野間裕司とは?共犯や被害者の岡田亮祐さんは?事件概要・判決も紹介

事件を起こして逮捕された野間裕司をご存知でしょうか。共犯者には服部拓哉の名前が挙がっています。野間裕司と被害者である岡田亮祐さんの関係だけでなく、事件の概要や、裁判で野間裕司に対してどのような判決が下されたのかなど、詳しく掘り下げていきましょう。

野間裕司とは?共犯や被害者の岡田亮祐さんは?事件概要・判決も紹介のイメージ

目次

  1. 1野間裕司とは
  2. 2野間裕司と事件を起こした共犯の服部拓哉とは
  3. 3野間裕司が起こした事件の概要
  4. 4被害者の岡田亮祐さんとは
  5. 5野間裕司が起こした事件の判決とは
  6. 6野間裕司に下される判決は?動向に注目したい

野間裕司とは

野間裕司と呼ばれる男性をご存知でしょうか。この男性は、ある一つの事件に関わっていた人物です。それも、加害者として関与していたことから、世間では野間裕司の名前が知られることとなりました。また、野間裕司の名前が知られることになったのは、それだけではありません。被害者に対する冒とくの数々が明らかになったことも原因です。

では、この野間裕司という男性は、どのような事件に関わっていたのでしょうか。野間裕司が起こした事件は、2018年に起こったものでした。そのことから、人々の心の中にまだ新しく残っている事件とも言えます。事件の犯人である野間裕司だけでなく、被害者や共犯者についても掘り下げていきましょう。

プロフィール

・本名:野間裕司(のまゆうじ)
・年齢:30歳(事件当時)
・家族構成:妻

野間裕司は経営者としての顔を持っていましたが、その反面で裏の顔があると言われていました。その裏の顔とは、野間裕司が起こした事件によって明らかになったようです。特に、人材派遣会社を経営していたことから、お金に関しては人一倍貪欲だったと言えるでしょう。実際に、高級車に乗っていたり、パーティーに参加していることも多かったようです。

会社経営者

野間裕司は、事件当時会社経営をしていました。30歳という若さでありながら、人材派遣会社を経営していたため、仕事に関してはやり手社長と言っても過言ではありません。野間裕司は自身のインスタグラムアカウントを所持しており、そのアカウントからも会社経営が成功していると分かるような画像が多数投稿されていました。

表の顔はとても素晴らしく、周囲から羨ましがられるような人物だったと言えるでしょう。しかし、そんな野間裕司には裏の顔がありました。会社経営をしていたことも関係しているのか、その裏の顔はお金が大きく関係しているようです。

遺体損壊事件で逮捕されている

野間裕司はある事件に関わっていたと述べましたが、遺体損壊事件において、現在は既に逮捕されています。そのため、野間裕司の手によって新しい事件が起こってしまうことはないでしょう。この遺体損壊事件で野間裕司は、被害者を殺害したのち、遺体を損壊させたと言います。

世の中では殺人事件などの凶悪事件が多数起きていますが、野間裕司が起こした事件もその一つと言っていいでしょう。しかし、なぜ野間裕司は遺体を損壊させる行為に走ってしまったのか分からない人も多いはずです。そのため、下記では野間裕司が起こした事件について、詳しく掘り下げていきます。

野間裕司と事件を起こした共犯の服部拓哉とは

初めにも少し触れたように、野間裕司には共犯者がいたとされています。実際に、事件後は共犯として複数人が逮捕される結果となりました。その中でも、野間裕司の共犯者として名前が良く挙げられる人物がいます。その人物とは、服部拓哉と呼ばれる人物です。この服部拓哉は野間裕司とどのような関係にあったのでしょうか。

また、なぜ服部拓哉が野間裕司と共犯者になってしまったのかについて、詳しく掘り下げていきましょう。

プロフィール

・本名:服部拓哉
・年齢(事件当時)22歳

服部拓哉は、Facebookに登録していたようです。そこから、服部拓哉の人脈にはビジネスに関する人たちが多くいました。また、後に詳しくご紹介していきますが、服部拓哉は良くないとされている仕事もしています。野間裕司も関与していた仕事だったため、事件の共犯者も皆、野間裕司の影響を大きく受けていたのかもしれません。

また、服部拓哉は事件当時まだ22歳でした。そのことから、まだまだビジネスのことを知らなかった可能性が高いです。そのため、野間裕司は服部拓哉のそんな弱みにつけ込んでいたと言えるでしょう。

野間裕司と一緒にビジネスをしていた

服部拓哉は22歳の大学生でありながら、アフィリエイトや野間裕司と同じように人材派遣を行っていました。アフィリエイトや人材派遣において、金銭トラブルはかなり多く発生しています。そのことから、野間裕司と服部拓哉が起こした事件では、金銭トラブルが発生した可能性が高いと予測出来るでしょう。

また、服部拓哉の周りには社長をしている知り合いも多く、周囲に影響されてビジネスを始めた可能性が高いです。服部拓哉自身は容姿端麗だったこともあり、周囲からは「仕事ができる人」だと思われていたのではないでしょうか。最近ではネット上で様々な人と出会えるため、野間裕司と服部拓哉もネット上で知り合ったのではないか、と言われています。

野間裕司が起こした事件の概要

野間裕司とその共犯者である服部拓哉についてご紹介しました。では、この二人はどのような事件を起こしてしまったのでしょうか。この二人が起こした事件はとても凶悪なもので、起きるべきではありませんでした。そもそも、野間裕司と服部拓哉は一緒にビジネスを行っていたこともあり、ビジネス関係でトラブルが起きてしまったことは確かです。

しかし、ビジネスにおいてトラブルが起きたからと言って、遺体損壊事件を起こしていいわけではありません。下記では、野間裕司と服部拓哉が起こした事件の概要について、詳しく掘り下げていきます。

誘拐殺人事件が起きる

そもそも、野間裕司と服部拓哉が起こした事件が発覚したのは、2018年2月23日に男性が誘拐される事件が起きたことが原因です。場所は名古屋市中区で、事件当時職業が分からなかった岡田亮祐さんが、自宅からいなくなってしまいました。そのことから、岡田亮祐さんの行方を追う捜査が始められたようです。

岡田亮祐さんは同じく名古屋市にあるマンションに入っていって、その後から行方が分かりませんでした。そのことから、名古屋市にあるマンションに何か手がかりがあと、警察は捜査の手を伸ばしたようです。結果として、岡田亮祐さんが野間裕司と服部拓哉とどんな関わりがあったのかも明らかになります。

事件現場は加害者のマンション

事件現場となったのは、服部拓哉が借りていたマンションでした。上記でも述べたように、岡田亮祐さんはあるマンションに入ってから行方が分からなくなったようです。そのマンションが服部拓哉が借りていたマンションです。事件発生から2か月がたった頃、野間裕司と服部拓哉などの共犯者が逮捕されることとなりました。

しかし、事件はそれだけでは終わりませんでした。初めにもご紹介したように、被害者である岡田亮祐さんは殺害されていました。この事件で捕まった犯人たちですが、皆20代の男性ばかりだったようです。

殺害した後に死体を損壊した疑い

逮捕された犯人たちは、岡田亮祐さんを誘拐しただけでは飽き足らず、殺害にまで至りました。殺害に至った動機としては、金銭トラブルが大きな原因だと言われています。どのような金銭トラブルが起きていたのかについては、後に詳しくご紹介していきますが、野間裕司や服部拓哉は岡田亮祐さんに対して大きな恨みを持っていたと言えるでしょう。

なぜなら、野間裕司や服部拓哉らは、岡田亮祐さんを殺害したのちに死体を損壊しました。損壊とは、ものを粉々にするという意味があります。そのため、この事件においては死体を粉々に分解したと捉えることができるでしょう。

野間裕司と複数の共犯者を逮捕

先ほどもご紹介したように、野間裕司には服部拓哉だけでなく、その他にも複数の共犯者がいました。共犯として逮捕されたのは、合計で4人だったようです。5人は誘拐事件の容疑者として逮捕されたのですが、捜査が進められていくうちに、野間裕司と服部拓哉が殺害に関与していたと判明し、再逮捕されました。

再逮捕されるきっかけとなったのは、事件現場となった服部拓哉の自宅から血や骨が見つかったことが理由です。野間裕司と服部拓哉が再逮捕されたのは、4月26日の出来事でした。

被害者の岡田亮祐さんとは

野間裕司と服部拓哉に殺害された岡田亮祐さんですが、殺害されるような動機があったようです。なぜ岡田亮祐さんが事件に巻き込まれることになってしまったのか、その原因や岡田亮祐さんという人物について詳しく掘り下げていきましょう。この事件では、岡田亮祐さんが事件に巻き込まれる原因を作ってしまっていたようです。

そのため、岡田亮祐さんが野間裕司と服部拓哉に対してトラブルを起こしていなければ、損壊事件は起きていなかったかもしれません。では、岡田亮祐さんはどんなトラブルを抱えてしまっていたのでしょうか。

飲食店を経営していた

岡田亮祐さんは飲食店を経営していたようです。しかし、その経営はあまり上手くいっていなかったのか、野間裕司に対してお金儲けをしたいと話を持ち掛けていました。事件の際に投資の話を出されていたようで、その話に乗っていたということは、以前から投資に手を出していた可能性が高いでしょう。

また、人材派遣会社を営んでいた野間裕司は、岡田亮祐さんの経営する飲食店に人材を派遣する間柄でもあったようです。そのため、岡田亮祐さんと野間裕司はビジネスパートナーと言っても過言ではないのではないでしょうか。

野間裕司との間に金銭トラブルも

野間裕司と投資をする間柄であった岡田亮祐さんは、金銭トラブルも抱えていたようです。噂によると、岡田亮祐さんは野間裕司から多くのお金を借りており、その借金を取り立てられることも多くありました。時には、野間裕司に連れ去られてしまいそうになったこともあったと言われています。

岡田亮祐さんは恐怖を感じていたのか、野間裕司から距離をとろうとしていたようです。岡田亮祐さんがお金を返さなくなってしまったことから、野間裕司や服部拓哉は岡田亮祐さんを殺害する計画を立てたのかもしれません。

野間裕司が起こした事件の判決とは

岡田亮祐さんを殺害したのち、野間裕司は遺体を損壊させてしまいました。現在は既に逮捕された後で、判決も下されています。この悪質な事件の判決とは、一体どのような内容だったのでしょうか。下記では、野間裕司が起こした事件の判決について詳しく掘り下げていきます。

野間裕司は裏の顔があると言われていたほどです。野間裕司が逮捕された際の顔写真を見て、そう感じる人も多かったようです。いくら金銭トラブルがあったとはいえ、このような事件を起こしてしまった野間裕司は、有罪は免れないでしょう。

事件の起訴内容

野間裕司が起こした事件は、既に起訴されて裁判が行われています。実行犯である野間裕司は、殺人罪で起訴されているようです。野間裕司は殺人罪だけでなく、遺体を損壊したことに関しても罪が問われています。

また、服部拓哉にはマンションを殺害のために準備させており、かなり用意周到に殺害していたことが明らかとなっています。そのことから、計画性を持って事件を起こしており、かなり悪質な犯行だったことには間違いはないでしょう。

服部拓哉に下された判決

服部拓哉は初め、自分にかけられた容疑を否認していました。そのため、服部拓哉は一度不起訴となったようです。しかし、その後は遺体を損壊したとして起訴されたため、裁判が行われることとなりました。裁判でも自分は事件を起こしていないと言い張っており、ご遺体に対してとんでもない発言をしたようです。

裁判ではドラム缶で処理された遺体に対して、「死体だと思っていなかった」と発言しました。損壊に関わっていなかったことが理由なのかもしれませんが、自宅から血が検出されていることもあり、言い逃れはできません。服部拓哉には懲役1年6ヶ月が言い渡されました。ただし、執行猶予が3年あるようです。

野間裕司を含む他の共犯者は現在も裁判中

服部拓哉には既に刑が言い渡されています。しかし、野間裕司を含む他の共犯者たちは、現在も裁判が行われている最中のようです。死体損壊に関与していたとされているのは、野間裕司のみです。そのため、野間裕司には1番重い実刑が下されることになるでしょう。その他の3人は、生命身体加害誘拐の容疑がかけられています。

そのことから、服部拓哉と同じくらいの刑が確定するか、もう少し軽い刑が言い渡されることになるでしょう。まだまだ事件の明らかになっていな部分もあるかもしれませんので、今後の判決に注目が集まります。

野間裕司に下される判決は?動向に注目したい

計画性を持って犯行に及んだ野間裕司の実刑は、免れないといっても過言ではありません。しかし、現在はまだ裁判の真っただ中です。そのため、今後野間裕司に対してどのような判決が言い渡されるのか、注目が集まります。また、共犯者である服部拓哉には、既に実刑が言い渡されていようです。

そのことから、他の共犯者も実刑は免れないでしょう。世間からは経営者として素晴らしい人に見えていても、裏では何をしているのか分かりません。実際に、野間裕司もその中の1人でした。これほど悪質な事件を起こしてしまったため、今後は野間裕司の妻や家族の情報も明らかになる可能性が高いでしょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
すうこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ