年少リングの意味とは?入れ方・消し方は?入っている芸能人も紹介

年少リングとは少年院に入ったことがある人が指にするタトゥーです。しかし最近ではヤンキーがおしゃれとして入れています。この記事では年少リングの意味や鑑別三ツ星について解説します。また年少リングの入れ方から消し方、年少リングが入っている芸能人・有名人も紹介します。

年少リングの意味とは?入れ方・消し方は?入っている芸能人も紹介のイメージ

目次

  1. 1年少リングとは
  2. 2ヤンキーの証・年少リングの入れ方
  3. 3年少リングの消し方と注意事項
  4. 4年少リングが入っている芸能人・有名人
  5. 5【年少リング番外編】刺青を入れるデメリットとは
  6. 6年少リングはヤンキーでなくても入れるファッションアイテム

年少リングとは

年少リングとは、少年院に入ったことがある者が左手の薬指にする入れ墨です。年少リングの「年少」は、少年院の「少年」を逆さ読みにしたもので、リングには指輪を模したものという意味があります。この項目では、年少リングの意味や若者から年少リングはどう思われているのか紹介します。

そもそもは少年院あがりを意味する

年少リングは、別名で「鑑別リング」とも言います。そもそも少年院や鑑別所を出る際に「二度と同じ過ちを繰り返さないため」に自分の意思で彫ります。誓いの意味を込めて自分の指に彫るので、左手の薬指が主流です。将来結婚した際に、結婚指輪で年少リングの跡を隠すのが一般的と言われています。

しかし現在では、元々の意味を知らずに「格好良いから」という理由で年少リングを彫る若者が増えてきているようです。年少リングは一種のステータスと見られているのかもしれません。

現在はファッションとして流行?

元々は少年院や鑑別所を出る際に「二度と同じ過ちを繰り返さないため」に自分の意思で彫ったものが年少リングです。しかし、最近では本来の意味を知らずに「カッコつけるのに最適」という理由でヤンキーから高校生まで若者の間で流行っています。そのため、本来の左手の薬指ではなく様々な指に彫るケースが多々あるようです。

特にお金がない若いヤンキーや高校生たちは、お店に行って彫ってもらうことはせずに自分で彫ることが多いです。中には授業中に先生の目を盗んで年少リングを彫った強者もいるようで、ファッションアイテムとして人気が高いと言えるでしょう。

ヤンキーの象徴?鑑別三ツ星とは

年少リングだけではなく、手の甲に「・」を三点いれる鑑別三ツ星と呼ばれるものもあります。左手の甲の人差し指と親指の付け根の間に三角形になるように「・」を刻みます。少年院や鑑別所で知り合った人たちが、「義理兄妹の証」として年少リングとは別に彫るようです。

彫り方としては、義理兄妹になる人たちが握手した時に三ツ星がきれいな四角におさまるように彫ります。上手く彫るために、お互いの手にしるしを入れるために握手しながら彫ることが多いです。

ヤンキーの証・年少リングの入れ方

今やヤンキーの証とも、ファッションアイテムの一部とも言える年少リングはどのように入れれば良いのでしょうか。現在では主にふたつのやり方があります。この項目では年少リングの入れ方について紹介します。

入れ方①自分で彫る

年少リングを入れたいと考えるのは高校生や未成年のヤンキーが大多数と言われています。入れ墨は18歳以下だと入れることが出来ません。そのため、店で彫ってもらうことが出来ず自分で彫るのが主流です。手彫りでは染料をつけた安全ピンや刺繍針などを使います。針を皮膚に繰り返し刺していくことで、染料が皮膚に染み込んでいきます。

自分で彫ると刺す力を加減出来るので、年少リングの色の濃さや線の太さなどを変えることが可能です。お金もかからないので、お金のない若い人たちから人気です。ただし、自分で彫るのは機械に比べると時間がかかってしまうのが難点かもしれません。

入れ方②機械で彫る

年少リングは、お店で機械に彫ってもらうことも可能です。現在は電動で針を振動させるタトゥーマシンが主流ではないでしょうか。タトゥーマシンは高速で針を上下させることで入れ墨を肌に彫っていきます。年少リングぐらいのものであれば、約10秒ほどで彫ることが出来ます。

機械は一度使用すると必ず殺菌するので、衛生面でも安心と言えるでしょう。また場所にもよりますが、自分で彫るよりも機械で彫る方が痛くありません。安全で痛みもなくスピーディーに年少リングを入れられるのは、自分で彫るより良いのではないでしょうか。

年少リングの消し方と注意事項

折角入れた年少リングも、数年経って入れたことを後悔する人もいるでしょう。なんとかして消したいと考える人もいるかもしれません。しかしながら、年少リングは入れる時より消す時の方が大変です。この項目で、年少リングを消すにはどうしたら良いのか見ていきましょう。

消し方は専門医に委ねるのみ

タトゥーや入れ墨などを消す場合は美容外科や皮膚科といった専門の医療機関に行く必要があります。入れ墨が黒一色の場合は消すことが簡単です。ただ、少し青っぽく見える黒色の場合は、それだけ肌に色が浸透しているので消すのが大変と言われています。

年少リングやタトゥーを消す場合、費用も時間も入れた時より何倍もかかってしまいます。最悪の場合、皮膚移植や縫合手術なども考えられます。年少リングを自分で入れる際はよく考えてから入れましょう。

消せない場合は就活に影響する場合も

年少リングのように手に入れ墨があると、常に人目に付く状態です。そうなると日常生活や就職に影響を及ぼす可能性が出てきます。仮に就職出来たとしても、年少リングを消せなかった場合は指に絆創膏を巻いて生活する人もいるそうです。安易な気持ちで年少リングを入れると後々の生活に響くので、よく考えてから入れましょう。

また上手く年少リングのことを隠して就職しても、バレた際に「しかるべき処分をします」と言われた人もいるようです。年少リングを入れる際は就職もそうですが、出世も出来る可能性が低いことを覚えておくと良いかもしれません。

安易に入れるのは避けよう

年少リングは一度入れると簡単には消せません。どうしても年少リングを消したいという場合は、専門の医療機関に行く必要があります。消すとなっても入れた時よりも何倍も高額なお金がかかり、しかも必ずきれいに消えるわけではありません。一生、絆創膏などで年少リングの跡を隠さないといけない可能性もあることを忘れてはならないでしょう。

年少リングを入れること自体は簡単です。決して安易な気持ちで入れずに、先の未来のことも考えてから入れるようにしましょう。

年少リングが入っている芸能人・有名人

海外では、リングのようにタトゥーや刺青を彫っている芸能人・有名人がたくさんいます。年少リングとは違ってただのデザインで入っている場合がほとんどです。しかし日本だと、年少リングがある場合は隠している人がほとんどのため、芸能人・有名人で年少リングが入っているという人は見かけることは出来ないかもしれません。

では実際に日本では、年少リングを入れている芸能人・有名人は存在するのでしょうか。この項目では、噂も含めて年少リングを入れていると言われている芸の人・有名人を紹介します。

芸能人・有名人①YouTuberのとくちゃん

年少リングを入れていると言われている一人目はYouTuberのとくちゃんです。釣りについて配信しているYouTubeチャンネル「釣りよか」のメンバーの一人です。「釣りよか」のメンバーの中でも特に愛されキャラとして有名です。とくちゃんには鑑別三ツ星があるのが動画の中で確認出来ています。

とくちゃんは誤認逮捕ではありますが、過去に一度逮捕されています。そのことから、実はヤンキーだったのではないかと噂されています。とくちゃんは見た目が若いアパレル系のお兄さんです。その見た目から、過去に反社会勢力に所属していたのではないかと噂もあります。ただし、真相は謎のままです。

芸能人・有名人②料理研究家の和田明日香

料理研究家の和田明日香も年少リングが入っているという噂があります。8歳年上の料理家である平野レミの次男と結婚しました。和田明日香が提案するレシピは、簡単で栄養がたくさん採れると主婦の間で話題になるほどの人気ぶりです。現在はモデルとしても活躍しています。

可愛いルックスで元ミス立教にも選ばれたこともある和田明日香は、年少リングをしているように見えません。実際のところ少年院に入っていた事実もなく、興味本位で入れたのではないかと言われています。

また過去の反省や新しい道のスタートをする意味を込めて年少リングを入れたとも噂されています。しかしながら年少リングを確認出来る写真や映像はないので、あくまでも噂に過ぎません。

芸能人・有名人③動画配信者の加藤美佳

ギャル系ファッションやメイクを動画配信をしている動画配信者の加藤美佳こと、かとみかも年少リングが入っているのではないかと噂されています。かとみかは日本人とフィリピン人のハーフなのが有名で、東南アジア系のはっきりとした顔立ちが特徴です。動画配信を中心にモデルやタレントの活動しています。2018年に結婚し、現在は一児の母親です。

年少リングが入っているのでは噂されているものの、年少リングの存在は確認出来ておりません。指がよく映るネイル動画でも確認出来ず、ただの噂だと言われています。実はかとみかは過去に飲酒問題が発覚し、そのことから年少リングの噂が広まったようです。

【年少リング番外編】刺青を入れるデメリットとは

年少リング以外にもタトゥーや刺青を入れるとどのようなデメリットがあるのでしょうか。まだまだ日本ではタトゥーや刺青などは受け入れられるとは言いがたい状況です。もしタトゥーや刺青を入れようと考えているのなら、デメリットをきちんと知っておくことが大切です。この項目では、刺青を入れるとどのようなデメリットがあるのか解説します。

家族を持った時に後悔する

刺青を入れたことにより、家族を持った時に後悔する人が多いようです。例えば、子供が生まれてママ友とプールに行く時に刺青のせいで入れないことがあります。そのせいで自分の子供がいじめられたり、近所から嫌な噂をされることも少なからずあるでしょう。

また結婚する際に相手の親から反対されることもあります。どんなに良い人であっても刺青のせいで破談になることもあるかもしれません。タトゥーの有無だけで人柄の判断は出来ませんが、日本ではタトゥーや刺青に対して厳しい国です。タトゥーを入れる前に今後の人生についてよく考える必要があるでしょう。

生命保険に入れない事がある

タトゥーなどがあると社会的な問題ではなく、疫学的に疾病リスクが高いため生命保険に制限がかかることがあるようです。主にB型、C型肝炎感染にかかる可能性が一般の人に比べて高い傾向にあるためと言われています。そのため、タトゥーが入っていることが確認出来た段階で、加入を断られることが多々あるようです。

ただ、外資系などの一部の保険会社では加入が出来る場合があります。当然ながらタトゥーのことを隠して生命保険などに加入すると、バレた際に保険金が下りないので注意しましょう。保険加入に制限があるのも社会人や家庭を持っている人にはデメリットと言えるのではないでしょうか。

温泉やプールに入れない

入れ墨があることで、温泉やプールといった公共施設に入ることを断られることがあります。これは周囲に不快感を与えることが大きいです。日本では刺青=反社会的勢力のイメージがまだまだ根強いです。たとえマナーが良かったとしても、タトゥーや刺青はどうしても威圧感があります。そのため、一般の人たちが寄り付かない原因になるのかもしれません。

またスポーツジムでもタトゥーがあると、入会を断られることがあります。公共施設では他人の目もあるので、たとえファッションタトゥーでも刺青があると入れないと思っておく必要があるでしょう。刺青を入れる場合は公共施設の入場を断られても大丈夫という覚悟が必要かもしれません。

MRIを受けられない可能性も

タトゥーがある人は、病院でもMRIを受けられない可能性もあります。タトゥーなどに使用されている顔料には、磁性体の成分が多く含まれています。磁性体が皮膚表面にあると、渦電流などが発生して皮膚が火傷をする可能性が非常に高くなります。そのため、タトゥーなどがある人は原則MRIを受けられないとされています。

MRIは脳卒中や椎間板ヘルニア、脳挫傷といった病気がわかる検査方法です。タトゥーなどがあると最新医療を受けられない可能性が出てきます。病気の際に十分な治療が受けられないかもしれないという覚悟をしておきましょう。

病院によってはタトゥーや刺青が入っている部分が、MRI撮影する箇所から離れていて影響がないと判断された場合のみ検査が可能のところもあります。ただし、これは限られた施設のみになるでしょう。

年少リングはヤンキーでなくても入れるファッションアイテム

元々、年少リングには過去を反省して「二度と同じ過ちを繰り返さないため」という意味があります。しかし今はその意味は忘れ去られ、ヤンキーでなくても入れるファッションアイテムとして認知されるようになりました。

もし年少リングを入れようと考えているのなら後悔しないようにしましょう。手軽に自分で彫ったり、機械で簡単に彫る事は出来ます。しかし消そうと考えた場合はお金も時間も入れる時より何倍もかかってしまいます。上手く消せずに跡になったり、皮膚移植や縫合手術なども考えられます。

日本ではまだまだ年少リングや刺青などは受け入れられているとは言えません。社会情勢やデメリットをよく踏まえてから年少リングを入れるようにしましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
玉澤千歩

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ