えればいいでしょう。そのためにも現実を直視し、今の自分をよく見つめて下さい。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ