気分転換にオススメの21のこと!気分を変える方法・場所などを紹介

気分転換の意味は気晴らしをして気分を変えることをいいます。上手にストレス発散してリフレッシュしながら能率を上げます。そのための方法は例えばおすすめの場所に行ったり、趣味に打ち込んだり、好きな食べ物やお菓子を求めてもいいです。気分転換をたくさん紹介しましょう。

気分転換にオススメの21のこと!気分を変える方法・場所などを紹介のイメージ

目次

  1. 1気分転換とは
  2. 2気分転換できるオススメの方法【家編】
  3. 3気分転換できるオススメの方法【外出編】
  4. 4気分を変えるおすすめの場所
  5. 5気分を変えるおすすめの趣味
  6. 6気分を変えるおすすめの食べ物
  7. 7自分に合った気分転換方法を見つけよう

気分転換とは

仕事に集中して疲れてきた時や、勉強を長時間し続けてボーッとしてしまった時には、気分転換が必要です。気分転換をすると、不思議とまたやる気が湧いてきてもうひと頑張りできるようになります。気分転換は日々の暮らしの中で大変ありがたいものです。この気分転換についていろいろ見てみましょう。

「気分転換」の意味

気分転換の意味は、「心が元気になる」ということです。そのため、「気分転換する」というのは、「元気な気分にする」ということになります。心が疲れて弱っている時に、心に栄養を与えて元気になるようにすることです。

「転換」というのは今とは別の状態にするということですが、「気分転換」という使い方をする時には、良い方向に気分を変えることです。つまり、気分をマイナスの状態からプラスの状態へ切り替えることを「気分転換」と言います。

ストレス発散方法の1つ

人間は仕事でも勉強でも、根を詰めて一生懸命やれば、少しずつストレスが蓄積されてくるのは当然です。もし我慢してそのままやり続けたらどうなるのでしょうか。急に何もやる気がしなくなるでしょう。これはストレスが限界に達してしまったからです。それではどうやってこの状態を解消すれば良いのでしょうか。

それは、ストレスを発散させることです。何ヶ月にも亘って蓄積されたストレスを解消するためには、休暇をとって旅行に出かけるというように時間とお金が必要になります。しかし時間もお金もかけられない時には、ストレス発散を短時間で、尚且つあまりお金をかけずに行いたいです。そのために有用なのが「気分転換」という方法となります。

気分転換できるオススメの方法【家編】

それでは、もし家の中にいて気分転換したくなったら、どのような事をすれば良いのでしょうか。時間もお金もかけずに気分をリフレッシュするには何か良い方法がないものでしょうか。

気分転換方法①仮眠をとる

家の中で気分転換をするのなら、一番手っ取り早いのは仮眠をとることです。気分転換をしたくなる頃には、頭の中がボーッとしてきていてあくびも出てくるような状態でしょうから、すぐに眠れるはずです。ただし注意すべきは、仮眠をとる時間です。30分以上仮眠を取ると、起きた時に余計にボーッとしてしまいます。

そのため、眠りが深くなる前に起きることが肝心です。その時間はだいたい15分間と言われています。このくらいの時間だと、起きた時には「スッキリ」した気分になれます。上手にプチ仮眠を取れば、気分転換できるでしょう。

気分転換方法②部屋の換気をする

部屋の窓を開けて新鮮な空気を取り入れると、頭がスッキリします。窓を閉め切った部屋の中に長時間いると、呼吸によって二酸化炭素が増えて逆に酸素が少なくなっていくのです。それと同時に人間は水蒸気や熱および体臭を発し部屋の空気をよどませているため、部屋の換気を行うと気分もリフレッシュ出来るのです。

通常、酸素が欠乏して気分が悪くなると言うほどのことは起こりません。生存のための酸素を供給するということは換気には求めていないのです。酸素よりも大切な要因は、換気により室内の温度を下げ、体臭も風といっしょに外へ出してしまう事です。もちろん、換気の代わりにエアコンや空気清浄機を使えば同等の効果が得られます。

しかし、外の空気が汚れていないのならば、窓を開けるのが最も健康的でしょう。

気分転換方法③部屋の掃除・断捨離

意外に効果があるのが掃除です。部屋の中を清潔にすると、気持ちがよいものです。キチンと整理整頓され、床も掃除機がかけられていれば、おのずと精神が落ち着いてきます。これは視覚的にも明らかです。乱雑な中で暮らしていると、だんだん気持ちがすさんでいくものです。さらに、断捨離をしてみるといっそう気持ちがスッキリするでしょう。

もしも足の踏み場もないほど乱雑な部屋で生活をしているのならば、ストレスが溜まるのも早いです。また、掃除をするのも大変ですし、そもそも掃除をする気にならないでしょう。断捨離ですっきりとした部屋になれば、いつも気持ちよい暮らしができます。そうすれば、掃除をするのも格段に楽になります。つまり、断捨離は一石二鳥なのでおすすめです。

気分転換方法④半身浴でゆっくりする

半身浴の一番のメリットは、全身浴に比べて肺や心臓への水圧の負荷が少なくて済むことです。そのため、比較的長時間お風呂を楽しむことができます。また、お風呂の中で本を読んだり、耐水性のテレビやラジオを楽しむことができます。このようにゆっくりと半身浴を楽しめば、お風呂から出た時には血液循環も高まっておりスッキリとした気分になれます。

気分転換方法⑤テレビ・ゲームで楽しむ

家の中で手軽に気分転換をする際にテレビやゲームは便利です。テレビは予め気分転換用に美しい風景や旅の番組を録画しておくと役に立ちます。気分転換の時間にあわせて30分や1時間の番組を選んでおきましょう。また、ゲームが好きなら30分と時間を決めて集中して行うと気分転換になります。

ただし、ゲームを始めると途中でやめられない人にはお勧めできません。いずれにしても、テレビもゲームも最初に時間を決めておき、時間がきたらキッパリとやめましょう。もしもやめられないのならば、逆効果になります。

気分転換方法⑥アロマをたく

疲れた時や気分転換にアロマオイルを炊くのもおすすめです。特にラベンダーオイルはリラックス効果が高く、精神のバランスを保つのにも良いと言われています。香りの好みは人それぞれなので、まずは自分の好みの香りを探してみましょう。アロマオイルは効能が高いため、雑貨店などではなく、専門ショップで買う事をおすすめします。

さらにアロマオイルの場合、不思議と良い香りと感じる香りの中に、いま自分自身が必要としている成分が含まれているものです。アロマのコーディネーター等きちんと資格のある店員さんに色々相談してみるのも良いでしょう。

気分転換方法⑦部屋の模様替えをする

部屋の模様替えをすると、気分が一新でき、まるで違う家に引っ越したみたいな気分になれます。模様替えといっても、それほど大げさなことをしなくても十分気分転換になります。食卓の位置を少し変えてテーブルクロスを新しくしただけでも、別の家に来たように変化するでしょう。また、カーテンを変えてみるとイメージが格段に変わります。

さらにテレビの位置やオーディオの位置を変えてみても気分転換になります。比較的簡単にできることを、いろいろ試してみるのがおすすめです。

気分転換方法⑧軽めのストレッチをする

身体を動かすというのは、気分転換にとって有力な方法です。ラジオ体操をしてもよいですが、お薦めは軽めのストレッチです。これは手軽にできますし、凝った身体を簡単にほぐすことができるからです。また、適度に血流もアップするため、眠気も取れます。特に家の中で実施するならば、上半身だけでなく床に座って全身を伸ばすことができます。

たった3分間ストレッチをするだけで、驚くほど気分がスッキリするのを実感できるでしょう。

気分転換方法⑨音楽を聴いて楽しむ

好きな音楽を聴くというのは、昔から手軽に用いられている気分転換の方法です。しかし最近はスマホで音楽配信サービスを利用して、好きな曲を自由に聴くことが可能になりました。自分用の音楽ミックスをいくつかのバージョンで作成しておき、その日の気分で聞くということもできます。

気持ちが沈んでいる時には奮い立たせるような曲を聴き、気持ちが高ぶっているのならばクラシック音楽で気分を落ち着かせるのがおすすめです。

気分転換方法⑩読書で脳をクールダウン

読書をするのも気分転換になります。比較的短時間で読めるエッセイならば、休憩がてら手軽に読めます。思考を直前まで取り組んでいたこととは違う別の世界へ飛ばすことが出来るので、脳をクールダウンさせるのに役立ちます。ただし、気分転換での読書の対象は、読後感が爽やかなものが望ましいです。

また、推理小説のように引き込まれてしまうようなものは、避けましょう。途中でやめられなくなりそうな本は、注意を要します。対象とする本さえ的確に選択すれば、読書は気分を変える頼もしい味方になってくれます。

気分転換できるオススメの方法【外出編】

比較的時間が取れるならば、外出するのは有効な気分転換の方法です。とりあえず外出の用意をして家の外へ出てみましょう。外の空気を吸い込めば、早速気分が変ってきて良い気晴らしにもなるでしょう。

気分転換方法①芸術作品を見に行く

美術館へ行って絵画や彫刻を鑑賞してみましょう。優れた芸術は見る者に感動を与えます。今まで芸術にあまり親しんでいなくても、実際に作品の前に立ってみれば感じるものがきっとあります。また、美術館の落ち着いた雰囲気が思索的な気分にさせてくれるでしょう。絵画や彫刻を鑑賞すると、右脳が刺激されます。

そのため、普段左脳を酷使している人にはバランスが取れて良いかも知れませんのでおすすめです。

気分転換方法②カフェでのんびり過ごす

雰囲気の良いカフェに出かけてみましょう。自分の好みの曲がかかっているところが落ち着くでしょう。例えばバロック音楽が奏でられているところや、ジャズがかかっているところなどを選んでみましょう。本を持って行ってゆっくりページをめくってみるのも、贅沢な楽しみです。

さらに、俳句や詩を創作してみるのも楽しい過ごし方です。時間がたつのを忘れて、ゆっくりと過ごしてみましょう。かなり気分転換ができるのでおすすめです。

気分転換方法③ヘアサロンに行く

一人で出かけてある程度の時間を過ごせる場所としては、ヘアサロンは格好の場所でしょう。自分の順番がくるまでの間も、雑誌を見てゆっくり過ごせます。また順番が来て、髪をシャンプーされたりカットされている間の他愛ないおしゃべりも、気分転換には役に立つ事でしょう。さらに、髪型が変わると気分も変わるものです。

好みのヘアスタイルに整えてもらった後の帰り道は、以前とは違った自分がショーウインドウに映り、気分も上がります。

気分転換方法④買い物に行く

ショッピングも楽しい気分転換になります。気の利いた店が並ぶ商店街をそぞろ歩けばなおさらです。もっとも、実際に気に入った物を買い求めるとコストがかかりますので、気分転換にはウィンドウショッピングが手頃です。とは言え、「次回のボーナスの時には買おう」と予定を立てながら、実際の商品を手にとって見て回るのは楽しいものです。

ファッション関係の店だけではなく、食品店も面白いです。変った食材や調味料を見つけて、家に帰ったら作ってみようかなどと空想しながら見て回るのもワクワクするでしょう。もちろん、実際に購入して自宅で調理してみれば2倍楽しめます。

気分転換方法⑤友達とおしゃべりしにいく

もし友達の都合がつくならば、誘い出してお気に入りのカフェかレストランでおしゃべりに興じましょう。あるいは、季節がよければ公園を散歩しながらのおしゃべりも楽しいです。お互いに最近気になったものを紹介し合うのもよいでしょうし、たまには何かテーマを決めておしゃべりしてみるのも一興です。

スマホで撮影した写真を見せ合っての近況報告など、気の合う友人ならば話は尽きません。2時間位はあっという間に過ぎてしまうはずです。楽しくおしゃべりをすれば、きっと大いに気分転換ができている事でしょう。

気分転換方法⑥運動をして汗を流す

汗をかくほどの運動をすれば、汗と共に血中のストレス成分が抜けていきます。普段頭を酷使している人ほど、運動の効用は大きいです。もっとも、何が何でもランニングをしなければならないということはありません。早歩きでも十分効果が上がります。また、ランニングやウォーキングにふさわしい場所が近くにない場合は、ジムにいくのも良いでしょう。

バイクやトレッドミルにトライしたり、筋力トレーニングをしてみるのも良いです。とにかく身体を鍛えると言うことは、自分に自信を付ける事にも繋がります。心地良い汗をかくほどの運動が終わった時には爽快感を得られ、気分転換も十二分に出来ているのでおすすめです。

気分転換方法⑦映画鑑賞に行く

もしも好みの映画が上映されているのでしたら、映画鑑賞をするのも素敵な気分転換になります。映画館のよいところは、上映時間内は映画に集中できることです。また、自宅でビデオを見るよりも音響が充実していますので、より臨場感があります。もし運良く自分が観たい作品が3Dや4Dで上映されているのなら、3Dや4Dを楽しむ事もできます。

気分転換方法⑧温泉で体を癒す

日本人はとにかくお風呂や温泉が大好きです。確かに湯につかると血流もアップし、スッキリします。ところで実際に温泉に行くとなると旅行になってしまいますので、気分転換にはスーパー銭湯がおすすめです。最近はいろいろなタイプの温泉設備があるので、手軽に温泉気分を味わうにはこれで十分です。

ひとしきり温泉を楽しんだら、ゆっくり涼んでから帰りましょう。きっと心も身体も温まり、清々しい気分になっているはずです。

気分転換方法⑨新しく趣味や習い事を始める

これまで紹介してきたものは、その日の気分で気紛れに行うことが多かったのですが、計画的に気分転換をするのでしたら、新しく趣味や習い事を始めるという方法があります。今までにやったことがない事を始めると、新しい世界が開けてきます。続けて行くと、生活に全く新しいリズムが生まれ、生活そのものが楽しくなってくるでしょう。

軽い気分転換の気持ちで始めた事が、人生の生き甲斐になる事もあるのですから、まずは興味のあることから始め、気分転換を楽しみましょう。

気分転換方法⑩早朝散歩で気晴らしする

まだ街が眠っている早朝に起き出して散歩をしてみましょう。するといつもの街がまるで違った世界のように見えます。その清々しい朝の空気を吸って、昇ったばかりの太陽を見上げながら散歩をすれば、気分も上がるでしょう。ウォーキングは有酸素運動ですから、ストレス発散に効果があります。

30分くらい家の周囲を散歩して帰ってくれば、充実感に満たされるはずです。きっとこれから始まる一日に万全の態勢で臨むことができるでしょう。ビジネスで忙しい人にこそ、おすすめの気晴らしの方法です。

気分転換方法⑪動物園・水族館で童心に帰る

おすすめの場所として特筆すべきなのが、動物園と水族館です。どちらも最近は出かけていないかもしれません。中には子供の時に親に連れられて行った時以来、行ったことがないという人も多いでしょう。もしもそのように長らく行っていないのでしたら、気分転換には好都合です。思い切って出掛けてみてはいかがでしょう。

遠い子供の時代を懐かしみ、童心に帰って無邪気に楽しんでみれば、忘れていた大切なものを思い出せるかも知れません。気分転換と合わせて二重の意味でおすすめの場所です。

気分を変えるおすすめの場所

今度は、気分を変えるのにもってこいの、おすすめの場所を紹介します。この場所に行けば必ず気分を大きく変えることができるはずです。思い切って出かけてみましょう。

場所①カラオケ

カラオケボックスに行って思いきり歌いまくりましょう。一人で行くのならば気兼ねせずに踊りながら歌っても良いし、疲れたらソファに横になって寝ながら歌いましょう。横になってそのまま仮眠をとってもいいです。もし、仕事で嫌な事があったのなら、大きな声を出す事で気分転換になるはずです。そして最後にはお気に入りの歌を歌って締めとしましょう。

場所②緑がある場所

公園や、もし近くに低くても山があるならば出かけてみましょう。緑を見ていると目から癒やしの光成分が入ってきて心が和みます。さらに山まで足を伸ばせば、森林のフィトンチッドという精神安定物質を吸い込むことができます。もし公園に花が咲いていたら、注意深く観察してみます。すると今まで気が付かなかった優しい気持ちになれるでしょう。

緑の植物や美しい花々を見ていると、日常を忘れて気持ちが落ち着いてくるはずです。最低1時間はゆっくりと公園を巡ってみれば、帰る頃には十分気分転換ができていることに驚くはずです。

場所③海

山国に住んでいない限りは、海を見に行くのは比較的簡単にできるでしょう。海を見れば開放感に浸れます。夏場は海水浴客でごった返しているので、できれば季節はずれに海に行く方が気持ちが良いかも知れません。ひとりで砂浜に座って波打ち際を見ていたら、心の中のストレスの塊も氷解していくはずです。

風が吹いてくる音と波の音が重なるのを肌で感じ、目を閉じて聴いていれば、不思議と心が落ち着いてくるでしょう。また、昼間の海ばかりではなく、夕暮れの海を見るのも趣があるのでおすすめです。

気分を変えるおすすめの趣味

何か気分を変えるのに適した趣味はないものだろうかと悩んでいる人はいませんか。いざ探そうとすると、いろいろあり過ぎて絞るのが難しくなってしまうでしょう。そのような人向けにおすすめの趣味を紹介します。

趣味①写真を撮って加工してみる

現在のデジタルカメラは大変進歩していますので、写真を撮ったあとはパソコンに入力すれば、いろいろな加工が可能です。風景写真や花や昆虫などの写真を撮って自宅へ持ち帰り、パソコンで素材画像を様々な形で再生することができます。昔のフィルムカメラでは難しい効果を、デジタルの世界ならば簡単にできます。

ひとしきり画像を作成したら、音楽も付けてスライドショーで再生してみても面白いです。同じ場所を撮影するのでも、朝昼晩では景色が違って見えますし、季節が変ればまた異なった表情が見られます。このように多様な画像素材を集めて加工をすれば、立派な趣味になりますし、集めたコレクションを見ているだけでも気分転換になります。

趣味②一人旅をしてみる

思い切って一人旅をしてみましょう。時間が取れなければ日帰りでもいいのですが、できれば一泊二日の旅をすれば、朝起きたときに自宅以外にいるというのが、気分が変わって面白いです。ところでどこに旅をするかですが、家族連れやカップルが多いところは気疲れするので、あまり人がいないところを見つけて出かけてみましょう。

昔は流行っていた温泉街や、下火のレジャー施設などは人気もなく落ち着いた旅ができるでしょう。興味があるのならば、史跡巡りもいいかもしれません。事前に当地の歴史を勉強してから出かければ、感慨もひとしおでしょう。

趣味③スケッチをしにいく

外にスケッチをしに出かけるのは素晴らしい趣味です。写真を撮るのとは違った発見もあるでしょう。スケッチをする時には対象物を長い時間をかけて観察します。日頃は一つのものをそれほど注視したことはないでしょうから、じっと観察すると思わぬ発見をするものです。

また、鉛筆でのデッサンだけではなく、色鉛筆やクレヨンを持って行って彩色すれば、素敵なスケッチブックになるでしょう。一枚また一枚と絵が増えて行くに従って、このスケッチブックは心の履歴として大切なものになるはずです。

気分を変えるおすすめの食べ物

食べ物も、気分を変える効果は大きいです。一口食べただけで、今までの気分が明るく変わることもあります。人それぞれに好みもあるでしょうが、大多数の人に好まれる気分を変える食べ物を紹介します。

食べ物①甘いお菓子

ショーウインドウに並ぶ色とりどりの宝石のようなお菓子は、見るだけでも心が躍ります。疲れた時や気分転換をしたい時などにも重宝するお菓子ですが、時には自分で作ってみるのもよい気晴らしになるのではないでしょうか。シンプルに材料を混ぜて焼くか冷やすだけのチーズケーキならば、初心者でもレシピがあれば手軽に作れますのでおすすめです。

食べ物②フルーツ

フルーツ好きの人ならずとも、きれいに盛られたカラフルなフルーツを見ていると、心がウキウキしてくるでしょう。栄養があるとか、精神的に効く成分が入っているとかという効能は関係ありません。目で見て楽しんで、食べてまたうっとりとできるのは、フルーツの醍醐味です。

甘いだけのフルーツだけではなく、酸味やちょっとしたエスニックな香りも楽しめるフルーツもあります。ぜひカラフルなフルーツで気分転換してみましょう。

食べ物③ガム

自分の好みのフレーバーのガムを手にとって、一粒口に入れてみましょう。口の中いっぱいに爽やかな風が吹いてくるようです。ガムの良いところは、味だけではありません。噛むことによって脳が活性化されるのです。特に眠気を感じている時には即効性があります。ガムを噛んで味がなくなる前に、もう頭がスッキリしてくるでしょう。

自分に合った気分転換方法を見つけよう

気分転換をうまくやると、単調な仕事や難しい仕事を何度か休憩を入れながらやり遂げることができます。人間の集中力は50分程度しか持たないと言います。あまりにも根を詰めてしまうと、息切れしてしまいその日は仕事を再開する気がなくなってしまうかも知れません。しかし、仕事には締め切りがあり疲れたからといって休んでばかりはいられません。

そこで、気分転換が役に立ちます。自分に合った気分転換の方法を確立していれば、何が来ようと鬼に金棒です。もしまだ自分に合った方法がない人は、このまとめを参考にして早く見つけましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
hs707
古典文学からSF、ミステリ、哲学、ノンフィクションや科学と幅広い読書が好きです。趣味は登山と合気道です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ