河内弁(大阪の方言)とは?怖くて汚い?例文付き一覧で紹介!

河内弁は大阪の河内地域で使われている方言です。「怖い」「汚い」などとよく言われる河内弁ですが、どのような言葉遣いをするのでしょうか。関西の他の種類の方言とも比べながら、使い方の例や特徴などを挙げて河内弁を徹底解明してみましょう。

河内弁(大阪の方言)とは?怖くて汚い?例文付き一覧で紹介!のイメージ

目次

  1. 1河内弁とは
  2. 2河内弁の特徴とは
  3. 3河内弁が怖い・汚いと言われている理由
  4. 4河内弁の使い方とは?例文付き一覧
  5. 5河内弁以外のおもな関西弁の種類とは
  6. 6河内弁はメディアのイメージから怖い方言と思われやすい

河内弁とは

怖いと感じる人が多いと言われる、河内弁という方言をご存知でしょうか。近畿地方に住んでいない人であれば、初めて耳にする人もいるかもしれません。河内弁は、数ある大阪弁の種類の一つで、「かわちべん」と読みます。

河内弁を聞いたことがあるという人からは、一般的に「汚い」、「怖い」イメージを持たれることが多いようですが、どのような方言なのでしょうか。河内弁を全く聞いたことがないという人にもイメージできるように、河内弁について詳しくご紹介します。

大阪の河内地域で使われている方言

河内弁とは、大阪府の東部に位置している「河内地域」と呼ばれる地方で昔から使われてきた方言です。河内地域は東大阪市や枚方市を含む14の市で構成されており、北河内地方、中河内地方、南河内地方の3つに分けることができます。

この「河内弁」と一括りで呼ばれることが多い方言ですが、北河内地方、中河内地方、南河内地方の3つの地域で、表現やイントネーションが微妙に違うようです。3つの地方でどう違うのかというと、大まかに言えば、北河内弁は京都府内で使われている「京言葉」と呼ばれる方言の影響を受けている点に違いがあります。

また南河内弁は、後で詳しく解説する泉州弁と強い繋がりがあるのではないかと言われています。その中でも中河内弁は、他の方言の影響をあまり受けておらず、最もスタンダードな河内弁だと考えていいでしょう。

方言のワーストランキングにも選ばれている

日本全国にある方言を対象にした人気ランキングというものがあることをご存知でしょうか。国内で人気のある方言は、1位が博多弁、2位が京都弁、3位が大阪弁というランキングになっています。人気の方言ランキングとは反対に、汚い方言ランキングというワーストを決めるランキングもあります。

河内弁は、人気の方言ランキングの上位である3位の大阪弁の一つです。にも拘らず、河内弁はワーストランキングの上位にいるのです。子供の頃から方言のない地域に住んでいる人からすると、方言は憧れるものかもしれません。しかし、きつく聞こえがちな河内弁は、あまり好かれていない方言のようです。

河内弁の特徴とは

汚い方言、怖い方言と世間から思われている河内弁とは、いったいどのような方言なのでしょうか。河内弁の特徴を知ると、河内弁が「汚い」「怖い」と世間から嫌われてしまう理由が見えてくるかもしれません。河内弁の特徴には以下の三つが挙げられます。

特徴①二人称を「われ」「おのれ」と言う

河内弁の特徴としてまず挙げられるのが、二人称の言い方です。「あなた」や「君」と名前を呼ぶ以外で誰かに呼び掛ける時に、河内弁では「われ」と言います。もっとガラの悪い言い方になると「おのれ」と言うのも、河内弁では一般的なようです。

「われ」や「おのれ」という二人称の言い方は、河内弁を使っていない人からすると、まるでヤクザが話しているように聞こえるでしょう。誰かから急に「おのれ~」と話し掛けられたら、ビクッとしてしまうかもしれません。そのくらい、「われ」や「おのれ」は一般的には馴染みのない二人称だと言っていいでしょう。

特徴②語尾に「〜やんけ」を使う

東京の人が「~じゃん」や「~だよね」という言い方を、河内弁では「~やんけ」と言います。大阪弁だと「~やんか」ともう少し柔らかい雰囲気の言い方になるため、東京の人だけでなく、河内地方以外の大阪に住む人が聞いてもかなりきつく感じる言い方でしょう。

河内弁を話さない人が「~やんけ」と突然話しかけられたら、ツッコミを入れられているのか、はたまた喧嘩を売られているのかと勘違いしてしまうかもしれません。大阪の人の会話は一般の人でも漫才のようだと言われますが、近畿地方以外の人にとっても「~やんけ」とう表現は、なかなかハードルが高いのではないでしょうか。

特徴③ら行を巻き舌で言う

河内弁には、ら行を巻き舌で話すという特徴もあります。前述した「あなた」という意味の「われ」や「おのれ」という二人称でも、最後の「れ」を巻き舌で言います。そのため一般の人からすると、まるでヤクザに声を掛けられているかのように聞こえるでしょう。

河内弁がどんな言葉か知らない人が、誰かから突然「われ~」と巻き舌で話し掛けられたら、恐怖を感じて逃げ出してしまっても仕方ないのではないでしょうか。それほどに、ら行に巻き舌を使う表現はガラが悪いという印象を相手に与えてしまうのでしょう。

河内弁が怖い・汚いと言われている理由

河内弁の特徴は少し理解できたでしょうか。文章を読みながら実際に発音してみると、汚く聞こえる、怖く聞こえると言うのが分かりやすいかもしれません。河内弁がよく「怖い」「汚い」と言われるのには、こうした乱暴に聞こえる言い方以外にも理由があります。河内弁が「怖い」「汚い」と言われる理由をまとめておきましょう。

乱暴な言い方に聞こえる

河内弁の特徴を見ると分かる通り、河内弁には他の地方の人からするとガラが悪いような、乱暴に聞こえる言い方がたくさんあります。「われ」や「おのれ」と言う二人称はもちろん、ら行を巻き舌で話すのも乱暴な言い方に聞こえるでしょう。

漫才のツッコミのような「~やんけ」も、通常の会話で使用すれば他の地方の人は喧嘩を売られているように感じてしまうでしょう。他にも、「~する」を意味する「~さらす」や、「殴る」を意味する「どつく」など、河内弁には独特の表現がたくさんあります。

そして、そのどれもが他の地方の人からすると乱暴な言い方に聞こえてしまうのです。

ヤンキー漫画やヤクザ漫画に多用されている

しかし、何の情報もなく初めて河内弁を聞いただけであれば、「怖い」「汚い」という印象を抱くかは微妙でしょう。全く知らなければ、何を言っているのか分からず何も感じないかもしれません。河内弁が一般的に「怖い」「汚い」というイメージを持たれる原因として、ヤンキー漫画やヤクザ漫画でよく使われていることが大きな要因になっています。

もちろん漫画だけでなく、ヤクザ映画やヤンキー映画などでも河内弁を使って喋っているシーンはよくあり、これらの印象から、河内弁はヤクザやヤンキーが使う言葉として「怖い」「汚い」というイメージが一般に広まったのでしょう。
 

ヒット曲『河内のオッサンの唄』のイメージ

河内弁という存在を全国に広めた一番の要因は、『河内のオッサンの唄』だと言われています。ミス花子が1976年にリリースした曲で、当時大ヒットし、同年にこの曲を元にした映画まで作られた作品です。

この曲には「ビールでも飲んでかんか、われ。(ビールでも飲んでいきませんか、あなた。)」「はよ上がらんけぇ、おんどりゃ。なにさらしとんの。(早く上がってくださいよ、あなた。遠慮せずに、さぁどうぞ。)」といったコテコテの河内弁のフレーズが数多く使われています。

この曲と映画のヒットにより、河内弁の乱暴に聞こえる話し方のおじさんのイメージが広く定着したのかもしれません。

河内弁の使い方とは?例文付き一覧

河内弁は言い方もイントネーションもかなり独特なので、河内地方で生まれ育った人でないと使うのは難しいでしょう。それでも河内弁を使ってみたいと思ったら、例文を頭に入れておくと楽かもしれません。河内弁の使い方を、例文を挙げてお教えします。

例文①敬語の場合

乱暴に聞こえる河内弁ですが、一応敬語も存在します。「~している」という表現は「~してはる」と言います。「~してくれた」は「~してくれはった」です。こうした敬語の表現は京言葉の影響が強く出ていると感じられるでしょう。こうした京都からの影響を受けた表現は、京都に近い場所に位置する北河内地方でよく使われているようです。

一例として、目上の人が何か食べているのを見て「食事をしている」と言う場合、河内弁では「食事をしてはる」と言います。普段は乱暴に聞こえる河内弁ですが、敬語になると品のある京都弁で話しているのと何ら変わらないのというのは、一つの面白い発見なのではないでしょうか。

例文②丁寧語の場合

河内地方の人でも、もちろん丁寧に話さなくてはならない場面もあります。丁寧語の語尾は、一般的には「~ます」になりますが、河内弁だとこれが「~まう」になります。同じように過去形で「~ました」は「~まいた」や「~まいさ」になります。

これは、河内弁ではさ行があ行に変換されることが多いという特徴があるからです。「昨日行きました」は、河内弁だと「昨日行きまいた」や「昨日行きまいさ」となります。

例文③疑問形の場合

河内弁では疑問形の最後の終助詞が一般とは異なります。河内弁では疑問形の最後は「~やんけ」「~ですやんか」といった表現になります。

一般的な大阪弁では、お笑い芸人のツッコミがボケに対して「そりゃ〇〇やんか!」と突っ込む強いイメージの表現に感じるでしょう。しかし河内弁の「~やんけ」や「~やんか」は、「~だね」のような優しいイメージでもよく使われているようです。

例文④否定形の場合

一般的な大阪弁では、否定の表現をする時には「~ひん」や「~へん」が多く使われます。河内弁でも否定をする時には一般的な大阪弁と同じような表現が使われているようです。「私にはできない」と言う時には「わしにはできひん」と言ったりします。

しかし河内弁にはもう一つ、独特な否定の表現があります。それは「~いん」です。「~ひん」や「~へん」と同じように「~いん」という表現を使うのは、河内弁独自の表現だと言えるでしょう。

河内弁以外のおもな関西弁の種類とは

東京の人から見ると、関西弁と言うのは一般的な大阪弁とイコールだと思っている人が多いのではないでしょうか。しかし関西弁というのは近畿地方で使われている方言の総称であり、大阪弁はその中にある方言の種類の一つです。

河内弁はこの大阪弁の中に属する方言ですが、関西弁という大きなまとまりで見てみると、河内弁以外にも独特な表現を持つ方言がたくさんあります。関西弁に含まれる河内弁以外の方言の中で、特に有名なものを最後にいくつかご紹介します。

種類①泉州弁

泉州弁は大阪の泉州地域で使われている方言です。泉州地域とは和泉市や岸和田市、堺市などの大阪府南西部を指しています。泉州と聞いても何も知らないと感じる人が多いかもしれませんが、岸和田市で毎年行われる岸和田だんじり祭はメディアでも良く取り上げられているので、近畿地方以外に住む人でも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

芸能界では、お笑いタレントの星田英利(元ほっしゃん)や吉本新喜劇の山田花子などが泉州弁を話す芸人として知られています。和歌山などの言葉の影響も受けており、大阪弁としてはメジャーではない存在とされているようです。

種類②摂津弁

摂津弁は、大阪府の大阪市や兵庫県の阪神などの地域で使われている方言です。大阪市で使われているだけあり、最もメジャーな大阪弁とされています。近畿地方以外の人が大阪弁と言われたときに真っ先に思い浮かべるのは、この摂津弁でしょう。神戸市に近い地域では、神戸弁の影響を受けた話し方をする人も多くいるようです。

種類③淡路弁

淡路弁は、兵庫県南部にある淡路島で使われている方言です。大阪や和歌山だけでなく、過去に淡路島を支配していた徳島の影響も強く受けている方言だと言われています。

淡路島では古くから、敬語を使うというのはよそよそしさを感じさせるという考え方があり、親しい人と話す時には敬語を使わないというのが通例でした。そのため淡路弁には敬語が一般的にはないとされており、そのことが他地域から非難されることもあったようです。

種類④播磨弁

姫路市や明石市といった、兵庫県南西部の播磨地方で使われている方言は、播磨弁(はりまべん)、もしくは播州弁(ばんしゅうべん)と呼ばれます。関西弁に含まれてはいますが、岡山弁や但馬弁などの中国方言や、丹後弁などの京都弁の影響も強く受けていると言われています。

一般的に神戸弁といえばこの播磨弁を指しますが、兵庫県内だけでなく、近畿地方から中国地方にかけて広い範囲で使われている方言だと言えるでしょう。

芸能界では、女優の上野樹里やお笑い芸人の名倉潤は播磨地方の出身として知られています。しかし、県外に出てしまった播磨出身の人の多くは、一般的な関西弁や東京の言葉を話すようになってしまうため、播磨弁独特の表現はあまり使用しないようです。

河内弁はメディアのイメージから怖い方言と思われやすい

大阪の一部で使われている河内弁は、ヤンキー漫画やヤクザ映画などで使われることが多かったために、世間から「怖い」というイメージを持たれてしまうようになりました。「われ」や「おのれ」という二人称は、河内地方以外の人が使うことはまずないため、急に自分がそう声を掛けられたら恐怖を感じてしまうのも仕方ないかもしれません。

しかし、河内弁には独特の温かみもあります。シャイな男性から「きれいやね」と優しい声で言われれば、男性が恥ずかしさを堪えながらきれいだと褒めてくれたことが分かるでしょう。もしかすると、「きれいだね」と標準語で言われるより嬉しいかもしれません。

ただただ怖いイメージで河内弁を非難するばかりではなく、河内弁の良さも知り、独特の方言を後世にも残していくことも大切なのではないでしょうか。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
masayodaisy

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ